soixante のすべての投稿

クリームボックス味

【クリームボックス味】RZY3 2019.9.17 NU レア度:★★☆☆☆
190917CreamBox1 190917CreamBox2

クリームボックスは、福島県郡山市で親しまれている菓子パンです。
厚切りの食パンにたっぷりと塗られたミルク風味のクリームがクセになるおいしさです。

ラブジャパン「福島の味」です。東北・信越限定。

このクリームボックス味というのは、たしか2017年末くらいに東北限定で出ていたと
思われるフレーバーです。その時には残念ながら入手できなかったのですが、
今回47都道府県の味として登場。

さて、こういう商品自体初めて知ったのですが、「ミルク風味のクリーム」とは!?

食べてみました。うーん、やはり甘いですねえ。ホントにミルク風味だ。
今まで甘い系のポテチもいくつか食べてきましたが、その中でもかなり甘いほう。

ちなみに、2017、2018年のラブジャパン「福島の味」は以下でした。
170911Fukushima-Ikaninjin1 181029Koduyu1

ピザポテト ストロングフレーバー

【ピザポテト ストロングフレーバー】SDN4 2019.9.19 NU レア度:★★☆☆☆
190919PizzapotatoStrongFlavor1 190919PizzapotatoStrongFlavor2

サラミ風味を2倍に強化!
袋を開けるとガツンと広がるストロングフレーバー!

ん? なにやら面白そうな銘柄を発見。とりあえずゲット。
で、調べてみるとファミマ限定みたいですね。

ストロングフレーバー、強い味付け。
サラミ風味2倍って書いてありますが、うん、たしかにそのまんまだ。
サラミサラミしてますねー、全般的にも通常ピザポテをさらに濃くした感じか。
ビールのつまみとして良いかもしれません。

ポテリッチ 燻製Wチーズ風味

【ポテリッチ 燻製Wチーズ風味】RZT3 2019.9.25 Y レア度:★★☆☆☆
190925PotarichKunseiWCheese1 190925PotarichKunseiWCheese2
燻製の香りでさらに引き立つモッツァレラの味わいとチェダーチーズのコク。
風味豊かなあと引く美味しさが楽しめます。

チーズのあまり強いのは得意ではないので、おそるおそる開封してみました。
うーん、たしかに燻してる感、少し感じますね。
それだけにチーズ臭は強烈な感じではないのでわたしでもイケました。
ほどほどに塩も効いててまずまずでした。

いかしゅうまい味

【いかしゅうまい味】RZD3 2019.9.11 K レア度:★★☆☆☆
190911Ikashumai1 190911Ikashumai2
いかしゅうまい食べに、佐賀にきんしゃい!
余ったいかをすり身にして活用し、誕生したのが「いかしゅうまい」。
ふわっと香るいかの甘みと、プリプリとした食感が特徴のご当地グルメです。

ラブジャパン「佐賀の味」です。九州・沖縄限定。

こんな料理は初めて聞きました。調べてみると、唐津市呼子の「萬坊」という店が発祥とのこと。
ここではイカの水揚げが多いらしく、その活き造りがメインのようですが、鮮度が
重要なため、余ってしまったイカの有効活用として考えられたものだそうです。

オリジナルを食べたことはないので再現度は分かりませんが、イカの風味はしっかり。

ちなみに、2017、2018年のラブジャパン「佐賀の味」は以下です。
170908SagaNori1 190222Minchiten1

山賊焼き味

【山賊焼き味】RZS3 2019.9.17 NU レア度:★★☆☆☆
190917Sanzokuyaki1 190917Sanzokuyaki2

山賊焼きとは?
長野県の山賊焼きは塩尻市で生まれ、今では中信地区(塩尻・松本エリア)を中心に
広く愛されている味わいです。
がっつりとした食べ応えを、厚切りポテトチップスでお楽しみください。

ラブジャパン「長野の味」です。東北・信越限定。

長野で山賊焼きというのは初めて聞きました。調べてみると、
タレにつけこんだ鶏の一枚肉を豪快にカラッと揚げた郷土料理」とのこと。

また、面白いことに、2017年からのラブジャパンでは、初めての厚切りギザギザチップスを
使用しています。

食べてみました。にんにくと鶏の旨みがしっかり。醤油だれみたいですが、かなり
ガッツリした味わいです。なかなか良かったです。

ちなみに、2017、2018年のラブジャパン「長野の味」は以下です。
180215KimutakuGohan1  190226Nozawanaduke1

堅あげポテト匠味 焼きあごの黄金だし味

【堅あげポテト匠味 焼きあごの黄金だし味】ENB4 2019.9.17 レア度:★★☆☆☆
190917Kataage-YakiagoOgondashi1 190917Kataage-YakiagoOgondashi2

焼きあごからとったコク深いあごだしは、すっきり澄んだ黄金色。しょうゆを加え、上品な味わいに仕上げました。

いや、これはもう、タイトル見ただけで、絶対美味しいって確定ですよね!
過去の堅あげでも、出汁系は何度か出ていますが、わたしが知る限り、あごだしは初めてですね。

食べてみますと、だしの旨みが非常に良く感じられ、醤油も加えていますが、
濃すぎることもなく、大変美味しくいただきました。

過去の出汁系 堅あげポテトを並べてみました。
左から、①2015/11 かつおだし ②16/11 はまぐりだし ③16/12 贅沢だし ④17/11 鶏だし塩 ⑤18/8 三種のだし塩
s151106Kataage-Katsuodashi s161118kataagehamguridashi 161220kataagezeitakudashi1 171118KataageToridashishio1 180821Kataage-3dashi1

 

美瑛のおいも じゃがバター味

【美瑛のおいも じゃがバター味】2019.9.16 C レア度:★★★★★
190916BieinooimoJagabutter1 190916BieinooimoJagabutter2

「うす塩味」と並んで、「美瑛のおいも」ゲットしました!

薄くスライスされたチップス、じゃがいも感を色濃く感じさせるものでしたが、
通常のポテチよりも油っぽくなくサッパリ。
そして何より驚いたのが、通常のじゃがバタ味と比べて、格段に甘いこと!

両銘柄とも非常に美味しい銘柄でした。

美瑛のおいも うす塩味

【美瑛のおいも うす塩味】2019.9.16 C レア度:★★★★★
190916BieinooimoUsushio1  190916BieinooimoUsushio2 

今年もやってきました!!
美瑛産じゃがいもをおいもの美味しさをそのままに、袋の中に閉じ込めた、風味豊かなポテトチップス。

毎年秋・冬に北海道限定で発売されているコレ、今回初めて入手しました!
とはいえ、道内でも幅広く売っているわけではなさそうなので、かなりレアものの様子。
毎年心待ちにしているファンもいるほどの人気商品と。

正確にはカルビーではなくて、札幌の菓子卸「ナシオ」のものですが、
製造は、カルビー北海道工場のもの。右肩の製造年月日がカルビー銘柄と一緒です。
h190916BieinooimoUsushio1 h190916BieinooimoUsushio2

タイトル通り、美瑛産の新じゃがいも、そして、オホーツクの塩100%使用という
こだわりの銘柄。

いやーほんとに純粋にジャガイモの味を感じる一品でした。
普通の「うすしお」よりも、油っぽさは感じず、サッパリ。
品種の関係か白いチップスな感じがしました。すごい良かった。

偶然ですが、有楽町で美瑛のアンテナショップ「美瑛選果」を見つけ、
店頭にあったので「おっ!」と思ってゲットしました。
東京でも手に入るんだなと感動です。

わさび漬味

【わさび漬味】RZH3 2019.9.12 NU レア度:★★☆☆☆
190912Wasabiduke1 190912Wasabiduke2

静岡のわさび漬
わさびの茎を酒粕に漬けた有名な「わさび漬」。
わさび漬は、江戸時代に駿河国(現・静岡県)の商人によって考案され、
全国に広まったと言われております。

ラブジャパン「静岡の味」です。中部限定。

「わさび味」じゃなくて「わさび漬味」というのが嬉しいところ。
わさびの鼻から抜けるツーンとした感じと、あの酒粕の旨みが、わさび漬けの魅力。
転勤で静岡に住んでる時代もあったのですが、今でも時々無性に食べたくなります。

今回のポテチはわさびのツーンとした感じはよく出ています。
酒粕風味はもう少し感じられたら言うことなかったかなあ。
全般的にはさっぱりした感じで良いです。

ちなみに、2017、2018年のラブジャパン「静岡の味」は以下です。
180209HamamatsuGyoza1 190114Sakuraebi1

 

うなぎの蒲焼味

 【うなぎの蒲焼味】RZX3 2019.9.20 Y レア度:★★☆☆☆
190920UnagiKabayaki1 190920UnagiKabayaki2

埼玉でうなぎ!?
こんがり焼いたウナギの蒲焼に、甘辛いタレの味わいを再現しました。
埼玉の今昔に思いを馳せながら味わっていただきたいポテトチップスです。

ラブジャパン「埼玉の味」です。関東・山梨限定。

パッケージ裏面の説明文にも有るとおり、「え?埼玉ってウナギなんて有名だっけ?」
というのがわたしの第一印象。

調べてみますと、江戸時代から有ったようですね。中山道の3番目の宿場町、
浦和で、近くの川や沼でとれたウナギを出していたのが発祥のようです。

甘辛いタレと、炭火焼きの香ばしさが良く出ていて美味しかったです。

うなぎ系の味は過去にも出ているので並べてみました。
左から、①2005/8 ②16/7「お国自慢祭り・東海の味」 ③18/7 
s050813hitsumabushi 160718UnagiKabayaki1 180706UnagiKabayaki1

ちなみに、2017、2018年のラブジャパン「埼玉の味」は以下です。
171106Yakiton1 190226Yakitori1

深川めし味

【深川めし味】SAP3 2019.9.18 Y レア度:★☆☆☆
190918Fukagawameshi1 190918Fukagawameshi2

深川に伝わる江戸から続く漁師めし
ざっくりと切った葱と生のあさりを味噌で煮込んで熱いご飯にぶっかけた漁師の知恵の一品です。

2017年、18年と発売された「ラブジャパン・47都道府県の味」、今年も発売されました。
3回に分けて発売されるそうで、今回は第一弾。
※上記の「レア度」は各地域によって異なりますので、一律2とします。

ラブジャパン「東京の味」です。関東・山梨限定。

今回の東京は、「深川めし」です。
あさりと味噌の風味でなかなか美味しいです。若干甘めか。
ネギ感はあまり感じませんでしたが、トータル的には良かったです。

ちなみに、2017、2018年のラブジャパン「東京の味」は以下です。
171108Monjayaki1 181024Tenpura1

クランチポテト サワークリームオニオン味

【クランチポテト サワークリームオニオン味】ENV3 2019.9.19 Y レア度:★★☆☆☆
190919CruchPotatoSourcreamOnion1 190919CruchPotatoSourcreamOnion2

サワークリームのさわやかな酸味とコクにオニオンの甘み。
隠し味にガーリックをプラスした、濃厚なおいしさです。

ソルト味と並んで出てきた新レーベル「クランチポテト」の「サワクリオニオン」です。

食感はソルト味のところに書いたとおりです。
こちらはサワクリの酸味から入りますが、噛んでいるうちに玉ねぎの甘みが
感じられました。

ソルト味とも共通ですが、通常のポテチよりも、1gあたりのカロリーが1割程度低めですね。
通常のポテチは概ね、5.5kcal/g くらいですが、今回のは両方とも 4.9 台です。
そういう意味でも良いです。

クランチポテト ソルト味

【クランチポテト ソルト味】ENU3 2019.9.19 Y レア度:★★☆☆☆
190919CrunchPotatoSalt1 190919CrunchPotatoSalt2

ザクザクカットのじゃがいもを低温でじっくりフライ。
ハードな食感と、食感に合わせた濃厚な味わいが楽しめます。
シンプルなしお味に、うまみをきかせた濃厚なおいしさです。

「カルビー最堅」?? 非常に興味深い新銘柄が出てきました。
「さいけん」?「さいかた」? どっちでもいいんですが、めちゃくちゃ堅いのでしょう。

ギザギザタイプのチップスを、堅あげ的に揚げていますね。
食べてみますと、うん、確かに堅い! バリバリというか、下手すりゃガリガリ(驚)みたいな。
非常に噛みごたえがありますね。
シンプルに塩です。「うまみをきかせた」と書いているけど何だろう。
原材料名を見ると、「昆布パウダー」とあります。
つまり、「昆布のうまみ + 塩」  の組み合わせですね。
非常に美味しかった。この噛みごたえ、クセになりそうな気がします。

スパイス好きのための薫るスパイス味

【スパイス好きのための薫るスパイス味】SDT4 2019.9.16 NU レア度:★★☆☆☆
190916SpiceZukiKaoruSpice1 190916SpiceZukiKaoruSpice2

それぞれのスパイスが折り重なった複雑な薫りと、
薫りの奥にあるエスニックな風味が絡み合った満足感のある商品です。

また出てきました、「○○好きのための」シリーズ。
今回は「スパイス好きのための~」というので出てきました。

パッケージ表面に、6種類のスパイスが集合してますね。
クミン、クローブ、ガーリック、ブラックペッパー、レッドペッパー、コリアンダーを
使っているみたいです。

開封すると、もうそれはそれは、「ザ・香辛料」の香りが上ってきます。
とてもエスニックな味わいで美味しかったです。
ローソン限定。

極濃 タルタルソース味

【極濃 タルタルソース味】RXP3 2019.9.12 NU レア度:★★☆☆☆
190912GokunoTarutaruSauce1 190912GokunoTarutaruSauce2

こってりおいしい、たっぷり掛けたい!
ほどよい酸味にコクとうまみが加わったガッツリ濃厚なおいしさ!

極濃の新銘柄です。今度はタルタルソース。
開封すると、いかにもな香りが上ってきます。
全般的には白っぽいチップスです。
口にすると、しっかりタルタルの甘酸っぱい風味。
ただ、極濃というほど、クドくはなかったですかね。