春ぽてと まろふわサワクリ味

【春ぽてと  まろふわサワクリ味】RNJ3 2018.1.16 NU レア度:★☆☆☆☆
180116HarupotatoMarofuwaSourCream1 180116HarupotatoMarofuwaSourCream2
爽やかなサワークリームの酸味とすっきりとしたチーズのコクで作る
サワークリーム&チーズの味わいがじゃがいもの風味を優しく引き立てます。

季節定番銘柄「春ぽてと」のひとつです。2016年からなので今回で3回目。
3回とも「あま旨塩味」と、もう一銘柄が相方というペアで出ています。
夏ポテトやア・ラ・ポテトでいう固定の「しお味」系ともう一つという流れですね。
今年の相方は「まろふわサワクリ」。粗く深いカットにサワークリームのテイストです。

過去の相方銘柄を並べてみました。
左から順に、①はちみつチーズ味(2014年)②サワクリチーズ味(2015年)③今年のモノ
160115HaruPotatoHachimitsuCheese1 170112Harupotato-SourcreamCheese1 180116HarupotatoMarofuwaSourCream1

春ぽてと あま旨塩味

【春ぽてと  あま旨塩味】RAU3 2018.1.18 NU レア度:★☆☆☆☆
180118HarupotatoAmaumashio1 180118HarupotatoAmaumashio2
春ぽてとの風味引き立つ、ほのかに甘い旨塩味です。

夏場の「夏ポテト」、秋口の「ア・ラ・ポテト」と並ぶ、
季節銘柄の「春ぽてと」が今年も出てきました。
2016年から始まりましたので、今年で3回目です。

ギザギザタイプですが、カットは深くて粗いタイプのモノ。
甘い塩味となっています。

 

おでん辛子味噌味

【おでん辛子味噌味】RLL3 2017.11.6 M レア度:★★☆☆☆
171106OdenKarashiMiso1 171106OdenKarashiMiso2
美味しいけん、いっぺん食べとおみ!
おでんを美味しくする愛媛の伝統調味料、“みがらし”の味を再現したポテトチップスです。

ラブジャパン「愛媛の味」です。中国・四国限定です。

「みがらし」というのは愛媛でも宇和島など南予地方のもののようですね。
九州・南予地方で使われる甘口味噌・麦味噌・和辛子に、酒、酢、砂糖を混ぜて作るとのこと。
そういうわけで、少し甘辛い感じですね。

今回のチップスを食べた時にも、確かに甘辛い感じを受けたので、素人考えでは、愛媛だけに、
柑橘系のものを混ぜたものかと思いました(笑。
原材料名を見てもそんなものはありませんが。

フィッシュカツ味

【フィッシュカツ味】RLN3 2017.11.4 M レア度:★★☆☆☆
171104FishKatsu1 171104FishKatsu2

フィッシュカツ味、美味いんじょ!魚のすり身にカレーとスパイスを効かせ、
衣をつけて揚げた、徳島のソウルフードをポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「徳島の味」です。中国・四国限定です。

これまた面白いご当地グルメがあるんですねえ。
フィッシュカツというので、フィレオフィッシュに入っているアレかと
想像しましたが、違うみたいですね。徳島のフィッシュカツはWikipediaにも
採りあげられていて驚き。カレー風味のモノだそうですね。

このポテチでは、確かに最初カレー粉の味が来ました。でも食べ進めていくと、
少しずつ魚フライの風味がしてきました。オリジナルを食べてみたいですね。

砂丘をイメージした珈琲味

【砂丘をイメージした珈琲味】RLO3 2017.11.4 M レア度:★★☆☆☆
171104Coffee1 171104Coffee2
意外にうまいで~、食べてみんさいな~
鳥取砂丘の砂をイメージしてコーヒー味の粒をふりかけました。

ラブジャパン「鳥取の味」です。中国・四国限定です。

鳥取と言えば「二十世紀梨味」でも出るんかなあと思ってましたが、
なんと「コーヒー」味と。驚きです(笑。
鳥取とコーヒーが全く結びつきませんでしたが、パッケージ裏面の説明によると
「コーヒー消費量が多く、2016年に世界コーヒーサミットが開催された」とのこと。

さて実食。
確かにコーヒーも使用されているようですが、黒蜜のテイストが強く感じられました。
甘かったですが、意外に嫌な感じはしませんでした。

香味にんにく味

【香味にんにく味】RKV3 2018.1.9 NU レア度:★★☆☆☆
180109KoumiNinniku1 180109KoumiNinniku2

にんにくのうまみと香ばしさに香草を効かせた味わい。
にんにくのうまみ引き立つ風味豊かなポテトチップスです。

開封すると、「ザ・にんにく」という香りが立ち込めます。
「香味」となっていますが、ここで使われている香草は、
パセリ・バジルのようです。確かにそれらしい風味は少しします。
そのおかげなのか分かりませんが、全体的には意外にも
サッパリ感した感じを受けました。でもニンニクの味はしっかりする。

 

堅あげポテト 梅味

【堅あげポテト 梅味】EJK3 2018.1.8 Y レア度:★★☆☆☆
180108KataageUme1 180108KataageUme2

梅のさわやかな香りと甘酸っぱさを楽しめる堅あげポテトです。
季節限定の味わいをお楽しみください。

この時期の定番となりつつある、堅あげ梅が今年も出ました。
カルビーHPによると「毎年梅の開花時期(1-2月)にかけて酸味系のスナック菓子
の需要が伸びる傾向があるので、毎年梅系の商品を発売している」とのこと。
今回も梅の甘酸っぱさが噛むほどジワリと出てくるあの感じは健在でした。

ここ数年、1月から2月に発売された堅あげポテトの梅系銘柄は以下です。左から
①梅味(2014/1) ②同(15/1) ③桜香る梅味(16/2)、④梅とごま油味(17/1)⑤今回のもの
s140107kataageume1 s150107KataageUme s160229Kataage-Sakurakaoruume1 170105Kataage-UmetoGomaabura1 180108KataageUme1
う見てみますと、今年のパッケージは赤と言うよりサーモンピンク的な感じですね。

 

汁なし担担麺味

【汁なし担担麺味】RLM3 2017.11.4 M レア度:★★☆☆☆
171104ShirunashiTantanmen1 171104ShirunashiTantanmen2

混ぜんでええけぇ、食べてみんさい!
広島の新ご当地グルメ「汁なし担担麺」がポテトチップスに!
肉みその旨みと、山椒の痺れる辛さをぜひ、お試しください!

ラブジャパン「広島の味」です。中国・四国限定です。

広島名物なんですねえ。つい先日のTV番組「ケンミンショー」でも
広島県民熱愛グルメとして採りあげられていて、へぇと思いました。
オリジナルは食べたことがありませんが、ピリ辛ですごく美味しそうだったので
次に広島に行くことがあれば食べようと思います(なかなか行かないなあ(汗)。

このポテチに関しても、山椒のピリリとした辛さがしっかり効いています。
肉みそから出ていると思われる旨みも感じられ、良かったです。

堅あげポテト 松阪牛の炙り焼き味

【堅あげポテト 松阪牛の炙り焼き味】EJU4 2017.12.28 Y レア度:★★☆☆☆
171208KataageMatsusakaushiAburiyaki1 171208KataageMatsusakaushiAburiyaki2
炙った松阪牛の濃厚な旨みと、にんにく醤油の奥深いおいしさが口の中に広がります。
贅沢な味わいをお楽しみください。

正月のおめでたいタッチのデザインですね。そして豪華な松阪牛と。
松阪牛かどうかは判別できませんが、肉の旨みが良く出てきている感じ。
説明文には「にんにく醤油」とありますが、これはそれほど強く感じない。
でも全般的にけっこう美味しかったと思います。セブンイレブン限定。

極濃 めんたいこ味

【極濃 めんたいこ味】RNX3 2017.12.27 NU レア度:★★☆☆☆
171227GokunoMentaiko1 171227GokunoMentaiko2
口いっぱいに広がるピリ辛で明太な味わい。
こんな濃いめんたいこ味は今までなかった?!
インパクトのあるおいしさ!

極濃の新銘柄。今度は明太子です。
開封してみると、まずいかにもな「魚介」風味がのぼってきました。
チップスを見てみると、濃いピンクというか濃いオレンジというか、
どっちにしても濃い色で、期待させます。
味は、一枚一枚がしっかり明太子してますね。
辛さはそれほどでもないと思いました。のど乾きますので飲み物必須。

Natural Calbeeオリーブオイルチップス ブラックペッパー味

【Natural Calbeeオリーブオイルチップス ブラックペッパー味】2017.12.5 R レア度:★★★★★
171205NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper1 171205NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper2

厚切りのじゃがいもをオリーブオイル100%でフライ。
ザクッとした食感と、素材の風味がおいしいポテトチップスです。

若干記憶にも新しいところですが、2017年9月ごろ、「油分25%カット」というヘルシー系銘柄
「Natural Calbee」4銘柄が発売されました。↓この4つ。
s170811NaturalCalbeeFrenchSalad1 s170812NaturalCalbeeChederCheese1 s170817NaturalCalbeeHardSeasalt1 s170818NaturalCalbeeHardBakedOnion1

その同じ「Natural Calbee」の新銘柄?を偶然見つけたのでゲットしました。
しかし、これはカルビー公式HPにも記載がなく、ネット上にもほぼ情報がありません。
製造工場の記号も「R」(R&Dセンター。研究開発本部)となっており、かなりレアっぽいです。
わたしはイオン店頭で見つけましたが正式な販路は不明です。

チップスは厚切りにしたものを使用しています。オリーブオイル100%で揚げている
ことからサッパリ感がありますが、そこにブラックペッパーがピリッと効いています。
容量も40gと軽めとなっています。

ぼっかけ味

【ぼっかけ味】RNK3 2017.11.8 b レア度:★★☆☆☆
171108Bokkake1 171108Bokkake2

神戸長田のソウルフード「ぼっかけ」の味わいを再現したポテトチップス。
牛スジとこんにゃくを甘辛く煮込んだあの味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「兵庫の味」です。近畿限定です。

しかし、各県にいろんな知らない料理があるんだなあと感じさせられます。
この「ぼっかけ」というのは神戸・長田のB級グルメ的なものだそうです。

食べてみると、うん、確かに甘さから入ってきましたが、牛すじの風味なのか
嫌な甘さではなく美味しい。すき焼き的な感じですかね。甘辛さが良かった。

鮒ずし味

【鮒ずし味】RLX3 2017.11.8 b レア度:★★☆☆☆
171108Funazushi1 171108Funazushi2

滋賀言うたら鮒ずし!いっぺん食べてみてや~!
酸味の効いた、味わい深い「鮒ずし味」です。
鮒ずし好きにもちょっと苦手派にもはじめての方にも食べていただきたい
おいしさに仕上げました!

ラブジャパン「滋賀の味」です。近畿限定です。

今回のラブジャパン企画において、栃木の「しもつかれ味」と並んで衝撃作と言われている
この「鮒ずし味」。なぜかといえば、その独特な発酵臭により、滋賀県民の間でも
好き嫌いが分かれる味であるからだと。

さて。おそるおそる開封。
うっ、強烈な酸味の香りが。酢の匂いですかね。発酵臭みたいなものはそれほど
感じませんでしたが、でもやっぱり独特なものを感じました。
食べてみると。うーん、やっぱり強烈な酸味ですねぇ。とにかく酸っぱい。
それと後から出てくる独特な風味ですね。
鮒ずしの製法からすると、お酒のアテとしてつまむのであれば良いかもしれない。

金沢おでんカニ面味

【金沢おでんカニ面味】RMB3 2017.11.9 G レア度:★★☆☆☆
171109Kanimen1 171109Kanimen2
金沢おでんの冬の風物詩でもある「カニ面」。
カニの殻に内子と外子を詰めたあの味わいを再現しました。

ラブジャパン「石川の味」です。中部(静岡含む)限定です。

金沢おでんというのがあるんですね。
そのおでん種として有名なのが、この「カニ面」というものとのこと。
香箱(こうばこ)ガ二の殻に、カニから取り出した身や内子、ミソなどを詰めて蒸し、
おでん出汁で煮たものだそうです。もうこれだけで間違いなく美味しそうですね。

オリジナルのカニ面は食べたことないですが、このポテチ、かなり美味しかったです。
出汁とカニの風味ですかね。良かった。

 

伊賀の國忍者流干し肉と梅味

【伊賀の國忍者流干し肉と梅味】RLY3 2017.11.11 G レア度:★★☆☆☆
171111HoshinikuUme1 171111HoshinikuUme2
伊賀流忍者の気分になって召し上がれ!かつての伊賀流忍者の携帯食を現代風に
アレンジしました。干し肉と梅干しの味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「三重の味」です。中部(静岡含む)限定です。

三重の味というなら、伊勢海老か松阪牛でも出てくるかと思いきや、まさかの忍者(笑。
確かに伊賀は忍者の里ですからね。

開封してみると、梅の風味ですね。チップス自体も少し赤みがかっています。
食べてみると、梅風味の中に、ビーフジャーキー的な(笑)感じ。これが干し肉ですかね。
その二つはマッチはしており、バランスは取れている組み合わせだと思います。

 

↓