「ラブジャパン」カテゴリーアーカイブ

堅あげポテト 佐賀のり味

【堅あげポテト 佐賀のり味】EOT3 2020.7 M レア度:★★☆☆☆
2007KataageSaganori1 2007KataageSaganori2
佐賀のり、がばいうまか! 
豊かな香りと、とろけるような甘さが特長の佐賀のり。
そんな佐賀のりを使用した、のりの美味しさを楽しめる堅あげポテトです。

ラブジャパン「佐賀の味」です。九州沖縄限定。
これは、過去にラブジャパンでは無くて、全国発売の「匠味」で出たことがありました。
海苔の風味はしっかり、それで塩は控えめなのか、あるいはこの説明にある、
「佐賀のり」の甘みなのか塩気は柔らかく感じました。
とても美味しかった。

2020/1「堅あげポテト匠味 佐賀のり味」
2001KataageSaganori1

 

堅あげポテト だだちゃ豆味

【堅あげポテト だだちゃ豆味】EOS3 2020.7 Y レア度:★★☆☆☆
2007KataageDadacha1 2007KataageDadacha2

大切に受け継がれてきた在来作物「だだちゃ豆」! 
「だだちゃ豆」は、山形県の鶴岡周辺の限られた地域で作られた枝豆のみが名乗れます。
だだちゃ豆を塩ゆでした甘みや旨味のある味わいを再現した堅あげポテトをお楽しみください。

ラブジャパン「山形の味」です。東北信越限定。

これ美味しいです。枝豆の風味とシンプルな塩味、そして堅あげのカリカリ食感。
おやつとしても軽いタッチだし、ビールのつまみでもイケる。

堅あげポテト 手羽先味

【堅あげポテト 手羽先味】EPD3 2020.7 G レア度:★★☆☆☆
2007KataageTebasaki1 2007KataageTebasaki2
甘辛濃い味とピリッとしたスパイスがやめられんがね!

ラブジャパン「愛知の味」です。中部限定。

2017年度の「愛知の味」で手羽先味が出ましたが、今回は堅あげタイプで登場です。
手羽先味とポテチについては過去何度も出るほど相性は良いです。
今回は堅あげタイプでしたが、甘辛の鶏の旨味が良く感じられました。

当博物館に所蔵されている、過去の手羽先銘柄を並べてみます。
上段左から ①堅つま「甘辛やみつき手羽先味」(2019.7) ②「愛知の味」てばさき味(2017.9) ③「名古屋の味」(2017.2)
④「ぽてとりっぷ 名古屋の味」(2015.3) ⑤「名古屋の味」FEEL限定(2014.1)

190715KataageAmakaraTebasaki1 170911AIchi-Tebasaki1 170206TebasakiKaraage1 150304Potatrip-Tebasaki1 s140106feeltebasaki1
下段左から⑥「名古屋の味」(2009.1)⑦「名古屋の味」(2008.1)⑧「お国じまん祭り」(2005.1.)
⑨「Chips Selection」(2004.4)⑩「お国じまん祭り」(2004.1)
s090113TebasakiKaraage s080123TebasakiKaraage s050112karakuchitebasaki s040401karakuchitebasaki s040114tebasakiaji
ほぼすべて名古屋に絡めた銘柄です。

わさび漬味

【わさび漬味】SIF3 2020.7 Y レア度:★★☆☆☆
2006Wasabiduke1 2006Wasabiduke2
静岡のわさび漬 
わさびの茎を酒粕に漬けた有名な「わさび漬」。
わさび漬は、江戸時代に駿河国(現・静岡県)の商人によって考案され、全国に広まったと言われております。

ラブジャパン「静岡の味」です。関東・山梨限定。

2019年度のラブジャパン「静岡の味」で採用された「わさび漬味」が今年も登場。
わさび漬のツーンとした辛さはあるんですが、あの酒粕感を出すのはかなり難しいですかね。

2019年度ラブジャパン「静岡の味」
190912Wasabiduke1

堅あげポテト 神出雲唐辛子マヨ味

【堅あげポテト 神出雲唐辛子マヨ味】EOZ3 2020.6 M レア度:★★☆☆☆
2006KataageKamiizumoTogarashiMayo1 2006KataageKamiizumoTogarashiMayo2
島根県産神出雲唐辛子使用! 
神出雲唐辛子のピリッとした辛さにマヨネーズのコクが加わったあと引く美味しさをお楽しみください。

ラブジャパン「島根の味」です。中国・四国限定。

2019年度のラブジャパン「島根の味」で出ていた「神出雲唐辛子マヨ」が今回は堅あげで登場。
ピリ辛+マヨのまろやかさが堅あげでも活きていました。

 「神出雲唐辛子」は以前にも採り上げられていますが、ほとんどが現地の限定モノで入手困難でした。
入手できたものを並べます。
左から、①2020.5「ラブジャパン島根の味」 ②2014.6 「島根グルメ旅」  ③2014.4「おいしさぶらり旅」 ④2013.11
②から④は、ほぼ一緒に見えますが、左肩のロゴに違いがあります。
1911KamiizumoTogarashimayo1 s140611kamiizumotogarashi s140411KamiizumoTogarashi s131109KamiizumoTogarashi

堅あげポテト 丸大豆しょうゆ味

【堅あげポテト 丸大豆しょうゆ味】EOY3 2020.6 Y レア度:★★☆☆☆
2006KataageMarudaizushoyu1 2006KataageMarudaizushoyu2
千葉県で醸造された丸大豆しょうゆ使用 
丸大豆しょうゆのまろやかなうま味にだしの風味を効かせた味わい

ラブジャパン「千葉の味」です。関東・山梨限定。

これも栃木と同じく、2019年ラブジャパンの「千葉の味」で出ていた「丸大豆しょうゆ」が
堅あげポテトで登場です。しょうゆの旨味がかなり良かったです。
堅あげですからけっこう噛むわけですが、旨味がよりよく感じられました。

 丸大豆しょうゆは、ポテチとの相性が良いからか、けっこう昔に何度か採り上げられていますが、いずれも通常チップスタイプでした。
堅あげタイプは今回が初めてかと思われます。

左から順に、①2020.2「ラブジャパン千葉の味」 ②2013.6「関東の味」 ③2012.7「同」 ④2011.6 ⑤2009.1
④と⑤はキッコーマンとのコラボ銘柄でした。
2002MarudaizuShoyu1 s130618MarudaizuShoyu s120703MarudaizuShoyu s110106MarudaizuShoyu s090106MarudaizuShoyu

堅あげポテト 宇都宮焼餃子味

【堅あげポテト 宇都宮焼餃子味】EPA3 2020.6 Y レア度:★★☆☆☆
2006KataageUtsunomiyaGyoza1 2006KataageUtsunomiyaGyoza2

宇都宮餃子のツウな食べ方「ラー油の砂」とは?
ラー油の砂とはビンの底に沈んだ唐辛子などの香辛料の粉。
ピリリと辛いラー油の砂をつけたパンチのある味わいを再現しました。

ラブジャパン「栃木の味」です。関東・山梨限定。

2019年のラブジャパン「栃木の味」で出た「宇都宮焼餃子味」が、今回は
堅あげポテトで登場です。
しっかり餃子している味です。堅あげポテトでも違和感ありません。美味しかった。

2019年ラブジャパン「宇都宮焼餃子味」(2019.11)
1911UtsunomiyaGyoza1

ほしいも味

【ほしいも味】SIE3 2020.6 NU レア度:★★☆☆☆
2006Hoshiimo1 2006Hoshiimo2
茨城の大スター!ほしいもの味わい! 
茨城県産さつまいも100%使用。ほしいものほっこり甘い味わいを再現。

ラブジャパン「茨城の味」です。関東・山梨限定。

昨年に引き続き、茨城は「ほしいもの味」で来ました。
おさつスナックのような甘さと塩のしょっぱさがなかなか良いです。

 

横浜家系ラーメン味

【横浜家系ラーメン味】SHV3 2020.6 Y レア度:★★☆☆☆
2006YokohamaRamen1 2006YokohamaRamen2
ガツンと濃厚、横浜家系ラーメン
とんこつと鶏ガラをベースにしたこく深いスープに、醤油ダレを加えた濃厚な味わいを再現!

ラブジャパン「神奈川の味」です。関東・山梨限定。

■2020年度のラブジャパンについて
2017年度から始まった「ラブジャパン」プロジェクト(ポテトチップスで
47都道府県の味を再現するもの)
ですが、今年は4回目となりました。

今年は、各都道府県で過去3年間に発売した味のうち、好評だった味を発売するそうですが、
今回は、ポテトチップスに限らず、他のブランドにも展開したことが特筆すべき点です。
「他のブランド」というのは、具体的には
「ポテトチップス、ポテトチップスクリスプ、堅あげポテト、じゃがりこ、Jagabee、サッポロポテト、かっぱえびせん」の

7ブランドのいずれかです。

今年度の47商品について、この7ブランドの内訳を調べてみました。
そうは言っても、やっぱりポテチが半分くらい、次いで、堅あげポテトが多いですね。
・ポテトチップス・・・24

・ポテチクリスプ・・・   2 (青森・愛媛)
・堅あげポテト・・・・  7 (山形・栃木・千葉・愛知・京都・島根・佐賀)
・じゃがりこ・・・・・   2 (北海道・福岡)
・Jagabee ・・・・・・   2 (富山・香川)
・サッポロポテト・・・  5 (岩手・山梨・和歌山・兵庫・高知)
・かっぱえびせん・・・  5 (東京・新潟・三重・広島・大分)

当サイトでは、今まで通り、「ポテトチップス」と「堅あげポテト」のみを採り上げます。
すべて地域限定なので入手できたものだけ載せていきます。

丸大豆しょうゆ味

【丸大豆しょうゆ味】SEV3 2020.2 Y レア度:★★☆☆☆
2002MarudaizuShoyu1 2002MarudaizuShoyu2
千葉県で醸造された丸大豆しょうゆ使用
丸大豆しょうゆのまろやかなうま味にだしの風味を効かせた味わい

ラブジャパン「千葉の味」です。関東・山梨限定。

醤油の産出量はダントツトップの千葉県の味として登場。
h2002MarudaizuShoyu1
パッケージ表面には、「キッコーマン」って具体的な社名まで
書いちゃってます。

キッコーマンとカルビーとのコラボという形ですね。
醤油の旨味すごく出てました。美味しかったです。

能登のいしる味

【能登のいしる味】SBY3 2020.2 G レア度:★★☆☆☆
2002Noto-Ishiru1 2002Noto-Ishiru2
能登の魚醤いしる・いしり
いしる・いしりとは、能登でつくられている伝統的な魚醤です。熟成した旨味がポテトチップスの味をより引き立てます。

ラブジャパン「石川の味」です。中部限定。

最初は濃いめのしょうゆっぽい感じかなあと思いましたが、食べ進めていくうちに、
魚醤っぽい旨味が出てきました。なかなか良かったです。

五平餅風味

【五平餅風味】SBX3 2020.2 G レア度:★★☆☆☆
2002Goheimochi1 2002Goheimochi2
五平餅とは、
ご飯を軽くつぶして串に刺し、甘辛だれをつけて、少し焦げ目がつくまで焼き上げました。
香ばしくて、どこか懐かしい味わいの岐阜県民のソウルフードです。

ラブジャパン「岐阜の味」です。中部限定。

今回初めて知ったんですが、五平餅(ごへいもち)ってローカルフードなんだなと。
しかも岐阜のものだったとは。
わたしは名古屋の出なので知ってましたし、子供の頃は時々食べましたが、
普通に全国区のものだと思っていました。

甘い味噌の味で雰囲気は良く出ていたと思います。甘辛系ですね。

笹だんご味

【笹だんご味】SET3 2020.2 NU レア度:★★☆☆☆
2002SasaDango1 2002SasaDango2
笹だんご、ばかうんめ~!
新潟県内外で親しまれる笹だんごの味わいを再現したポテトチップス。
ヨモギの深い香りと餡の甘みがクセになる!

47都道府県の味(ラブジャパン)の第3弾が出てきました。
今回はコンプリートしようとは考えず、自然体で行くことにしました。
でも、昨今のコロナ騒動による物流混乱の影響か、地元銘柄もあまり見かけません。

「新潟の味」です。東北信越限定。

新潟に旅行に行った人からお土産でもらいました。
なるほど、これは開封すると、よもぎの香りがしっかり上ってきます。
団子の中身はあんこですので、若干甘さも感じるのですが、あまりしつこくなく、
意外にもポテチと合っていました。

山わさび味

【山わさび味】SEJ3 2019.11 Y レア度:★★☆☆☆
1911Yamawasabi1 1911Yamawasabi2
なまら辛いっしょ!
北海道産山わさびのツンとした香りと辛みが味わえます。

ラブジャパンの第二弾としてカルビー公式HPには載っていませんが、
セブンイレブン限定でこんなのが出たみたいです。

ラブジャパン「北海道の味」です。全国のセブンで発売の模様。

過去の47都道府県の味「北海道の味」で出てましたが、人気があるので出たみたいです。

さんぴん茶味

【さんぴん茶味】SBA3 2019.11 K レア度:★★☆☆☆
1911Sanpincha1 1911Sanpincha2
さんぴん茶飲みに、めんそーれー!
沖縄伝統のお茶といえば、さんぴん茶。スッキリとした香りと味わいが特徴です。

ラブジャパン「沖縄の味」です。九州沖縄限定。

前に沖縄に行ったときに一回だけ、この「さんぴん茶」って飲んだんですが、
サッパリしてて美味しかった記憶があります。
十分再現されているかどうかは自信がありませんが、なんとなくお茶っぽい
雰囲気はあります。全体としてサッパリ。

ちなみに2017年、18年の「沖縄の味」は以下でした。
180209Nakamijiru1 190109Tacorice1