いぶりがっこ味

【いぶりがっこ味】RSM3 2018.10.18 NU レア度:★★☆☆☆
181018Iburigakko1 181018Iburigakko2
秋田の伝統の味!
いぶりがっこ独特のスモーキーな香りと味わいをポテトチップスで再現しました。
一枚食べたら癖になることまちがいなし!

ラブジャパン「秋田の味」です。東北・信越限定。

いやーやっぱり秋田の味と言えば、この「いぶりがっこ」ですね。大好きです。
「いぶりがっこ」とは、「漬物として使う干し大根が凍ってしまうのを防ぐために、大根を囲炉裏の上に
吊るして燻し、米ぬかで漬け込んだ雪国秋田の伝統的な漬物」です。
この独特なスモーキーな香りがポテチと非常にマッチしています。美味しいです。

左:過去にも「秋田いぶりがっこ味」が出たことがあります。2015年3月。東北・関東・甲信越限定でした。
右:ちなみに、2017年の「秋田の味」は「しょっつる鍋味」でした。
150303Akita-Iburigakko1
 170911Akita-Shottsuru1

 

山うに味

【山うに味】RTA3 2018.10.25 G レア度:★★☆☆☆
181025YamaUni1 181025YamaUni2

山うにとは・・・ 練り込んだ柚子に赤唐辛子、塩などを加えた福井県鯖江市の
伝統の薬味。見た目が海の雲丹(うに)にそっくりなので、「山うに」と呼ばれています。

ラブジャパン「福井の味」です。中部限定。

「山うに」なんて初めて聞きました。いろんな郷土料理があるんですねえ。
食べてみると、ゆず風味が感じられます。それで少しピリ辛感。唐辛子なんですね。
「ゆず唐辛子」って感じですかね、なかなか良かったです。

ちなみに、2017年の「福井の味」は「水ようかん味」でした。
180209Mizuyokan1

こづゆ味

【こづゆ味】RSN3 2018.10.29 Y レア度:★★☆☆☆
181029Koduyu1 181029Koduyu2

ならぬことはならぬものです。こづゆのおかわりは・・・何杯でもどうぞ!
こづゆは多くの食材が盛られる贅沢な料理ながら、何杯でもおかわりしてよい会津の
おもてなし料理。ホタテのだしに、野菜のうまみがやさしい味わいです。

ラブジャパン「福島の味」です。東北・信越限定。

こづゆとは、「内陸の会津地方でも入手が可能な、海産物の乾物を素材とした汁物」だそうです。
現代でも正月や冠婚葬祭などハレの場で必ず振る舞われる郷土料理とのことです。
ホタテの出汁風味が良く出ていて美味しかったです。

ちなみに、2017年の「福島の味」は「いかにんじん味」でした。
170911Fukushima-Ikaninjin1

白えびと紅ずわい蟹味

【白えびと紅ずわい蟹味】RWO4 2018.12.17 NU レア度:★★☆☆☆
181217Shiroebi-Zuwaigani1 181217Shiroebi-Zuwaigani2

紅白のパッケージと紅白の素材で、紅白にこだわったポテトチップスです。
白えびと紅ずわい蟹の香ばしい風味が広がります。

こちらもまさにお正月銘柄ですね。いかにもおめでたいパッケージ。
17年末にも出ていたようですが、買いそびれていたやつです。
今年も出てきたので買ってみました。
115g のパーティ銘柄。通常のパーティ銘柄ですと縦長の袋ですが、
これは正方形に近い形でデカいですので、陳列棚でもインパクトが。

紅白をテーマにしているとのことで、白えびと、赤いずわい蟹。
海老、蟹のうまみが良く出ていて非常に美味しかったです。
けっこうサッパリ感もあるので食べやすい。
ローソン限定。

堅あげポテト 伊勢海老の炭火焼味

【堅あげポテト 伊勢海老の炭火焼味】EMJ4 2018.12.14 Y レア度:★★☆☆☆
181214KataageIseebiSumibiyaki1 181214KataageIseebiSumibiyaki2
「伊勢海老」を炭火焼した美味しさに仕上げました。
年末年始にふさわしい華やかな味わいの堅あげポテトです。

2019年最初の銘柄は、まさにお正月銘柄っぽいコレ。
伊勢海老がど真ん中に鎮座して真っ赤っかのパッケージという
おめでたい感じの銘柄です。

香ばしい伊勢海老の風味は良く出ていて、堅あげポテトの食感と
マッチしていたかと思います。
セブン&アイグループ限定。