「ラブジャパン」カテゴリーアーカイブ

山わさび醤油味

【山わさび醤油味】RUE3 2019.1.10 C レア度:★★☆☆☆
190110YamawasabiShoyu1 190110YamawasabiShoyu2

なまら辛いっしょ!
北海道産山わさびのツーンとした香りと辛さにまろやかな醤油のコクを加えたあと引く
おいしさをお楽しみください。

ラブジャパン「北海道の味」です。北海道限定。

ツーンとしたピリ辛の山わさびは安定の美味しさです。
単なる山わさび味ではなくて醤油も含まれている点も、全体のバランスにプラスだと思います。

ちなみに2017年の「北海道の味」は以下の3つでした。
170907Hokkaido-Yamawasabi1 171106Chikuwapan1 180208Kombushio1
※通常は1県1銘柄ですが、北海道は3つ出ました。

以上で、ラブジャパン2018の第2弾が終了です。
といっても、もう第3弾が発売になりましたけどね。

貝焼き味噌味

【貝焼き味噌味】RUL3 2019.1.8 NU レア度:★★☆☆☆
190108KaiyakiMiso1 190108KaiyakiMiso2

ついつい、あどはだり(おかわり)!ふるさとの味
大きなほたて貝の殻にだし汁を入れ、味噌と卵を溶いて作る、家庭料理の味わいがポテトチップスに
なりました。
ほっこりしたやさしい味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「青森の味」です。東北・信越限定。

味噌味がベースにホタテの風味がほんのりと、という感じです。
美味しいと思います。

ちなみに2017年の「青森の味」は「青森にんにく味」でした。
170908Aomori-AomoriNinniku1

芋煮カレーうどん味

【芋煮カレーうどん味】RUK3 2019.1.11 NU レア度:★★☆☆☆
190111ImoniCurreyUdon1 190111ImoniCurreyUdon2

山形の味、食ってみてけらっしゃい♪ 山形の秋の風物詩「芋煮会」。
シメは芋煮のうまみがたっぷり溶け出した芋煮カレーうどん!

ラブジャパン「山形の味」です。東北・信越限定。

東北の秋と言えば芋煮。わたしも勤務してた頃、職場で芋煮会がありましたが、締めに
カレーうどんは初めて聞きました。
このポテチを食べてみると、ただのカレー味ではなく、少し甘みさえ感じるような旨みが
感じられ、なかなか良かったです。

ちなみに2017年の「山形の味」は「山形芋煮味」でした。
170908Yamagata-YamagataImoni1

焼きまんじゅう味

【焼きまんじゅう味】RUH3 2019.1.16 Y レア度:★★☆☆☆
190116YakiManju1 190116YakiManju2

なっからうんめぇ~!!甘辛いみそだれをつけてこんがり焼いた、焼きまんじゅうの香ばしいおいしさを、
ポテトチップスで再現しました。
群馬県民のソウルフード、焼きまんじゅうの味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「群馬の味」です。関東限定。

焼きまんじゅうというのは初めて聞きました。
甘辛の味噌という感じですね。
まんじゅうと言っても中に餡子などは入っていないようですから、わたしのイメージでは
五平餅みたいなものかなと想像します。

ちなみに2017年の「群馬の味」は「すき焼き味」でした。
171108Sukiyaki1

勝浦タンタンメン味

【勝浦タンタンメン味】RUM3 2019.1.16 NU レア度:★★☆☆☆
190116KatuuraTantanmen1 190116KatuuraTantanmen2

「皆様のご来勝、お待ちしております!」
勝浦タンタンメンは、通常のゴマ系と違い、醤油ベースのスープにラー油が多く使われ、豚挽き肉と玉ねぎが入るのが特徴、
地元の海女や漁師が寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着してきました。
ぜひお試しください!

ラブジャパン「千葉の味」です。関東限定。

ラー油のピリ辛感と、豚挽肉の旨みがしっかり出ていますね。
めちゃくちゃ辛いわけでもなく、ほどほどに良い感じです。

ちなみに2017年の「千葉の味」は「さんが焼き味」でした。
171107Sangayaki1

 

甲府鳥もつ煮味

【甲府鳥もつ煮味】RUS3 2019.1.18 Y レア度:★★☆☆☆
190118KofuTorimotsuni1 190118KofuTorimotsuni2
縁をとりもつ、鳥もつ煮!鳥もつをあまじょっぱいタレで煮詰めた「鳥もつ煮」の深い味わいが、
ポテトチップスになりました!

ラブジャパン「山梨の味」です。関東限定。

甲府は鳥もつが有名なんですね。初めて知りました。
甘辛タレの味がします。鳥もつはちょっと言われないと分からないかな。

ちなみに2017年の「山梨の味」は「せいだのたまじ味」でした。
180214Seidanotamaji1

富山ブラックラーメン味

【富山ブラックラーメン味】RTV3 2019.1.8 G レア度:★★☆☆☆
190108ToyamaBlackRamen1 190108ToyamaBlackRamen2

富山ブラックラーメンは・・・汗をかく労働者のための塩分補給として、客が店に飯を持ち込み
ラーメンをおかずとして食べる、というスタイルの中で生まれた醤油を濃くした黒いスープが特徴です。

ラブジャパン「富山の味」です。中部限定。

醤油ベースのラーメンみたいですね。パッケージ写真を見ると、ホントに真っ黒です。
確かに醤油ラーメンみたいな感じ。チップスの表面を見ると黒い点々が見えます。
それはブラックペッパーです。かなり効いていますね。喉が渇いてきますので飲み物必須。
全体的には美味しかったです。

ちなみに2017年の「富山の味」は「白えび味」でした。
170911Toyama-Shiroebi1

タレかつ味

【タレかつ味】RUJ3 2019.1.10 NU レア度:★★☆☆☆
190110Tarekatsu1 190110Tarekatsu2

「食べてみないや、新潟の味!」新潟のおいしいごはんに乗せたタレかつ丼は絶品!
あまじょっぱいしょうゆダレがたっぷり染み込んだカツの味わいを、ポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「新潟の味」です。中部限定。

甘いしょうゆの味がします。カツっぽい肉の感じも出ています。
なかなか美味しかったです。

ちなみに2017年の「新潟の味」は「かんずり味」でした。
180215Kanzuri1

桜えび味

【桜えび味】RTR3 2019.1.14 G レア度:★★☆☆☆
190114Sakuraebi1 190114Sakuraebi2

「桜えびの天日干し」はピンク色の花畑 桜えびは春と秋の年2回、日本では駿河湾でしか水揚げ
されない貴重な食材。
「桜えびの天日干し」は富士山を背景にピンク色の花畑のような不思議な光景が人気です。

ラブジャパン「静岡の味」です。中部限定。

非常に美味しかったです。桜えびの香ばしい風味が良く出ていますから桜エビの天ぷらのイメージ
ですかね。生でいくのはもっと美味しいですがそれをポテチにするのはちょっと困難でしょう。

ちなみに2017年の「静岡の味」は「浜松餃子味」でした。
180209HamamatsuGyoza1

紅しょうが天味

【紅しょうが天味】RRW3 2019.1.11 b レア度:★★☆☆☆
190111BeniShogaten1 190111BeniShogaten2

すぐなくなっても「しょうが」ないおいしさ!紅しょうが天は薄切りにした紅しょうがに衣をつけて
揚げたシンプルな料理で、関西ではスーパーなどでも売られています!

ラブジャパン「大阪の味」です。近畿限定。

これは分かりやすい!まさに「紅しょうが」の味が最初から来ました。
「しょうが」ではなくて「紅しょうが」。再現度高いと思います。

ちなみに2017年の「大阪の味」は「たこ焼き味」でした。
170909Osaka-Takoyaki1

炙り柿の葉すし味

【炙り柿の葉すし味】RTO3 2019.1.10 b レア度:★★☆☆☆
190110AburiKakinohasushi1 190110AburiKakinohasushi2

「奈良の味といえば?」の投票で一位の”柿の葉すし” 奈良県南部では時間が経ってしまった柿の葉すしを
おいしくいただくために、炙って食べる方法があります。先人の知恵の味をポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「奈良の味」です。近畿限定。

寿司を炙るとはそんな発想があるとは驚きです。
このポテチはまず酸味が来ました。酢飯のイメージは感じられます。で、食べ進んでいくと、
どう表現したら良いか分かりませんが、独特の風味が出てきます。ちょっとクセのある味です。

ちなみに、2017年の「奈良の味」は「奥大和  柿の葉すし味」でした。
180209OkuyamatoKakinohasushi1

牛骨ラーメン味

【牛骨ラーメン味】RVD3 2019.1.11 M レア度:★★☆☆☆
190111GyukotsuRamen1 190111GyukotsuRamen2
牛骨ラーメン味、ごっついうまい!牛のうまみがギュ~っとつまったあっさりスープの味わいです。
牛脂独自の甘みと香ばしさをお楽しみください。

ラブジャパン「鳥取の味」です。中国・四国限定。

牛骨ラーメンなんてあるんですね。このポテチも豚骨とは異なる牛の旨みでしょうか、
すごく感じられました。美味しかったです。

ちなみに、2017年の「鳥取の味」は「砂丘をイメージした珈琲味」でした。
171104Coffee1

ウニホーレン味

【ウニホーレン味】RVC3 2019.1.10 M レア度:★★☆☆☆
190110UniHoren1 190110UniHoren2

ウニホーレン味、ぶちうまい!ウニとほうれん草の風味に醤油の香ばしさとバターのコクを加えた
あと引く味わいです

ラブジャパン「広島の味」です。中国・四国限定。

こんな料理があるんですね。もちろん食べたことなんてありません。
ですから再現度はさっぱりわかりませんが、ポテチとしても、何の味と表現していいのか、
非常に難しい。ウニのイメージか、磯の風味。ただ、ベースはバターのコクを感じますから、
バターとポテチの相性はバッチリですからそれなりに美味しいです。
ほうれん草はちょっと分からず。オリジナルのこの料理、食べてみたいですねえ。

ちなみに、2017年の「広島の味」は「牡蠣のバター焼き味」「汁なし担々麺味」でした。
180208KakiButteryaki1 171104ShirunashiTantanmen1
※通常は1県1銘柄ですが、北海道は3種類、広島は2種類出ました。

じゃこ天味

【じゃこ天味】RVB3 2019.1.9 M レア度:★★☆☆☆
190109Jakoten1 190109Jakoten2

うまいけん、いっぺん食べとおみ!
小魚のうまみがぎっしり詰まった揚げたてじゃこ天の香ばしい味わいを再現しました。

ラブジャパン「愛媛の味」です。中国・四国限定。

じゃこ天というのは食べたことがないですが、説明文どおり、小魚風味が濃厚に感じられ、
オリジナルのじゃこ天がどんな味かが想像できそうな感じでした。美味しかった。

ちなみに、2017年の「愛媛の味」は「おでん辛子味噌味」でした。
171106OdenKarashiMiso1

醤油香るかぼす味

【醤油香るかぼす味】RTT3 2019.1.8 K レア度:★★☆☆☆
190108ShoyuKabosu1 190108ShoyuKabosu2

大分県産かぼす、しんけんうめえけん!
大分県産かぼすの爽やかな酸味のある味わいに、ほんのり醤油の風味をプラスしました。

ラブジャパン「大分の味」です。九州・沖縄限定。

開封すると、かぼすの爽やかな風味がしっかり立ち上ってきます。食べてみても美味しい。
でも、醤油の部分があんまり分からなかったかなー、まあかぼすだけでも十分美味しいからいいですが。

ちなみに、2017年の「大分の味」は「鶏めし味」でした。
171103Torimeshi1