soixante のすべての投稿

OTONA RICH サワークリームオニオン

【OTONA RICH サワークリームオニオン】 EER3 2014.7.19 b レア度:★★☆☆☆

140719OtonarichSourCream1     140719OtonarichSourCream2

 

サワークリームのさわやかな酸味とコクにオニオンの甘み。そこに、ちょっとひと工夫。チーズとオレガノを加えて広がる深い味わい。

ビストロコンソメと一緒に出ました。以前のリニューアル版です。
ギザギザポテトと堅あげポテトの交配種です。

OTONA RICH ビストロコンソメ

【OTONA RICH ビストロコンソメ】 EEQ3 2014.7.18 b レア度:★★☆☆☆

140718OtonarichBistroConsomme1     140718OtonarichBistroConsomme2

 

野菜の甘みとチキン・ビーフの旨みを、ペッパーと数種類のハーブで引き立てました。それはまるでビストロのコンソメスープを感じさせる華やかな深い味わい。

2013年にも出ていましたが、リニューアル版です。
以前のものは、展示室の「その他シリーズ その2」の中に掲載しています。

前回、前々回は東北、関東などの地域限定でしたが、今回は初めて全国発売となりました。
また、今までは、「チキン」コンソメ でしたが、今回は「ビストロ」コンソメとなりました。
ギザギザポテトと堅あげポテトの交配種といえます。銘柄コードも堅あげ系の「E」で始まるものとなっています。

青森にんにく甘辛味

【青森にんにく甘辛味】 QOQ3 2014.7.17 b レア度:★★★☆☆

140717AomoriNinnikuAmakara1             140717AomoriNinnikuAmakara2

 

青森産にんにくを使用!ごはんのおとも にんにく味噌の甘辛い味わいのポテトチップスです。コクと旨みが食欲をそそる、後引くおいしさです。

「お国自慢まつり」として、各地域の地域限定銘柄を全国で販売していますが、その一つです。左上の「東北の味」とあります。
ただ、これは、この企画限定の銘柄なので、初登場です。
青森のにんにく系の銘柄は今までも何度か出ていますが、今回のものは、にんにく「味噌」とのことで、私の記憶では今までなかったものと思います。

濃く味 えびガーリック味

【濃く味 えびガーリック味】 QPV3 2014.7.9  b レア度:★★☆☆☆

140709KokumiEbiGarlic1     140709KokumiEbiGarlic2

 

えびをオリーブオイル&ガーリックで風味豊かに煮込んだ、アヒージョの味わいを再現しました。旨み広がる濃厚な味わいをお楽しみください。

タイトル通り、かなりの味の濃さです。にんにくの香りがすごいです。
一気に食するにはやや厳しい感じがしました(笑。
デザイン的にはシリーズのいつもの形です。おいしそうな海老のアヒージョの写真が掲載されています。

山賊焼味

【山賊焼味】 QOU3 2014.6.18 M レア度:★★★★★

140618Sanzokuyaki1     140618Sanzokuyaki2

 若鶏に甘辛いタレをつけこんがりと炭火で焼いた「いろり山賊」の「山賊焼」味です。

6月下旬の発売以来、ずっと探していたレア銘柄ですが、半ば諦めていたところで、幸運にも入手できました!
左上に「山口グルメ旅」のマークがあります。中四国の一部スーパー等と いろり山賊のみの限定販売です。
このところ、中四国銘柄がにぎやかです。

これは、山口県に展開するファミレス?というか、山奥にある、御食事処「いろり山賊」とのコラボ商品という異色のものです。
「いろり山賊」は以前、情報番組「がっちりマンデー」の「地元ローカルのファミレス」の回で見たことがありましたが、まさかカルビーのコラボ先になるとは思いもしませんでした(笑。

h140618Sanzokuyaki3パッケージ表面の「山賊焼味」の題字を囲っているのが、この店のメイン商品「山賊焼」の形です。
山賊焼の写真もパッケージの表・裏の両方に載っています。

また、お店の絵だけでなく、住所を書いたノボリまで描かれています。
h140618Sanzokuyaki2

 

h140618Sanzokuyaki1

 

パッケージ裏面には、いろり山賊の説明と写真もあります。

「いろり山賊」とは、ちょっとしたドライブスポットとして有名な、山口県岩国市の山間にあるお食事処。
昔ながらの囲炉裏のある民家や、野外でもお食事が楽しめます。お花見シーズンの桜や端午の節句のこいのぼりなど壮大な装飾もみもの。

 

津山ホルモンうどん味

【津山ホルモンうどん味】 QKX3 2014.6.18 M レア度:★★★★★

140618TsuyamaHorumonUdon1    140618TsuyamaHorumonUdon2

説明文はありません。
中四国限定銘柄です。左上に「岡山グルメ旅」のマークがあります。
このホルモンうどん味は、2013年の秋に、同じく中四国限定で出ましたが、その時はQKX「2」でした。
基本的なデザインは踏襲していますが、大きく異なるのは、題字が縦書きから横書きに変更されたことです。

↓2013年のQKX2
s131109HorumonUdon

裏面には、B級グルメのB1グランプリの説明や、津山市の名所の写真が掲載されています。

カラビー 辛沢家のカレー味

【カラビー 辛沢家のカレー味】 QOW2 2014.4.26 K レア度:★★★★★

140426KarabeeCurrey1    140426KarabeeCurrey2

 

私、辛沢シゲキの生まれ故郷、金沢の地元カレーは一般的に真っ黒なカレーでドロッとしていて、付け合せにキャベツの千切りがステンレスの皿で盛られています。これを先割れスプーンで食べるのが王道!私が小さい頃から食べている母親のつくったカレーをポテトチップスの味で再現しました。

前回の「堅いカラビー」のコメントに書いたカレー味が入手できました。中四国・九州限定の商品です。
いつも通り、カルビーの架空の社員「辛沢シゲキ」プロデュースというタッチで説明文があります。
半沢直樹をモチーフとしたキャラクターだろうとは思っていましたが、なんと、この辛沢シゲキも、半沢と同じく金沢出身となっています。
パッケージ裏面右上に、以下のように、「金沢カレー」の写真と、上記の説明文があります。
h140426KarabeeCurrey
というわけで、パッケージ表面の辛沢が持っているのは、この説明文にある先割れスプーンです。

堅いカラビー 釜あげホットチリ味

【堅いカラビー 釜あげホットチリ味】 EET3 2014.6.25 M レア度:★★★★☆

140625KataiKarabee1     140625KataiKarabee2

 

自分が食べたいスナックを作るためにカルビーに入社。辛味系スナックの担当になり、実は苦手だった辛さに最近、魅了されつつある。第3弾は堅いカラビー!カルビーこだわりの直火釜あげ製法がクセになる味わい!

当初、中国・四国・九州限定で発売された「カラビー」の「堅あげポテト」版と言えますが、これも同じく中国・四国・九州限定で発売です。
やはり、この銘柄も、「E」で始まるコードとなっており、堅あげポテト路線という位置づけのようです。
また「カラビー」2銘柄は、6月末より、東北・関東・中部に販売地域が広がりましたが、これはどうでしょうか。

先発の「カラビー」2銘柄と同様、架空のカルビー社員「辛沢シゲキ」によるプロデュース、というタッチで説明書きがあります。その説明文によれば、「第3弾」となっており、先発の「カラビー」「カラビー厚切り」に続くもの、ということのようですが、実際には、その前に「カラビー 辛沢家のカレー味」というのも出ています。
(カレー味はカルビーHP非掲載、中国以西限定)

ピザポテト クリスプ

【ピザポテト クリスプ】 EEP3 2014.6.4 G レア度:★★★★☆

140604PizzapotatoCrisp1     140604PizzapotatoCrisp2

 

あの“ピザポテト”からクリスピータイプが登場~
低温で釜揚げしたカリカリ食感のポテトチップスに、いつものピザポテトとはちょっと違う味付け、そしてとろ~りチーズをトッピング。噛むほどに、じゃがいもの風味とチーズの旨みが広がる、じっくり味わっていただきたいピザポテトです。

「ピザポテト」と「堅あげポテト」の交配とでも言うべき銘柄です。
パッケージの銘柄名は「ピザポテト」をベースとしていますが、商品コードは、堅あげポテトの「E」で始まるコードとなっています。
説明文では「いつものピザポテトとはちょっと違う味付け」とのことですが、原材料名では「チェダー・エメンタール・カマンベール」となっており、違いについては残念ながらわかりませんでした。
カルビーHP非掲載で、情報も全くないため詳しくは分かりませんがどこかの地域限定のようです。
(これはカルビープラスで入手しました。) 製造所が「G」ですので中部あたりでしょうか?

Deepo ベーコンマスタード味

【Deepo ベーコンマスタード味】 QPK3 2014.6.25 b レア度:★★☆☆☆

140625deepobacon1     140625deepobacon2

スモークされたベーコンとマスタードの酸味がアクセントとなり、後引く美味しさを楽しめます。

2月に出たDeepoの新シリーズです。マスタードの風味がよく効いています。
基本的なデザインは踏襲しています。2月のものと合わせて、青・赤・黄色とそろいました。

2月の2銘柄
s140220DeepoRockSalt    s140219DeepoHabaneroCheese

 

四国のめぐみ

【四国のめぐみ 高知しょうが・徳島青のり風味】   QOO3  2014.6.11  M   レア度: ★★★★★

140611shikokumegumi1     140611shikokumegumi2

・生産量日本一を誇る高知県産しょうが ・吉野川の清流が育んだ徳島県産青のり
ふたつの四国のめぐみが出会い、しょうゆ風味の味わい深いポテトチップスに仕上がりました。

中四国・九州限定銘柄です。カルビーHP非掲載なので、レア度5としています。
左上には、「四国グルメ旅」のマークがあります。製造工場もM(広島工場西棟)でローカル感が良く出ています。

「四国のめぐみ」は、2013年にも同じ地域の限定で出ていましたが、その時は2種類でした。
その2種類は以下です。
s130208ShikokuMegumiShoyu     s130206ShikokuMegumiPonzu

このうち、左の「醤油仕立て」(No.0738) が、高知(しょうが)+徳島(青のり)の組合せ、
右の「ポン酢風味」(No.0735)は、愛媛(みかん)+香川(塩)の組合せでした。
今年はこの左側の組み合わせで出てきました。右の組み合わせも出ているかは不明です。

なお、昨年の2銘柄はギザギザの厚切りカットでしたが、今年は通常のポテトチップスのタイプです。
しょうがはそれほど強くなく、青のりが効いているのか、ほんのり甘い感じすらしました。

 

ヒーハーX(エックス)

【ヒーハーX(エックス) バッチリチリ味】 EEM2 2014.5.7 Y レア度:★★★★☆

140507hihax1     140507hihax2

釜揚げポテトに、うま辛いヒーハーバッチリチリ味が、ベストマッチ!堅くて、辛くて、最高にうまい!

ヒーハーの新銘柄です。関東・東北の一部スーパー限定のようです。カルビーHPにも記載がありません。
取扱が少ないのか、入手は結構苦戦しました。

今まで出ていたヒーハー、す~ハーとは異なり、堅あげポテトのタッチとなっており、商品コードも、堅あげポテトのラインに使用される「E」で始まるコードとなっています。タイトル通り、かなり味は辛めです。パッケージ左上には、「堅いぜ!辛いぜ!バリウマだぜ!」というキャッチコピーが記されています。

ギザギザ 塩と黒糖味

【ギザギザ 塩と黒糖味】 QOS2 2014.5.26 NU レア度:★★★★☆

140526gizagizashiokokuto1     140526gizagizashiokokuto2

厚切りポテトを塩と黒糖で、シンプルな味付けにしました。黒糖のやさしい甘さと塩味が絶妙にマッチした、とまらないおいしさです。

昨年に引き続き、ドラッグストア限定という珍しい販売チャネルで出ました。左上に「ドラッグストア限定」という赤いマークがあります。
カルビーHPも非掲載です。
テーマが「黒」ということらしく、「黒」と大きく記され、昨年同様、「黒っていいね」とのコメントがあります。

s130620KurozuShio昨年のドラッグストア限定の「黒」銘柄はこちらの「黒酢と塩味」です。(No.0795で2013年のページに展示しています)
今年はギザギザですが、昨年は通常のポテチでした。

堅あげポテト 辛味噌味

【堅あげポテト 辛味噌味】 EES3 2014.6.19 b レア度:★★☆☆☆

140619kataagekaramiso1      140619kataagekaramiso2

ピリッと辛い唐辛子に味噌のコクがマッチした深い味わいの堅あげポテト

「うま辛セレクト」の残り1銘柄として出ました。
左上にある、辛さのインジケーターは、6本中の4本となっています。
最初は味噌のコクが感じられますが、あとから辛さがじわじわ来ました。

 

 

小梅味

【小梅味】 QPN3 2014.6.12 b レア度:★★☆☆☆

140612Koume1     140612Koume2

 

1974年の発売時から変わらない甘ずっぱい美味しさのキャンディ「小梅」の味わいをポテトチップスで再現しました。甘味と酸味があとひくおいしさです。

ロッテとのコラボレーション銘柄です。
かなり甘く感じられました。梅味というよりは、やはり「ロッテの小梅」の味を忠実に再現している感じです。