「カルビーHP非掲載」タグアーカイブ

復活のコーンポタージュ味

【復活のコーンポタージュ味】SLM3 2020.9 Y レア度:★★★☆☆
2009FukkatsuCornpotage1 2009FukkatsuCornpotage2
“あの手”を使ったドンキさんによりコーンポタージュ味が復活!!

約1年前に、ドンキホーテから出た「念願のコーンポタージュ味」の再発売です。
「念願の」をバッテンで消して「復活の」としてあります笑。

1年前のものが、なぜ「念願の」なのかについては、こちらです。
↓ 2019/9「念願のコンポタ味」
1911NenganCornpotage1

ギザギザチップスにしっかりコンポタしていて美味しいです。
ドンキ限定。

厚切りザクッとポテト お好み焼き味

【厚切りザクッとポテト お好み焼き味】2020.7 NU レア度:★★★☆☆
2007AtsugiriZakuttoOkonomiyaki1  2007AtsugiriZakuttoOkonomiyaki2

ローソンの「ザクッとポテト」シリーズです。
日頃は採り上げていませんが、期間限定で珍しいのが出てたので買ってみました。
h2007AtsugiriZakuttoOkonomiyaki2

ギザギザタイプのチップスを使用。
開封すると、お好み焼きソースのにおいが上ってきまして、食欲をそそられます。
味としてもお好み焼きしてました。美味しいです。

やっぱり「お好み焼き」は過去にも数々出てきていますからポテチとの相性は良いですね。

のり塩コンソメWパンチ

【のり塩コンソメWパンチ】SLC4 2020.8 Y レア度:★★☆☆☆
2008NorishioConsommeDoublePunch1 2008NorishioConsommeDoublePunch2
のり塩とコンソメ、WとWのまさかのコラボレーション!
焼きのりとあおさの風味にお肉や野菜のうまみ!パンチの効いたやみつき感が楽しめる!

今度は「のり塩Wパンチ」と「コンソメWパンチ」とのコラボ。
2019/12に「のり塩パンチ」の強化版「のり塩Wパンチ」が出ました。
さらに、このところ、秘伝スパイス強化の「禁断のコンソメパンチ」が出たり、
焼きのり・唐辛子を強化した「禁断ののり塩パンチ」もついこのまえ出てましたからね。その延長線かな。

どんなものかと食べてみました。う~ん、残念ながら、個人的にはナシです。
味的にはコンソメがかなり強くて、のり塩を食っちゃってると思います。
そりゃそうだよなぁ、海苔がそれ単体でコンソメを凌駕する、いや比肩するほど味の強い食材でも無いわけで、
香りも無理に感じようとすれば、あ~海苔かなーと感じるくらいでコンソメには負けます。
別に食べればそれぞれはかなり美味しいのですが、今回のコレについては、チト無理があったのでは無いかと個人的には思います。
94gの大容量、セブンアンドアイ限定。

関連銘柄。
左から、①のり塩Wパンチ(2019/12)②禁断コンソメ(復活版)(2020/3)③禁断のり塩パンチ(2020/8)
1912NorishioDoublePunch1 2003KindanConsommePunch1  2008KindanNorishioPunch1

 

堅あげポテトコンソメWパンチ

【堅あげポテトコンソメWパンチ】EPR4 2020.8 Y レア度:★★☆☆☆
2008KataageConsommeDoublePunch1 2008KataageConsommeDoublePunch2
堅あげポテトとコンソメWパンチの夢のコラボレーション!
おまたせ!
噛むほどうまい堅あげポテトで楽しむ、お肉や野菜のうまみがギュッ!とつまったコンソメWパンチの味わい!

おっと!今年も出てきました、堅あげコンソメWパンチ。
あのコンソメパンチの濃い旨みが、堅あげのカリカリの食感とコラボなわけで
美味しくないわけがないやつです。セブンアンドアイ限定。

わたしが知る限り、今回は3回目かと。
左から、2018/8、2019/8、今年(2020/8)。3年連続、8月に出てきてますね。
180827KataageConsommeDoublePunch1 190827KataageCosommeDoublePunch1 2008KataageConsommeDoublePunch1

ガリチーズ&チキン味

【ガリチーズ&チキン味】SLE3 2020.8 NU レア度:★★☆☆☆
2008GalicCheese1 2008GalicCheese2
「シュクメルリ」の味わいをヒントにガーリックの風味とチーズのコクにチキンの旨みをプラス!
まさにガーリックチーズを進化させた味わい!

「進化系」というデカイ文字が目を引きます。そして猿人から現代人への進化を示す例の絵。
思わず、よしもと新喜劇の森田まりこを思い出した、というのはどうでもいいとして(笑。

「ガリチーズ」とありますが、これはガーリックチーズのこと。
説明文をよく読むと、今度はいきなり「シュクメルリの味わいをヒントに」とあります。

あれ?このシュクメルリって、少し前に牛丼の松屋でやってた、どっかの国の料理じゃなかったっけなと。
調べてみると、やっぱりそうでした。中央アジアのジョージア料理「シュクメルリ」でした。
当時SNSでもかなり話題になったようですね。
「鶏もも肉を使った”にんにく” と ”とろけるチーズ” のクリームシチュー鍋」です。

確かにコンセプト通り、ガーリックの効いたチキン味、そしてチーズのまろやかさが重なっています。
ファミマ限定。

ゆず胡椒味

【ゆず胡椒味】SKF3 2020.7 K レア度:★★★★☆
2007YuzuKosho1 2007YuzuKosho2
柚子胡椒の風味とピリッと効いた辛味

なかなかのレアものをゲットしました。
ディスカウントスーパーのTRIAL(トライアル)限定のようです。
この「ゆず胡椒」と「レモンソルト」の2銘柄セットでの発売の模様。
h2007Yuzukosho1

ゆず胡椒のピリ辛感がしっかり出ていました。

情熱のコンソメ味

【情熱のコンソメ味】SJP3 2020.6 Y レア度:★★★☆☆
2008JonetsuConsomme1 2008JonetsuConsomme2
定番のコンソメの味わいに、スパイスの”熱い”刺激が加わった情熱のコンソメ味です。
スパイシーな後引くおいしさが厚切りのポテトチップスにもぴったりです!

こんなの見つけました。
ギザギザタイプのチップスを使っていますが、コンソメ味をベースに、ピリ辛スパイスを効かせたモノです。
最初は「普通のコンソメだなー」と思って食べてましたが、後からスパイスが。
なかなか良かったです。
ドラッグストアの「ウエルシア」限定のようです。

禁断ののり塩パンチ

【禁断ののり塩パンチ】SJM4 2020.8 NU レア度:★★☆☆☆
2008KindanNorishioPunch1 2008KindanNorishioPunch2
ピリッと辛いのり味が特徴の「ポテトチップスのり塩パンチ」 こだわりの焼きのりと唐辛子をパワーアップ!
もっとパンチが効いた食べ応えあるおいしさをお楽しみください。今だけの強烈パーンチ!

レギュラー銘柄で出ている「のり塩パンチ」の焼きのりと唐辛子をもっと効かせた、というもの。
確かにピリ辛感が増していたし、海苔も増量感出てて美味しかったです。
セブンイレブン限定の模様。

過去には「禁断のコンソメパンチ」が出たことがありましたね。
左:2019/8、右:2020/3
190802KindanConsommePunch1 2003KindanConsommePunch1

OK ORIGINAL POTATO SEA SALT/BUTTER

【OK ORIGINAL POTATO SEA SALT】2020.7 NU レア度:★★★
【OK ORIGINAL POTATO BUTTER】2020.7 NU レア度:★★★
2007OKOriginalPotatoSeaSalt1  2007OKOriginalPotatoButter1

(シーソルト)国産じゃがいもを芋のおいしさ引き立つこだわりのフレーバーで味つけ。五島灘の焼塩を使用し、シンプルな味わいに仕上げました。
(バター)国産じゃがいもを芋のおいしさ引き立つこだわりのフレーバーで味つけ。ほどよい塩味と北海道産バターのコクが絶妙なバランスのよい味わいに仕上げました。

なかなか珍しいモノを見つけました。

東京・神奈川を中心に関東圏で展開するディスカウントスーパー「オーケーストア」限定の銘柄です。
そういうわけで、事実上、地域限定。カルビー公式HPにも載っておらず、レア度高です。

一見すると、これカルビーポテチと気づかないです汗。
良ーく見ると、タイトルの上に小さく「OK ORIGINAL POTATO」とあり、
h2007OKOriginalPotatoSeaSalt1
じゃがいもの絵の下に小さく「Produced by Calbee」とあるだけで、
h_2007OKOriginalPotatoSeaSalt2
全体のデザインのテイストも通常のカルビーポテチではありませんので。
しかも大容量の120g、115g です。

味としては、シーソルトはオーソドックスな塩味。キリッとしてますかね。
バターは、すごくバターの甘みを感じました。通常のバターモノよりも、シンプルだからなのか、
バターのコクが非常に感じられ、大変美味しかったです。

堅あげポテト カリカリベーコンの黒胡椒仕立て

【堅あげポテト カリカリベーコンの黒胡椒仕立て】EPP4 2020.7 Y レア度:★★☆☆☆
2007KataageBaconKurokosho1 2007KataageBaconKurokosho2
濃厚で香り豊かなベーコンの旨みを、キリッとした黒胡椒が引き立てる。スパイシーでお酒がすすむ、大人のおつまみです。

お酒のおつまみとしての堅あげポテト「堅つま」シリーズの新銘柄。
ベーコンの香りが食欲をそそります。
そしてブラックペッパーのピリ辛感がまたビールにぴったりです。

この「堅つま」シリーズは2017年夏にデビューだったと思いますが、その第一号銘柄がまさに「ベーコンと黒胡椒味」でした。
↓2017年7月

170718KataageAburiBaconKurokosho1

クセニ・ナール 香ばしにんにく味

【クセニ・ナール 香ばしにんにく味】EPQ2 2020.7 Y レア度:★★★☆☆
2007KuseninaruKobashiNinniku1 2007KuseninaruKobashiNinniku2
ローストしたにんにくの香ばしさと旨みがクセになるおいしさ。

また出てきました、「クセニ・ナール」シリーズの新銘柄。ファミマ限定。

スナック菓子コーナーよりも、お酒のおつまみとかが並んでいる棚にぶら下げてあるタイプ。45g。
堅あげタイプのチップスです。香ばしいにんにく風味です。

 今までの「クセニ・ナール」銘柄を並べてみます。
左から①2019.1 ②2019.8 ③2020.2
②だけは通常サイズの厚切りギザギザタイプ。それ以外は小容量のぶら下げ型、堅あげタイプでした。
190110AnchoviGarlic1 190815AtsugiriAnchovyGarlic1 2002ArabikiMustardChorizo1

ピザポテト ダイナマイトにんにくビーム!

【ピザポテト ダイナマイトにんにくビーム!】SKT4 2020.7 NU レア度:★★☆☆☆
2007PizzapotatoDinamiteNinniku1   2007PizzapotatoDinamiteNinniku2

強烈に効かせた”にんにく”の風味と香ばしさを堪能できるピザをイメージした味わい!
ダイナマイト級のおいしさをお楽しみください!!

タイトル通りです。開封すると同時に強烈なにんにくの香りが。
もちろんいつものピザポテのようにチーズもしっかり主張しています。
ビッグサイズであることもありインパクトは大です。

ピザポテでにんにくを強く効かせたものとして、こんなのが出たことがありました。
2016年6月「ガーリックボンバー」。この時は通常サイズ。

160623Pizzapotato-GarlicBomber1

花椒味

【花椒味】SKC3 2020.7 NU レア度:★★☆☆☆
2007Huajiao1 2007Huajiao2

花椒のピリッと痺れる辛さにレッドペッパーのジワッと口に広がる辛さをブレンド。
辛さと旨みが絶妙なバランスでやみつきになるおいしさ!

花椒・・・ホアジャオと読むそうです。
辛い四川料理に欠かせないスパイスだそうです。
これにレッドペッパーも入っていますから、そりゃ辛いです。

ギザギザタイプのチップスで、けっこうオレンジ色がかっています。
かなり痺れる感じでした。旨味はありますので、ビールのお供に。ファミマ限定。

1年ほど前にも「花椒味」は出たことあります。
↓ 確かこれもファミマ限定だったと記憶していますが、45gの小さいタイプで、堅あげタイプのチップス使用でした。
190717Huajiao1

激辛好きのための激旨辛味

【激辛好きのための激旨辛味】SKO4 2020.7 NU レア度:★★☆☆☆
2006GekikarazukiGekiumakara1 2006GekikarazukiGekiumakara2
旨味×辛味が織りなす激旨辛の世界への招待状です。
そのままでもおいしく召し上がっていただける、旨味溢れる牛だし風味のポテトチップス。
付属の激辛パウダーを振りかけることで味わいが一変します。
赤唐辛子・青唐辛子・ハバネロパウダーがブレンドされた禁断のパウダーはその名の通りまさに激辛。
ポテトチップスと激辛パウダーが混ざり合ったら最後、辛さと旨さの無限ループがみなさまを”激旨辛”の世界へ誘います。

ローソン「○○好きのための」シリーズの新銘柄。今度は「激辛好きのための」と来ましたか。

パッケージ表面、左下のところに「激辛パウダー」という銀の袋が強力な接着剤で貼ってあります。
(上の写真はそれを外した後です)
何もつけずに食べても、「牛だし風味」ということで美味しいらしいです。1,2枚食べたらそんな感じでした。
h2006GekikarazukiGekiumakara1

さて、そのあと。銀の袋の激辛パウダーを投入し、こぼれないようにシャカシャカ混ぜてから食べてみました。
確かに激辛でヒーとなる感じです。赤・青唐辛子にハバネロですからね。
もはや牛だしの味は分からない。舌がビリビリでした。