タグ別アーカイブ: 期間限定

堅あげポテト きざみ柚子こしょう味

【堅あげポテト  きざみ柚子こしょう味】ELO3 2018.10.6 Y レア度:★★☆☆☆
181006KataageKizamiYuzukosho1 181006KataageKizamiYuzukosho2

ふわっと香る柚子の香りとピリッと辛い青唐辛子があと引くおいしさの、
季節の味をお楽しみください。

この時期になると出てくる、堅あげポテトのゆずこしょう。今年も出てきました。
開封すると立ち上ってくる柚子の香りと、舌を刺激するピリ辛感とがマッチしていて、
本当にこれ好きです。

堅あげ・ゆずこしょうは、もう定番ですね。私の手元にある過去バージョンを並べてみます。
「ゆずこしょう」「ゆず胡椒」「柚子こしょう」と変遷していますが、今年は、“きざみ”柚子こしょうです。
左から順に、2008年2月、10年4月、12年2月、12年10月、13年10月
s080206KataageYuzuKosho s100406KataageYuzukosho s120202KataageYuzuKosho s121015KataageYuzuKosho s131010KataageYuzuKosho
左から、2014年10月、15年10月、16年9月、17年8月、18年10月(今回のもの)

s141017KataageYuzukosho s151010Kataage-YuzuKosho 160913kataageyuzukosho1 s170825KataageYuzukosho1 181006KataageKizamiYuzukosho1

堅あげポテト 焦がしチーズと黒胡椒味

【堅あげポテト   焦がしチーズと黒胡椒味】ELY4 2018.10.3 Y レア度:★★☆☆☆
181003KataageKogashiCheeseKurokosho1 181003KataageKogashiCheeseKurokosho2

塩気が効いた焼きチーズの香ばしさにピリッと辛い黒胡椒がアクセント。
濃厚な味わいとスパイシーな刺激が、ビールやワインとの相性抜群です。

お酒のおつまみに、というコンセプトの「堅つま」シリーズの新銘柄。
「堅つま」もわたしの記憶にある限り、これが既に7銘柄目かなと。

「焦がし」チーズとなっていますので、若干香ばしい感じのチーズ。
「まさにチーズ!」みたいなチーズ臭はしません。わたしはこちらのほうが好き。
黒胡椒、かなり主張してきますね。ピリピリと。ビールのお供にはもってこいでしょう。
7& i グループ限定のようです。

過去の堅つまを振り返ってみて気づいたのですが、これ全部7& i グループ限定でしたね。
左から、2017年7月、9月、18年1月、3月
170718KataageAburiBaconKurokosho1 170921Kataage-Kunseicheese1 180126KataageSumibiyakiTorikawa1 180308KataageSakuraebiGomaabura1
 左から2018年5月、8月、10月(今回のもの)

180521KataageYakiTomorokoshi1 180804Kataage-Mentaiko-Aburinori1 181003KataageKogashiCheeseKurokosho1

北海道産ぽろしり使用 昆布しょうゆ味

【北海道産ぽろしり使用 昆布しょうゆ味】RSE3 2018.10.3 NU レア度:★★★☆☆
181003PoroshiriKonbushoyu1 181003PoroshiriKonbushoyu2

ポテチのために開発されたジャガイモの品種「ぽろしり」を使用、というのがテーマの銘柄です。
「ぽろしり」は、十勝幌尻岳という山の名前にちなんだもの。
ジャガイモ開発のための会社、カルビーポテトが10年以上かけて開発したもので、
味も良く、形が揃っていてポテチなどの加工に最適であるとのことです。

一緒に出た「オホーツクの塩味」は、シンプルに塩ということでオーソドックスですが、
その相方として出たこの銘柄も、「昆布しょうゆ」というチョイスがイイですね。
日高産昆布を使っているそうですから、こっちもしっかり”北海道”してます。
とてもおいしかったです。

 

北海道産ぽろしり使用 オホーツクの塩味

【北海道産ぽろしり使用 オホーツクの塩味】RSD3 2018.9.29 NU レア度:★★★☆☆
180929PoroshiriShio1 180929PoroshiriShio2

ポテチのために開発されたジャガイモの品種「ぽろしり」を使用、というのがテーマの銘柄です。
「ぽろしり」は、十勝幌尻岳という山の名前にちなんだもの。
ジャガイモ開発のための会社、カルビーポテトが10年以上かけて開発したもので、
味も良く、形が揃っていてポテチなどの加工に最適であるとのことです。

味付けは非常にシンプルな塩。オホーツクの塩ということですから、北海道感満載です。
ジャガイモの味そのものと、ほど良い塩加減が美味しかったです。
わたしが行く店では、店頭からすぐ姿を消してしまいました。残念。

ザ・ポテト うす塩味

【ザ・ポテト   うす塩味】RUO3 2018.9.19 NU レア度:★★★☆☆
180919ThePotatoUsushio1 180919ThePotatoUsushio2

美しい丘のまち、北海道美瑛町の旬のじゃがいもを使用。
おいしさ引き立つ今だけの数量限定ポテトチップスです。
じゃがいものうまみが引き立つ“うす塩味”

昨年(2017)の今ごろにも出ていた、「ザ・ポテト」をスーパーで見かけゲットしました。
JAびえい、美瑛選果との共同開発商品ということです。
使用しているじゃがいもの品種として「アンドーバー100%使用」とあります。
言われても分かりませんが(汗)、調べてみると、米国の大学で交配により開発されたもの。
国内にはカルビーポテト(株)が95年に導入、08年に優良品種に選定された、とのこと。

前に出ていた、Deepoのような、かなり粗く深いカットとなっていますが、チップス自体は
厚切りではないため、サクサクした食感となっています。
シンプルな塩の味付けで美味しかったです。

ネットで見ると、この「うす塩味」ともう一つ、「あめ色たまねぎ味」というのが出ていたよう
ですが、わたしが見た店には、置いてなかったんですよねー、もう売り切れなのかな。残念です。

コンソメトリプルパンチ

【コンソメトリプルパンチ】RTJ3 2018.9.28 Y レア度:★★☆☆☆
180928ConsommeTriplePunch1 180928ConsommeTriplePunch2

「ポテトチップスコンソメパンチ」のコンソメ風味を3倍にした
「ポテトチップスコンソメトリプルパンチ」
今年は、“チキンのつぶつぶ”入り!濃厚なおいしさをお楽しみください。

今年も出てきました、コンソメのトリプルが。
昨年は、チップス表面の「つぶつぶ」に旨みが凝縮、とのアピールでしたが、今年は
“チキンのつぶつぶ” だそうです。

 

過去のコンソメトリプルパンチを並べてみます。
左から2013年11月、14年9月、15年11月
s131106ConsommeTriplePunch s140909Consomme3punch s151113ConsommeTriplePunch
左から2016年9月、17年9月、18年9月(今回のもの)
160920consommetriplepunch1 170928ConsommeTriplePunch1 180928ConsommeTriplePunch1

七味にんにく味

【七味にんにく味】RTG3 2018.9.26 NU レア度:★★☆☆☆
180926ShichimiNinniku1 180926ShichimiNinniku2

にんにくの旨みにピリッとした七味の辛みをアクセントにきかせた
ちょっと大人な味わいです。

なんと「減塩タイプ」のポテトチップスです。塩分30%カットであると。
高齢化の進展や健康意識の高まりに伴って、こういうタイプのモノも開発していかないと、
ということなのでしょうか。

わたしが知る限り、塩分カットは珍しいなあと。
いままで「油分カット」というのは時々出てましたね、カルビーLIGHTとか。あんまり浸透・定着は
してないように感じますが(- -  ; やっぱり油も塩もポテチとしては重要な構成要素なのでしょう。

さて。今回の「七味にんにく」自体の味ですが。
にんにくは結構効いていますねー。七味も効いていますからスパイシー感はしっかり。
でも、食べている間、なんというか終始、不思議な甘さを感じるのはわたしだけでしょうか。
決してまずいというわけでは無いのですが、なんか物足りない感じを受けました。

s151013KataageOliveOil
← 当博物館所蔵銘柄のうち、パッケージの説明文で「減塩」を謳っているのはこれだけでした。

2015年10月 「堅あげポテト うすしお味 オリーブオイル風味」
パッケージの上部真ん中に ○ の穴が開いていて、酒のつまみコーナーみたいな
ところに、ぶら下げて陳列されてるタイプ。塩分25%カットでした。
当時、ふとコンビニで見かけて買った記憶がありますが、今やかなりの激レア銘柄!?
なのでしょうか!?

極濃 コーンポタージュ味

【極濃 コーンポタージュ味】RSQ3 2018.10.2 NU レア度:★★☆☆☆
181002GokunoCornpotage1 181002GokunoCornpotage2

クリーミーなおいしさのコーンポタージュの味わいを極濃にアレンジ!
オニオンの旨みとチーズのコクを加え、ガッツリ濃厚なおいしさ!

おー、「極濃」、久しぶりだなー。
極濃の前回を見てみると、18年2月の「極濃カルビ」でしたから、8か月ぶりくらいか。

確かに、コーンポタージュ感がしっかり出ています。そのもの、です。
開封すると、いきなりコンポタの香りが。チップスも結構濃い目の色です。

過去のコンポタ銘柄
左から2013年2月(ファミマ限定)、14年10月、15年10月(ローソン限定)
s130215CornPotage s141013PotarichCornpotage s151022CornPotage
2016年7月(北海道限定)、16年9月

160704HakodateGotokenCornpotage1 160919gizagizacornpotage1

わさび好きのためのわさび味

【わさび好きのためのわさび味】RTU4 2018.9.14 NU レア度:★★☆☆☆
180914Wasabizuki-Wasabi1 180914Wasabizuki-Wasabi2

安曇野産わさびを使用。ツーンとした辛さとわさびの風味がきいた、あとひく味わいです。

「○○好きのための濃厚○○味」、このパターン、ローソン限定銘柄で何度か出てきて
いますが、今度は「わさび」で来ました。

確かにその名の通り、純粋にわさびのツーンとした辛みが出ています。
変にマヨやチーズなどが混ざった感じもなく、さっぱりしていて、わたしはこれ好きです。

「○○好きのための濃厚○○味」。並べてみましたが、こうして見ると、既に結構出てましたねー。
いずれもローソン限定だったかと思います。
左から順に、2016年8月、17年6月、7月、8月、10月
160823nokonorisiho1 170614UmezukinoNokoUme1 170714NokoSourCream1 170821NokoNorishio1 171017Nikuzuki-NokoBeef1
左から、18年3月、4月、6月

180316NinnikuzukiNokoNinniku1 180412UmezukiNokoUme1 180618_Natto1

おばケチャップ味

【おばケチャップ味】RTW3 2018.8.18 NU レア度:★★★★☆
180818Obaketchup1 180818Obaketchup2

おばけがイタズラしてポテトチップスにケチャップをかけちゃたよ!
トマトのうまみがギュッとつまった甘酸っぱいケチャップの味がポテトとの相性抜群!
ハロウィン気分を盛り上げよう♪

ハロウィーンを意識した銘柄ですね。
ライフ限定で出ました。カルビーHPにも載っておらずレア度は高めです。

まさに「ケチャップ味」です。甘酸っぱいケチャップ風味がします。
フライドポテトにもケチャップを付けますし、じゃがいもとの相性は全く違和感はありません。

堅あげポテト コンソメWパンチ

【堅あげポテト  コンソメWパンチ】ELT4 2018.8.27 Y レア度:★★☆☆☆
180827KataageConsommeDoublePunch1 180827KataageConsommeDoublePunch2

堅あげポテトで楽しむ、あのコンソメWパンチの味わい!
お肉のうまみと、野菜の甘みがギュッ!とつまったコンソメWパンチ。
濃厚で食べ応えがあるあきないおいしさをお楽しみください。

これは面白い! 過去には「堅あげポテトコンソメ味」は出てるんですが、
ありそうでなかった、堅あげポテトと、コンソメパンチのコラボ。

食べてみますと、まさにコンソメパンチ!
カルビーのコンソメパンチの味そのものが、堅あげのタッチになっている!
(当たり前ですね、そういうコンセプトなんだから)
通常のコンソメパンチよりも、しっかり噛まないといけませんから、コンソメの
味が楽しめた気がします。

7& i グループ限定の発売です。

たまごマヨ味

【たまごマヨ味】RSH3 2018.9.5 NU レア度:★★☆☆☆
180905TamagoMayo1 180905TamagoMayo2

たまごにたっぷりマヨネーズを掛けた味わいを再現しました。
アクセントにピリッと黒こしょうを効かせたクセになるおいしさです。

9月はお月見のシーズン。それをイメージして発売した商品とのことです。
秋の夜長をイメージした青を背景に、たまごのデザインで全体としての月見を
表現、とカルビーHPにはあります。

開封してみると、マヨネーズの酸味の香りがしてきます。
たまご、黒胡椒はそれほど強くは感じませんでしたので、全般的にはマヨ風味
という感じです。

前にも「たまごマヨ」は出ていましたので並べてみます。
左:2016年10月、極濃で出たもの。
右:2017年11月、ツルハグループ限定で出たレアものです。
s161119gokunotamagomayo 171120TamagoMayo1

ア・ラ・ポテト じゃがバター味

【ア・ラ・ポテト じゃがバター味】QXH3 2018.9.3 NU レア度:★☆☆☆☆
180903AlapotatoJagabutter1 180903AlapotatoJagabutter2

北海道産バター100%のバターパウダー使用。
バターのコクとうまみが、じゃがいもにぴったり 風味豊かな味わい。

今年もアラポテの季節となりました。
例年通り、うすしおとじゃがバターの2種類。
今年も変わらず、おいしいです。

わたしの手元にある、アラポテじゃがバタ系の過去バージョン(04年以降)を並べてみます
2004年~08年
s040915alapotatojagabutter s050903alapotatojagabutter s060825alapotatojagabutter s070825AlapotatoJagabutter s080826AlapotatoJagaButter
2009年~13年

s090817AlapotatoJagabutter s100827AlapotatoJagabutter s111125AlapotatoJagabutter s120824AlapotatoJagaButter s130829AlapotatoJagaButter
2014年~18年

s140820AlapotatoJagabutter s150821AlapotatoJagaButter 160927alapotatojagabutter1 170906AlapotatoJagabutter1 180903AlapotatoJagabutter1

ア・ラ・ポテト うすしお味

【ア・ラ・ポテト うすしお味】QXF3 2018.8.24 NU レア度:★☆☆☆☆
180824AlapotatoUsushio1 180824AlapotatoUsushio2

しお味をほどよく効かせて、じゃがいもの風味が引き立つまろやかな味わい。

今年もアラポテの季節となりました。
味については定番of定番ですので、言及するまでもありません。
今年も絶対の安心感です。

わたしの手元にある、アラポテうす塩系の過去バージョン(2004年以降)を並べてみます。
2004年~08年
s040915alapotatousushio s050903alapotatousushio s060824alapotatousushio s070825AlapotatoUsushio s080826AlapotatoUsushio
2009年~2013年
s090819AlapotatoUsushio s100827AlapotatoUsushio s111128AlapotatoUsushio s120823AlapotatoUsushio s130823AlapotatoUsushio
2014年~2018年
s140820AlapotatoUsushio s150821AlapotatoUsushio 160926alapotatousushio1 170905AlapotatoUsushio1180824AlapotatoUsushio1

酸辣湯味

【酸辣湯味】EMC2 2018.8.24 Y レア度:★★☆☆☆
180824Sanratan1 180824Sanratan2

お酢の酸味と唐辛子の辛味、肉の旨みが組み合わさった、すっぱ辛い味わいです。

内容量45gと小ぶりサイズの銘柄です。
堅あげポテトのタイプのチップスが使われています。

酸辣湯、わたしが知る限り、今まで採りあげられたことのないフレーバー。
すっぱさと辛さが程良く同居していて、再現度合いは高いと思います。
このまえの「麻辣味」は個人的になかなかのヒットでしたが、こちらも
かなりグッドです。