カテゴリー別アーカイブ: ポテリッチ

ポテリッチ 柚子胡椒チキン味

【ポテリッチ 柚子胡椒チキン味】RJJ3 2017.4.7 Y レア度:★★☆☆☆
170407PotarichYuzukoshoChicken1 170407PotarichYuzukoshoChicken2

香ばしく焼いたチキンに柚子胡椒をのせた味わい。
爽やかな柚子の風味にピリッとした唐辛子の辛味、香ばしくジューシーなチキンの旨みが
合わさり、後引くおいしさです。

ポテリッチとしては、以前、「ゆず胡椒味」と言うのが出たことがありましたが、
今回は「チキン」の要素も入っています。

食べてみると、確かにチキンの風味はいつもながらしっかりと出ています。
食べ進めていくと、柚子胡椒のピリ辛感が出てきますね。
けっこう辛味は強めです。

s111017PotarichYuzuKosho← かつて出ていた「ポテリッチゆず胡椒味」(2011/10)

 

ポテリッチ 極旨九州しょうゆ味

【ポテリッチ 極旨九州しょうゆ味】RIS3 2017.3.21 Y レア度:★★☆☆☆
170321PotarichGokuumaKyushuShoyu1 170321PotarichGokuumaKyushuShoyu2

九州地方独特の甘辛いしょうゆの風味に、濃厚な豚の旨味と鶏だしのコクをしっかりと
きかせ極旨なおいしさに仕上げました。濃厚ながらキレのある味わいで、食欲をそそるおいしさです。

2015/3に発売された「ポテリッチ極旨九州しょうゆ」。
今回再び登場です。
若干甘めでコクのある九州醤油と、ギザギザの厚切りチップスが良くマッチしており、
大変良いです。

 

前回版と今回版とを並べてみました。
s150129PotarichGokuumaKyushu 170321PotarichGokuumaKyushuShoyu1

ポテリッチ しおとごま油味

【ポテリッチ   しおとごま油味】RIO3 2017.2.24 Y レア度:★★☆☆☆
170224PotarichShiotoGomaabura1 170224PotarichShiotoGomaabura2

「かどやの純正ごま油」で味付けしたポテトチップス。
香ばしいごま油の風味と、程よい塩味が、後引くおいしさです。

カルビーHPによると、「ポテリッチ初の食品メーカーとのコラボ商品」とのこと。
意外でしたが、言われてみれば確かにそうかもしれない。

下に載せてますが、「かどやの純正ごま油」とのコラボポテチは今まで結構出てます。
通常チップスだけでなく、堅あげポテトまで出てますからね。で、今回はポテリッチ。
となると、次は「ピザポテ」とのコラボか!? なわけない(笑。

毎度ながら「かどやの純正ごま油」とのコラボポテチは本当に美味しいですね。
これ大好きです。レギュラー化してほしいくらい。
今回のこれも、ポテリッチのザクザク感とも良くマッチしていると思います。


過去の「かどや純正ごま油」とのコラボ銘柄たち。
上段左から ①2008年2月 ②09年2月 ③10年6月 ④11年6月

s080216ShiotoGomaabura s090220ShiotoGomaabura s100615ShioGomaabura s110620ShioGomaabura
下段左から ⑤12年2月 ⑥12年2月 ⑦12年5月 ⑧15年5月
s120214KimuchiGomaAbura s120220ShioGomaAbura s120503ShioGomaabura s150502KataageShiotoGomaabura

ポテリッチ アンチョビガーリック味

【ポテリッチ アンチョビガーリック味】RIA3 2017.2.3 Y レア度:★★☆☆☆
170203PotarichAnchoviGarlic1 170203PotarichAnchoviGarlic2

独特な風味のアンチョビとガーリックが絶妙にマッチ!
メリハリのきいたアンチョビの塩気と旨味に、香ばしく濃厚なガーリックの味わいが
合わさり、やみつきになるおいしさです。

開封すると、ガーリックの香りと、アンチョビと思われますが若干魚介系の感じです。
口にしてみると、あの独特なアンチョビ風味が出てきます。
やはり、この系統はビールのお供にもってこいです。

アンチョビがカルビーポテチのフレーバーとして使われ始めたのは最近かと思って
いましたが、調べてみると、「アンチョビ&ガーリック」(下の写真左)というのが、
2006年11月に出ていました(パリパリバリエーションのひとつ)。
右の写真は記憶に新しいところで、「濃い味」シリーズの「アンチョビガーリック」です(2016年3月)。
s061111anchobigarlic s160324Koiaji-anchobigarlic

ポテリッチ 明太バター味

【ポテリッチ 明太バター味】RHQ3 2017.1.9 Y レア度:★★☆☆☆
170109Potarich-MentaiButter1 170109Potarich-MentaiButter2

コク深いバターの風味に、明太子の旨味と辛味が絶妙にマッチした味わいの
ポテトチップスです。辛味をピリッと効かせ、後引くおいしさに仕上げました。

開封すると、バターの香りが立ち込めてきます。
食べていくと、コクのあるバターを感じます。後から、明太子によると思われる
ピリ辛が時々来る、と言う感じでした。
正直、もう少し明太子の味が出てると思ったのですが、明太子感と辛さが
もっとあっても良かったかな、と個人的には思います。

ポテリッチ 濃厚チーズフォンデュ味

【ポテリッチ 濃厚チーズフォンデュ味】RHA4 2016.12.1 NU レア度:★★☆☆☆
161201potarichnokocheesefondue1 161201potarichnokocheesefondue2

3種のチーズ(ゴーダチーズ、カマンベールチーズ、エメンタルチーズ)に、白ワインを
加えてじっくり煮込んだ味わいを再現しました。濃厚なチーズのコクと芳醇な香りが口の中に広がります。

年末恒例のポテリッチPARTY SIZEが今年も登場。
この3年(2013-15)、えび系の銘柄が続いていましたが、今年はチーズフォンデュです。

確かに、チーズが濃厚ですねえ。3種類のチーズを使用しているそうですが、チーズ好きにはたまらない
のでしょう。ほどほどの塩気も感じられます。
容量以上にガッツリ感を感じます。

 

ポテリッチの年末PARTYSIZE銘柄、過去分を振り返ってみました。
左から順に、2012年~2015年、一番右は今回のもの。
s121211PotarichChirstmasShio s131212PotarichEbishio 141205PotarichZeitakuEbishio1 s151204PotarichZeitakuEbiGratin 161201potarichnokocheesefondue1

ポテリッチ 海老ガーリック味

【ポテリッチ 海老ガーリック味】 RGQ3 2016.11.16 Y レア度:★★☆☆☆
161116potarichebigarlic1 161116potarichebigarlic2

海老とガーリックを、オリーブオイルでこんがり焼き上げた味わいのポテトチップスです。
香ばしく旨み広がるおいしさが広がります。

開封すると、焦がした感じの海老、そしてオリーブオイルの香りがしてきます。
食べてみると、やはり海老がかなり前面に出ており、ガーリックは言うほど効いて
いないので食べやすいです。

ポテリッチ 熟成肉と塩味

【ポテリッチ 熟成肉と塩味】 RGG3 2016.10.19 NU レア度:★★☆☆☆
161019potarich-jukuseinikutoshio1  161019potarich-jukuseinikutoshio2

熟成肉の凝縮した旨みを塩で引き立てた味わいのポテトチップスです。
贅沢なおいしさが楽しめます。

ポテリッチの新銘柄です。
熟成肉、あのエイジングビーフってやつですね。
熟成させることで肉の持つ酵素により旨みが増すというやつ。

開封すると、いつものビーフ系銘柄のものよりも、強い感じの肉々しい
匂いが上ってきます。
食べてみると、タイトル通り、かなり塩が効いた感じですね。
そういうわけで、肉系銘柄にありがちな変な甘さは全くないです。
全般的に濃い味付けになっていますので、ビールなどが傍らにあると
ベターな感じがしました。

160527Kataage-JukuseiNiku1

 

← 熟成肉 というテーマでは、
少し前に、「堅あげ匠味」から、
「熟成肉の岩塩仕立て」というのが
出たことがあります。
(2016/5) 

ポテリッチ 濃厚バター醤油味

【ポテリッチ 濃厚バター醤油味】 RFU3 2016.9.22 NU レア度:★☆☆☆☆
160922potarichnokobuttershoyu1 160922potarichnokobuttershoyu2

北海道産バターの芳醇な香りとまったりとした濃厚なコク。そこに、醤油の香ばしい風味や旨味をきかせ、
絶妙なおいしさに仕上げました。コク深く食欲をそそる味わいです。

絶品うましお味と並んで、レギュラー銘柄のリニューアルです。
カルビーHPによると、いちおう期間限定となっていますが、2017/3までということで、
通常販売に近い形と思われますのでレア度は1としています。

バターのコクが美味しいですね。これすごく好きです。
今回のリニューアルでは、従来品よりも「バターのくどさを減らした」「醤油の強すぎを控えめに」
という変更がなされているとのことです。

 

ポテリッチ 絶品うま塩味

【ポテリッチ 絶品うま塩味】 RFT3 2016.9.26 Y レア度:★☆☆☆☆
160926potarichzeppinumashio1 160926potarichzeppinumashio2

フランス産岩塩を使用した、ひと味違うこだわりの塩味です。
マッシュルームや香味野菜、チキンの旨味で味に深みを出し、岩塩のおいしさを引き立てました。
さらに白ワインの風味で香り良く仕上げた、他にはない濃厚で絶品なおいしさです。

レギュラー銘柄のリニューアル、ということなので買ってみました。
今回のリニューアルでは、今までに無かった「白ワインパウダー」と「オリーブオイルパウダー」
が追加になったそうです。

味としては正直それらは分かりませんでしたが(汗)、オーソドックスに美味しかったです。

過去のポテリッチはこちらの展示室にまとめて掲示しています。
また、初期のポテリッチは、袋の形状が異なりましたが、それはこちらにまとめています。

ポテリッチ 濃厚パルメザンチーズ味

【ポテリッチ 濃厚パルメザンチーズ味】 RFI3 2016.9.13 NU レア度:★★☆☆☆
160913potarichparmezancheese1 160913potarichparmezancheese2

パルメザンチーズの芳醇な香りと凝縮したコク深さが味わえるポテトチップスです。
濃厚で風味豊かなおいしさが楽しめます。

濃厚なチーズということなので、覚悟して食べましたが、それほどではなかったです。
チーズ好きの人には少し物足りないのかもしれません。
わたしはあまりチーズ臭の強いものは苦手なので、ちょうどこれくらいで良かったです。
塩気も適度に効いており、食べやすかったです。

ポテリッチ 旨塩ローストチキン味

【ポテリッチ 旨塩ローストチキン味】 REU3 2016.7.21 Y   レア度:★★☆☆☆
160721PotarichUmashioRoastChicken1 160721PotarichUmashioRoastChicken2

香ばしくジューシーなローストチキンの味わい。
まろやかな塩味がチキンの旨みを一層引き立てます。
隠し味のローズマリーや香味野菜のほんのりとした風味がやみつきになるおいしさです。

チキンテイストがしっかり感じられますが、銘柄名にある通り、程よい塩味が
感じられます。
この、ちょっとした塩味が味を引き立てているのでしょう。
ローズマリーなどはちょっと分かりませんでした。

 

ポテリッチ 極旨レモンステーキ味

【ポテリッチ 極旨レモンステーキ味】REB3 2016.6.6 Y レア度:★★☆☆☆
160606PotarichGokuumaLemonSteak1 160606PotarichGokuumaLemonSteak2

しょうゆだれで焼きあげたビーフに、レモンをさっと絞った味わいを再現しました。
濃厚なビーフの旨みとしょうゆだれのコク深さに、爽やかなレモンの香りと酸味が絶妙に
マッチしたおいしさです。

最初にレモンがしっかりと主張してきます。
それだけにサッパリした感じで始まりますが、あとからいつも通りの肉の風味が
やってきます。
しょうゆだれのビーフ、というだけに、確かにかなり濃い目の味付けとなっています。
レモンがうまいこと働いていますね。

ポテリッチ グリルチキン&サルサ味

【ポテリッチ グリルチキン&サルサ味】RDJ3 2016.5.9 Y レア度:★★☆☆☆
160509PotarichGrillchickenSalsa1 160509PotarichGrillchickenSalsa2
香ばしく焼いたチキンに、旨みのあるサルサソースを合わせ、ピリッと辛みをきかせた
おいしさを再現しました。濃厚で辛さが後引く味わいです。

そういえば、「サルサソース」って何だっけなあ、と思って調べてみると、
「メキシコ料理の代表的な香辛料。トマト、玉ねぎ、ピーマン、パクチーのみじん切りを
レモン汁とタバスコに漬けたもの」 とのこと。

開封すると、トマトとガーリックの風味が立ち込めてきます。
チキンもしっかり主張しており、スパイシーな感じです。
だんだん適度な辛さが来ます。
やはり全般的にエスニックな印象、なかなか良かったです。

 

 

ポテリッチ うにカルボナーラ味

【ポテリッチ うにカルボナーラ味】 RDC3 2016.4.21 Y レア度:★★☆☆☆
160421Potarich-UniCarbonalla1 160421Potarich-UniCarbonalla2
うにの旨みがとけこんだ、濃厚なカルボナーラ味のポテトチップスです。
磯の香り豊かでクリーミーなおいしさに仕上げました。

最近良く出てくる「うに」銘柄です。
そもそも、「うにカルボナーラ」なんてパスタは見たことないけど、まあ食べてみようかと。

磯の香りはしますが、今まで出てきたウニ銘柄と比べると、ややウニ風味は弱めに感じました。
また、クリーミーな感じは出ていますが、カルボナーラかと言われると微妙かもしれない。
トータルでは、別に変な味ではありません。全般的には濃い感じですね。