カテゴリー別アーカイブ: 堅あげポテト

堅あげポテト匠味 ごま油香る揚げ鶏味

【堅あげポテト匠味 ごま油香る揚げ鶏味】EJG4 2017.6.20 Y レア度:★★☆☆☆
170620KataageGomaaburaAgetori1 170620KataageGomaaburaAgetori2

ごま油を効かせたジューシーなおいしさの揚げ鶏味。
香ばしいごま油の風味と鶏肉の旨みが食欲そそるおいしさです。

またもや、堅あげ匠味の新銘柄を見つけました。
ブランクがあった分、新商品ラッシュとなるのでしょうか。

いやー、やっぱりごま油は外さないですねぇ。
鶏の風味とも良く合っていると思います。
ただ、塩コショウがかなり強く効いているのか、のどが渇きます。
やっぱり傍らにビールが必要かと思います。
セブンイレブン限定のようです。

堅あげポテト匠味 和牛と黒胡椒味

【堅あげポテト匠味 和牛と黒胡椒味】EJI4 2017.6.13 G レア度:★★☆☆☆
170613KataageWagyuKurokosho1 170613KataageWagyuKurokosho2

凝縮した和牛の旨みを黒胡椒で引き立てた味わいの堅あげポテト。
贅沢なおいしさが楽しめます。

じゃがいも不足によるポテチ販売休止となっていた関係で、新商品もしばらく見かけ
ませんでしたが、ここへきて、続々と出てきたようです。というわけで、このサイトも再始動です。

久しぶりの新商品。堅あげ匠味を見つけました。
タイトル通り、黒胡椒が良く主張しており、全体的にピリ辛となっています。
ビーフの旨みも出ており、傍らにビールが欲しいところです。
ファミマ/サークルKサンクス限定のようです。

堅あげポテト匠味 うに海苔味

【堅あげポテト匠味 うに海苔味】EIQ4 2017.4.4 Y レア度:★★☆☆☆
170404KataageUninori1 170404KataageUninori2
うにの贅沢な風味を焼き海苔の香ばしさが引き立て、磯の香り豊かな深みの
あるおいしさに仕上げました。

2015/12に、サークルKサンクス限定で出てきた「堅あげ・うに海苔」が
今度は全国のコンビニ限定ということで出てきました。

開封すると、非常に強い「磯の香り」が上ってきます。
海苔と、ウニだか分かりませんが、「海くさい」感じです。
味は濃い目です。ウニテイストは微妙なところかもしれません。

前回版と今回版を並べてみました。左が2015/12、右が今回のもの。
s151207KataageUniNori 170404KataageUninori1

堅あげポテト匠味 炭焼き鶏と九条ねぎ味

【堅あげポテト匠味 炭焼き鶏と九条ねぎ味】EJD4 2017.3.14 Y レア度:★★☆☆☆
170314KataageSumiyakidoritoKujonegi1 170314KataageSumiyakidoritoKujonegi2
炭火でこんがり焼き上げた鶏に、風味豊かな九条ねぎを合わせた味わいの堅あげポテト。
九条ねぎにごま油を絡め、香ばしく後引くおいしさです。

ファミマ・サークルKサンクス限定と思われます。
タイトル的には食欲をそそりそうな食材の組み合わせです。

堅あげで得意?としている鶏の旨みはきちんと感じられますね。
ちょっと味が濃いですがしょうゆベースか。
そのあとに、ごま油風味が感じられ、なかなか良いです。
ただ、ちょっとまえの「九条ねぎ」でも感じた通り、今回もネギ感は弱い気がしました。
原材料名を見ると、ねぎパウダー(九条ねぎ100%)となってはいますが、
もっと前面に押し出すと良い気がします。ここを出すのは難しいのかな。
とはいえ、トータル的にはなかなかイケています。ごま油は外さないですね。

堅あげポテト匠味 ゆずと博多明太子味

【堅あげポテト匠味 ゆずと博多明太子味】EJC4 2017.3.10 Y レア度:★★☆☆☆
170310KataageYuzutoMentaiko1 170310KataageYuzutoMentaiko2

さわやかなゆずの香りと博多明太子のピリッとした辛旨さが後引く味わいです。

セブンイレブン限定のようです。
開封すると、ゆずかな、というくらいにうっすらとした香り。
チップスの色自体は、まあまあ赤みを帯びていて明太子なんだろうと。
食べてみると、ゆず風味とその後に少しピリッとした辛さが。
明太子感は正直それほど感じませんが、これをあまり強くすると、
ゆずが消えてしまうからなのかもしれません。
美味しかったですが、もう少し辛いとより良い気がしました。

堅あげポテト えだ豆チーズ味

【堅あげポテト えだ豆チーズ味】EIO3 2017.2.27 Y レア度:★★☆☆☆
170227KataageEdamameCheese1 170227KataageEdamameCheese2

ふんわり香るえだ豆と、チーズのコク深い味わいが、あとひく美味しさ。
噛むほどうまい!堅あげポテトえだ豆チーズ味です。

枝豆か~。今までにあってもおかしくなさそうなところですが、わたしの記憶と、
当博物館の過去のコレクションを見る限りは、初めて取り上げられた食材かなぁと。

開封してみると、確かに、ふわっと枝豆っぽい香りがします。あの少し青い感じ。
チーズの香りはそれほど感じられず。あまりチーズ臭の強いのが苦手なわたしに
とっては良い感じです。
口にしてみると、ほどほどに効いた塩とチーズが出てきます。
全般的にさっぱりとした仕上がりで食べやすかったです。ビールのおつまみにもなかなか
イケそうです。

堅あげポテト匠味 鶏と焙煎七味あじ

【堅あげポテト匠味  鶏と焙煎七味あじ】- 2017.2.15 M レア度:★★☆☆☆
170215KataageToritoBaisenShichimi1 170215KataageToritoBaisenShichimi2
炭焼きした香ばしくてジューシーな鶏にたっぷりと香辛料をきかせた味わい。

ローソンとポプラ限定で出てきました。
ローソンなどで使われているポイント「Ponta」との共同開発とのこと。
Ponta が7周年を迎えるにあたり、焙煎「七」味 だそうです。

鶏のうまみはいつも通りしっかり。そこに七味が結構効いていて
ピリ辛感も良く出ていて美味しかったと思います。

堅あげポテト匠味 塩と揚げにんにく味

【堅あげポテト匠味 塩と揚げにんにく味】EIM4 2017.2.23 Y レア度:★★☆☆☆
170223KataageShiotoNinniku1 170223KataageShiotoNinniku2

香ばしく揚げたにんにくの味わいが楽しめる堅あげポテトです。
香ばしいにんにくの香りと旨みをシンプルな塩味がひきたてます。

2016年1月にローソン限定で出ていましたが、それが今回は「コンビニ限定」ということで
出てきました。

にんにくのにおいは結構強めですが、香ばしい感じもあり、食欲をそそります。
タイトル通り、塩のみの味付けで余計なものは感じられないので、サッパリしていて
なかなか良いです。

 

↓2016/1のローソン限定(左)と今回のもの(右)と並べてみました。
「匠味」のデザイン変更くらいで、他は特に変更なしです。
160127KataageShiotoNinniku1 170223KataageShiotoNinniku1

堅あげポテト匠味 三河の焼きのり味

【堅あげポテト匠味  三河の焼きのり味】 EIP4 2017.1.23 Y レア度:★★☆☆☆
170123KataageMikawanoYakinori1 170123KataageMikawanoYakinori2
三河産のりを香ばしく焼き上げた風味豊かな味わいです。
旨み広がる贅沢なおいしさをお楽しみください。

三河(みかわ)というのは、全国的にどのくらいの知名度があるのだろう。
名古屋出身のわたしはもちろん分かるんですが、いまでいうと愛知県の東部地域を指します。豊橋とか岡崎とか。
愛知県西部は名古屋を中心とする尾張(信長)に対し、東部は岡崎城(家康)を擁する三河。

そんな三河が海苔の産地だったとは正直あまり知りませんでした。
調べてみると、
「あー、確かに。浜乙女ねぇ。そういえば、でえたらぼっちの浜乙女のCMって久しく見てないなあ。え!?あれ?これってローカルなの?」。

全国区と信じて疑っていなかったものが、自分の地元限定だったと知った時の衝撃 Orz。地方出身者あるある(笑。
浜乙女だけでなく、「なが~いお付き合い永井の海苔 by 竹下景子」も愛知県の企業だったんですねえ。

さて。
今回のこの堅あげ匠味ですが、チップスの表面に、黒いぽつぽつ(海苔)がまぶされています。
食べてみると、いわゆる「のりしお」的な感じではなくて、まさに「海苔」というもの。
焼き海苔感と、少し磯の香りも感じる気がします。非常に美味しかったです。
セブンイレブン限定。

 

堅あげポテト 梅とごま油味

【堅あげポテト 梅とごま油味】 EIG3 2017.1.5 Y レア度:★★☆☆☆
170105Kataage-UmetoGomaabura1 170105Kataage-UmetoGomaabura2

梅の香りと程良い酸味に、噛むほどにじゅわっと広がる香ばしいごま油の味わいが
あと引くおいしさ。季節の味わいをお楽しみください。

まずは、梅から来る酸っぱさを感じますが、食べていくと、ごま油の風味が出てくる、という
感じでした。
梅+ごま油 というのは、わたしが知る限り今までになかった組み合わせですが、
わたしとしては、なかなかこれ良かったです。

堅あげポテト 贅沢だし味

【堅あげポテト 贅沢だし味】 EIN4 2016.12.20 Y レア度:★★☆☆☆
161220kataagezeitakudashi1 161220kataagezeitakudashi2

三種のだしを使った、噛むほどにじゅわっと感じる奥深い味わい。
今だけの特別な堅あげポテト贅沢だし味です。

なにやらいつもの堅あげポテトらしからぬ、金ピカのパッケージ。
熨斗や、紅白の水引みたいなものも描かれていますので、正月を迎えるにあたり、
「新年おめでとう」的な銘柄かと思われます。それで、「贅沢」ということかと。

こんぶ、かつお、しいたけ という三種類のだしというのがテーマです。
チップスの色もやや濃い目です。
こんぶ、かつおは非常に良く出ていますね。やや味は濃い目な感じもしますが、
「噛むほどに」という堅あげのコンセプトにはピッタリ。大変おいしくいただきました。

7&i グループ限定での販売です。

プレミアム・ポテトチップス ノーザンルビーうす塩味

【プレミアム・ポテトチップス ノーザンルビーうす塩味】EIJ3 2016.11.11 G レア度:★★★★☆
161111premiumnorthernruby1 161111premiumnorthernruby2

北海道で収穫されたノーザンルビーという品種のじゃがいもでポテトチップスを作りました。
赤い色はポリフェノールの一種アントシアニン由来です。
いつものポテトチップスとはちょっと変わった色合いと波型カットのザクッとした食感をお楽しみください。

2015年にも出ました赤いジャガイモ「ノーザンルビー」をテーマにした銘柄です。
ギザギザカットとなっています。
食感としては、ほぼ、堅あげポテトの噛みごたえです。
実際、商品コードとしても、Eで始まる堅あげポテトのコードが使用されています。

赤いチップスの表面には目でも見えるくらい塩の粒がかかっていて塩気は強めとなっていますが、
純粋にこのジャガイモの味を楽しめるようにシンプルな味付けです。

ユニー系列での限定販売だったようです。
このノーザンルビーともう一銘柄「北海こがね」が出ていたようなのですが、残念ながら
そちらは完売で入手できませんでした。

堅あげポテト はまぐりだし味

【堅あげポテト はまぐりだし味】EHZ3 2016.11.18 NU レア度:★★☆☆☆
161118kataagehamguridashi1 161118kataagehamguridashi2
はまぐりのお吸い物のような、滋味深い味わいの堅あげポテト。
噛むほどにじゅわっと広がる貝だしの味わいがくせになるおいしさです。

カルビーHPによると、「20-30代女性、500名を対象に実施したアンケート、”目新しく食べたい味”
で1位になった」フレーバーとのことです。

早速食べてみますと、「うーん、まさに貝」という感じの匂いと味ですね。
原材料名を見てみると、はまぐりエキスパウダー以外にも、あさり、ほたて、こんぶ等が
使われています(笑。

ちょっと前の「匠味あさりバター」もかなり私のツボでしたが、この「はまぐりだし味」は
「はまぐりのお吸い物のような」というのがテーマですので、だしの味わいを追求しています。
これ、すごい良かったです。


さて。
「はまぐり」物と言えば、かつて出ていた「はましお」系を振り返らねばなりません。

左から順に、① 2004年6月 ② 2008年5月 ③ 2009年5月 ④ 2010年4月。いずれも通常チップスタイプ。
s040610hamashio s080527HamaShio s090509Hamashio s100429Hamashio
それぞれの解説文を見てみると、①は「はまぐりの濃厚な旨み」、②は「はまぐりやあさりの旨み」、
③は「はまぐりの旨みがほんのり」、④は「はまぐり・あさり・ほたての旨み」となっています。

 

堅あげポテト匠味 のりと明太子味

【堅あげポテト匠味 のりと明太子味】 EIH4 2016.11.9 M レア度:★★☆☆☆
161109kataagenoritomentaiko1 161109kataagenoritomentaiko2

ふわっと香るのりとピリッと辛い明太子の味わいの堅あげポテトです。
噛むほどに感じる磯の風味をお楽しみください。

堅あげ匠味の新商品です。ローソン限定?

開封してみてまず気づいたのが、すごくチップスの色が濃いこと!
明太子の影響なのか、オレンジ色っぽい感じになっていました。

これはかなり辛いのかな、と思って食べましたが、いやそうでもない。
のりの香りはまあまあしています。
ただ若干気になったのは、少し甘さ?を感じた気がしました。
気のせいかもしれませんがなんだろう?

 

s160222NoritoMentaiko

 

「のりと明太子」 の組み合わせは北海道新幹線開業時に
通常チップスの形で出たことがあります。
(2016/2。東日本限定で発売)

堅あげポテト匠味 鶏だしぽん酢味

【堅あげポテト匠味 鶏だしぽん酢味】EIE4 2016.11.3 Y レア度:★★☆☆☆
161103kataage-toridashiponzu1 161103kataage-toridashiponzu2
じっくり煮込んだ鶏の水炊きをぽん酢でいただく味わいをイメージしました。
爽やかなぽん酢で、豊かな鶏の旨みが際立つ深みのあるおいしさです。

説明文を見ると、「鶏の水炊き」をぽん酢で食べるイメージであると書いてあります。

鶏系の味わいの表現については、堅あげ匠味はいつもバッチリですが、
今回のものは、それがより一層良く出ていると思います。そして、ぽん酢との相性も絶妙ですね。
原材料名を見ると、「ねぎエキスパウダー」とか「はくさいエキスパウダー」なんてのも載っていて、
「冬の鍋物」って感じのイメージなんでしょうかね。これすごく美味しかったです。

 

↓ ポン酢は今までの銘柄では、塩とか柚子胡椒とのコラボでしたね。

<過去の「ぽん酢」系銘柄を調べてみました>
上段左から ①塩ぽんず味(2010/7) ②ゆず胡椒&ぽんず味(2011/1)
③ギザギザ石垣島塩ぽん酢味(2011/6)  ④すーハー!!ぽん酢風味(2012/10)

s100727ShioPonzu s110113YuzukoshoPonzu s110613GizagizaIshigakiShioPonzu s121005SuhaPonzu
下段左から ⑤冬のくつろぎポテト まろやかぽん酢とゆす胡椒味(2012/12)  ⑥四国のめぐみポン酢風味(2013/2)
⑦堅あげ匠味 塩ぽんず味(2014/8)  ⑧堅あげ匠味 柚子ぽんず味(2015/1)

s121203FuyuKutsurogiPonzu s130206ShikokuMegumiPonzu s140829Kataageshioponzu 150122KataageYuzuPonzu