「ポテリッチ」カテゴリーアーカイブ

ポテリッチ サワークリーム&チリ味

【ポテリッチ サワークリーム&チリ味】RYT3 2019.6.11 Y レア度:★★☆☆☆
190611PotarichSourcreamChilli1 190611PotarichSourcreamChilli2
豊かな風味のサワークリームに赤唐辛子、青唐辛子の2種の唐辛子を加えて仕上げました。
ピリッとアクセントが効いた、クセになる美味しさが楽しめます。

サワークリームにチリ、という珍しい組み合わせです。
オーソドックスにサワクリの味がしますが、ところどころピリ辛が来ます。
ただ、このタイトルであればもっと唐辛子が効いてたらパンチがあって良かったと
思いました。

ポテリッチ ハーブ&チキン味

【ポテリッチ  ハーブ&チキン味】RZQ3 2019.5.9 Y レア度:★★☆☆☆
190509PotarichHerbChicken1 190509PotarichHerbChicken2
オレガノとタイムを効かせたチキンをジューシーに焼き上げた味わいのポテトチップス。
芳醇な香りにチキンの旨みが絶妙にマッチした、あと引く美味しさが楽しめます。

ファミマ限定のようです。
オレガノもタイムもどんな香りかよく説明できませんが(汗)、なんか香草っぽい香りは
少しありますかね。
チキンはしっかり効いていますね。

ポテリッチ 燻製ベーコンとチェダーチーズ味

【ポテリッチ  燻製ベーコンとチェダーチーズ味】RYA3 2019.4.1 Y レア度:★★☆☆☆
190401PotarichBaconChedercheese1 190401PotarichBaconChedercheese2

燻製の香りでさらに引き立つベーコンの旨みとチェダーチーズのコク。
風味豊かなおいしさが楽しめる1品です。

ポテリッチの新銘柄。
がっつりベーコン風味ですね。チーズはそれほど感じず。
厚切りギザギザのチップスに良く合ってますね。
ビールのアテに良いと思います。

ポテリッチでベーコンとチーズの組み合わせは以前にもありました。並べてみます。
左から、2014年2月、2014年11月。
140206PotarichBaconCheese1 s141107PotarichBaconCheese

ポテリッチ 極旨黒こしょう味

【ポテリッチ 極旨黒こしょう味】RWP3 2019.3.12 Y レア度:★★☆☆☆
190312PotarichGokuumaKurokosho1 190312PotarichGokuumaKurokosho2

香り豊かでピリッと辛い粗挽き黒こしょうに、肉の旨みを加えたコクのある味わい。
食べごたえのある食感でじゃがいものおいしさが楽しめます。

ポテリッチの新銘柄。黒胡椒です。
ギザギザ厚切りチップスであるポテリッチと黒胡椒は合いますね。美味しかったです。
この組み合わせは相性が良いのか過去にも何度も出ています。

過去のポテリッチ「黒こしょう」銘柄を並べてみます。
左から ①2011/8 ②12/3 ③17/8 ④18/11
s110830PotarichKuroKosho s120312PotarichKodawariKuroKosho 170824KuroiPotarichKurokosho1 181115PotarichCamamverBlackpepper1

ポテリッチ こだわりのバーニャカウダ味

【ポテリッチ  こだわりのバーニャカウダ味】RXA3 2019.2.11 Y レア度:★★☆☆☆
190211BagnaCauda1 190211BagnaCauda2
香り豊かなガーリックとアンチョビに、隠し味の味噌を加えてこだわりの味わいに仕上げました。
奥深い美味しさが楽しめます。

バーニャカウダ、何度か聞いたことあるんだけど、どんなものだったっけ?
ということで調べてみました。
「イタリア・ピエモンテ州を代表する冬の鍋料理」であると。アンチョビ、にんにく、
オリーブオイルが主原料のソースみたいで、そこに野菜を浸して食べるフォンデュ的なものと認識しました。
このポテチではガーリックは良く感じました。ほかの味はアンチョビなのか、独特な風味ですが、
オリジナルが分からないので再現度はよく分かりません。

ポテリッチ のり塩バター味

【ポテリッチ のり塩バター味】RWJ4 2018.12.12 Y レア度:★★☆☆☆
181212PotarichNorishioButter1 181212PotarichNorishioButter2
人気ののり塩とバターを組み合わせ!
ふわっと広がるのりの香りと、バターのコクが後引くクセになる美味しさです。

今年も出てきました。ポテリッチののり塩バター! パーティサイズの100g。
カルビー公式HPを見てみると、「2017年に期間限定で発売したところ好評となり、
17年度発売のポテリッチの中で最大の人気を集めた」とあります。
それを踏まえて今年も再発売になったようです。

確かにこれ美味しいですよね。17年Ver.よりも海苔を強めにしてあるみたいです。
海苔とバターのバランス、そしてザクザクとした食べ応え、非常に美味しいです。

171206PotarichNorishioButter1

 

 

2017年バージョンはこれです。
2017年12月の発売で、今回と同じく、100gサイズ。

ポテリッチ 贅沢うにクリーム味

【ポテリッチ 贅沢うにクリーム味】RWX4 2018.11.30 Y レア度:★★★☆☆
181130PotarichZeitakuUniCream1 181130PotarichZeitakuUniCream2
うにの濃厚な旨みがまろやかなクリームソースにとけこんだ味わいのポテトチップスです。
風味豊かで、贅沢味わいが楽しめます。

年末恒例、ポテリッチのパーティサイズ、今年は「うに」で来ましたね~。
ファミマ限定のようです。
「うに」ってそんなに頻繁に食べませんし、パッケージの写真みたいな、うにのクリームパスタ
なんて食べたことないので、どんな風味だっけ、という感じですが、磯の香りはかなり強めです。
全般的に濃いですね。

ポテリッチ、年末パーティサイズの過去の変遷を並べてみました。
左から2013年、14、15、16、17年です。
16年にチーズフォンデュになった以外はベースは「えび」でしたが、今年は「うに」。
s131212PotarichEbishio 141205PotarichZeitakuEbishio1 151204PotarichZeitakuEbiGratin1 161201potarichnokocheesefondue1 171206PotarichZeitakuEbishio1

ポテリッチ カマンベールと黒胡椒味

【ポテリッチ カマンベールと黒胡椒味】RUZ3 2018.11.15 NU レア度:★★☆☆☆
181115PotarichCamamverBlackpepper1 181115PotarichCamamverBlackpepper2
カマンベールの豊かな香りとまろやかなコクにピリッと黒胡椒が効いた味わい。
コク深い美味しさが楽しめます。

ポテリッチの新銘柄。
チーズ風味がメインに、黒胡椒もピリッと効いています。
ビールのつまみに良いでしょう。

ポテリッチ 濃厚バター醤油味

【ポテリッチ 濃厚バター醤油味】RTK3 2018.9.17 Y レア度:★☆☆☆☆
180917PotarichNokoButterShoyu1 180917PotarichNokoButterShoyu2

北海道バターの芳醇な香りとコクに、醤油の香ばしさをきかせた味わい。
食べごたえのある食感でじゃがいものおいしさが楽しめます。

絶品うま塩のところにも書いたのですが、レギュラー販売のポテリッチがリニューアル、
ということで買ってきました。
バター醤油のコクが美味しいですね。やはり定番だけの安定感があります。

ポテリッチのレギュラー販売銘柄は、「塩系」と、相方であるもう一銘柄となっていますが、
「相方」は、11年~14年はコンソメ系で、現在のバター醤油系になったのは15年以降です。
左から、2011年3月、12年2月、13年9月、14年9月
s110307PotarichConsommeDX s120206PotarichConsommeDX s130920PotarichConsomme s140916PotarichBeefConsomme
15年9月、16年9月、17年9月、18年9月(今回のもの)

150923PotarichNokoButterShoyu1 160922potarichnokobuttershoyu1 171004PotarichNokoButtershoyu1 180917PotarichNokoButterShoyu1

ポテリッチ 絶品うま塩味

【ポテリッチ 絶品うま塩味】RTL3 2018.9.18 NU レア度:★☆☆☆☆
180918PotarichZeppinUmashio1 180918PotarichZeppinUmashio2

フランス産岩塩を使用しうまみのきいたこだわりの塩味と食べごたえのある食感で
じゃがいものおいしさが楽しめます。

レギュラーで販売しているポテリッチがリニューアルされたようなので買ってみました。
カルビーHPにリニューアルの経緯が載っていました。従来は「お酒のつまみに合うよう」に開発されていたが、
17年にユーザーアンケートを取ったところ、「読書や映画とともに」という回答が多かったと。
そこで塩などのバランスを調整したそうです。
そんな微細な変化が分かるほどわたしの舌は肥えてはいませんが、いつも通り、安定感のある美味しさであることは
言えます。オーソドックスで美味しいですね。安心して食べられます。

過去のポテリッチ塩系銘柄。2011年から並べてみます。結構頻繁にリニューアルされています。年1ペースか?
左から、2011年3月、12年2月、13年9月、14年9月
s110309PotarichShio s120210PotarichKodawariShio s130920PotarichUmashio s140924PotarichNokoUmashio
2015年9月、16年9月、17年9月、18年9月(今回のもの)
150922PotarichZeppinUmashio1 
160926potarichzeppinumashio1 170929PotarichZeppinUmashio1 180918PotarichZeppinUmashio1

ポテリッチ 旨辛ペペロンチーノ味

【ポテリッチ 旨辛ペペロンチーノ味】RQY3 2018.7.23 Y レア度:★★☆☆☆
180721UmakaraPeperonchino1 180721UmakaraPeperonchino2
香ばしいガーリックの旨みと唐辛子の辛みを効かせた味わいのポテトチップス。
旨辛で風味豊かなおいしさが楽しめます。

うーん、確かにガーリックと、なかなかの辛さがある唐辛子。
そういう意味で、ペペロンチーノ感は感じられますね。
けっこうピリ辛なのでビールを傍らに。

 

ペペロンチーノは当博物館の所蔵銘柄では、ずいぶん過去にひとつあったのみ。
「気まぐれシェフのおすすめチップス ペペロンチーノ」というのが2005年7月で見つかりました。
この時は通常チップスだったようですね。
s050721peperonchino

ポテリッチ 香味チキンとごま油味

【ポテリッチ 香味チキンとごま油味】RPR3 2018.5.11 NU レア度:★★☆☆☆
180511KoumiChickenGomaabura1 180511KoumiChickenGomaabura2

にんにくや唐辛子で香味を付けたごま油をチキンに絡めた味わい。
ジューシーなチキンの旨みとごま油の豊かな風味が口に広がる、やみつきになるおいしさです。

開封すると、ごま油の香りが立ち込めてきて食欲をそそります。
にんにくや唐辛子というほど強い辛さは感じませんでしたが、チキンの旨みも
感じられ、かなり美味しかったです。ビールのつまみにも良いかもしれません。

ポテリッチ 炙り和牛と塩味

【ポテリッチ 炙り和牛と塩味】RQB3 2018.3.28 NU レア度:★★☆☆☆
180328PotarichAburiWagyuShio1 180328PotarichAburiWagyuShio2

和牛を炙って香ばしく焼き上げた味わいのポテトチップス。
塩味が和牛の旨みを引き立てた、コク深く食べ応えのあるおいしさです。

ビーフの旨味が出ていますが、塩味となっているので、いつもの肉系にありがちな
甘みはありません。焼き肉のタレみたいな甘みがわたしは好きではないので、
シンプルに塩で味付けしている点が良かったです。

ポテリッチ 極旨九州しょうゆ味

【ポテリッチ 極旨九州しょうゆ味】RPS3 2018.3.15 Y レア度:★★☆☆☆
180315GokuumaKyushushoyu1 180315GokuumaKyushushoyu2

九州地方独特の甘辛いしょうゆの風味に、豚の旨みと鶏だしのコクをしっかりと
効かせ極旨なおいしさに仕上げました。濃厚でコク深く、食欲をそそるおいしさです。

以前にも出てましたが再び出てきました。
少し甘めの九州しょうゆ、良いですね。
それに加え、旨みを感じますが、豚と鶏なんですね。美味しかったです。

過去に出た「極旨九州しょうゆ」
左から、2015/3、2017/3、今回のもの。
s150129PotarichGokuumaKyushu 170321PotarichGokuumaKyushuShoyu1 180315GokuumaKyushushoyu1

ポテリッチ ガーリックチェダー味

【ポテリッチ ガーリックチェダー味】RPA3 2018.2.7 Y レア度:★★☆☆☆
180207PotarichGarlicCheder 180207PotarichGarlicCheder2

香ばしいガーリックと濃厚なチェダーチーズに絶妙にマッチした味わいのポテトチップスです。
コク深くやみつきになるおいしさが楽しめます。

開封すると、まさにガーリック!という香りがします。結構香ばしい感じ。
食べてみると、チェダーチーズの効果なのか若干まろやかな感じがして
にんにくが少し柔らかくなっている印象です。