タグ別アーカイブ: 通常販売

ポテリッチ 濃厚バター醤油味

【ポテリッチ 濃厚バター醤油味】RTK3 2018.9.17 Y レア度:★☆☆☆☆
180917PotarichNokoButterShoyu1 180917PotarichNokoButterShoyu2

北海道バターの芳醇な香りとコクに、醤油の香ばしさをきかせた味わい。
食べごたえのある食感でじゃがいものおいしさが楽しめます。

絶品うま塩のところにも書いたのですが、レギュラー販売のポテリッチがリニューアル、
ということで買ってきました。
バター醤油のコクが美味しいですね。やはり定番だけの安定感があります。

ポテリッチのレギュラー販売銘柄は、「塩系」と、相方であるもう一銘柄となっていますが、
「相方」は、11年~14年はコンソメ系で、現在のバター醤油系になったのは15年以降です。
左から、2011年3月、12年2月、13年9月、14年9月
s110307PotarichConsommeDX s120206PotarichConsommeDX s130920PotarichConsomme s140916PotarichBeefConsomme
15年9月、16年9月、17年9月、18年9月(今回のもの)

150923PotarichNokoButterShoyu1 160922potarichnokobuttershoyu1 171004PotarichNokoButtershoyu1 180917PotarichNokoButterShoyu1

ポテリッチ 絶品うま塩味

【ポテリッチ 絶品うま塩味】RTL3 2018.9.18 NU レア度:★☆☆☆☆
180918PotarichZeppinUmashio1 180918PotarichZeppinUmashio2

フランス産岩塩を使用しうまみのきいたこだわりの塩味と食べごたえのある食感で
じゃがいものおいしさが楽しめます。

レギュラーで販売しているポテリッチがリニューアルされたようなので買ってみました。
カルビーHPにリニューアルの経緯が載っていました。従来は「お酒のつまみに合うよう」に開発されていたが、
17年にユーザーアンケートを取ったところ、「読書や映画とともに」という回答が多かったと。
そこで塩などのバランスを調整したそうです。
そんな微細な変化が分かるほどわたしの舌は肥えてはいませんが、いつも通り、安定感のある美味しさであることは
言えます。オーソドックスで美味しいですね。安心して食べられます。

過去のポテリッチ塩系銘柄。2011年から並べてみます。結構頻繁にリニューアルされています。年1ペースか?
左から、2011年3月、12年2月、13年9月、14年9月
s110309PotarichShio s120210PotarichKodawariShio s130920PotarichUmashio s140924PotarichNokoUmashio
2015年9月、16年9月、17年9月、18年9月(今回のもの)
150922PotarichZeppinUmashio1 
160926potarichzeppinumashio1 170929PotarichZeppinUmashio1 180918PotarichZeppinUmashio1

NATURAL Calbee オリーブオイルチップス ブラックペッパー味

【NATURAL Calbee オリーブオイルチップス ブラックペッパー味】RQE3 2018.4.10 R レア度:★☆☆☆☆
180410NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper1 180410NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper2

厚切りのじゃがいもをオリーブオイル100%でフライ。
ザクッとした食感と、素材の風味がおいしいポテトチップスです。

NATURAL Calbeeの新銘柄です。といっても、これは2017年12月ごろに、おそらく
イオン限定で出ていたもの。それが今回全国発売になったようです。
使用されているチップスは、通常チップスが少し分厚くなった形です。堅あげでもなく、
ギザギザでもない。少し噛みごたえがあるタイプです。
製造所記号が「R」ですので、「R&Dセンター」、つまり「研究開発本部」。
まだ研究段階の商品なのでしょうか。ブラックペッパーが効いています。

2017年12月に出ていたのが左。右は今回のもの。
171205NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper1 180410NaturalCalbeeOliveoilBlackPepper1

 

カラビー 厚切りホットチリ味

【カラビー 厚切りホットチリ味】QNZ2 2018.3.26 Y レア度:★☆☆☆☆
180326KarabeeAtsuguriHotChilli1 180326KarabeeAtsuguriHotChilli2

おー、久しぶりに見ましたね~「カラビー」。
2014年の春ごろ、当初は中国四国九州限定で発売された新レーベルだったと記憶しています。
その後全国にも展開されていきましたが、ここしばらくは見てませんでした。

パッケージに描かれているキャラクタは、架空のカルビー社員「辛沢シゲキ」で、彼が
辛いスナックを開発してプロデュースするという設定で。
「辛沢シゲキ」の座右の銘は「辛さは刺激」。それと掛けたダジャレですね(笑。
14年の発売当時は、「半沢直樹」のドラマが流行した後で、それをモチーフにしたキャラだなあ
と思った記憶があります。(ちなみに、ドラマ「半沢直樹」の放映は2013/7~9でした)

一番最初は通常チップスのタイプで出ていましたが、その後、今回のような厚切りギザギザタイプが
出てきたという流れでした。
確かに結構辛いので、ザクザクとした食感の厚切りのほうが合っていると思います。

2014年当時採りあげたページは以下から見られます。
http://potachimuseum.com/2014/05/02/karabeehotchili/

Natural Calbeeポテトチップス ローストチキン味

【Natural Calbeeポテトチップス  ローストチキン味】RPX2 2018.3.28 b レア度:★★☆☆☆
180328NaturalCalbeeRoastChicken1 180328NaturalCalbeeRoastChicken2

「油分25%カット」を謳った、Natural Calbeeポテトチップスの新銘柄です。

通常タイプのチップスを使用しています。
チキンの風味は良く出ていました。
40 g と小ぶりですので、軽めです。

ぽいっと!ナッツソルト味

【ぽいっと!ナッツソルト味】EKW3 2018.3.16 Y レア度:★☆☆☆☆
180316PoittoNutsSalt1 180316PoittoNutsSalt2

香ばしいナッツの風味とコクが特徴の深みのあるまろやかな塩味です。

昨年(2017)10月ごろ出てきた新銘柄「ぽいっと!」のナッツソルトが
早くもリニューアルしてきました。

堅あげポテトのような形状ですが、ひとまわり小さなサイズとなっています。
これ自体も40gと小ぶりなサイズです。

味自体は変わっていません。さっぱりとした塩味にほんのりナッツ風味。
カルビーHPによると、期間限定でもないようなので通常発売ととらえ
レア度1としています。

↓リニューアル前のもの(2017/9)。
170916PoittoNutssalt1

堅あげポテト うすしお味他

【堅あげポテト うすしお味】   EJM3 2017.10.24 C レア度:★☆☆☆☆
【堅あげポテト ブラックペッパー】ECN3 2017.10.24 M レア度:★☆☆☆☆
【堅あげポテト のり味】     EGC3 2017.11. 5 Y レア度:★☆☆☆☆
171024KataageUsushio1 171024KataageBlackPepper1 171105KataageNorishio1
(うすしお)厚切りじゃがいもをゆっくり丁寧にフライしました。堅い食感で噛むほどに
じゃがいもの味わいが楽しめるポテトチップスです。
(ブラック)粗挽きブラックペッパーのピリッとしたうまさと食欲をそそる贅沢な香りが、
「堅あげポテト」の魅力を引き立てます。
(のり味)豊かな香り広がる青のりと、噛むほどに香ばしい旨みの焼きのりが、「堅あげポテト」
の魅力を引き立てます。

堅あげポテトのレギュラー銘柄がリニューアルされてきたので買ってみました。
5年ぶりのリニューアルとのこと。今回はやたらとメタリックな感じのデザイン。カッコいいです。

カルビーHPによると、一般社団法人日本記念日協会の認定を受け、11/8を「堅あげポテトの日」に
制定したそうです。最初の発売が1993年11月8日だったことにちなんでいます。
93年かあ。平成5年。93年と言えば。
「1993~、恋をした~、Oh 君に夢中~♪」って曲が頭に流れてきた(笑。
懐かしいなぁ~ (-.-)y-~~~

ポテリッチ 絶品うま塩味

【ポテリッチ 絶品うま塩味】2017.9.29 NU レア度:★☆☆☆☆
170929PotarichZeppinUmashio1 170929PotarichZeppinUmashio2

フランス産岩塩を使用した、ひと味違うこだわりの塩味です。
旨みを効かせて味に深みを出し、岩塩のおいしさを引き立てました。
さらに白ワインの風味で香り良く仕上げた、他にはない濃厚で絶品なおいしさです。

「ギザギザ」に続いて、ポテリッチのレギュラー銘柄もリニューアルされてきたので
買ってみました。
シンプルな塩味とザクザクとした食感、美味しいですね。安心して楽しめます。

 

過去分を振り返ってみて気づきましたが、けっこう頻繁にリニューアルしてました。
このところは毎年やってたようです。わたしの手元には毎年9月のものがありました。
左から13年9月、14年9月、15年9月、16年9月、17年9月(今回のもの)
s130920PotarichUmashio s140924PotarichNokoUmashio 150922PotarichZeppinUmashio1 160926potarichzeppinumashio1 170929PotarichZeppinUmashio1

 

ぽいっと!ナッツソルト味

【ぽいっと!ナッツソルト味】EJQ3 2017.9.16 Y レア度:★☆☆☆☆
170916PoittoNutssalt1 170916PoittoNutssalt2
香ばしいナッツの風味とコクが特徴の深みあるまろやかな塩味です。

なにやら「プラズマ乳酸菌を1,000億個配合」というポテチです。
難しいことは分かりませんが、ヘルシー志向の銘柄のようです。

使用されているチップスは、堅あげポテトのスタイルで、一枚一枚は
通常の堅あげよりも一回り小さい。女性の平均的な口のサイズに合わせて
いるとのこと。容量も40gと少な目で、204kcal とあります。
パッケージ上部の真ん中に穴が開いていますが、おつまみコーナーなどで
ぶら下げて売る形式ですからパッケージ自体も小ぶり。

サッパリとした塩味で、ナッツの風味がほんのりとします。
ただ価格的には150円前後ですので、若干割高感があるのが残念。
カルビーHPを見ると、「終売日」が載っていないので通常銘柄と見てレア度1としました。

ギザギザ コク深いチキンコンソメ

【ギザギザ コク深いチキンコンソメ味】RKZ3 2017.8.30 Y レア度:★☆☆☆☆
170830GizagizaChickenConsomme1 170830GizagizaChickenConsomme2

厚切りにあわせた特製ブレンドのチキンコンソメ使用
深いコクと旨味のある味わいをお届けします。
1枚ずつ、ゆっくり、じっくりお楽しみください!

「味わいしお味」とあわせて、「ギザギザ チキンコンソメ」がリニューアルされたので
買ってみました。
今回は「白菜エキスで野菜らしいあまみ、香り・風味UP」とのこと。
こちらも王道で美味しいです。
h170830GizagizaChickenConsomme1

 

過去のギザギザコンソメ系を並べてみました。
2010年以降のもの。

  左から、10年1月、12年3月、13年1月、15年1月、15年11月、今回のもの
s100128GizagizaChickenConsomme s120301GizagizaChickenConsomme s130124GizagizaChickenConsomme
s150129GizagizaChickenConsomme s151116Gizagiza-ChickenConsomme 170830GizagizaChickenConsomme1

ギザギザ 味わいしお味

【ギザギザ 味わいしお味】RKY3 2017.9.8 NU レア度:★☆☆☆☆
170908GizagizaAjiwaiShio1 170908GizagizaAjiwaiShio2

厚切りにあわせた特製ブレンドの塩使用 旨み広がる、味わい深い塩味をお届けします。
1枚ずつ、ゆっくり、じっくりお楽しみください!

レギュラー銘柄である「ギザギザ味わいしお」がリニューアルされたので
買ってみました。
今回は「ホタテエキスでおいしさUP」とのこと。オーソドックスに美味しいです。
h170908GizagizaAjiwaiShio1

 

過去のギザギザしお系を並べてみました。2010年以降のものだけですが、
けっこう変わっていってますね。

左から、10年1月、10年11月、12年2月、13年1月、15年1月、15年11月、今回のもの
s100126GizagizaYakishio s101111GizagizaAjiwaishio s120228GizagizaAjiwaiShio s130118GizagizaAjiwaishio
s150126GizagizaAjiwaishio 151127Gizagiza-Usushio1 170908GizagizaAjiwaiShio1

ア・ラ・ポテト じゃがバター味

【ア・ラ・ポテト じゃがバター味】QXH3 2017.9.6 NU レア度:★☆☆☆☆
170906AlapotatoJagabutter1 170906AlapotatoJagabutter2
2017年秋収穫の北海道産じゃがいものおいしさをじっくりと味わう“期間限定”
厚切りポテトチップス 北海道産バター100%のバターパウダー使用。
バターのコクとうまみがじゃがいもにぴったり、風味豊かな味わい。

今年もアラポテトの季節になりました。例年通り「アラポテじゃがバタ」、
美味しくいただきました。

今年はパッケージに隠し文字?なんかが仕込まれているそうです。
ちょっとした遊び心ですね。
h170905AlapotatoUsushio1
左上の北海道の地図の中にある建物、
ALA  POTATO
の文字がデザインの中に隠されています。

 

 

 

わたしの手元にある過去のアラポテじゃがバタを振り返ってみます。
2004年~08年
s040915alapotatojagabutter s050903alapotatojagabutter s060825alapotatojagabutter s070825AlapotatoJagabutter s080826AlapotatoJagaButter
2009年~13年
s090817AlapotatoJagabutter s100827AlapotatoJagabutter s110901AlapotatoJagaButter s120824AlapotatoJagaButter s130829AlapotatoJagaButter
2014年~17年(今年版)
s140820AlapotatoJagabutter s150821AlapotatoJagaButter 160927alapotatojagabutter1 170906AlapotatoJagabutter1

ア・ラ・ポテト うすしお味

【ア・ラ・ポテト うすしお味】QXF3 2017.9.5 NU レア度:★☆☆☆☆
170905AlapotatoUsushio1 170905AlapotatoUsushio2
2017年秋収穫の北海道産じゃがいものおいしさをじっくりと味わう“期間限定”
厚切りポテトチップス 
しお味をほどよく効かせて、じゃがいもの風味が引き立つまろやかな味わい

今年もアラポテの季節となりました。
この定番銘柄は絶対の安心感があります。
今年も「うすしお」非常においしくいただきました。

 

わたしの手元にある、「アラポテうすしお系」の変遷を並べてみます。
2004年~08年
s040915alapotatousushio s050903alapotatousushio s060824alapotatousushio s070825AlapotatoUsushio s080826AlapotatoUsushio
2009年~13年

s090819AlapotatoUsushio s100827AlapotatoUsushio s110901AlapotatoUsushio s120823AlapotatoUsushio s130823AlapotatoUsushio
2014年~17年(今年)

s140820AlapotatoUsushio 150821AlapotatoUsushio1 160926alapotatousushio1 170905AlapotatoUsushio1

2013年のパッケージに「25th」とありますから、1988年登場ということですね。
来年2018年は30周年となるようです。

 

Natural Calbeeハードチップス シーソルト味

【Natural Calbeeハードチップス  シーソルト味】EJB2 2017.8.17 NU レア度:★☆☆☆☆
170817NaturalCalbeeHardSeasalt1 170817NaturalCalbeeHardSeasalt2

「Natural Calbeeハードチップス」のもう一銘柄がこれです。

オーソドックスな塩味で、堅あげポテトうすしおという食感。美味しかったです。

他の3銘柄もそうですが、
・国内生産農家のじゃがいも使用
・着色料フリー
・油分25%カット
というのがポイントのようです。

カルビーHPによると、この Natural Calbee は終売日が出ておりませんので、
レギュラー銘柄になるのかなということで、レア度は1としました。
地域によって販売開始日が若干異なります。

Natural Calbeeハードチップス ベイクドオニオン味

【Natural Calbeeハードチップス  ベイクドオニオン味】EJA2 2017.8.18 NU レア度:★☆☆☆☆
170818NaturalCalbeeHardBakedOnion1 170818NaturalCalbeeHardBakedOnion2

新しいシリーズとして、「Natural Calbee」というのが出てきました。
今回は4銘柄が同時にリリースされていますが、2つが「ポテトチップス」、
別の2つが「ハードチップス」となっています。

「Natural Calbeeハードチップス」の説明は、パッケージ裏面に以下のように載っています。

贅沢に厚切りしたじゃがいもを伝統的な釜揚げ製法でフライ。カリッとした堅い食感で
噛みしめるほど素材のおいしさを味わえるポテトチップスです。

食べてみますと、食感は「堅あげポテト」です。それの油分をカットした軽いバージョン。
確かに商品コードを見ても、「E」で始まる堅あげポテト系統のコードとなっていますね。

この「ベイクドオニオン味」は確かに、焦がしたオニオンの感じが良く出ていました。
良く再現されています。