牛肉とフォアグラのロッシーニ味

【牛肉とフォアグラのロッシーニ味】 QTY4 2015.3.18 b レア度:★★☆☆☆

150318BeefFoieGras1     150318BeefFoieGras2
「俺の」各店舗で人気の「牛肉とフォアグラのロッシーニ」の味わいを國仲シェフ監修のもとポテトチップスで

アレンジしました。フォアグラと牛肉の旨みを、トリュフを使用したワインベースの特製ソースが引き立てる
おいしさです。芳醇で濃厚な味わいをお楽しみください。

いろいろ出ますね~。「俺の株式会社」とのコラボとなっています。
一流シェフを招いて、高級食材を使用するいっぽう、立食スタイルという、今までのフランス料理の概念を
ぶち壊し、回転率を高め、お手頃価格で仏料理を提供、というビジネスモデルで急成長した「俺のフレンチ」。
そこから「俺のイタリアン」など、各種「俺の」の店舗を展開している企業です。
h150318BeefFoieGras
この銘柄は國仲シェフの監修ということで裏面に彼の履歴が載っています。
國仲尚文(くになかひさし)
1979年6月生まれ。イタリア料理店などで修業後、2005年に「シェ・松尾・
松濤レストラン」★入店、現「俺のフレンチ」総料理長能勢のもとフランス料理を
学び、2010年からはスーシェフを務めた。「俺のフレンチGINZA」立ち上げ後、
現在「俺のイタリアンKAMIYACHO」料理長を務める。

 

調べてみると、ブックオフの社長が、ブックオフを辞めて立ち上げた会社なんですね。
そう言えば、前に、「ガイアの夜明け」だか「カンブリア宮殿」でやってましたね。NHK「プロフェッショナル」でも。

ただ、「牛肉とフォアグラのロッシーニ」なる洒落た料理は食したことがないので、再現度合いは不明です(汗。
牛肉の感じはありますが、かなり甘みを感じました。
フォアグラもトリュフもどんな風味だったっけ?と、自らがかなり庶民派であることを改めて実感した次第です(笑。

100g という大きなサイズとなっています。濃紺と赤のメタリックで仕上げられ、同社のロゴが中央に大きく
配置、監修した國仲シェフの顔写真も出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>