パクチー味

【パクチー味】EKF3 2017.11.9 Y レア度:★★☆☆☆
171109Pakuchi1 171109Pakuchi2
噛みしめるほどにクセになるおいしさ!
かため食感のポテトチップスで、風味4倍の濃厚なパクチー味が楽しめます。

2017/3に出たパクチー味(下写真)が、パクチー風味が薄かったという声が
多かったようで、そのリベンジとでも言うべき新銘柄が出てきました。
今度は、堅あげタイプのチップスで、前回比「4倍」のパクチー風味であると。
45g と小さなタイプのパッケージです。

パクチーが苦手な私としては、リベンジは特に必要なかったのですが(笑、
出てきた以上、試してみようと思い、買ってきました。
いざ実食。
開封すると、確かにそれらしい香りはしますがそれほど強烈ではない。
口にしてみると、適度な塩味と旨みで、普通に美味しくいただけました。
「4倍」を期待したパクチストには物足りないのでは?

170313Pakuchi1

2017年3月の「パクチー味」
この時は通常チップスでした。

堅あげポテト匠味 帆立醤油味

【堅あげポテト匠味 帆立醤油味】EKE4 2017.11.14 M レア度:★★☆☆☆
171114KataageHotateshoyu1 171114KataageHotateshoyu2

殻ごと炭火で焼いた帆立貝にジュッと醤油をかけた、あの旨み際立つ味わいが
楽しめます。少し甘めの醤油味が食欲をそそります。

堅あげ匠味の新商品。ローソン限定。
開封すると、しょうゆの風味が先に来ました。ホタテはほんのり。
噛むほどに、という堅あげポテトのコンセプトにしっくりきています。
なかなか良かったです。

堅あげポテト 鶏だし塩味

【堅あげポテト 鶏だし塩味】EJL3 2017.11.18 Y レア度:★★☆☆☆
171118KataageToridashishio1 171118KataageToridashishio2

時間を掛けてじっくり煮込んだ、鶏の水炊きスープの味わいをイメージして
つくった堅あげポテトです。噛むほどにじわっと広がる、鶏の旨みをお楽しみください。

鶏の水炊きをテーマとした堅あげ新銘柄です。
チップスの表面に、緑色の粉末が少し振られています。たぶんネギのイメージ。
口にしてみると、鶏のダシがしっかり効いている感じで美味しいです。
全体的にサッパリ感もあり、なかなかイケていました。

 

さんが焼き味

【さんが焼き味】RMU3 2017.11.7 NU レア度:★★☆☆☆
171107Sangayaki1 171107Sangayaki2

さんが焼きとは?
魚を味噌といっしょに細かくたたき、成型して焼いた郷土料理です。
味噌と魚の香ばしさと、しその風味の絶妙バランスをお楽しみください。

ラブジャパン「千葉の味」です。東北・関東・甲信越限定。

さて。
さんが焼きというのは初めて聞くので調べてみました。
農水省のHPによると、「なめろうを焼いたもの」みたいです。

房総の海で取れるアジ、イワシ、サンマなどの青魚を味噌と一緒にたたいたものが
「なめろう」。漁師が取れたての魚を船の上で作った漁師料理とのことです。
ただ、生魚は日持ちがしないのでそれを焼いたのがさんが焼きとのことです。

今回のポテチは、味噌と、少し魚介っぽい風味かな、という感じでした。
しそはほぼ感じられなかったので、もう少し前に出したら良かったのではないかと。

ガーリックマスタード味

【ガーリックマスタード味】RNQ3 2017.11.11 NU レア度:★★☆☆☆
171111GarlicMasturd1 171111GarlicMasturd2

爽やかな酸味とコクが特徴のマスタードの味わい。
隠し味にガーリックの風味やオニオンの旨みを効かせ、クセになるおいしさに仕上げました。

開封するとマスタードの香りがまず来ました。
口にしてみると、想定外になんだか甘い。ん??
オニオンの甘みなんでしょうかね。
マスタードはそれほど強くは無い気がしました。
ガーリックはあんまり感じられなかったので、そこを期待すると
ちょっと拍子抜けするかもしれません。
とにかく甘さが印象に残る味でした。

 

シューマイ味

【シューマイ味】RMK3 2017.11.7 Y レア度:★★☆☆☆
171107Shumai1 171107Shumai2
神奈川県のグルメ、「シューマイ」の味わいを、からし醤油をアクセントに再現しました。

ラブジャパン「神奈川の味」です。東北・関東・甲信越限定。

やっぱり横浜といえば、崎陽軒ですね。
でも崎陽軒は「シウマイ」と表記しますけども。

わたしが知る限り「シューマイ味」はカルビーポテチでは初めてかと思います。
過去に出ててもおかしくなさそうなところですが。
食べてみますと、からしの味がしましたが、でも後からちゃんとシューマイ風味が
きました。
パッケージデザインは横浜開港時の文明開化時の浮世絵があしらわれています。

もんじゃ焼き味

【もんじゃ焼き味】RMQ3 2017.11.6 Y レア度:★★☆☆☆
171108Monjayaki1 171108Monjayaki2
東京近郊で古くから親しまれてきた「もんじゃ焼き」。
だしのうまみと香ばしい味わいがポテトチップスによく合います。

ラブジャパン「東京の味」です。東北・関東・甲信越限定。

もんじゃ焼き、まあそんなにしょっちゅうわたしは食べるものではない
ですけど、再現度は高かったと思います。
食べてたら、なぜか「キャベツ太郎」を思い出しました(笑。

もんじゃ焼きは過去に何度か出たことがあります。
左から、2008/6、2012/7、2015/7。
s080613MonjaYaki s120702Monjayaki 150702TokyoShitamachiMonja1

すき焼き味

【すき焼き味】RMW3 2017.11.6 NU レア度:★★☆☆☆
171108Sukiyaki1 171108Sukiyaki2
11月29日は「ぐんま・すき焼きの日」!
群馬県が誇るおもてなし料理、「すき焼き」をポテトチップスでお楽しみください。

ラブジャパン「群馬の味」です。東北・関東・甲信越限定。

すき焼きって群馬名物だったっけと思いましたが、県がすき焼きプロジェクトとして
推しているそうです。
なぜかというと、上州和牛、こんにゃく、下仁田ネギ、しいたけ、春菊など
すき焼きに必要な具材をすべて県産で揃えられる、という「すき焼き自給率100%」
だから、と県HPにありました。

もっと甘いのを想定していましたがそれほどでもなく、すき焼きっぽい風味は出ていました。
ネギもそれなりに効いていますね。

やきとん味

【やきとん味】RMV3 2017.11.6 Y レア度:★★☆☆☆
171106Yakiton1 171106Yakiton2
塩焼きにした豚カシラ肉に、甘辛い味噌だれをつけていただく、東松山周辺で
愛されているご当地グルメです。現地では「やきとり」とも呼ばれています。

ラブジャパン「埼玉の味」です。東北・関東・甲信越限定。

「やきとり」じゃなくて、「やきとん」。
「豚のカシラ」を使うからなんでしょうね。
さて、「カシラ」ってそういえばどこの部位だっけと思って調べますと、
「こめかみ」だそうです。初めて知った(汗。

このポテチは説明通り、ピリ辛味噌と言う感じでなかなかいい感じでした。

スタミナラーメン味

【スタミナラーメン味】RMS3 2017.11.7 NU レア度:★★☆☆☆
171107SutaminaRamen1 171107SutaminaRamen2
キャベツやかぼちゃ、レバーが入った餡かけが特徴の水戸のソウルフード
「スタミナラーメン」の味わいを再現しました。
やみつきになる甘くて辛い味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「茨城の味」です。東北・関東・甲信越限定。

「スタミナラーメン」というのは初めて聞いたので調べてみると、
ひたちなか市のご当地ラーメンとのこと。
餡かけをラーメンの上に掛けているようです。

確かにちょっとピリ辛、甘辛と言う感じ。
オリジナルのラーメンが分からないから再現度は分かりませんが。
パッケージのデザインは真ん中に土俵があって周囲に力士となってますね。

しもつかれ味

【しもつかれ味】RMR3 2017.11.6 Y レア度:★★☆☆☆
171107Shimotsukare1 171107Shimotsukare2

ラブジャパン(47都道府県の味)企画、第2弾が発売となりました。

ラブジャパン「栃木の味」です。東北・関東・甲信越限定。

この「しもつかれ味」は、ネットでも「ヤバすぎる味」とか、「カルビーは本当に
発売するのか」とか、いろいろ盛り上がっているようで、「衝撃の問題作!?」のようですね(汗。

そもそも、「しもつかれ」って何だ?? カルビーHPで調べてみると・・
h171107Shimotsukare1
しもつかれは栃木県で昔から愛される料理。

2月上旬の節分のあとの最初の午(うま)の日に、
家中の無病息災を祈って食べるという風習があり、
7軒のしもつかれを食べると風邪をひかない、といわれています。

材料は、塩鮭の頭、大豆、「鬼おろし」という専用のおろし器で荒く
すりおろしただいこんとにんじん、酒粕などを煮込んで作ります。


かなり好みが分かれるらしい・・。いざ実食。おそるおそる食べてみました・・。
うーん、なんだろう、何の味と表現すればよいのか。
確かに酒粕の独特の風味がきました。あとは海老塩的なものを感じたが、いや、でもなんか違う。
結局、結論が出ないままに食べ終わりました(苦笑。