「期間限定」タグアーカイブ

Deepo サワークリーム

【Deepo サワークリーム】 QTN3  2015.1.28  b  レア度:★★☆☆☆
150128DeepoSourCream      150128DeepoSourCream2
さわやかなサワークリームの酸味と濃厚なチーズのコク深い味わいをお楽しみください。

Deepo の新味が出ました。鮮やかな緑のパッケージでサワークリームです。
Deepoの緑は「のりしお」で来るだろうと思っていたのですが、見事に外れました(笑。
今まで出てきたサワークリームものと比較して風味はあまり強くないのでさっぱりしていて食べやすいと思いました。

今回からデザインが変更となり、通常販売のロックソルトも変わりました。
以下がDeepoロックソルトの新旧比較です。
左が2014年2月のもの(QMO3)、右が今回のリニューアル後のもの(QTO3)です。
s140220DeepoRockSalt      s150128DeepoRockSalt
パッケージデザインとして、ギザギザが縦から横に変わったのもありますが、良く見てみると、
「Deepo」 の文字も、筆記体チックなものから、そうでない感じに変わっています。

 

 

カラビー厚切りWホットチリ味

【カラビー厚切りWホットチリ味】 QUE2 2015.1.27 b レア度:★★★☆☆
150127KarabeeWhotchilli         150127KarabeeWhotchilli2
カラビーファンのみなさま、辛沢シゲキです。もっと辛いカラビーが食べたいというお客様のご要望にお応えして、
食べごたえのある辛さを味わえる辛さ2倍「厚切りWホットチリ味」を発売します。みなさま、どうぞお楽しみください。

カラビーの新銘柄です。
中国・四国・九州では通年販売、その他地域では期間限定、という変則の販売形態です。

期間限定とはいえ、全国の販売ということなので、販売開始後、すぐ入手できると思っていた
のですが、意外と見つかりませんでした。

辛さ2倍、ということですが、辛さをテーマとした銘柄なので、個人的にはこのくらいの辛さが
ちょうどいいと思います。

ほたてマヨ味

【ほたてマヨ味】  QTP5  2015.1.26 NU  レア度:★★★★★
150126HOtateMayo   150126HOtateMayo2

ほたてのうまみとマヨネーズのコクがマッチした、大人も子供も楽しめる味を生協限定でお届けします。

これもなかなかのレアものかと思います。
ちょっとこれはハードル高かったです Orz   が、なんとかゲットできました!

h150126HotateMayo生協限定という銘柄なのですが、しかも一部生協のみということで、
取扱先がかなり少ないようです。
となると、やはりマニア的には、燃えて(≒萌えて)しまいますので、けっこう、捜索しました(笑。

コープデリとの共同開発だそうですが、コープ会員の主婦も開発に参加する、という非常に面白い
開発プロセスを経ています。
その主婦たちの意見などを踏まえて、「大人も子供も楽しめる味」というコンセプトになったようです。
そのプロセスの詳細はこんなページがありました。↓
http://www.coopdeli.jp/lifevoice/125/

パッケージ表面の写真の通り、ギザギザのチップスを使用しています。
ほたての風味がしっかり出ており、またマヨネーズがそれほど強くないので食べやすい銘柄でした。
ずばり美味しいです。
120gの大きなサイズですが、前に採りあげた、ヤオコー限定の明太子マヨネーズとは、パッケージの
形が異なり、やや縦長のものとなっています。

 

明太子マヨネーズ味

【明太子マヨネーズ味】 QRS5 2015.1.22 Y   レア度:★★★★☆
150122MentaikoMayonnaise    150122MentaikoMayonnaise2

ぴりっと効いた辛子明太子とマヨネーズのまろやかなコク

h150122MentaikoMayonnaise

埼玉を中心に、関東地域に展開するスーパー「ヤオコー」の限定です。
もちろん、カルビーHP非掲載なので、レア度高めです。

昨年秋にも、ヤオコー限定ものとして「ゆずこしょう味」(QRT5)が出ていましたが、
それと同様、「大型サイズ」「厚切りのギザギザタイプ」という点で共通です。
(容量は121g)

辛子明太子のピリ辛感、マヨネーズ風味、しっかり感じられて、なかなか良いです。

堅あげポテト匠味 柚子ぽんず味

【堅あげポテト匠味 柚子ぽんず味】 EFN4 2015.1.22 b レア度:★★☆☆☆
150122KataageYuzuPonzu     150122KataageYuzuPonzu2

柚子の爽やかな香りと、だしがきいたまろやかなぽんずの味わいが、堅あげポテトのおいしさをさらに引き立てます。

堅あげ匠味の新銘柄が出ました。

「匠味」は、2013年3月に第一号銘柄が出ましたが、その第一号は、「塩ぽんず味」(EDP4)でした。
s130313KataageShioPonzuそれの説明文には、
ゆずのさわやかな香りと酸味、かつおとこんぶのだしの旨みが広がる「塩ぽんず」の味わいが、堅あげポテトで楽しめます。
とありましたので、基本コンセプトは共通と思われますが、今回のほうが「柚子」のタッチが強いのでしょうか。
いかんせん2年前のものなので、あいにく舌が覚えておりません(笑。
今回の柚子は、「高知県馬路村産のゆず皮」となっています。

説明文の通り、柚子、ぽん酢の香りがし、さっぱりした感じで食べやすかったなと思いました。

厚切りあじわいバター味

【厚切り あじわいバター味】 QTR3 2015.1.21 b レア度:★★☆☆☆
150121AjiwaiButter1    150121AjiwaiButter2

バターのコクと香りを、はちみつのやさしい甘さで引き立たせた風味豊かな味わいです。

先日出たギザギザふんわりバターと同様、ギザギザ系・バター系です。
ただ、この銘柄ははちみつが使用されており、ほんのり甘いです。

 

牛たんしお味

【牛たんしお味】 QSW3  2015.1.19  b レア度:★★☆☆☆
150119Gyutanshio1    150119Gyutanshio2
喜助監修!炭火で焼いた「牛たんしお」の味を一緒に作りました。

「2015h150119Gyutanshio1年冬のお国自慢まつり」の1銘柄として出ました。
この企画は6銘柄となっていますが、その中で唯一の「初登場」銘柄です。
h150119Gyutanshio2

仙台の牛たん専門店「喜助」とのコラボになっています。

味としては、少し甘いタッチで、確かに「ビーフ」の感じは出て
いますが、どことなく、「グリルビーフ」のような感じを受けました。

喜助の分厚い牛たんの食感を活かすために厚切りチップス
のほうが良かったかもしれません。

山わさびしょうゆ味

【山わさびしょうゆ味】 QSY3 2015.1.16 b レア度:★★☆☆☆
150116Yamawasabishoyu1    150116Yamawasabishoyu2

このツン辛、クセになるっしょ! 北海道産の「山わさび」と相性抜群な魚醤の風味をポテトチップスにしました。
ツンとくるけど旨味のある、あきのこないおいしさをお楽しみください。

「牛たんしお」と並び、「冬のお国自慢まつり」の一銘柄として出ました。
カルビーHPによれば、
過去に北海道エリアで限定発売した際、大変ご好評をいただき、今回満を持して復活」とのことです。
s140411YamawasabiShoyu
← これは、北海道エリア限定ではありませんでしたが、
「おいしさぶらり旅」シリーズとして発売された「山わさびしょうゆ味」です。
(2014年4月、QOI3)
その時の説明文は以下です。
北海道産の「蝦夷山わさび」と相性抜群な魚醤の風味をポテトチップスにしました。
ツンとくるけど旨みのある、あきのこないおいしさをお楽しみください。

というわけで、基本コンセプトは同じです。「山わさび」と「魚醤」です。
今回のものも、けっこう舌がしびれる感じがなかなか良いです。

「山わさび」をテーマにしたものについて、過去をさかのぼったら、こんなのがありました。
s081031YamaWasabi
← 「じゃがいもにこだわったポテトチップス 山わさび味」
(2008年10月、PHT3)

生産者限定銘柄で、これと「うすしお味」が同時に出ていました。

ギザギザ ふんわりバター味

【ギザギザ ふんわりバター味】 QTA3 2015.1.14 b レア度:★★☆☆☆
150114GizagizaFunwaributter1    150114GizagizaFunwaributter2

ふんわりバターの香りと、ほんのりとした甘さがクセになるおいしさです。

パッケージ表面にも「ほんのり甘い」と書いてありますが、か~なり甘いです(汗。
開封すると、すごい甘い香りがのぼってきます。
最初のほうは一瞬「おさつスナックか!?」というくらいの甘さが前面に出ていましたが、
バターは後のほうから来ました。

 

ポテリッチデラックス 濃厚うにクリーム味

【ポテリッチデラックス 濃厚うにクリーム味】 QTG4 2015.1.7 S レア度:★★☆☆☆
150107PotarichNokoUnicream1    150107PotarichNokoUnicream2

味わいをギュッととじこめた、濃厚なウニ味ソースをトッピング!
磯の香り豊かで、深みのあるクリーミーなおいしさに仕上げました。

ポテリッチに「DELUXE」版が出ました。
カルビーHPによると、「素材・味にこだわったワンランク上の新商品」
とされています。

s110518PotarichSourCream

ポテリッチでは、かつて「SPECIAL」が出たことがありますが、
左のものがそれです。

ただし、この時の「スペシャル」というのは、高級とかワンランク上と
いう理由ではなく、「メルトトッピング」という、製法が“スペシャル”
だったためです。

← ポテリッチスペシャル 濃厚サワークリーム味
(2011年5月、PWA3)

 

また、ポテチには珍しい「うに」を取り上げたものでは、過去に以下のものが出ています。

s130226GizagizaUniNoriShoyu

← ポテトチップスギザギザリッチ うにのり醤油味
(2013年2月、QGZ3)

当時、カルビーHP非掲載で、一部のコンビニ限定だった
のではないかと思われます。
一度、店頭でたまたま見つけて購入しましたが、それ以来は
見ませんでした。
まさに一期一会的(笑)銘柄です。

鰹節のり味

【鰹節のり味】 QTJ3 2015.1.9 Y レア度:★★☆☆☆
150109KatsuobushiNori1    150109KatsuobushiNori2

香ばしい鰹節の香りと2種類ののりの風味と旨み

なんとなくありそうでなかったネーミングの銘柄です。
開封すると、かつお節の香ばしい風味が鼻をつき食欲をそそります。
のりのテイストは鰹節にかき消されている感が若干しますが、でも、このような
シンプルなものはなかなか好きです。美味しいです。

「かつお」系の過去銘柄を探ってみました。いろいろありますね。
それだけマッチしやすい素材なのかと思います。
s060210umekatsuo s071120UmeKatsuo s110714KatsuoDashi
s120116KishuKatsuoUme s131102KagoshimaKatsuoDashi s130801GizagizaUmeKatsuo
s140922Katsuodashi
上段左: 梅かつお味(06年2月、DPR3)  上段中:デリシャスポテト 梅かつお味(07年11月、DXY2)
上段右: かつおだし(11年7月、PUC3、静岡限定)
中段左: 紀州かつお梅(12年1月、PWQ2)  中段中:鹿児島かつおだし味(13年11月、QJF3、九州限定)
中段右: ギザギザリッチ梅かつお味(13年8月、QIW3)
下段  : かつおだし味(14年9月、QRP3、東海地区マックスバリュ限定)

ダブル博多めんたいこ味

【ダブル博多めんたいこ味】 QUW3 2015.1.8 b レア度:★★★☆☆
150108DoubleHakataMentaiko1    150108DoubleHakataMentaiko2

辛子明太子パウダー中のかねふく明太子を2倍使用しました。
濃厚ピリ辛で奥深い味わいを存分にお楽しみください。

説明文を読んで、なるほど、と思いました。
明太子パウダーが2倍、ではなく、その中のかねふく明太子が2倍と。
これは贅沢です(笑。
確かに、めんたいこ風味は良く感じられ、ピリ辛な感じがなかなか良いです。

h150108DoubleHakataMentaiko

 

← パッケージ裏面では、
「九州地区で発売されている「博多めんたいこ味」の
辛子明太子風味2倍のおいしさ」
とされています。

 

ちなみに、その「九州地区で発売されている博多めんたいこ味」は以下です。(左は旧バージョン)
s120117HakataMentaiko   s130405HakataMentaiko
※いずれも九州限定。左は2012年1月のPYE2、
 右は13年4月(現行版)のQHM2 です。前は「めんたいこ」が漢字でした。
 いずれも、かねふくの明太子の写真が載っています。

今までに、「めんたいこ」は、かなりポテチの題材として採りあげられてきていますが、
「かねふく明太子ポテチ」というのが過去に出たことがあります。
s051111kanefukumentaiko

 

 ← 05年11月の 「かねふく明太子ポテトチップス」
(DPT2)

ダブルガーリック味

【ダブルガーリック味】 QUV3 2015.1.8 C レア度:★★★☆☆
150108DoubleGarlic1    150108DoubleGarlic2

ガーリックパウダーを2倍使用し、がっつり濃厚な味わいに仕上げました。香ばしく濃厚で食べ応えのあるおいしさを
存分にお楽しみください。

「ダブル博多めんたいこ味」と合わせて、ファミマ限定で発売となりました。
かつて販売された「ガーリック味」のガーリック風味2倍とのことです。
パッケージの表にも裏にもニンニクの絵が散りばめられたデザインです。

s130410Garlic
← 過去発売されたものとはこれです。
(「ガーリック」2013年4月、QGR3)

しかし、今回の「ダブルガーリック」は、覚悟して臨んだものの、
かなり破壊力がありました Orz…
強烈なニンニクの香りと味(汗・・・。

誰かと会う予定がある時には絶対に食してはなりません(笑。

濃く味 アンチョビバター味

【濃く味 アンチョビバター味】 QTI3 2015.1.7 b レア度:★★☆☆☆
150107KokumiAnchovyButter1    150107KokumiAnchovyButter2

アンチョビと芳醇なバターの味わいが絶妙にマッチした、風味豊かで後引くおいしさです。
濃厚でコク深い味わいをお楽しみください。

14年12月に「濃厚明太クリーム味」が出たのは記憶に新しいですが、「濃く味シリーズ」の新味が
出てきました。
アンチョビというものをそもそもあまり食することがないので良くわかりませんが、魚系の感じは
良く出ています(
当たり前か(-_-;)。 好みがはっきり分かれそうな味です。
バターも強く、このシリーズの特徴である、味の濃さから、どうしてもビールが傍らに欠かせない
と個人的には思います。

過去のアンチョビ銘柄を、当博物館の所蔵品から探ってみました。意外と少なく、2種類でした。
s061111anchobigarlic   s131022OtonaPizzapotatoAnchobi  s140916Otonapizzapotato4cheese

左は、懐かしの「パリパリバリエーション」シリーズ、「アンチョビ&ガーリック」です。
(2006年11月、DTB2)
真ん中と右は、「おとなのピザポテト4種のチーズ~アンチョビ仕立て」です。
※真ん中は九州地区限定発売だったころのもの(2013年10月、QKM3)
 右は、全国販売になった後のもの(2014年9月、QQP3)

「おとなピザポテト」は、あくまで「アンチョビ仕立て」ということでメインではないので、そういう意味では、
「アンチョビ」をメインに打ち出した銘柄は、私が知る限り、かなり久しぶりということになります。

 

堅あげポテト 梅味

【堅あげポテト 梅味】 EEF3 2015.1.7 b レア度:★★☆☆☆
150107KataageUme1    150107KataageUme2

梅の香りとほどよい酸味に、風味豊かなかつお節の旨みが後引くおいしさ!
和歌山県産梅100%(梅肉パウダー)を使用した”カリッとすっぱい!”堅あげポテトです。

ちょうど昨年(2014年)の今ごろに出ていた、堅あげポテト梅味 が今年も出てきました。
基本的には、「和歌山県の梅と、かつお節を使っている」点で、昨年を踏襲しています。

s140107kataageume1

← 2014年の堅あげポテト梅味です。(2014年1月、EEF3)

昨年版では左肩が白く三角になっており、「期間限定」とありましたが今年はありません。
また、「梅味」のフォントが変わっていたり、デザインも一部変更されています。

上下の帯部分に、堅いあげポテトの場合は、通常印刷されている
「TRADITIONAL POTATO CHIPS」の印字が今回はなくなっています。