「ラブジャパン」カテゴリーアーカイブ

ハントンライス味

【ハントンライス味】RVL3 2019.2.26 G レア度:★★☆☆☆
190226HantonRice1 190226HantonRice2

ハントンライスとは、
ケチャップライスの上に薄焼き卵と魚のフライを乗せ、ケチャップとタルタルソースをかけた金沢発祥の洋食です。
和のイメージが強い石川県ですが、実は洋食も美味しいのです。

ラブジャパン「石川の味」です。中部限定。

こんなグルメもあるんだなあ。説明だけ読むと、オムライスがベースにあって、
そこに魚フライとタルタルソースの合体のような印象を受けますね。

食べてみると、確かに、ケチャップ+タルタル の味。
魚フライまではちょっと読み取れなかったけど、この二つの組み合わせ、まあまあマッチしていました。

ちなみに2017年の「石川の味」は「金沢おでんカニ面味」でした。
171109Kanimen1

近江牛ステーキ味

【近江牛ステーキ味】RVF3 2019.2.22 b レア度:★★☆☆☆
190225OumigyuSteak1 190225OumigyuSteak2

「近江牛」を原料に使用!
近江牛の美味しさを活かした、ジューシーなステーキの味わいを再現しました。
ぜいたくな美味しさのポテトチップスをお楽しみください。

ラブジャパン「滋賀の味」です。近畿限定。

近江牛かどうかは分かりませんが、ステーキぽい風味はしっかり出ています。
パッケージのデザインはよく見ると、牛肉のサシの様子が描かれていますが、
その中に琵琶湖の形もたくさん散りばめられています。地味に芸が細かい(笑

以前にも近畿限定で出たことあります「近江牛ステーキ味」。
↓2015年3月 ぽてとりっぷ滋賀の味
s150306Potatrip-Oumigyu

 

ちなみに2017年の「滋賀の味」は「鮒ずし味」でした。
171108Funazushi1

加古川かつめし味

【加古川かつめし味】RTD3 2019.2.22 b レア度:★★☆☆☆
190222KakogawaKatsumeshi1 190222KakogawaKatsumeshi2

「お箸で気軽に食べることができる洋食」がコンセプト
兵庫県加古川市の名物かつめしは、約70年前に誕生したご当地グルメ!
市内100店舗以上で食べることができ、家庭や学校給食でも提供され、スーパーでは専用のたれが
販売されるほど市民に浸透しています。

ラブジャパン「兵庫の味」です。近畿限定。

これも初めて聞いたんですが、けっこう歴史のあるご当地グルメなんですね。
オリジナル食べてみたいですね。
ポテチとしては、デミグラスソース風味、そこにビーフの旨みが相まって、
なかなかイケてました。

ちなみに2017年の「兵庫の味」は「ぼっかけ味」でした。
171108Bokkake1

赤てん味

【赤てん味】RWF3 2019.2.22 M レア度:★★☆☆☆
190222Akaten1 190222Akaten2

浜田市で生まれた島根のソウルフード
魚のすり身に唐辛子を練りこみパン粉をまぶして揚げた、島根県浜田市発祥の「赤てん」の
味わいをポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「島根の味」です。中国・四国限定。

「赤てん」ってむかし、「ケンミンショー」で採り上げられてたの見た気がします。
実物は食べたことがありませんが、カマボコのような練り物のジャンルだったかと。

このポテチは開封してみると、まず魚介のにおいが来ました。
食べてみると、結構、唐辛子のピリ辛感が強くていいですね。
お酒のつまみにいいかもしれない。

ちなみに2017年の「島根の味」は「出雲ぜんざい味」でした。
180209IzumoZenzai1

徳島ラーメン味

【徳島ラーメン味】RWD3 2019.2.23 M レア度:★★☆☆☆
190223TokushimaRamen1 190223TokushimaRamen2

徳島ラーメン味、うまいんじょ!
濃厚な豚骨醤油のスープと甘辛く煮た豚バラ肉の味わいが楽しめる徳島のソウルフードを
ポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「徳島の味」です。中国・四国限定。

徳島ラーメンっていうのは食べたことはありませんが、豚骨しょうゆラーメンの風味は
出ていましたね。

ちなみに2017年の「徳島の味」は「フィッシュカツ味」でした。
171104FishKatsu1

 

 

ミレービスケット味

【ミレービスケット味】RWG3 2019.3.1 M レア度:★★☆☆☆
190301MirayBiscuit1 190301MirayBiscuit2

ミレービスケット、まっことうまいき! 
昭和30年ごろから高知で愛されているミレービスケット。
揚げたビスケットの香ばしく甘じょっぱい味わいをポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「高知の味」です。中国四国限定。

おいおい、ポテチなのにビスケットの味って(笑!
いやーしっかし、なんか懐かしい感じだなあ、このビスケット。
「高知の味なのか」と思って、ミレービスケットを調べてみますと、Wikipediaにありました。
なんと! 「東海地方と高知県で製造・販売されている菓子の名称」であると。

どおりで! わたしは名古屋人なので、どことなく懐かしさを感じたわけです。
昔こんなんあったよなあという感じ。名古屋では「ミレーフライ」と呼ばれてた。

食べてみますと、確かにこのビスケットの味がポテチになってる。もう何のことやら(笑。

ちなみに2017年の「高知の味」は「芋けんぴ味」でした。
180209Imokenpi1

ミンチ天味

【ミンチ天味】RUX3 2019.2.22 K レア度:★★☆☆☆
190222Minchiten1 190222Minchiten2
ミンチ天、がばいうまか! 
香ばしい香り、魚肉の旨みに、唐辛子のアクセント。
佐賀県民の定番の味が、ポテトチップスで登場!

ラブジャパン「佐賀の味」です。九州沖縄限定。

こんなご当地グルメがあるんですねえ。初めて聞きました。
「ミンチ天」を調べてみると、「魚肉のすり身に玉ねぎを加え、パン粉をまぶして揚げたもの。
唐辛子のピリッとした味わいも効いておかずや酒のさかな、おやつとして人気がある」
とのことです。

実食。なるほど、七味のピリ辛感と玉ねぎの甘みなんですかね。
確かに酒の肴としても行けそうな味。現物を食べてみたいですね。

ちなみに2017年の「佐賀の味」は「佐賀のり」味でした。
170908SagaNori1

ほしいも味

【ほしいも味】RVW3 2019.2.25 NU レア度:★★☆☆☆
190225HoshiImo1 190225HoshiImo2
茨城の大スター!ほしいもの味わい★
素朴なおいしさで芋づる式に手が伸びる。どんどん食べてほしいもん!

ラブジャパン「茨城の味」です。関東・山梨限定。

これ面白いですね。
ポテトチップスなのに、さつまいもの味がする(笑。
おさつスナックを食べているのか?ポテチを食べているのか?
なかなか美味しかった。

ちなみに2017年の「茨城の味」は「スタミナラーメン味」でした。
171107SutaminaRamen1

やきとり味

【やきとり味】RVZ3 2019.2.26 Y レア度:★★☆☆☆
190226Yakitori1 190226Yakitori2
豚なのに「やきとり」!
豚のカシラ肉を香ばしく焼いて、ピリ辛の味噌だれでいただく東松山の「やきとり」の
あとひく味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「埼玉の味」です。関東・山梨限定。

少しにんにくの効いた味噌っぽい感じがしました。
全般的に濃い味付けですね。ちょっとピリ辛かなという感じでした。

ちなみに2017年の「埼玉の味」は「やきとん味」でした。
あれ? 去年も東松山の豚カシラだけど、”甘辛”味噌ダレだったみたいです。
171106Yakiton1

 

横浜とんこつ醤油ラーメン味

【横浜とんこつ醤油ラーメン味】RVY3 2019.2.25 Y レア度:★★☆☆☆
190225YokohamaTonkotsushoyuRamen1 190225YokohamaTonkotsushoyuRamen2
注文は「硬め、濃いめ、多め!」
横浜ラーメンの豚骨醤油ベースの濃厚で癖になる味わいを、ポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン(47都道府県の味)2018 の第3弾の発売が始まりました。
早速、地元の関東限定から採り上げていこうと思います。

ラブジャパン「神奈川の味」です。関東・山梨限定。

「横浜ラーメン」というとしっくりきませんね。「家系ラーメン」というのが妥当でしょう。
驚いたことに、Wikipediaにも「家系ラーメン」の項目がありますね。

久しくこっち系のラーメンは食べていないことに気づきましたが、このポテチではその風味は
ぼちぼち再現されているかと思います。開封すると豚骨風味が。
この味ですから仕方ないですが、塩気というか醤油というか、しょっぱいのでビールがあるとベター。

ちなみに2017年の「神奈川の味」は「シューマイ味」でした。
171107Shumai1

 

山わさび醤油味

【山わさび醤油味】RUE3 2019.1.10 C レア度:★★☆☆☆
190110YamawasabiShoyu1 190110YamawasabiShoyu2

なまら辛いっしょ!
北海道産山わさびのツーンとした香りと辛さにまろやかな醤油のコクを加えたあと引く
おいしさをお楽しみください。

ラブジャパン「北海道の味」です。北海道限定。

ツーンとしたピリ辛の山わさびは安定の美味しさです。
単なる山わさび味ではなくて醤油も含まれている点も、全体のバランスにプラスだと思います。

ちなみに2017年の「北海道の味」は以下の3つでした。
170907Hokkaido-Yamawasabi1 171106Chikuwapan1 180208Kombushio1
※通常は1県1銘柄ですが、北海道は3つ出ました。

以上で、ラブジャパン2018の第2弾が終了です。
といっても、もう第3弾が発売になりましたけどね。

貝焼き味噌味

【貝焼き味噌味】RUL3 2019.1.8 NU レア度:★★☆☆☆
190108KaiyakiMiso1 190108KaiyakiMiso2

ついつい、あどはだり(おかわり)!ふるさとの味
大きなほたて貝の殻にだし汁を入れ、味噌と卵を溶いて作る、家庭料理の味わいがポテトチップスに
なりました。
ほっこりしたやさしい味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「青森の味」です。東北・信越限定。

味噌味がベースにホタテの風味がほんのりと、という感じです。
美味しいと思います。

ちなみに2017年の「青森の味」は「青森にんにく味」でした。
170908Aomori-AomoriNinniku1

芋煮カレーうどん味

【芋煮カレーうどん味】RUK3 2019.1.11 NU レア度:★★☆☆☆
190111ImoniCurreyUdon1 190111ImoniCurreyUdon2

山形の味、食ってみてけらっしゃい♪ 山形の秋の風物詩「芋煮会」。
シメは芋煮のうまみがたっぷり溶け出した芋煮カレーうどん!

ラブジャパン「山形の味」です。東北・信越限定。

東北の秋と言えば芋煮。わたしも勤務してた頃、職場で芋煮会がありましたが、締めに
カレーうどんは初めて聞きました。
このポテチを食べてみると、ただのカレー味ではなく、少し甘みさえ感じるような旨みが
感じられ、なかなか良かったです。

ちなみに2017年の「山形の味」は「山形芋煮味」でした。
170908Yamagata-YamagataImoni1

焼きまんじゅう味

【焼きまんじゅう味】RUH3 2019.1.16 Y レア度:★★☆☆☆
190116YakiManju1 190116YakiManju2

なっからうんめぇ~!!甘辛いみそだれをつけてこんがり焼いた、焼きまんじゅうの香ばしいおいしさを、
ポテトチップスで再現しました。
群馬県民のソウルフード、焼きまんじゅうの味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「群馬の味」です。関東限定。

焼きまんじゅうというのは初めて聞きました。
甘辛の味噌という感じですね。
まんじゅうと言っても中に餡子などは入っていないようですから、わたしのイメージでは
五平餅みたいなものかなと想像します。

ちなみに2017年の「群馬の味」は「すき焼き味」でした。
171108Sukiyaki1

勝浦タンタンメン味

【勝浦タンタンメン味】RUM3 2019.1.16 NU レア度:★★☆☆☆
190116KatuuraTantanmen1 190116KatuuraTantanmen2

「皆様のご来勝、お待ちしております!」
勝浦タンタンメンは、通常のゴマ系と違い、醤油ベースのスープにラー油が多く使われ、豚挽き肉と玉ねぎが入るのが特徴、
地元の海女や漁師が寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニューとして定着してきました。
ぜひお試しください!

ラブジャパン「千葉の味」です。関東限定。

ラー油のピリ辛感と、豚挽肉の旨みがしっかり出ていますね。
めちゃくちゃ辛いわけでもなく、ほどほどに良い感じです。

ちなみに2017年の「千葉の味」は「さんが焼き味」でした。
171107Sangayaki1