カテゴリー別アーカイブ: ラブジャパン

山形芋煮味

【山形芋煮味】RKH3 2017.9.13 Y レア度:★★☆☆☆
170908Yamagata-YamagataImoni1 170908Yamagata-YamagataImoni2
親しい人たちが野外で大きな鍋を囲んで食べる、山形の芋煮の味わいを再現しました。

ラブジャパン「山形の味」です。東北・関東・甲信越限定。

「芋煮」というのは東北地方以外の方にはピンとこないかもしれません。
秋になると、仲間で河川敷に集い、「芋煮会(いもにかい)」という行事が開かれます。
サトイモを中心に、肉や野菜を交えて鍋を作り、みんなで楽しむものです。
わたしは東北人ではありませんが、転勤族で東北に勤務していたこともありますので、
なんどかこの行事に参加して楽しんだことがあります。まさに今くらいの時期、いいですよねえ。

そして、この「芋煮」も地域によって味付けに差があり、山形と仙台でも異なりますし、
山形県内でも庄内地域とは異なります。山形は醤油・牛肉、庄内は味噌・豚肉だったかと。
今回のポテチは、「山形芋煮」なので、しょうゆ・牛肉ですが、原材料を見てもしっかり、
しょうゆ、ビーフパウダーとあります。そして、地味に、ごぼうパウダーとか、ねぎパウダーが
いい役目を果たしています。おいしかったです。

パッケージデザインは、山形の花笠まつりの笠ですね。「ヤッショ、マカショ」。

盛岡じゃじゃ麺味

【盛岡じゃじゃ麺味】RKC3 2017.9.13 NU レア度:★★☆☆☆
170908Iwate-MoriokaJajamen1 170908Iwate-MoriokaJajamen2
岩手県盛岡市で、わんこそば、冷麺と並んで盛岡三大麺と称される
じゃじゃ麺の味をポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「岩手の味」です。東北・関東・甲信越限定。

確かに、盛岡三大麺の他のモノ(わんこそば、冷麺)では、ちょっとポテチに
してもテイストの出し方が難しそうですねえ。

じゃじゃ麺の上に載っている、肉味噌の甘辛いテイスト。
なかなか良かったです。
左上のキャラクターは、岩手県の食材をPRしているキャラクター、
「わんこきょうだい そばっち」とのことです。

「じゃじゃ麺味」は過去に何度か出ています。左から、
① 2012年3月 ② 14年3月、東北紀行  ③ 14年4月
s120305MoriokaJajamen 140305JajamenNikumiso1 140408MoriokaJajamen1

しょっつる鍋味

【しょっつる鍋味】RKG3 2017.9.11 Y レア度:★★☆☆☆
170911Akita-Shottsuru1 170911Akita-Shottsuru2
しょっつるとは?
ハタハタなどを使用した魚醤のことです。秋田ではハタハタが大量に
獲れたことから、魚醤の原料としていました。芳醇な香りが特徴です。

ラブジャパン「秋田の味」です。東北・関東・甲信越限定。

開封すると、ダシの香りが。これが魚醤なんでしょうね。
よく効いていて美味しいです。
オリジナルの鍋は食べたことが無いですが、再現されているのでしょう。

パッケージデザインはもちろん、東北三大祭りの一つである、
「秋田竿燈祭り」です。

170117Shottsurunabe1
← 「しょっつる鍋味」は少し前に出たことが
あります。2017年1月。

東北地方のイオン限定で出た
「しょっつる鍋味」です。

青森にんにく味

【青森にんにく味】RKI3 2017.9.13 NU レア度:★★☆☆☆
170908Aomori-AomoriNinniku1 170908Aomori-AomoriNinniku2
田子産にんにくを使用!
にんにく味噌の甘辛い味わいがポテトチップスになりました。コクと旨味が
食欲をそそる、あと引くおいしさです。

ラブジャパン「青森の味」です。東北・関東・甲信越限定。

田子(たっこ)のニンニクと言えば、過去にもポテチのテーマとして定番と
なっています。
今回の「青森にんにく味」は、ガッツリにんにく、と言うタッチではなく、
「にんにく味噌」ということで、少し甘いタッチとなっており、食べやすかったです。

パッケージはニンニクの形がデザインされ、左上のゆるキャラは、
青森県産品のPRキャラクター。相撲の行司「決め手くん」だそうです。

過去の田子にんにく関連銘柄(一部です)
上段左から、①田子のにんにく(2004年8月) ②焦がしにんにく醤油味(09年3月、サークルK サンクス限定)
③青森にんにくしょうゆ味(13年2月)
s040824takkononinniku s090331KogashiNinnikuShoyu s130213AomoriNinnikuShoyu
下段左から、④青森にんにく甘辛味(2014年7月)、⑤田子のにんにく味(14年8月)

140717AomoriNinnikuAmakara1 140801TakkoNinniku1

いかにんじん味

【いかにんじん味】RKD3 2017.9.13 Y レア度:★★☆☆☆
170911Fukushima-Ikaninjin1 170911Fukushima-Ikaninjin2
ふるさとの味を食べてみらんしょ!
「いかにんじん」とか、するめ・にんじんを細切りにし、しょうゆなどの調味料
で漬け込んだ福島の郷土料理です。うまみ広がる素朴な味わいをお楽しみください。

カルビーで「ラブジャパン」プロジェクトというのが始まりました。
全国47都道府県の味をポテチで発売するというもの。
今回第一弾として、17銘柄が発売となりました。

2016年5月、伊藤社長の地元である福島で、郷土料理の「いかにんじん味」を
発売したところ、1か月の想定販売数量をわずか1週間で完売、その後の再発売も絶好調、
異例の再々発売も行われるほどの大ヒットとなりました。これをきっかけに、全国の地元の味を
ポテチで表現し、日本を元気にしていく、というのがコンセプトだそうです。

わたしの住んでいる関東圏では、今回、東北6県の銘柄が発売となりましたが、
上記の流れから、やはり一発目は「福島の味」として出てきた「いかにんじん味」から。

いか風味のだしがよく効いてて美味しいです。
パッケージのオレンジ色はニンジンのイメージでしょう。そこにイカとニンジンが散りばめられています。
左上のウサギは、福島市観光PRキャラクターの「ももりん」とのことです。

160804IkaNinjin1

 

← 2016年の「いかにんじん味」
この時は福島をはじめとする東北限定だったと記憶しています。
なんとか再々発売でゲットしました。