「期間限定」タグアーカイブ

ピザポテト ダイナマイトにんにくビーム!

【ピザポテト ダイナマイトにんにくビーム!】SKT4 2020.7 NU レア度:★★☆☆☆
2007PizzapotatoDinamiteNinniku1   2007PizzapotatoDinamiteNinniku2

強烈に効かせた”にんにく”の風味と香ばしさを堪能できるピザをイメージした味わい!
ダイナマイト級のおいしさをお楽しみください!!

タイトル通りです。開封すると同時に強烈なにんにくの香りが。
もちろんいつものピザポテのようにチーズもしっかり主張しています。
ビッグサイズであることもありインパクトは大です。

ピザポテでにんにくを強く効かせたものとして、こんなのが出たことがありました。
2016年6月「ガーリックボンバー」。この時は通常サイズ。

160623Pizzapotato-GarlicBomber1

花椒味

【花椒味】SKC3 2020.7 NU レア度:★★☆☆☆
2007Huajiao1 2007Huajiao2

花椒のピリッと痺れる辛さにレッドペッパーのジワッと口に広がる辛さをブレンド。
辛さと旨みが絶妙なバランスでやみつきになるおいしさ!

花椒・・・ホアジャオと読むそうです。
辛い四川料理に欠かせないスパイスだそうです。
これにレッドペッパーも入っていますから、そりゃ辛いです。

ギザギザタイプのチップスで、けっこうオレンジ色がかっています。
かなり痺れる感じでした。旨味はありますので、ビールのお供に。ファミマ限定。

1年ほど前にも「花椒味」は出たことあります。
↓ 確かこれもファミマ限定だったと記憶していますが、45gの小さいタイプで、堅あげタイプのチップス使用でした。
190717Huajiao1

ポテリッチ オニオンコンソメ味

【ポテリッチ オニオンコンソメ味】SJL3 2020.7 Y レア度:★★☆☆☆
2007PotarichOnionConsomme1 2007PotarichOnionConsomme2
ローストオニオンを使用し、旨味と甘み、コクある味わいに。濃厚で後引く美味しさは厚切りポテトチップスにぴったりです。 

ポテリッチの新包装形態の新銘柄。今度はオニオンコンソメです。
たまねぎの風味が良く出ていますね。コンソメとも相まって非常に美味しかったです。

すみだ北斎美術館監修ポテトチップス うすしお味/コンソメパンチ

【すみだ北斎美術館監修ポテトチップス うすしお味】  SIN3 2020.7 NU レア度:★★★☆☆
【すみだ北斎美術館監修ポテトチップス コンソメパンチ】SJE3 2020.7 NU レア度:★★★☆☆
2007UsushioSumidaB1  2007UsushioSumidaA1 2007ConsommeSumidaA 2007ConsommeSumidaB
なにやら面白いものが出てきました。

葛飾北斎の生誕260周年を記念して、東京都墨田区の「すみだ北斎美術館」とのコラボ作品4銘柄が発売です。
味としては、「うすしお」と「コンソメパンチ」ということでオーソドックスです。

北斎を代表する絵画、「あー見たことある」的なものですが、
うすしおの一つの作品では、桶を作る職人がポテチを食べているパロディも含まれています。
h2007UsushioSumidaA2
コンビニ限定の商品です。1か店で4種類置いてあるところはなくて、数軒回って揃えてみました。

激辛好きのための激旨辛味

【激辛好きのための激旨辛味】SKO4 2020.7 NU レア度:★★☆☆☆
2006GekikarazukiGekiumakara1 2006GekikarazukiGekiumakara2
旨味×辛味が織りなす激旨辛の世界への招待状です。
そのままでもおいしく召し上がっていただける、旨味溢れる牛だし風味のポテトチップス。
付属の激辛パウダーを振りかけることで味わいが一変します。
赤唐辛子・青唐辛子・ハバネロパウダーがブレンドされた禁断のパウダーはその名の通りまさに激辛。
ポテトチップスと激辛パウダーが混ざり合ったら最後、辛さと旨さの無限ループがみなさまを”激旨辛”の世界へ誘います。

ローソン「○○好きのための」シリーズの新銘柄。今度は「激辛好きのための」と来ましたか。

パッケージ表面、左下のところに「激辛パウダー」という銀の袋が強力な接着剤で貼ってあります。
(上の写真はそれを外した後です)
何もつけずに食べても、「牛だし風味」ということで美味しいらしいです。1,2枚食べたらそんな感じでした。
h2006GekikarazukiGekiumakara1

さて、そのあと。銀の袋の激辛パウダーを投入し、こぼれないようにシャカシャカ混ぜてから食べてみました。
確かに激辛でヒーとなる感じです。赤・青唐辛子にハバネロですからね。
もはや牛だしの味は分からない。舌がビリビリでした。

わさび漬味

【わさび漬味】SIF3 2020.7 Y レア度:★★☆☆☆
2006Wasabiduke1 2006Wasabiduke2
静岡のわさび漬 
わさびの茎を酒粕に漬けた有名な「わさび漬」。
わさび漬は、江戸時代に駿河国(現・静岡県)の商人によって考案され、全国に広まったと言われております。

ラブジャパン「静岡の味」です。関東・山梨限定。

2019年度のラブジャパン「静岡の味」で採用された「わさび漬味」が今年も登場。
わさび漬のツーンとした辛さはあるんですが、あの酒粕感を出すのはかなり難しいですかね。

2019年度ラブジャパン「静岡の味」
190912Wasabiduke1

堅あげポテト 神出雲唐辛子マヨ味

【堅あげポテト 神出雲唐辛子マヨ味】EOZ3 2020.6 M レア度:★★☆☆☆
2006KataageKamiizumoTogarashiMayo1 2006KataageKamiizumoTogarashiMayo2
島根県産神出雲唐辛子使用! 
神出雲唐辛子のピリッとした辛さにマヨネーズのコクが加わったあと引く美味しさをお楽しみください。

ラブジャパン「島根の味」です。中国・四国限定。

2019年度のラブジャパン「島根の味」で出ていた「神出雲唐辛子マヨ」が今回は堅あげで登場。
ピリ辛+マヨのまろやかさが堅あげでも活きていました。

 「神出雲唐辛子」は以前にも採り上げられていますが、ほとんどが現地の限定モノで入手困難でした。
入手できたものを並べます。
左から、①2020.5「ラブジャパン島根の味」 ②2014.6 「島根グルメ旅」  ③2014.4「おいしさぶらり旅」 ④2013.11
②から④は、ほぼ一緒に見えますが、左肩のロゴに違いがあります。
1911KamiizumoTogarashimayo1 s140611kamiizumotogarashi s140411KamiizumoTogarashi s131109KamiizumoTogarashi

堅あげポテト 丸大豆しょうゆ味

【堅あげポテト 丸大豆しょうゆ味】EOY3 2020.6 Y レア度:★★☆☆☆
2006KataageMarudaizushoyu1 2006KataageMarudaizushoyu2
千葉県で醸造された丸大豆しょうゆ使用 
丸大豆しょうゆのまろやかなうま味にだしの風味を効かせた味わい

ラブジャパン「千葉の味」です。関東・山梨限定。

これも栃木と同じく、2019年ラブジャパンの「千葉の味」で出ていた「丸大豆しょうゆ」が
堅あげポテトで登場です。しょうゆの旨味がかなり良かったです。
堅あげですからけっこう噛むわけですが、旨味がよりよく感じられました。

 丸大豆しょうゆは、ポテチとの相性が良いからか、けっこう昔に何度か採り上げられていますが、いずれも通常チップスタイプでした。
堅あげタイプは今回が初めてかと思われます。

左から順に、①2020.2「ラブジャパン千葉の味」 ②2013.6「関東の味」 ③2012.7「同」 ④2011.6 ⑤2009.1
④と⑤はキッコーマンとのコラボ銘柄でした。
2002MarudaizuShoyu1 s130618MarudaizuShoyu s120703MarudaizuShoyu s110106MarudaizuShoyu s090106MarudaizuShoyu

堅あげポテト 宇都宮焼餃子味

【堅あげポテト 宇都宮焼餃子味】EPA3 2020.6 Y レア度:★★☆☆☆
2006KataageUtsunomiyaGyoza1 2006KataageUtsunomiyaGyoza2

宇都宮餃子のツウな食べ方「ラー油の砂」とは?
ラー油の砂とはビンの底に沈んだ唐辛子などの香辛料の粉。
ピリリと辛いラー油の砂をつけたパンチのある味わいを再現しました。

ラブジャパン「栃木の味」です。関東・山梨限定。

2019年のラブジャパン「栃木の味」で出た「宇都宮焼餃子味」が、今回は
堅あげポテトで登場です。
しっかり餃子している味です。堅あげポテトでも違和感ありません。美味しかった。

2019年ラブジャパン「宇都宮焼餃子味」(2019.11)
1911UtsunomiyaGyoza1

7種のだし味

【7種のだし味】SKJ3 2020.7 NU レア度:★★☆☆☆
2006_7dashi1 2006_7dashi2
組み合わせにこだわった7つの素材が醸し出す、奥深いだしの旨味が味わえます。

レインボーカラーで「7」とデカデカと書かれた「7種のだし味」。
セブンイレブン限定みたいです。

7種類のだしとは? かつおぶし、しいたけ、こんぶ、かき、ほたて、あさり、えび のようです。

実食。うーん、やっぱりだしの旨味にはハズレはないですねえ。7種類をひとつひとつ味わえたかといえば、そんなに舌は肥えてはいませんが、素直に美味しかった!

 

あーそういえば、なんか少し既視感があるなあ、と思ったら、少し前にこのコンセプト出てました。ドン・キホーテ限定の「レインボーポテチ」。この時はギザギザタイプのチップスでした。今回の通常タイプのチップスでもどちらもイケる。
↓ 2018/2「レインボーポテチ なないろ出汁味」
180214Rainbow7dashi1 h180214Rainbow7dashi1

ポテリッチ 完熟梅と焼きのり味

【ポテリッチ 完熟梅と焼きのり味】SFH3 2020.6 NU レア度:★★☆☆☆
2006Potarich-KanjukuUme-Yakinori1 2006Potarich-KanjukuUme-Yakinori2
完熟梅の甘酸っぱさが焼きのりの香ばしい風味で引き立つ、やみつきになる味わい。

ポテリッチって意外なことに梅とのコラボってあんまりないんですよね。
そういう意味では今回は珍しい。さらに焼きのりの風味もプラスされています。
梅の酸っぱさに、焼きのりの香ばしさも良く感じられました。
全体的にはサッパリしていて良かったです。


ポテリッチは2006年発売ですが、それ以降、「梅」で遡ってみると、当博物館所蔵では以下の3銘柄だけでした。
(他にもわたしが買いそびれたものもあるかもしれません)

左から①梅キムチ味  2011/9   ②梅塩味  12/7  ③わさびと梅味  15/2
s110929PotarichUmeKimuchi s120704PotarichUmeshio 150206PotarichWasabiUme

ほしいも味

【ほしいも味】SIE3 2020.6 NU レア度:★★☆☆☆
2006Hoshiimo1 2006Hoshiimo2
茨城の大スター!ほしいもの味わい! 
茨城県産さつまいも100%使用。ほしいものほっこり甘い味わいを再現。

ラブジャパン「茨城の味」です。関東・山梨限定。

昨年に引き続き、茨城は「ほしいもの味」で来ました。
おさつスナックのような甘さと塩のしょっぱさがなかなか良いです。

 

横浜家系ラーメン味

【横浜家系ラーメン味】SHV3 2020.6 Y レア度:★★☆☆☆
2006YokohamaRamen1 2006YokohamaRamen2
ガツンと濃厚、横浜家系ラーメン
とんこつと鶏ガラをベースにしたこく深いスープに、醤油ダレを加えた濃厚な味わいを再現!

ラブジャパン「神奈川の味」です。関東・山梨限定。

■2020年度のラブジャパンについて
2017年度から始まった「ラブジャパン」プロジェクト(ポテトチップスで
47都道府県の味を再現するもの)
ですが、今年は4回目となりました。

今年は、各都道府県で過去3年間に発売した味のうち、好評だった味を発売するそうですが、
今回は、ポテトチップスに限らず、他のブランドにも展開したことが特筆すべき点です。
「他のブランド」というのは、具体的には
「ポテトチップス、ポテトチップスクリスプ、堅あげポテト、じゃがりこ、Jagabee、サッポロポテト、かっぱえびせん」の

7ブランドのいずれかです。

今年度の47商品について、この7ブランドの内訳を調べてみました。
そうは言っても、やっぱりポテチが半分くらい、次いで、堅あげポテトが多いですね。
・ポテトチップス・・・24

・ポテチクリスプ・・・   2 (青森・愛媛)
・堅あげポテト・・・・  7 (山形・栃木・千葉・愛知・京都・島根・佐賀)
・じゃがりこ・・・・・   2 (北海道・福岡)
・Jagabee ・・・・・・   2 (富山・香川)
・サッポロポテト・・・  5 (岩手・山梨・和歌山・兵庫・高知)
・かっぱえびせん・・・  5 (東京・新潟・三重・広島・大分)

当サイトでは、今まで通り、「ポテトチップス」と「堅あげポテト」のみを採り上げます。
すべて地域限定なので入手できたものだけ載せていきます。

堅あげポテト匠味 炙り牛タン塩レモン味

【堅あげポテト匠味 炙り牛タン塩レモン味】EOV4 2020.6 Y レア度:★★☆☆☆
2006KataageAburiGyutanLemon1 2006KataageAburiGyutanLemon2
ジューシーな旨みと、ほんのりレモン
香ばしく炙った牛タンを塩とレモンでいただく、あのおいしさが楽しめる堅あげポテトです。
ジューシーな肉の旨みをひきたてる、ほんのりとしたレモンが隠し味です。

噛むたびに味が出てくるという堅あげポテトのコンセプトには向いていますね。
ビーフっぽさとほんのりレモンの酸っぱさが良い感じです。

かつて出ていた「牛タン塩レモン味」です。
今回のは「”炙り”牛タン塩レモン」です。

左から①2016.9 ②18.3
160916kataagegyutanshiolemon1 180303KataageGyutanShioLemon1

激辛インドカレー味

【 激辛インドカレー味】SJR3 2020.6 NU レア度:★★★☆☆
2006GekikaraIndiaCurry1 2006GekikaraIndiaCurry2
あなたはこの辛さに耐えられますか?
本当に辛い!

ドンキ限定の模様。
パッケージ写真で見られるとおり、厚切りギザギザカットのチップスを使用しています。

いや~確かに辛いわ、これ! 舌がビリビリきますね。
でも、辛いだけというのでは無くて、いろいろな香辛料の風味の中にカレー(本場のインドカレー)的な
テイストは感じられます。
原材料のところを見ると、チキンエキスパウダーがありますから、チキンカレーなんですかね。

今まで食べたカルビーポテチでは最も舌が痛かったです。