soixante のすべての投稿

はちみつ×南高梅味

はちみつ×南高梅味】ROS3 2018.2.8 b レア度:★★☆☆☆
180208HachimitsuNankobai1 180208HachimitsuNankobai2

やにこう旨い!
紀州産南高梅のさわやかな酸味と、はちみつの甘みが楽しめるポテトチップスです。

ラブジャパン「和歌山の味」です。近畿限定。

チップスの表面に赤いつぶつぶが見えます。梅パウダーでしょう。
はちみつを使用しているので全般的にはほんのりと甘いタッチ。
それと梅の酸っぱさが合わさって、やわらかい酸味です。

奥大和 柿の葉すし味

【奥大和 柿の葉すし味】ROT3 2018.2.9 b レア度:★★☆☆☆
180209OkuyamatoKakinohasushi1 180209OkuyamatoKakinohasushi2

奈良県でおなじみ「柿の葉すし」の酸味が効いたさわやかな味わい

ラブジャパン「奈良の味」です。近畿限定。

寿司だけにまずは酸味から入ってきますね。
酸味と言っても、フレンチサラダ的な洋風ではなくて、酢飯のイメージか。
食べてると、なんとなくダシというか旨みが感じられますが、これが
原材料にある「魚醤パウダー」「さば節パウダー」のようですね。
全体的にサッパリとした仕上がりです。

初摘み のりしお

【初摘み のりしお】ROZ3 2018.3.13 NU レア度:★★☆☆☆
180313HatsudumiNorishio1 180313HatsudumiNorishio2
のりの摘みとり方法はいろいろありますが、最初に摘みとるものを、「初摘み」と言います。
秋冬に収穫する「スジ青のり」は、のりが好む水温ですくすく生長するため、やわらかく美味しく
香りが良いのが特徴です。
徳島県吉野川で秋冬に収穫した初摘みのスジ青のりを使った、今だけの特別な「のりしお」を
ぜひお楽しみください。

レギュラー銘柄の「のりしお」かと思いきや、「初摘み」とあります。
シーズン最初に摘みとるものだそうで、香りが良いとのことです。
通常の「のりしお」と並べてみないとなかなか分からないかも。
でもやっぱりオーソドックスに美味しかったです。

発酵バター味

【発酵バター味】RPV3 2018.2.23 C レア度:★★☆☆☆
180223HakkoButter1 180223HakkoButter2

女性に嬉しい、iMUSE「プラズマ乳酸菌」1,000億個を配合したポテトチップスです。
風味豊かでほどよいコク感が楽しめる、発酵バター味に仕上げました。

前に「ぽいっと」というプラズマ乳酸菌入りチップスが出ましたが、
これもそのヘルシー系銘柄でしょう。

厚切りギザギザチップスで、ギザギザのカットも粗め。
シンプルにバターと塩で味付けされていて、バターのコクが感じられました。
食感・味ともかなり良かったです。

水ようかん味

【水ようかん味】ROE3 2018.2.9 G レア度:★★☆☆☆
180209Mizuyokan1 180209Mizuyokan2
福井県民にとっては当たり前の冬の風物詩「水ようかん」。
その「水ようかん」の味わいをポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「福井の味」です。中部限定。

ポテチに水ようかんて?? 驚愕ですね、これ。
福井なら越前ガニとか焼き鯖寿司とかあるだろ、と思ってしまいました笑。

開封してみるといきなり甘い香りが。
でも食べてみると、思ったよりは甘さは強くなく、塩と相まってボチボチイケる
感じです。水ようかんかどうかは微妙ですけども。
おさつスナック?じゃないけど、意外と合っていました、不思議です。

浜松餃子味

【浜松餃子味】ROU3 2018.2.9 G レア度:★★☆☆☆
180209HamamatsuGyoza1 180209HamamatsuGyoza2
餃子で全国的に有名な静岡県浜松市。
地元で親しまれている浜松餃子の味わいを再現したポテトチップスです。

ラブジャパン「静岡の味」です。中部限定。

ここ近年、宇都宮と浜松で餃子の年間支出額のトップを競っているようです。
少し前までは宇都宮という印象をわたしは持ってたんですけどね。

このポテチはしっかり餃子感が出ていて良いです。
餃子とラー油の風味を感じました。

堅あげポテト 桜海老とごま油味

【堅あげポテト 桜海老とごま油味】ELE4 2018.3.8 Y レア度:★★☆☆☆
180308KataageSakuraebiGomaabura1 180308KataageSakuraebiGomaabura2

桜海老をかき揚げにした時の、あの香ばしい味わい。
ごま油の香りとシンプルな塩味がビールとの相性抜群です。

お酒のつまみにピッタリというコンセプトである「堅つま」の新銘柄です。
桜海老とごま油、という組み合わせ。まさに食欲やビール欲をそそります。

開封すると、香ばしい海老風味がふわっと上ってきます。
名古屋名物・坂角えびせん的な感じですかね。
ごま油もほんのりしていて美味しかったです。
7& i グループ限定のようです。

堅あげポテト匠味 牛タン塩レモン味

【堅あげポテト匠味 牛タン塩レモン味】EKT4 2018.3.3 Y レア度:★★☆☆☆
180303KataageGyutanShioLemon1 180303KataageGyutanShioLemon2

ジューシーな旨みと、ほんのりレモン 牛タンを、ごま油、塩、レモンでいただく、
あのおいしさが楽しめる堅あげポテトです。
ジューシーな肉の旨みをひきたてる、ほんのりとしたレモンが隠し味です。

堅あげ匠味の新味です。
レモンと塩がけっこう効いています。牛タンかどうかは良く分かりませんが、
ビーフの旨味みたいなものは感じられます。

↓2016年9月にも出ていました(左)。その時はローソン限定でした。
右が今回のもの。
160916kataagegyutanshiolemon1 180303KataageGyutanShioLemon1

お好み焼きチップス

【お好み焼きチップス】RPE3 2018.3.6 NU レア度:★★☆☆☆
180306Okonomiyaki1 180306Okonomiyaki2

1989年発売の「お好み焼きチップス」を復刻しました!
ジュウジュウ焼いたお好み焼きが、ポテトチップスになりました。
お好み焼きを食べるみたいに、みんなでワイワイつまんじゃお!

80年代チップスの復刻版3種のひとつです。
当時にコレを食べた記憶はありませんが、ポテチにお好み焼きの味という点が
画期的だったのでしょう。

s130507Okonomiyaki

 

← 2013/5 にも復刻版が出たことがあります。

 

エスニカン

【エスニカン】RPF3 2018.3.7 Y レア度:★★☆☆☆
180307Ethnican1 180307Ethnican2

1986年発売の「エスニカン」を復刻しました!
「エスニカン」はエスニック感覚のエキゾチックなポテトチップス。
ほどよい辛さがクセになるおいしさです。

80年代チップスの復刻版3種のひとつです。
これも懐かしいですねえ。これも当時かなり斬新な味だったかと思います。

しっかし、今回、80年代チップスの復刻シリーズなら「ルイジアナ」も復刻してほしかった
なあと思うのは私だけでしょうか・・? あれはギザギザチップスのハシリでかなりの衝撃を
受けた記憶があります。

左の二つは2007/11に出たエスニカンの派生形。右は前に出た復刻版(2013/8)
s071129EthinicanHarapeno s071129EthinicanChipotore s130820Ethnican

グリルビーフ

【グリルビーフ】RPD3 2018.3.6 NU レア度:★★☆☆☆
180306GrilledBeef1 180306GrilledBeef2

1987年発売の「グリルビーフ」を復刻しました!
「グリルビーフ」はグルメな味わいのポテトチップス。
牛肉のコクと風味で仕上げた、懐かしの味をお楽しみください。

h180306GrilledBeef1バブル期の風俗を笑いにしている平野ノラの活躍とか、昨年(2017)の紅白にも
ダンシングヒーローのダンスで女子高生が出演したりと、このところ、80年代の
バブルカルチャーが流行っている、と。
そんな流れから、80年代のカルビーポテチ銘柄の復刻版が3つ出ました。まずはグリルビーフ。

いやーこのパッケージ、懐かしいですねえ。30年以上前なんですね。当時結構食べたなあ。
当時の味はさすがに覚えていないけど、今回の復刻版もしっかりビーフしてますね。

s101022GrillBeef

←実は2010年にも復刻版が出たことがありました
(2010/10)。

キムたくごはん味

【キムたくごはん味】ROB3 2018.2.15 レア度:★★☆☆☆
180215KimutakuGohan1 180215KimutakuGohan2
長野県で人気の学校給食メニュー キムチとたくあん、豚肉をごはんと炒めた、
塩尻市の栄養士さん考案の味がポテトチップスになりました。

ラブジャパン「長野の味」です。東北・関東・甲信越限定。

思わず、「ちょ待てよ、キムたくごはんって何だよ」と言ってしまいそうです笑。
ふーん、キムチとたくあんだから「キムたく」なんですね。

現物が分からないので何とも言えませんが、キムチはそれほど出ていないので辛さは
ありませんでした。たくあんの甘みが少し、それと豚肉ですかね。

 

せいだのたまじ味

【せいだのたまじ味】RNF3 2018.2.15 Y レア度:★★☆☆☆
180214Seidanotamaji1 180214Seidanotamaji2
せいだのたまじは、山梨県上野原市の郷土料理です。
「せいだ」とは江戸時代の飢饉対策にじゃがいもを広めた代官「中井清太夫(せいだゆう)」
からつけられたジャガイモのことで、たまじとは中でも小粒のことをいいます。

ラブジャパン「山梨の味」です。東北・関東・甲信越限定。

甘辛い味噌の味ですね。「せいだのたまじ」がそもそもジャガイモの料理ですからポテチにも
マッチしています。

↓ちなみに、今回のラブジャパンに先駆けて2017/8頃に、山梨の一部スーパー限定
で「せいだのたまじ味」が出ていました。これはかなりのレアものです。
170824SeidanoTamaji1

極濃 カルビ味

【極濃 カルビ味】RNZ3 2018.2.27 NU レア度:★★☆☆☆
180227GokunoKarubi1 180227GokunoKarubi2

ジューシーなカルビに濃厚なタレをたっぷり絡めた極濃な味わい。
こんな濃いカルビ味は今までなかった?!インパクトのあるおいしさ!

極濃の新銘柄です。今度はカルビ。
まあコンセプトがそうなので当然ですが、濃い!ですね。
チップスにまぶされているパウダーみたいなものがスゴイ。
カルビというか肉々しい感じは十分。そしてかなり甘いですねこれ。
わたしは焼肉ではあんまり甘いタレは好きではないので、もう少し
控えめだと良いなと。

かんずり味

【かんずり味】RON3 2018.2.15 NU レア度:★★☆☆☆
180215Kanzuri1 180215Kanzuri2
ちっとばっか、かーれぞ!(ちょっとだけ、辛いよ)
かんずりとは、唐辛子、糀、ゆず、食塩を使用して作る、新潟県で親しまれている香辛調味料です。
やわらかく広がる唐辛子の辛さと、かんずり独自の熟成感をお楽しみください。

ラブジャパン「新潟の味」です。東北・関東・甲信越限定。

「かんずり」というのは初めて聞きました。
説明文と写真を見ると、かなり辛そうだなと思って食べてみると、
思ったほどは辛くありませんでした。でも後からじわじわと唐辛子が効いてきました。
酒粕とかカツオのうまみも感じられ、なかなか良かったです。