soixante のすべての投稿

四国のめぐみ

【四国のめぐみ 高知しょうが・徳島青のり風味】   QOO3  2014.6.11  M   レア度: ★★★★★

140611shikokumegumi1     140611shikokumegumi2

・生産量日本一を誇る高知県産しょうが ・吉野川の清流が育んだ徳島県産青のり
ふたつの四国のめぐみが出会い、しょうゆ風味の味わい深いポテトチップスに仕上がりました。

中四国・九州限定銘柄です。カルビーHP非掲載なので、レア度5としています。
左上には、「四国グルメ旅」のマークがあります。製造工場もM(広島工場西棟)でローカル感が良く出ています。

「四国のめぐみ」は、2013年にも同じ地域の限定で出ていましたが、その時は2種類でした。
その2種類は以下です。
s130208ShikokuMegumiShoyu     s130206ShikokuMegumiPonzu

このうち、左の「醤油仕立て」(No.0738) が、高知(しょうが)+徳島(青のり)の組合せ、
右の「ポン酢風味」(No.0735)は、愛媛(みかん)+香川(塩)の組合せでした。
今年はこの左側の組み合わせで出てきました。右の組み合わせも出ているかは不明です。

なお、昨年の2銘柄はギザギザの厚切りカットでしたが、今年は通常のポテトチップスのタイプです。
しょうがはそれほど強くなく、青のりが効いているのか、ほんのり甘い感じすらしました。

 

ヒーハーX(エックス)

【ヒーハーX(エックス) バッチリチリ味】 EEM2 2014.5.7 Y レア度:★★★★☆

140507hihax1     140507hihax2

釜揚げポテトに、うま辛いヒーハーバッチリチリ味が、ベストマッチ!堅くて、辛くて、最高にうまい!

ヒーハーの新銘柄です。関東・東北の一部スーパー限定のようです。カルビーHPにも記載がありません。
取扱が少ないのか、入手は結構苦戦しました。

今まで出ていたヒーハー、す~ハーとは異なり、堅あげポテトのタッチとなっており、商品コードも、堅あげポテトのラインに使用される「E」で始まるコードとなっています。タイトル通り、かなり味は辛めです。パッケージ左上には、「堅いぜ!辛いぜ!バリウマだぜ!」というキャッチコピーが記されています。

ギザギザ 塩と黒糖味

【ギザギザ 塩と黒糖味】 QOS2 2014.5.26 NU レア度:★★★★☆

140526gizagizashiokokuto1     140526gizagizashiokokuto2

厚切りポテトを塩と黒糖で、シンプルな味付けにしました。黒糖のやさしい甘さと塩味が絶妙にマッチした、とまらないおいしさです。

昨年に引き続き、ドラッグストア限定という珍しい販売チャネルで出ました。左上に「ドラッグストア限定」という赤いマークがあります。
カルビーHPも非掲載です。
テーマが「黒」ということらしく、「黒」と大きく記され、昨年同様、「黒っていいね」とのコメントがあります。

s130620KurozuShio昨年のドラッグストア限定の「黒」銘柄はこちらの「黒酢と塩味」です。(No.0795で2013年のページに展示しています)
今年はギザギザですが、昨年は通常のポテチでした。

堅あげポテト 辛味噌味

【堅あげポテト 辛味噌味】 EES3 2014.6.19 b レア度:★★☆☆☆

140619kataagekaramiso1      140619kataagekaramiso2

ピリッと辛い唐辛子に味噌のコクがマッチした深い味わいの堅あげポテト

「うま辛セレクト」の残り1銘柄として出ました。
左上にある、辛さのインジケーターは、6本中の4本となっています。
最初は味噌のコクが感じられますが、あとから辛さがじわじわ来ました。

 

 

小梅味

【小梅味】 QPN3 2014.6.12 b レア度:★★☆☆☆

140612Koume1     140612Koume2

 

1974年の発売時から変わらない甘ずっぱい美味しさのキャンディ「小梅」の味わいをポテトチップスで再現しました。甘味と酸味があとひくおいしさです。

ロッテとのコラボレーション銘柄です。
かなり甘く感じられました。梅味というよりは、やはり「ロッテの小梅」の味を忠実に再現している感じです。

りんごバター味

【りんごバター味】 QQH3 2014.6.9 Y レア度:★★★★☆

140609RingoButter1     140609RingoButter2

りんごの酸味にバターをプラスした後引く味わい

長野県のスーパーチェーン「ツルヤ」とカルビーとの共同開発商品だそうです。ただし、パッケージには一切「ツルヤ」の名前は出ていません。カルビーHPも非掲載でレア度高めです。

h140609RingoButter

わたしは今回初めて知りましたが、「ツルヤ」の「りんごバター」というのが大変話題だそうで、パッケージ裏面に、「りんごバターって?」として、その説明があります。
それによると、「果肉感たっぷりのすりおろしたりんごにバターを加えたペースト。ジャムのようにトーストにぬったり、スイーツに活用したりと、いま話題の食材」だそうです。

その「りんごバター」そのものを食したことがないので、再現度合いはわかりませんが、りんごの甘酸っぱさとバター味が感じられました。塩は後から少し来ました。全体的にさっぱりとした感じでした。

 

 

ブラジリアンベジソース味

【ブラジリアンベジソース味】 QPC3 2014.5.22 NU レア度:★★★★☆

140522BrazilianVegesauece1       140522BrazilianVegesauece2
玉ねぎやトマトなどの野菜の甘みを、さっぱりとしたビネガーが引き立てたブラジルの万能ソースの味わいをお楽しみください。

東北・関東の一部スーパー・コンビニでの販売です。カルビーHPも非掲載でレア度高めです。
ブラジルをイメージさせる、緑と黄色をベースとしたかなり鮮やかなデザインで、さらに、細部にまでこだわりの作りとなっています。個人的にはかなり秀逸な作品だと思います。

h140522BrazilianVegesauce2        h140522BrazilianVegesauce1

左上には、虹のかかるイグアスの滝やリオのカーニバルの人々が描かれています。
また、右下の「ブラジルの味を再現」という緑の帯の上には、左から順に、
ブラジルの国鳥「トゥカーノ」、リオのカンデラリア教会(?、自信なし)、
ブラジリアのカテドラールメトロポリーナ、リオ・コルコバードの丘のキリスト像、
宝石アクアマリン(サンタマリア鉱山で有名)、 モルフォ蝶(ブラジル生息の青い蝶)、と、
小さいながらも、6つもブラジルを象徴する絵が並べられています。

銘柄名の下に書いてある「Molho Vinagrete」(モーリョ・ヴィナグレッチ)は、何のことだろうと思って調べてみたところ、
玉ねぎ、サウサ、トマトを刻み塩・胡椒・酢またはレモン・サラダオイルであえたもの」だそうで、シュラスコには欠かせないソース、のことのようです。

※後記・・・・ これと同時に「シュラスコ味」というのが出ていたようですが、不覚ながら入手できませんでした。

 

辛いピザポテト

【辛いピザポテト】 QNQ3 2014.6.4 b レア度:★★☆☆☆

140604KaraiPizzapotato1     140604KaraiPizzapotato2
ピザポテトから、今だけの辛いピザポテトが登場!ガッツリ濃厚かつスパイシー。インパクトある辛さにピザポテトならではのとろ~りチーズが絶妙にマッチ!

「うま辛セレクト」の一つとして出ました。
左上に、「ポテトチップス七味唐辛子味」にも載っていた、辛さのインジケーターがあります。
6段階のうちの5となっています。実際、かなり辛い味がします。

 

 

 

 

堅あげポテト 梅にんにく味

【堅あげポテト 梅にんにく味】 EEU4 2014.6.7 Y レア度:★★★☆☆

140607KataageUmeNinniku1     140607KataageUmeNinniku2

爽やかな梅の程よい酸味に、にんにくの旨みをきかせた「堅あげポテト」です。“すっぱ旨いおいしさ”をお楽しみください。

2013年の夏に、「堅あげポテト20周年記念」として出た梅にんにくが今年も登場です。
カルビーHP非掲載です。ファミマ限定のようです。(ファミマHPによる)
s130720KataageUmeNinniku

こちらが20周年記念バージョンですが、それと比べると、パッケージ真ん中の「堅あげポテト」の部分の色と、背景の色、それぞれ赤と金色が反転しています。
また、中央上部の「Calbee」の字も白から赤に変更となりました。
今年のバージョンは、昨年版で「20th」とあった部分に、「期間限定」と記されています。

その他の堅あげポテトはこちらに展示しています。

夏ポテト 紀州の南高梅

【夏ポテト 紀州の南高梅】 QOG3 2014.5.28 G レア度:★★☆☆☆

140528NatsupotatoUme1     140528NatsupotatoUme2

桜前線と同じように、九州から北上するじゃがいも前線。夏ポテトは初夏に九州から収穫が始まる夏の新じゃがをいち早くお届けするポテトチップスです。夏にとれた新じゃがだけでつくるから、ビタミンCが豊富に含まれています。
夏ポテトならではの食感 みずみずしい夏の新じゃがを、おいしく食べていただきたいから、さっくり厚切りにこだわりました。
梅味のポテトチップスといえば夏ポテト 1993年からずっと梅味にこだわってきた夏ポテト。今年は梅酢パウダーを加え、夏にぴったりの梅味に仕上げました。

今年も夏ポテトの季節となりました。昨年同様、塩と梅の2つの味です。
昨年のデザインと似ていますが、左上、右上の花火のデザイン、風鈴の下の文言、右下の花火などが異なっています。

s130605NatsupotatoNankobai

 

2013年版の夏ポテト 紀州の南高梅

過去の夏ポテトはこちらに展示しています。

夏ポテト 対馬の浜御塩味

【夏ポテト 対馬の浜御塩味】 QOH3 2014.5.28 G レア度:★★☆☆☆

140528NatsupotatoHamamishio    140528NatsupotatoHamamishio2
桜前線と同じように、九州から北上するじゃがいも前線。夏ポテトは初夏に九州から収穫が始まる夏の新じゃがをいち早くお届けするポテトチップスです。夏にとれた新じゃがだけでつくるから、ビタミンCが豊富に含まれています。
夏ポテトならではの食感   みずみずしい夏の新じゃがを、おいしく食べていただきたいから、さっくり厚切りにこだわりました。
夏にぴったりのキリッとした塩味   対馬の豊かな自然に育まれた浜御塩に、隠し味でレモンパウダーを加えました。

今年も夏ポテトの季節がやってきました。例年通り、塩と梅の2種類発売です。
今年は、真ん中の「夏」の書体も昨年のものと同じままで、デザインも一見昨年と同じようですが、
今年のものは、全体の背景に縦ストライプが入り、左上・右上の花火のデザインも少し変わっています。
また、昨年版は、下半分に朝顔のデザインがありましたが、今年はここも花火のデザインになっています。
「夏」の右側の風鈴にぶら下がる紙の文言も「期間限定 夏の新じゃが」と変わりました。

s130605NatsupotatoHamamishio2013年版の夏ポテト浜御塩

それ以前の夏ポテトもこちらに展示しています。

ポテリッチ ガーリックバーベキュー味

【ポテリッチ ガーリックバーベキュー味】 QOZ3 2014.5.22 b レア度:★★☆☆☆

140522PotarichGarlicBBQ1       140522PotarichGarlicBBQ2

ガーリックの香ばしい風味が食欲をそそる、バーベキューの味わい。ジューシーな肉の旨みと野菜の旨みが絡み合い、くせになるおいしさのポテトチップスです。

ポテリッチの商品コンセプトが「コクのある濃厚な味付けにこだわり、~」となっていますが、まさにその通りの銘柄です。
開封すると同時に強烈なにんにくのにおいが立ち込めます。甘みも結構感じられます。

 

 

ハワイアンオニオンソルト

【ハワイアンオニオンソルト】 QOT3 2014.5.14 b レア度:★★☆☆☆

140514HawaiianOnionSalt1     140514HawaiianOnionSalt2

 

ハワイのマウイ島で栽培された玉ねぎ“マウイオニオン”を使って仕上げたポテトチップスです。マウイオニオンの深い甘みとさっぱりとした塩の味わいをお楽しみください。

”マウイオニオン”なるものは食したことがありませんが、かなり甘い感じが強く出ています。
カルビーHPによると、「生で食べることができるほどの甘みが特徴」で、「現地では高級食材として扱われ」ているそうです。普通の玉ねぎの2~2.5倍の価格とのことです。
今までは安定確保が困難だったようですが、今回、ハワイの農家ヤマモト氏の協力により、商品化となったそうです。

堅あげポテト わさび味

【堅あげポテト わさび味】 EEJ3 2014.5.13 G レア度:★★☆☆☆

140513KataageWasabi1     140513KataageWasabi2

 

つ~んと広がる爽やかなわさびの香りと辛さ。あとからほんのり感じる旨みが噛むほどうまい堅あげポテト

「うま辛セレクト」の一つとして出ました。
しかし、「七味唐辛子味」にあった辛さのインジケーターはありません。

「前に出たものの再登場かな」と思いましたが、「堅あげポテト」の当博物館コレクションの中では「わさび味」は、意外にも初めてでした。
(似たデザインで「ゆずこしょう味」や、匠味で「わさび海苔」はありましたが)

説明文通り、ツンとくるわさびの感じが良く、あっさりとしていますがいい味です。

濃く味(こくみ) ホタテ醤油バター味

【濃く味 ホタテ醤油バター味】 QOD3 2014.5.2 b レア度:★★☆☆☆

140502KokumiHotateShoyu1    140502KokumiHotateShoyu2

ホタテを醤油とバターで香ばしく焼き上げた味わいを再現した、風味豊かで旨みが濃縮した味わいをお楽しみください。

新シリーズで登場です。
新シリーズ「濃く味(こくみ)」については、以下の説明があります。
「『濃く味』は、濃厚&コクのある味わいで、後引くおいしさのポテトチップスシリーズです。」

3月の「炙りチャーシュー」を最後に出てきていない「濃い逸品」シリーズの後継シリーズでしょうか。
というのは、ポテト坊やの左側にある、「濃」というマルとその右の説明文のスタイルが、濃い逸品シリーズと
同一になっているからです。

ホタテ、バターという、ポテチには鉄板の組合せで濃厚な味です。