堅あげポテト わさび味

【堅あげポテト わさび味】 EEJ3 2014.5.13 G レア度:★★☆☆☆

140513KataageWasabi1     140513KataageWasabi2

 

つ~んと広がる爽やかなわさびの香りと辛さ。あとからほんのり感じる旨みが噛むほどうまい堅あげポテト

「うま辛セレクト」の一つとして出ました。
しかし、「七味唐辛子味」にあった辛さのインジケーターはありません。

「前に出たものの再登場かな」と思いましたが、「堅あげポテト」の当博物館コレクションの中では「わさび味」は、意外にも初めてでした。
(似たデザインで「ゆずこしょう味」や、匠味で「わさび海苔」はありましたが)

説明文通り、ツンとくるわさびの感じが良く、あっさりとしていますがいい味です。

濃く味(こくみ) ホタテ醤油バター味

【濃く味 ホタテ醤油バター味】 QOD3 2014.5.2 b レア度:★★☆☆☆

140502KokumiHotateShoyu1    140502KokumiHotateShoyu2

ホタテを醤油とバターで香ばしく焼き上げた味わいを再現した、風味豊かで旨みが濃縮した味わいをお楽しみください。

新シリーズで登場です。
新シリーズ「濃く味(こくみ)」については、以下の説明があります。
「『濃く味』は、濃厚&コクのある味わいで、後引くおいしさのポテトチップスシリーズです。」

3月の「炙りチャーシュー」を最後に出てきていない「濃い逸品」シリーズの後継シリーズでしょうか。
というのは、ポテト坊やの左側にある、「濃」というマルとその右の説明文のスタイルが、濃い逸品シリーズと
同一になっているからです。

ホタテ、バターという、ポテチには鉄板の組合せで濃厚な味です。

盛岡じゃじゃ麺味

【盛岡じゃじゃ麺味】 QAM3 2014.4.8 NU レア度:★★★☆☆

140408MoriokaJajamen1      140408MoriokaJajamen2

岩手県盛岡市で、わんこそば、冷麺と並んで盛岡三大麺と称されるじゃじゃ麺の味をポテトチップスで再現しました。

「おいしさぶらり旅」のシリーズとして出ました。

盛岡じゃじゃ麺味は、2012年にも、「がんばろう東北」として出ています(No.0637:QAM2)。
↓ No.0637
s120305MoriokaJajamen

上部に各県の祭りをデザインする「がんばろう東北」のスタイルを踏襲し、「さんさ踊り」が描かれています。
一見同じに見えますが、No.0637からの変更点としては、
・中央上部の「ポテトチップス」のフォントと色
・左上のマーク(おいしさぶらり旅)
・じゃじゃ麺の写真右側のデザイン
・じゃじゃ麺の写真下側に説明文が追加
(※写真は味をイメージしたものです。※本品は「じゃじゃ麺」の味わいを再現しています。)

などが挙げられます。

黒みつきなこ味

【黒みつきなこ味】 QOF3 2014.3.20 G レア度:★★★★★+

140320KuromitsuKinako1     140320KuromitsuKinako2

大学生の「甘いポテトチップスが食べたい!」という声から生まれた一品です。思わず手をのばしたくなる、優しい“和の甘み”をお試しあれ。

かなりのレアものを入手しました。

なんと、大学生協とカルビーのコラボ、という銘柄です。
パッケージ表面、中央上部「ポテトチップス」の上に、「UNIV COOP × Calbee」 との記載があります。

パッケージ裏面には、「東海地区大学生協オリジナル!」と書かれ、「私たち大学生が考えました!」とあります。
そういうわけで、東海地区の大学生協のみでの販売、という銘柄です。
製造所は「G」(岐阜県各務原工場)となっています。
かなり残量も少ないようでしたが、完売直前でなんとか入手できました。

というわけで、レア度は、もちろん5なのですが、大学生協のみという珍しさも加味し、「+」を追加してみました。

2013年の「東海道五十三次」シリーズの中のひとつ、「和みの黒蜜味」(No.0784) と似た感じでしたが、これについては、きなこのファクターが入っています。

母ゆずり こいくちしょうゆ味

【母ゆずり こいくちしょうゆ味】 QOY3 2014.4.29   K   レア度:★★★★★

140429HahaYuzuri1     140429HahaYuzuri2

南国鹿児島では、特有の気候風土のもとで、独特の食文化が発達しました。その食文化を代表するものに、全国でも珍しい「コクのある、とびきり甘口の醤油文化」があげられます。今から約一〇〇年前に、初代当主横山栄蔵が漁師をしていた経験をもとに「子供でもおいしく魚の煮付けや煮物が食べられるように。」 そんな思いから、今のカネヨのお醤油の原形が出来、鹿児島に根ざして今日に至ります。鹿児島でも長く親しまれている甘みとコクのある深い味わいをポテトチップスでお楽しみください。

鹿児島・宮崎に展開するスーパー「タイヨー」限定という、かなりのレアものです。
カルビーHPへの掲載もなく、当然レア度は5です!

「鹿児島の味」と書かれていますが、実際、地元鹿児島のかねよ醤油「母ゆずり」とのコラボレーションになっており、ローカル色満載の銘柄です。
鹿児島の方にはなじみの深い味なのでしょうか。
もちろん製造所は「K」(鹿児島工場)です。

 

のりしょうゆ味

【のりしょうゆ味】 QOE3 2014.5.1 K レア度:★★★☆☆

140501NoriShoyu1     140501NoriShoyu2

くまモンのふるさと、熊本県は日本有数の「のり」の産地です。その熊本県有明産のりを甘口しょうゆ仕立てにしました。のりとしょうゆの深い味わいをお楽しみください。

大人気のくまモンが、カルビーポテチにも登場です!
九州地区限定で発売されました。パッケージ表面の左上にも「九州の味」とのマークがあります。
説明文にもある通り、熊本県有明海ののりをテーマとして、くまモンとコラボしています。
製造所も「K」(鹿児島工場)となっており、ローカル色満載です。

七味唐辛子味

【七味唐辛子味】 QNO3 2014.5.1 b レア度:★★☆☆☆

140501ShichimiTogarashi1     140501ShichimiTogarashi2

七味唐辛子にほんのり和風だしのうまみを加え、飽きのこないおいしさに仕上げました。

うま辛セレクトの一つとして発売されました。
前に出ている、ヒーハーバッチリチリ味、ヒーハーわさびマヨも、このうま辛セレクトとなっています。

パッケージ表面の左上と、裏面の左上には、辛さのインジケーター?でしょうか、唐辛子のマークで示されており、この商品は唐辛子6本中2本の表示となっています。

 

グランカルビー

【グランカルビー】 K レア度:★★★★☆

上段:左から順に、しお味、濃厚バター味、チーズ味、
下段:左から順に、トマト味、焦がしミルク味、いちご味

s140414GrandCalbeeShio1     s140408GrandCalbeeButter      s140409GrandCalbeeCheese

s140408GrandCalbeeTomato     s140409GrandCalbeeMilk       s140407GrandCalbeeIchigo

素材のこだわりは土づくりから。おいしさの決め手となるじゃがいもは、契約農家さんの愛情をふんだんに受けて育った大地の恵み。本物の味にこだわった安心・安全なじゃがいもだからこそ、グランカルビーの素材の美味しさがうまれました。素材本来の味、驚きの厚さ、そして華やかなカラービジュアル。その感動を五感で感じる、大人のポテトクリスプです。

いよいよ満を持して、当博物館にもグランカルビーを所蔵いたしました!

14.4.1に大阪の阪急百貨店うめだ本店に開店した「グランカルビー」
日本全国ここでしか買えない高級ポテチです。カルビーHPによれば、
「ここでしか購入できないカルビー史上“最厚”(一般的なポテトチップスの約3倍の厚さ)となる新感覚のポテトクリスプを販売」とされています。

すごい人気となっていて行列は必至。
百貨店の開店は10時ですが、その時間に行っても、「既に本日分の行列は終了いたしました」と言われました。
リベンジで臨んだ日には、わたしは6:45AMに阪急うめだ前に行きましたが既に30番目!でした。
早い人は6時とか5時台から並ぶ人もいるとか。
10時開店ですが、前の29人の方が買うのを待つわけですから実際に入手できたのは10:40でした(疲)。
4時間待ちのポテチっていったい・・・(笑)

ここに展示したものはそれぞれ15gのものです。これが4袋入ったものが一箱となっています。
6種類の味ですが、3つのジャンルに分けられています。
plain ・・・しお味、濃厚バター味
meal ・・・トマト味、チーズ味
dessert ・・・焦がしミルク味、いちご味

実際に食した感想としては、やはり強烈に分厚いので、しお味についてはじゃがりこを食べているような錯覚に陥りました(笑)。
15g入りの小袋には、2枚~4枚程度しか入っていませんが、食べ応えはあります。
「dessert」の2種類については、大丈夫か!?と思いましたが、これがなかなかイケます。

大阪に行かれた際に、「ついでに寄ってみようか」という方は、早起きの上、気合を入れてお臨みください(笑)

俺のポテト 俺のコンソメ味

【俺のポテト 俺のコンソメ味】 QOC3 2014.3.17 NU レア度:★★★★☆

140317OrenoConsomme1     140317OrenoConsomme2

チキンベースのコンソメスープに焼きのりを加えた、俺のこだわり和風コンソメ味

「俺の塩味」とともに、「俺のポテト」として2銘柄出ました。関東の一部スーパー限定での販売で、HP非掲載でもあり、レア度高めです。

2銘柄共通のコンセプトとして、 「いつもの味にこだわり素材をちょい足し。駆け出し料理人が提案する、俺流ポテト。」 と裏面に書かれています。
この「俺のコンソメ味」では、”ちょい足し”する素材は「焼きのり」です。
パッケージにも、コンソメスープとその右に焼きのりがあります。意外な組み合わせなのが「俺流」ということかと思います。

 

俺のポテト 俺の塩味

【俺のポテト 俺の塩味】 QOB3 2014.3.17 NU レア度:★★★★☆

140317OrenoShio1     140317OrenoShio2

鳴門の焼塩に、ほんのりグレープフルーツが香る、俺のこだわり塩味

カルビーにも、「俺の」ブームが到来か(笑)。またまた面白い銘柄です。

「俺のポテト」として2銘柄出ました。関東の一部スーパー限定での販売で、HP非掲載でもあり、レア度高めです。

2銘柄共通のコンセプトとして、
「いつもの味にこだわり素材をちょい足し。駆け出し料理人が提案する、俺流ポテト。」 と裏面に書かれています。
この「俺の塩味」では、”ちょい足し”する素材は「グレープフルーツ」です。ほんのりその香りが感じられサッパリ感が出ています。
パッケージの黄色い玉はグレープフルーツです。

 

 

 

堅あげポテト 匠味鶏と塩麹味

【堅あげポテト 匠味鶏と塩麹味】 EEH4 2014.1.15 Y レア度:★★☆☆☆

140115KataageToriShiokoji1     140115KataageToriShiokoji2

こんがり焼いた鶏肉の味わいに塩麹ならではの旨みを効かせた堅あげポテトです。

堅あげ匠味の新銘柄です。
鶏肉に、人気となっている「塩麹」を合わせたというコンセプトが既においしそうですが、実際にかなり美味でした。
この「匠味」シリーズは今回で6作目ですが、個人的には非常に楽しみです。

 

 

グリルバーベキュー味

【グリルバーベキュー味】 QNR3 2014.2.5 b レア度:★★★★☆

140205GrillBBQ1     140205GrillBBQ2

この商品はニチリウグループとカルビー株式会社が共同で開発した、厚切りのポテトチップスです。ビーフとたまねぎの旨みが後引く、濃厚でコク深いおいしさをお楽しみください。 

ニチリウグループ限定銘柄です。
厚切りカットで、ギザギザチキンコンソメに似た感じです。
同じくニチリウ限定で、同時発売として、「焦がしバター味」というのも出ていたようですが入手できませんでした。

ギザギザ オリーブ&ガーリック

【ギザギザ オリーブ&ガーリック】 QND3 2014.4.22 G レア度:★★☆☆☆

140422GizagizaOliveGarlic1     140422GizagizaOliveGarlic2

オリーブオイルのさわやかな風味と、炒めたガーリックの旨みがじゃがいものおいしさを引き立てます。

ガーリックのにおいは強いですが、ほんのりとオリーブの風味がいい感じとなっています。

 

ヒーハー!! わさびマヨ味

【ヒーハー!! わさびマヨ味】 QNG2 2014.4.14 G レア度:★★☆☆☆

140414HihaWasabiMayo1     140414HihaWasabiMayo2

爽やかに突き抜けるわさびの刺激とマヨのコクがうまくて辛くて、マスマスやみつきになるおいしさ

ヒーハーでも新味です。
「涙ちょちょぎれる」との表記です(笑)。

左上にある「うま辛セレクト」のマークですが、カルビーHPによると、「今年の夏はカルビーからうまくて辛いポテトチップスをお届けします」とされており、そのうちの一つです。