海老グラタン味

【海老グラタン味】RTZ3 2018.10.6 Y レア度:★★★★☆
181006EbiGratin1 181006EbiGratin2

香ばしいえびの風味に、チーズのコクとクリーミーなソースが口の中に広がる、
濃厚な味わいのポテトチップスです。まろやかでほっとする味わいをお楽しみください。

なかなかのレア銘柄を入手しました。
関東地方に展開するスーパー「マルエツ」限定の銘柄です。

クリーミーなホワイトソースをベースに、若干香ばしい海老の香りというところ
でしょうか。食べやすく美味しかったです。

のりと九州醤油味

【のりと九州醤油味】RRT3 2018.10.26 NU レア度:★★☆☆☆
181026NoriKyushushoyu1 181026NoriKyushushoyu2

南九州ファミリーマート25周年記念商品!
南九州ならではの甘みのある醤油味と、のりの豊かな風味が楽しめる
やみつきになる味わいです。
h181026NoriKyushushoyu1

甘い醤油が斬新で美味しいですね。海苔はそれほど主張してはいませんが。
通常ポテチの「九州しょうゆ」は、中国・四国・九州のみでしか販売してませんから、
こういう味は久しぶりです。
ファミマ・サークルKサンクス限定商品。

南九州と言えば、2014年にこんな「鹿児島の味」というのがありました。
現地のスーパー限定だったので入手はかなり困難でしたが何とか手に入れました。
わたしのコレクションの中ではレア度最高水準のひとつです。
2014年4月「母ゆずり こいくちしょうゆ味」
s140429HahaYuzuri

 

贅沢ショコラ

【贅沢ショコラ】RSG3 2018.10.15 C レア度:★☆☆☆☆
181015ZeitakuChocola1 181015ZeitakuChocola2

ガーナ産カカオ豆の本格的なチョコレートにロレーヌ産岩塩を使用し、
チョコレートの甘さをより引き立てました。
甘じょっぱい贅沢な美味しさをお楽しみください。

今年もこれの季節がやってきました。もうこの時期の定番として定着したと言っても良いでしょう。
パッケージデザインはこの数年、赤色を基調としたスタイルでほぼ変わりは無いですが、
今年は使用しているチョコレートについて、「ガーナ産カカオ豆」というのを強調しています。
2015年までは「ROYCE’」のチョコレートを使用し、パッケージにもロイズのロゴが載っていましたが、
16年以降はそれが無くなり、今回の「ガーナ産カカオ」というのは初めてですね。

過去の贅沢ショコラ 左から2010年~14年
s101020ZeitakuChocolate s111006ZeitakuChocola s120926ZeitakuChocola s131011ZeitakuChocola s141018ZeitakuChocolat
左から2015年~18年(今回のもの)

s151103ZeitakuChocola 161011zeitakuchocolat1 171020ZeitakuChocolat1 181015ZeitakuChocola1

ピザポテト コク濃チーズ味

【ピザポテト コク濃チーズ味】RSC3 2018.10.24 NU レア度:★★☆☆☆
181024PizzapotatoKokunocheese1 181024PizzapotatoKokunocheese2
とろ~り、ぜいたく4種のチーズ仕立て

ピザポテトはもともとチーズが掛かっているものですから、それとの対比で濃い
ということなのでしょうけども、レギュラー販売のピザポテトを久しく食べていません
ので、どれくらい濃いかはあまり分かりませんでした。
もちろんしっかりチーズの存在感はあります。

今回は「銀だこ」とのコラボだそうです。
といっても、このピザポテトがたこ焼きの味がするわけではなく、
銀だこのお店で、たこ焼きに濃厚チーズソースを乗せて、「ピザポテト味たこ焼き」を
販売しているそうです。

厚切りポテトチップス テリヤキバーガー味

【厚切りポテトチップス  テリヤキバーガー味】RTP3 2018.10.10 NU レア度:★★☆☆☆
181010TeriyakiBurger1 181010TeriyakiBurger2

KUA AINAの人気メニューとカルビーポテトチップスのコラボレーション第2弾!
クア・アイナのテリヤキバーガーの味わいを再現しました。甘くて香ばしい、奥深い味わいが楽しめます。

ハワイのバーガー店「クアアイナ」とのコラボだそうです。
h181010TeriyakiBurger1
食べたことは無いので再現度は分かりませんが、甘いてりやきソースにビーフ風味、
それを厚切りのギザギザチップスを使用して表現しています。

クア・アイナとのコラボ第一弾は、2017年11月に出た
↓「厚切りモッツァレラアボカドバーガー味」でした。
171114AtsugiriMozzarellaAvocadoburger1

ア・ラ・ポテト 香ばししょうゆ味

【ア・ラ・ポテト 香ばししょうゆ味】RFH3 2018.10.16 Y レア度:★★☆☆☆
181016AlapotatoKobashishoyu1 181016AlapotatoKobashishoyu2
しょうゆをほんのり効かせた香ばしい風味が、じゃがいものおいしさを味わい深く引き立てます。

今年も出てきました。アラポテのしょうゆ味。
例年、秋口に出てくるレギュラーのアラポテ(しお味・じゃがバター味)とは別に出てきますが、
ここ数年はずっと出てきていますね。
単なる「しょうゆ」ではなくて、香ばしい香りがするのが食欲をそそります。
美味しいです。

2015年以降、毎年10月ごろに出てきています。
15年は「しょうゆ味」でしたが、16年以降は「香ばししょうゆ味」となりました。
左から2015年、16年、17年、18年(今回のモノ)

s151120AlapotatoShoyu 161007alapotatokoubashishoyu1 171018AlapotatoKobashiShoyu1 181016AlapotatoKobashishoyu1

ザ・ポテト あめ色たまねぎ味

【ザ・ポテト あめ色たまねぎ味】RUO3 2018.9.19 NU レア度:★★★☆☆
180919ThePotato1 180919ThePotato2
美しい丘のまち、北海道美瑛町の旬のじゃがいもを使用。
おいしさ引き立つ今だけの数量限定ポテトチップスです。
噛むほどにやさしい甘みがあと引くおいしさ

このまえ採りあげた「ザ・ポテトうす塩味」と、もう一つ出ていた「あめ色たまねぎ味」。
売り切れかと諦めていましたが、別の店で偶然見つかりゲットしました!

JAびえい、美瑛選果との共同開発商品。
「うす塩味」と同様、使用しているじゃがいもの品種として「アンドーバー100%使用」とあります。

前に出ていた、Deepoのような、かなり粗く深いカットとなっていますが、チップス自体は
厚切りではないため、サクサクした食感となっています。

あめ色になるまで煮詰めたたまねぎの、あの独特な甘さが良く感じられました。
なかなか良いです。

↓ 「ザ・ポテト」は、2017年秋にも出ていましたが(東日本限定)、その時は、
「うす塩味」と「ベイクドオニオン味」でした。
171013Thepotato-Usushio1 171013Thepotato-BakedOnion1

 

堅あげポテト きざみ柚子こしょう味

【堅あげポテト  きざみ柚子こしょう味】ELO3 2018.10.6 Y レア度:★★☆☆☆
181006KataageKizamiYuzukosho1 181006KataageKizamiYuzukosho2

ふわっと香る柚子の香りとピリッと辛い青唐辛子があと引くおいしさの、
季節の味をお楽しみください。

この時期になると出てくる、堅あげポテトのゆずこしょう。今年も出てきました。
開封すると立ち上ってくる柚子の香りと、舌を刺激するピリ辛感とがマッチしていて、
本当にこれ好きです。

堅あげ・ゆずこしょうは、もう定番ですね。私の手元にある過去バージョンを並べてみます。
「ゆずこしょう」「ゆず胡椒」「柚子こしょう」と変遷していますが、今年は、“きざみ”柚子こしょうです。
左から順に、2008年2月、10年4月、12年2月、12年10月、13年10月
s080206KataageYuzuKosho s100406KataageYuzukosho s120202KataageYuzuKosho s121015KataageYuzuKosho s131010KataageYuzuKosho
左から、2014年10月、15年10月、16年9月、17年8月、18年10月(今回のもの)

s141017KataageYuzukosho s151010Kataage-YuzuKosho 160913kataageyuzukosho1 s170825KataageYuzukosho1 181006KataageKizamiYuzukosho1

堅あげポテト 焦がしチーズと黒胡椒味

【堅あげポテト   焦がしチーズと黒胡椒味】ELY4 2018.10.3 Y レア度:★★☆☆☆
181003KataageKogashiCheeseKurokosho1 181003KataageKogashiCheeseKurokosho2

塩気が効いた焼きチーズの香ばしさにピリッと辛い黒胡椒がアクセント。
濃厚な味わいとスパイシーな刺激が、ビールやワインとの相性抜群です。

お酒のおつまみに、というコンセプトの「堅つま」シリーズの新銘柄。
「堅つま」もわたしの記憶にある限り、これが既に7銘柄目かなと。

「焦がし」チーズとなっていますので、若干香ばしい感じのチーズ。
「まさにチーズ!」みたいなチーズ臭はしません。わたしはこちらのほうが好き。
黒胡椒、かなり主張してきますね。ピリピリと。ビールのお供にはもってこいでしょう。
7& i グループ限定のようです。

過去の堅つまを振り返ってみて気づいたのですが、これ全部7& i グループ限定でしたね。
左から、2017年7月、9月、18年1月、3月
170718KataageAburiBaconKurokosho1 170921Kataage-Kunseicheese1 180126KataageSumibiyakiTorikawa1 180308KataageSakuraebiGomaabura1
 左から2018年5月、8月、10月(今回のもの)

180521KataageYakiTomorokoshi1 180804Kataage-Mentaiko-Aburinori1 181003KataageKogashiCheeseKurokosho1

北海道産ぽろしり使用 昆布しょうゆ味

【北海道産ぽろしり使用 昆布しょうゆ味】RSE3 2018.10.3 NU レア度:★★★☆☆
181003PoroshiriKonbushoyu1 181003PoroshiriKonbushoyu2

ポテチのために開発されたジャガイモの品種「ぽろしり」を使用、というのがテーマの銘柄です。
「ぽろしり」は、十勝幌尻岳という山の名前にちなんだもの。
ジャガイモ開発のための会社、カルビーポテトが10年以上かけて開発したもので、
味も良く、形が揃っていてポテチなどの加工に最適であるとのことです。

一緒に出た「オホーツクの塩味」は、シンプルに塩ということでオーソドックスですが、
その相方として出たこの銘柄も、「昆布しょうゆ」というチョイスがイイですね。
日高産昆布を使っているそうですから、こっちもしっかり”北海道”してます。
とてもおいしかったです。

 

北海道産ぽろしり使用 オホーツクの塩味

【北海道産ぽろしり使用 オホーツクの塩味】RSD3 2018.9.29 NU レア度:★★★☆☆
180929PoroshiriShio1 180929PoroshiriShio2

ポテチのために開発されたジャガイモの品種「ぽろしり」を使用、というのがテーマの銘柄です。
「ぽろしり」は、十勝幌尻岳という山の名前にちなんだもの。
ジャガイモ開発のための会社、カルビーポテトが10年以上かけて開発したもので、
味も良く、形が揃っていてポテチなどの加工に最適であるとのことです。

味付けは非常にシンプルな塩。オホーツクの塩ということですから、北海道感満載です。
ジャガイモの味そのものと、ほど良い塩加減が美味しかったです。
わたしが行く店では、店頭からすぐ姿を消してしまいました。残念。

ザ・ポテト うす塩味

【ザ・ポテト   うす塩味】RUO3 2018.9.19 NU レア度:★★★☆☆
180919ThePotatoUsushio1 180919ThePotatoUsushio2

美しい丘のまち、北海道美瑛町の旬のじゃがいもを使用。
おいしさ引き立つ今だけの数量限定ポテトチップスです。
じゃがいものうまみが引き立つ“うす塩味”

昨年(2017)の今ごろにも出ていた、「ザ・ポテト」をスーパーで見かけゲットしました。
JAびえい、美瑛選果との共同開発商品ということです。
使用しているじゃがいもの品種として「アンドーバー100%使用」とあります。
言われても分かりませんが(汗)、調べてみると、米国の大学で交配により開発されたもの。
国内にはカルビーポテト(株)が95年に導入、08年に優良品種に選定された、とのこと。

前に出ていた、Deepoのような、かなり粗く深いカットとなっていますが、チップス自体は
厚切りではないため、サクサクした食感となっています。
シンプルな塩の味付けで美味しかったです。

ネットで見ると、この「うす塩味」ともう一つ、「あめ色たまねぎ味」というのが出ていたよう
ですが、わたしが見た店には、置いてなかったんですよねー、もう売り切れなのかな。残念です。

コンソメトリプルパンチ

【コンソメトリプルパンチ】RTJ3 2018.9.28 Y レア度:★★☆☆☆
180928ConsommeTriplePunch1 180928ConsommeTriplePunch2

「ポテトチップスコンソメパンチ」のコンソメ風味を3倍にした
「ポテトチップスコンソメトリプルパンチ」
今年は、“チキンのつぶつぶ”入り!濃厚なおいしさをお楽しみください。

今年も出てきました、コンソメのトリプルが。
昨年は、チップス表面の「つぶつぶ」に旨みが凝縮、とのアピールでしたが、今年は
“チキンのつぶつぶ” だそうです。

 

過去のコンソメトリプルパンチを並べてみます。
左から2013年11月、14年9月、15年11月
s131106ConsommeTriplePunch s140909Consomme3punch s151113ConsommeTriplePunch
左から2016年9月、17年9月、18年9月(今回のもの)
160920consommetriplepunch1 170928ConsommeTriplePunch1 180928ConsommeTriplePunch1

七味にんにく味

【七味にんにく味】RTG3 2018.9.26 NU レア度:★★☆☆☆
180926ShichimiNinniku1 180926ShichimiNinniku2

にんにくの旨みにピリッとした七味の辛みをアクセントにきかせた
ちょっと大人な味わいです。

なんと「減塩タイプ」のポテトチップスです。塩分30%カットであると。
高齢化の進展や健康意識の高まりに伴って、こういうタイプのモノも開発していかないと、
ということなのでしょうか。

わたしが知る限り、塩分カットは珍しいなあと。
いままで「油分カット」というのは時々出てましたね、カルビーLIGHTとか。あんまり浸透・定着は
してないように感じますが(- -  ; やっぱり油も塩もポテチとしては重要な構成要素なのでしょう。

さて。今回の「七味にんにく」自体の味ですが。
にんにくは結構効いていますねー。七味も効いていますからスパイシー感はしっかり。
でも、食べている間、なんというか終始、不思議な甘さを感じるのはわたしだけでしょうか。
決してまずいというわけでは無いのですが、なんか物足りない感じを受けました。

s151013KataageOliveOil
← 当博物館所蔵銘柄のうち、パッケージの説明文で「減塩」を謳っているのはこれだけでした。

2015年10月 「堅あげポテト うすしお味 オリーブオイル風味」
パッケージの上部真ん中に ○ の穴が開いていて、酒のつまみコーナーみたいな
ところに、ぶら下げて陳列されてるタイプ。塩分25%カットでした。
当時、ふとコンビニで見かけて買った記憶がありますが、今やかなりの激レア銘柄!?
なのでしょうか!?

極濃 コーンポタージュ味

【極濃 コーンポタージュ味】RSQ3 2018.10.2 NU レア度:★★☆☆☆
181002GokunoCornpotage1 181002GokunoCornpotage2

クリーミーなおいしさのコーンポタージュの味わいを極濃にアレンジ!
オニオンの旨みとチーズのコクを加え、ガッツリ濃厚なおいしさ!

おー、「極濃」、久しぶりだなー。
極濃の前回を見てみると、18年2月の「極濃カルビ」でしたから、8か月ぶりくらいか。

確かに、コーンポタージュ感がしっかり出ています。そのもの、です。
開封すると、いきなりコンポタの香りが。チップスも結構濃い目の色です。

過去のコンポタ銘柄
左から2013年2月(ファミマ限定)、14年10月、15年10月(ローソン限定)
s130215CornPotage s141013PotarichCornpotage s151022CornPotage
2016年7月(北海道限定)、16年9月

160704HakodateGotokenCornpotage1 160919gizagizacornpotage1

↓