「堅あげポテト」カテゴリーアーカイブ

堅あげポテト イカ天瀬戸内れもん味

【堅あげポテト イカ天瀬戸内れもん味】EMS3 2019.2.19 M レア度:★★★★★
190219KataageIkatenSetouchiLemon1 190219KataageIkatenSetouchiLemon2

さわやかなすっぱさがやみつきになる!「イカ天瀬戸内れもん味」の堅あげポテトです。

このところの働き方改革の流れで、だいぶ残っていた有給休暇の消化を命ぜられたので、ふらっと九州方面に旅に
行ってきました。現地でゲットした銘柄をいくつか採り上げます。
わたしの住む関東地方では入手不可なのでとりあえずレア度5とします。

岡山以西での限定発売というコレ。
広島県尾道市のまるか食品が発売して大ヒットになっているという「イカ天瀬戸内れもん」と
カルビーとの協働。広島発祥の企業同士のコラボとのことです。
h190219KataageIkatenSetouchiLemon1

「イカ天」をWikipediaで見てみますと、「イカの天ぷら」とかと並んできちんと載ってます(驚。
「スルメに衣をつけて油で揚げた加工食品」と。
わたしは「バンド天国」が頭に浮かびましたが(笑。

このポテチもイカ、というかスルメ風味と、さっぱりしたレモンの香りがマッチしていて
なかなか美味しかったです。

堅あげポテト匠味 塩と揚げにんにく味

【堅あげポテト匠味 塩と揚げにんにく味】EMR4 2019.2.19 Y レア度:★★☆☆☆
190219KataageShioAgeninniku1 190219KataageShioAgeninniku2

香ばしく揚げたにんにくの味わいが楽しめる堅あげポテトです。
香ばしいにんにくの香りと旨みをシンプルな塩味がひきたてます。

前にも出てましたが、また登場です。
にんにくと塩だけですので、非常にさっぱりとしていますが、シンプルな味付けで
良いと思います。

過去に出たバージョンと並べてみます。
左:2016年1月 中:17年2月 右:今回のもの
160127KataageShiotoNinniku1 170223KataageShiotoNinniku1 190219KataageShioAgeninniku1

堅あげポテト 枝豆にんにく味

【堅あげポテト 枝豆にんにく味】EMH3 2019.2.11 Y レア度:★★☆☆☆
190211KataageEdamameNinniku1 190211KataageEdamameNinniku2

ほんのりあまい枝豆を、ほどよい塩気とにんにくのうまみが引き立てます。
あと引く味わいの堅あげポテトです。春の行楽のお供にもどうぞ。

にんにくが効いてますねー。噛んでいくと枝豆感が出てきました。ビールのつまみに
もってこいな感じ。

枝豆系の銘柄は最近出始めましたが、その風味を出すのは毎回うまいと思います。
左から①2017年2月 ②17年7月 ③18年7月 ④18年7月
170227KataageEdamameCheese1 170706Shikipotato-Edamameshio1 180707EdamameCheese1 180726Kataage-Edamame-Shichimi1

堅あげポテト 炭火焼き鶏皮七味仕立て

【堅あげポテト  炭火焼き鶏皮七味仕立て】EMF4 2019.1.19 Y レア度:★★☆☆☆
190119KataageTorikawaShichimi1 190119KataageTorikawaShichimi2
鶏本来の旨みがギュッと詰まった香ばしい鶏皮に、香り高い七味唐辛子の辛みが効いた味わいが、
ビールとの相性抜群です。

お酒のつまみにバッチリの堅上げポテトというコンセプト「堅つま」の新銘柄です。
鶏皮というのはわたしも大好きな酒のつまみの一つです。前にこのシリーズで、
「炭火焼き鶏皮うま塩仕立て」というのが出たことがありますが、今回は「七味仕立て」で来ました。
確かに少しピリッと感があります。鶏の旨みがしっかり出てて美味しかったです。
「堅つま」はセブンアンドアイ限定。

180126KataageSumibiyakiTorikawa1

 

 

←前に出た「炭火焼き鶏皮うま塩仕立て」
2018/1 でした。

堅あげポテト 梅味

【堅あげポテト 梅味】EME3 2019.1.8 NU レア度:★★☆☆☆
190108KataageUme21 190108KataageUme22

きゅん!と酸味がきわだつ梅に、かつお節のうまみをほんのりきかせた、味わい深い堅あげポテトです。

この時期恒例の「堅あげ・梅」が今年も出てきました。
例年通り、サッパリとした梅味をしっかり噛みしめながら食べられます。

堅あげポテトで「梅」に関連する銘柄、わたしの手元にあるものをザッと並べてみます。
やっぱり梅とは結構相性が良いようで、過去の発売も結構あります。
左から、①梅にんにく。堅あげポテト20周年記念銘柄(2013/7) ②梅味(2014/1) ③梅にんにく(2014/6) ④梅味(2015/1)⑤匠味  こだわりの塩うめ(2015/6)
s130720KataageUmeNinniku 140107kataageume1 140607KataageUmeNinniku1 150107KataageUme1 150605Kataage-KodawariShioUme1
左から⑥梅こんぶ(2015/12)⑦桜香る梅(2016/1)⑧梅とごま油(2017/1) ⑨匠味 完熟梅と塩昆布 ⑩梅味(2018/1)

151230Kataage-UmeKonbu1 160229Kataage-Sakurakaoruume1 170105Kataage-UmetoGomaabura1 170801KataageKanjukuUmeShiokonbu1 180108KataageUme1
匠味 梅ちりめん(2018/6)

180626KataageUmechirimen1

堅あげポテト 伊勢海老の炭火焼味

【堅あげポテト 伊勢海老の炭火焼味】EMJ4 2018.12.14 Y レア度:★★☆☆☆
181214KataageIseebiSumibiyaki1 181214KataageIseebiSumibiyaki2
「伊勢海老」を炭火焼した美味しさに仕上げました。
年末年始にふさわしい華やかな味わいの堅あげポテトです。

2019年最初の銘柄は、まさにお正月銘柄っぽいコレ。
伊勢海老がど真ん中に鎮座して真っ赤っかのパッケージという
おめでたい感じの銘柄です。

香ばしい伊勢海老の風味は良く出ていて、堅あげポテトの食感と
マッチしていたかと思います。
セブン&アイグループ限定。

 

堅あげポテト 明太じゃがバター味

【堅あげポテト 明太じゃがバター味】ELX3 2018.11.12 レア度:★★☆☆☆
181112KataageMentaiJagabutter1 181112KataageMentaiJagabutter2
バターが香るホクホクのじゃがいもに、明太子のピリッとした辛さと、
うまみが楽しめる、食べあきない味わいです。

開封すると、ちょっと生臭いというかそんな匂いが。
これが明太子なのでしょう。
食べてみると、バターのまろやかさの中に、少しピリッとした明太子の辛さ
が来ます。なかなか良かったです。

「じゃがバター」は、堅あげポテトで2016、2017年に出ていました。
左)2016/10 右)2017/8
161006kataage-jagabutter1 s170816Kataage-Jagabutter

堅あげポテト匠味 和牛の炙り焼き味

【堅あげポテト匠味 和牛の炙り焼き味】ELZ4 2018.10.26 Y レア度:★★☆☆☆
181026KataageWagyuAburiyaki1 181026KataageWagyuAburiyaki2
和牛のパウダーを使った炙り焼きの味わい。
にんにくの風味と相まって、噛むほどに濃厚な旨みが口いっぱいに広がります。

堅あげ匠味の新銘柄です。前にも出たことがありますが「和牛炙り焼き」。
開封すると、にんにくの香りが立ち込めてきます。食べてみると、牛の旨みが
じわっと出てきますね。

堅あげ匠味では、「和牛」は時々取り上げられています。今回の「炙り焼き」も15年6月に出たことがあります。
過去の、堅あげ匠味における「和牛モノ」ものを並べてみます。
左から 「炙り焼き」15年6月、「赤ワインソース」15年11月、「和牛すき」16年9月
s150601Kataage-WagyuAburiyaki s151121KataageWagyuAkawain 160926kataage-wagyusuki1
左から「黒胡椒」17年6月、「にんにく」17年10月、「炙り焼き」今回のもの

170613KataageWagyuKurokosho1 171027KataageKobashiWagyuNinniku1 181026KataageWagyuAburiyaki1

堅あげポテト 焦がしチーズと黒胡椒味

【堅あげポテト   焦がしチーズと黒胡椒味】ELY4 2018.10.3 Y レア度:★★☆☆☆
181003KataageKogashiCheeseKurokosho1 181003KataageKogashiCheeseKurokosho2

塩気が効いた焼きチーズの香ばしさにピリッと辛い黒胡椒がアクセント。
濃厚な味わいとスパイシーな刺激が、ビールやワインとの相性抜群です。

お酒のおつまみに、というコンセプトの「堅つま」シリーズの新銘柄。
「堅つま」もわたしの記憶にある限り、これが既に7銘柄目かなと。

「焦がし」チーズとなっていますので、若干香ばしい感じのチーズ。
「まさにチーズ!」みたいなチーズ臭はしません。わたしはこちらのほうが好き。
黒胡椒、かなり主張してきますね。ピリピリと。ビールのお供にはもってこいでしょう。
7& i グループ限定のようです。

過去の堅つまを振り返ってみて気づいたのですが、これ全部7& i グループ限定でしたね。
左から、2017年7月、9月、18年1月、3月
170718KataageAburiBaconKurokosho1 170921Kataage-Kunseicheese1 180126KataageSumibiyakiTorikawa1 180308KataageSakuraebiGomaabura1
 左から2018年5月、8月、10月(今回のもの)

180521KataageYakiTomorokoshi1 180804Kataage-Mentaiko-Aburinori1 181003KataageKogashiCheeseKurokosho1

堅あげポテト コンソメWパンチ

【堅あげポテト  コンソメWパンチ】ELT4 2018.8.27 Y レア度:★★☆☆☆
180827KataageConsommeDoublePunch1 180827KataageConsommeDoublePunch2

堅あげポテトで楽しむ、あのコンソメWパンチの味わい!
お肉のうまみと、野菜の甘みがギュッ!とつまったコンソメWパンチ。
濃厚で食べ応えがあるあきないおいしさをお楽しみください。

これは面白い! 過去には「堅あげポテトコンソメ味」は出てるんですが、
ありそうでなかった、堅あげポテトと、コンソメパンチのコラボ。

食べてみますと、まさにコンソメパンチ!
カルビーのコンソメパンチの味そのものが、堅あげのタッチになっている!
(当たり前ですね、そういうコンセプトなんだから)
通常のコンソメパンチよりも、しっかり噛まないといけませんから、コンソメの
味が楽しめた気がします。

7& i グループ限定の発売です。

酸辣湯味

【酸辣湯味】EMC2 2018.8.24 Y レア度:★★☆☆☆
180824Sanratan1 180824Sanratan2

お酢の酸味と唐辛子の辛味、肉の旨みが組み合わさった、すっぱ辛い味わいです。

内容量45gと小ぶりサイズの銘柄です。
堅あげポテトのタイプのチップスが使われています。

酸辣湯、わたしが知る限り、今まで採りあげられたことのないフレーバー。
すっぱさと辛さが程良く同居していて、再現度合いは高いと思います。
このまえの「麻辣味」は個人的になかなかのヒットでしたが、こちらも
かなりグッドです。

堅あげポテト 三種のだし塩味

【堅あげポテト 三種のだし塩味】ELK3 2018.8.21 Y レア度:★★☆☆☆
180821Kataage-3dashi1 180821Kataage-3dashi2
味の豆知識ーうま味の相乗効果ー
日本の今日の食事や調理法は江戸時代に確立されたそうですが、なかでも「だし」は
そのころから様々な調理に用いられていたそうです。
代表的な「だし」のうま味成分として、グルタミン酸は「昆布」などの海藻や野菜に、
イノシン酸は「かつおぶし」、「焼きあご」などの動物性食品に多く含まれています。
これらのうま味成分は、それぞれでもおいしいのですが、組み合わせることによって、
相乗効果がうまれ、おいしさを引き立たせると言われています。かつおぶし、焼きあご、
昆布、三つの素材のうま味が織り成す、相乗的なおいしさを、ぜひお楽しみください。

パッケージ裏の説明文はすごく長いですが、端的に言うと、
「かつおぶし、焼きあご、昆布」の3種類のダシというのがテーマです。
相乗効果が高まるそうですが、わたしはかつおが強く感じられました。
全体としてはもっとくどくなると思いましたが、意外にもサッパリしてました。
食べやすくてすごく美味しかったですね。

堅あげポテト 博多明太子と有明炙りのり味

【堅あげポテト 博多明太子と有明炙りのり味】ELS4 2018.8.4 Y レア度:★★☆☆☆
180804Kataage-Mentaiko-Aburinori1 180804Kataage-Mentaiko-Aburinori2
ピリッと辛い博多明太子と、パリッと炙ったのりの風味がアクセント。
ふわっと広がる磯の香りと濃厚な味わいが、ビールとの相性抜群です。

「堅つま」の新銘柄です。お酒のつまみにピッタリというコンセプトの「堅つま」です。
今回は明太子と炙り海苔という組み合わせ。
ピリ辛の明太子風味と、海っぽい香りの海苔とがマッチしています。
コンセプト通り、ビールと一緒にいただきました。美味しかったです。
セブンイレブン限定。

堅あげポテト匠味 枝豆と七味味

【堅あげポテト匠味   枝豆と七味味】ELS4 2018.8.4 Y レア度:★★☆☆☆
180726Kataage-Edamame-Shichimi1 180726Kataage-Edamame-Shichimi2
風味豊かな枝豆の旨みに七味を効かせた堅あげポテト。
噛むごとに、じんわり七味の辛さが広がります。

ファミマ・サークルKサンクス限定です。
枝豆風味はほんのりと。七味がピリ辛でアクセントになっていてなかなか
美味しかったです。

過去の枝豆系銘柄
左から、①堅あげポテトえだ豆チーズ(2017/2)、②四季ポテト枝豆塩味(2017/7)、

③えだ豆チーズ(2018/7)
170227KataageEdamameCheese1 170706Shikipotato-Edamameshio1 180707EdamameCheese1

 

堅あげポテト 昆布しょうゆ味

【堅あげポテト 昆布しょうゆ味】EKP3 2018.7.24 Y レア度:★★★★☆
180724KataageKombuShoyu1 180724KataageKombuShoyu2
日高産昆布の旨みと、まろやかなしょうゆの風味が口いっぱいに広がる
味わい深いおいしさです。

期間限定銘柄ではなくて、レギュラー商品です。
が、北海道限定のものなので、わたしの居住の関東地域では入手不可能なもの。
そういうわけで、レア度4としました。北海道にお住まいの方にはレア度1です。
たまたま近所のスーパーで売ってたので「おっ!」と思って迷わず買いました!

通常チップスの昆布しょうゆと同じように、昆布だしの旨みが非常によく出ています。
美味しいですね。地域限定は勿体ないなあ。