「通常販売」タグアーカイブ

クランチポテト サワークリームオニオン味

【クランチポテト サワークリームオニオン味】EPK3 2020.9   NU レア度:★☆☆☆☆
2009CrunchPotatoSourcreamOnion1  2009CrunchPotatoSourcreamOnion2
サワークリームのさわやかな酸味とコクにオニオンの甘み。
隠し味にガーリックをプラスした、濃厚なおいしさです。

ソルト味と並んで、新発売から1年でリニューアルとなりました。
堅あげポテトよりも堅い食感で噛みごたえのあるチップス。
サワクリをベースにオニオンの甘みも感じられます。

2019年9月 新発売の時のもの
190919CruchPotatoSourcreamOnion1

クランチポテト ソルト味

【クランチポテト ソルト味】EPJ3 2020.9 EPJ3 NU レア度:★☆☆☆☆
2009CrunchPotatoSalt1  2009CrunchPotatoSalt2
ザクザクカットのじゃがいもを低温でじっくりフライ。
ハードな食感と、食感に合わせた濃厚な味わいが楽しめます。
シンプルなしお味に、うまみをきかせた濃厚なおいしさです。

カルビーポテチの中で最も堅い(最堅:さいかた)と謳っているクランチポテトが
リニューアルとなりました。
最初に出たのは2019年9月なので、デビューから1年というところです。

堅あげポテトよりも堅い、バリバリとした食感で食べ応えがあります。
カロリーは他のポテチよりも軽めです。

最初に出た2019年9月のもの。
190919CrunchPotatoSalt1

ビネガー

【ビネガー】SIT2 2020.8 NU レア度:★★★
2008Vinegar1   2008Vinegar2

8/24に全国で発売、とのことで、いろんなスーパーに買い物に行く都度見てましたが、なかなか見つからず。
取り扱ってる店少ないですねえ。ようやく見つけたのでレア度チョイ高にしときます。

タイトル通り、「ビネガー」つまり「酢」ですね。すっぱいポテチです。
すっぱいポテチは今までいろいろ紆余曲折ありましたね。
それゆえに、これが出てきたの見て思わず面白くなりました(笑。

今回の「ビネガー」は、辛い系ポテチ「カラビー」の姉妹ブランドとの位置づけ。
「カラビー」では、架空のカルビー社員である「辛沢シゲキ」が開発者のキャラとして使われています。
「辛さは刺激」というシャレになっており、初めて発売されたのは、あの「半沢直樹(第1シリーズ)」が放送され、
「倍返し」が流行語となった2013年の翌年、2014年でした。
半沢直樹と辛沢シゲキ。なんか似てるなぁと思ったものです(笑。実際ふたりとも金沢出身。
180326KarabeeAtsuguriHotChilli1 1404KarabeeMeishi

実際、このブームに乗って以下のような商品も出たことありますしね(笑。 (いずれも2014年1月)
s140116HihaBaigaeshi 140117SuhaBaigaeshi1

で、上記の右写真にも見られますが、酸っぱい系ポテチとしては、当時「す~ハー」というのもありましたし、カラビーの姉妹系として当時「サワービー」というのも出ていたのです(以下写真、2015年5月)。
わたしが知る限り、この単発で終わって定着はしなかったように記憶しています。
s150512Sourbee h150512Sourbee
そして、そのキャラとして、「酢好美味(すずき・みみ)」というのが居ましたが・・・。
(すずきさんどこ行っちゃったんだろう?)

今回の「ビネガー」では、辛沢の同僚として「酸芋愛(すいも・あい)」という女性社員が。名刺は特になし。
今回の「ビネガー」は、酸味系ポテチとして、「カラビー」と並び立つブランドとなりうるでしょうか。

堅あげポテト 焼きのり味

堅あげポテト 焼きのり味】EPG3 2020.9 Y レア度:★☆☆☆☆
2009KataageYakinori1 2009KataageYakinori2
焼きのり10%増量。
香ばしく炙った焼きのりの味わいを、有明海産のりを使用して風味豊かに表現しました。
ほどよい塩気と隠し味の赤唐辛子で仕上げた、堅あげポテトこだわりの焼きのり味です。

堅あげの新銘柄。シンプルに「焼きのり味」。うん間違いなく美味しそうだ。
それはそれでいいのですが、あまりのシンプルさに、ふと思いました。
「あれ、最近、堅あげポテトのレギュラー銘柄に海苔ってあったっけ。前はあったよなー」と。
調べてみると、やっぱり「うすしお」と「ブラックペッパー」の2種類だけになってたみたい(地域限定ものは除く)で、
今回のこれがレギュラー銘柄の「のり」系になればいいなと思います。
カルビー公式HPでは今回の「堅あげ焼きのり味」、終売日が空欄となっています。
レギュラー化であることを祈り、レア度1とします。

過去のレギュラー銘柄「のり味」を並べてみます。
日頃、レギュラー物はあまり買わないので抜けてる物もあるかもしれません。手元にあるものだけ。
①2017/11 ②15/7 ③12/8 ④10/8
171105KataageNorishio1 150724Kataagenori1 s120808KataageNori s100802KataageNori

ザ・ポテト オニオンペッパー味

【ザ・ポテト オニオンペッパー味】SHQ3 2020.4 NU レア度:★★☆☆☆
2004ThePotatoOnionPepper1 2004ThePotatoOnionPepper2
日本の生産者が大切に育てたじゃがいも、その味ひろがる「ザ・ポテト」。
ちょっぴり厚めのスライス、素材の味、やさしい味わい

2019/10に出てきた新レーベル「ザ・ポテト」ですが、初のリニューアルを行ったそうです。
新登場の時には「オホーツクの塩味」と「絶品スパイスソルト味」でしたが、その後者に
代わって、今回新たにラインナップ入りしたのがコレです。

玉ねぎの甘みを伴う旨味が出ていますね。そこにピリッとペッパーが効いてて良し。
この独特の食感良いですね。通常のポテチとは違うし、厚切りギザギザとも違い、
堅あげとも違います。パキッという食感。

↓今回入れ替わりで終了となる「絶品スパイスソルト味」(2019/10)
1910_ThePotatoSpiceSalt1

ザ・ポテト オホーツクの塩味

【ザ・ポテト オホーツクの塩味】SHR3 2020.4 C レア度:★★☆☆☆
2004ThePotatoOkhotskShio1 2004ThePotatoOkhotskShio2
日本の生産者が大切に育てたじゃがいも、その味ひろがる「ザ・ポテト」。
ちょっぴり厚めのスライス、素材の味、やさしい味わい

2019/10に出てきた新食感の「ザ・ポテト」ですが、今回リニューアルとなったようです。
今までのポテチに無かった、「パキッ」という食感、なかなか良いと思います。
この塩味も非常にシンプルで、通常の「うすしお」よりもサッパリ感があり、大変美味しいです。

  ↓ 最初に出た「ザ・ポテト オホーツクの塩味」です。(2019/10)
1910_ThePotatoOhotsukSalt1

 

オリーブオイルチップス ブラックペッパー味

【オリーブオイルチップス  ブラックペッパー味】RVQ3 2019.2.1 R レア度:★★★☆☆
190201Oliveoilchips-Blackpepper1  190201Oliveoilchips-Blackpepper2

香りの豊かさにこだわり、粗挽きにしたブラックペッパーがピリッとした辛味で
パンチのある味を楽しめます。

「ロックソルト味」と並んで出てきた NATURAL CALBEEの新銘柄。
ブラックペッパーが効いていてサッパリしています。

ヘルシーでとても良いと思うんですが、過去に何度か出たオリーブオイル系銘柄、
なかなか浸透・定着しないのか広がらないですね。
今回もそうですが、製造所記号「R」というのは、「R&Dセンター」、すなわち
研究開発所ということで、まだテスト的な感じなんでしょうかね。

過去のオリーブオイル系銘柄を並べてみます。製造所はすべて「R」。
上段左から ① 2007年10月 ② 2013年2月 ③ 13年10月 ④ 14年1月
s071030OliveoilSalt s130214OliveeSalt  s131018OliveeSalt s140123OliveeBasil

左から ⑤ 15年1月 ⑥ 17年12月 ⑦ 18年4月
150113OliveoilRichPepper1 171205NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper1 180410NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper1

オリーブオイルチップス ロックソルト味

【オリーブオイルチップス  ロックソルト味】RVT3 2019.2.1 R レア度:★★★☆☆
190201Oliveoilchips-Rocksalt1  190201Oliveoilchips-Rocksalt2

海水からできている天日塩と異なり、雑味が少ない大粒の塩のため、舌の上で溶けることで
マイルドですっきりとした味を楽しめます。

NATURAL CALBEE の新銘柄。オリーブオイルチップスというのが出てきました。
このコンセプト、パッケージ裏面の解説文によれば、
分厚く切った国産じゃがいもを、100%オリーブオイルでじっくりフライ。
ザクッとしたじゃがいもの噛みごたえと、さらっとしたオイル感を楽しめるポテトチップスです。
とある。

厚切りですので、しっかり噛みごたえはあります。でも、堅あげポテトほどの堅さではない。
オリーブオイルなので、油ぎってはいないのでさっぱり。
塩味でしたからシンプルな味付けで良いです。

内容量は37 g と少なめで182kcal。つまり、グラムあたりのカロリーは4.92kcal/g です。
通常、5.5 から 5.6 あたりが多いですから、1割くらい低いかな。脂質はさすがに少ない。

NATURAL CALBEE 乳酸菌チップス シーソルト味

【NATURAL CALBEE 1袋に100億個の乳酸菌チップス  シーソルト味】EMK2 2019.1.11 レア度:★★★★☆
190111NyusankinChipsSeaSalt1 190111NyusankinChipsSeaSalt2

カリッと堅い食感のチップスに乳酸菌100億個配合。じゃがいも本来の味を楽しめるシーソルト味です。

健康志向の「NATURAL CALBEE」新銘柄です。
容量は 38 g、195 kcal と軽めです。
堅あげポテトのようなチップスを使用し、シンプルな塩味です。
もちろん乳酸菌がどうとかは食べていては分かりません。

このシーソルト味と並んで、サワクリオニオン味が出ているようですが、見つかりませんでした。
カルビー公式HPの新商品情報にも出てますし、地域や販売店限定でもないのでレア度はそれほど
高くないはずですが、スーパーなどで置いているのはあんまり見ませんね。そういうわけで
地味にレア度高めの銘柄です。

ポテリッチ 濃厚バター醤油味

【ポテリッチ 濃厚バター醤油味】RTK3 2018.9.17 Y レア度:★☆☆☆☆
180917PotarichNokoButterShoyu1 180917PotarichNokoButterShoyu2

北海道バターの芳醇な香りとコクに、醤油の香ばしさをきかせた味わい。
食べごたえのある食感でじゃがいものおいしさが楽しめます。

絶品うま塩のところにも書いたのですが、レギュラー販売のポテリッチがリニューアル、
ということで買ってきました。
バター醤油のコクが美味しいですね。やはり定番だけの安定感があります。

ポテリッチのレギュラー販売銘柄は、「塩系」と、相方であるもう一銘柄となっていますが、
「相方」は、11年~14年はコンソメ系で、現在のバター醤油系になったのは15年以降です。
左から、2011年3月、12年2月、13年9月、14年9月
s110307PotarichConsommeDX s120206PotarichConsommeDX s130920PotarichConsomme s140916PotarichBeefConsomme
15年9月、16年9月、17年9月、18年9月(今回のもの)

150923PotarichNokoButterShoyu1 160922potarichnokobuttershoyu1 171004PotarichNokoButtershoyu1 180917PotarichNokoButterShoyu1

ポテリッチ 絶品うま塩味

【ポテリッチ 絶品うま塩味】RTL3 2018.9.18 NU レア度:★☆☆☆☆
180918PotarichZeppinUmashio1 180918PotarichZeppinUmashio2

フランス産岩塩を使用しうまみのきいたこだわりの塩味と食べごたえのある食感で
じゃがいものおいしさが楽しめます。

レギュラーで販売しているポテリッチがリニューアルされたようなので買ってみました。
カルビーHPにリニューアルの経緯が載っていました。従来は「お酒のつまみに合うよう」に開発されていたが、
17年にユーザーアンケートを取ったところ、「読書や映画とともに」という回答が多かったと。
そこで塩などのバランスを調整したそうです。
そんな微細な変化が分かるほどわたしの舌は肥えてはいませんが、いつも通り、安定感のある美味しさであることは
言えます。オーソドックスで美味しいですね。安心して食べられます。

過去のポテリッチ塩系銘柄。2011年から並べてみます。結構頻繁にリニューアルされています。年1ペースか?
左から、2011年3月、12年2月、13年9月、14年9月
s110309PotarichShio s120210PotarichKodawariShio s130920PotarichUmashio s140924PotarichNokoUmashio
2015年9月、16年9月、17年9月、18年9月(今回のもの)
150922PotarichZeppinUmashio1 
160926potarichzeppinumashio1 170929PotarichZeppinUmashio1 180918PotarichZeppinUmashio1

NATURAL Calbee オリーブオイルチップス ブラックペッパー味

【NATURAL Calbee オリーブオイルチップス ブラックペッパー味】RQE3 2018.4.10 R レア度:★☆☆☆☆
180410NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper1 180410NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper2

厚切りのじゃがいもをオリーブオイル100%でフライ。
ザクッとした食感と、素材の風味がおいしいポテトチップスです。

NATURAL Calbeeの新銘柄です。といっても、これは2017年12月ごろに、おそらく
イオン限定で出ていたもの。それが今回全国発売になったようです。
使用されているチップスは、通常チップスが少し分厚くなった形です。堅あげでもなく、
ギザギザでもない。少し噛みごたえがあるタイプです。
製造所記号が「R」ですので、「R&Dセンター」、つまり「研究開発本部」。
まだ研究段階の商品なのでしょうか。ブラックペッパーが効いています。

2017年12月に出ていたのが左。右は今回のもの。
171205NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper1 180410NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper1

 

カラビー 厚切りホットチリ味

【カラビー 厚切りホットチリ味】QNZ2 2018.3.26 Y レア度:★☆☆☆☆
180326KarabeeAtsuguriHotChilli1 180326KarabeeAtsuguriHotChilli2

おー、久しぶりに見ましたね~「カラビー」。
2014年の春ごろ、当初は中国四国九州限定で発売された新レーベルだったと記憶しています。
その後全国にも展開されていきましたが、ここしばらくは見てませんでした。

パッケージに描かれているキャラクタは、架空のカルビー社員「辛沢シゲキ」で、彼が
辛いスナックを開発してプロデュースするという設定で。
「辛沢シゲキ」の座右の銘は「辛さは刺激」。それと掛けたダジャレですね(笑。
14年の発売当時は、「半沢直樹」のドラマが流行した後で、それをモチーフにしたキャラだなあ
と思った記憶があります。(ちなみに、ドラマ「半沢直樹」の放映は2013/7~9でした)

一番最初は通常チップスのタイプで出ていましたが、その後、今回のような厚切りギザギザタイプが
出てきたという流れでした。
確かに結構辛いので、ザクザクとした食感の厚切りのほうが合っていると思います。

2014年当時採りあげたページは以下から見られます。
http://potachimuseum.com/2014/05/02/karabeehotchili/

ぽいっと!ナッツソルト味

【ぽいっと!ナッツソルト味】EKW3 2018.3.16 Y レア度:★☆☆☆☆
180316PoittoNutsSalt1 180316PoittoNutsSalt2

香ばしいナッツの風味とコクが特徴の深みのあるまろやかな塩味です。

昨年(2017)10月ごろ出てきた新銘柄「ぽいっと!」のナッツソルトが
早くもリニューアルしてきました。

堅あげポテトのような形状ですが、ひとまわり小さなサイズとなっています。
これ自体も40gと小ぶりなサイズです。

味自体は変わっていません。さっぱりとした塩味にほんのりナッツ風味。
カルビーHPによると、期間限定でもないようなので通常発売ととらえ
レア度1としています。

↓リニューアル前のもの(2017/9)。
170916PoittoNutssalt1