タグ別アーカイブ: 地域限定

昆布しお味

【昆布しお味】ROD3 2018.2.8 C レア度:★★☆☆☆
180208Kombushio1 180208Kombushio2
なまら旨いっしょ!日高産昆布とオホーツクの塩を使用しました。

ラブジャパン(47都道府県の味)企画、第3弾が2018年2月に発売となりました。
これで47都道府県が一周します。

この昆布しお味は、
ラブジャパン「北海道の味」です。北海道限定。

チップス全体がうっすらと緑色がかっています。それくらい昆布パウダーなのか。
すごく旨味が出ていて美味しかったです。

今回のラブジャパンは「47都道府県の味」がコンセプトで、3回に分けて発売されましたが、
北海道は、第1・第2・第3弾でそれぞれ出ました。以下の3種です。

170907Hokkaido-Yamawasabi1 171106Chikuwapan1 180208Kombushio1

サクラ咲クッと合格する梅 さくら香るうめ味

【サクラ咲クッと合格する梅 さくら香るうめ味】RNI3 2017.12.7 K レア度:★★★★★
171207Gokakusurubai1 171207Gokakusurubai2

ふわっとした桜の香りと甘み 太宰府市産梅のスッキリとした酸味。
福岡農業高校の生徒たちと一緒に作った勉強の合間にぴったりの受験生合格応援商品です。

例年出ている「受験生応援銘柄」です。太宰府の梅を使って福岡農高とのコラボも毎年恒例。
中国四国九州限定銘柄で、わたしのところでは入手できないのでレア度は最高としています。
“合格する「梅」” という商品名。「うめ」ではなくて「ばい」と読ませ、
「合格するばい!」と博多弁?になっています。

もうこの時期ですから思いっきり季節ハズレになってしまっていますが(発売は2017.12.11)、
所用で九州に行くことがありまして、たまたま立ち寄ったスーパーの棚に少~しだけ残っていたので
ゲットしてきました。
桜葉の香りがほんのり。若干甘い梅の風味と酸味がします。春っぽいですね。

わたしが知る限り、「合格する梅」は今回が5回目。2013年末から毎年出ており、毎年
少しずつフレーバーの名称が変わっています。過去に、福岡出張のついで(笑)で入手できたのは以下です。
左)梅明太マヨ味(2014.12) 右)うめぇ~ぷる味(2015.12) 
s141225Gokakusurubai 151228Gokakusurubai-UmeMaple1

 

豚骨みそ煮味

【豚骨みそ煮味】RLR3 2017.11.4 K レア度:★★☆☆☆
171104TonkotsuMiso1 171104TonkotsuMiso2
豚骨みそ煮味、わっぜうまけどー!
豚の骨付き肉を甘辛く煮込んだ、鹿児島の郷土料理「豚骨」の味わい。

ラブジャパン「鹿児島の味」です。九州・沖縄限定です。

豚骨というとラーメンの種類を思い出してしまうわたしですが、鹿児島においては
郷土料理の「豚骨料理」全般を指すみたいですね。
少し前の「ケンミンショー」でも、この「豚骨みそ煮」が取り上げられていました。
今回のチップスは、甘辛のみそ風味が良く出ています。豚の旨みも感じられ、美味しかった
です。

これを持ちまして、ラブジャパン第2弾の19銘柄は終了です。
締めくくりの第3弾は18年2月に発売となる予定とのことです。

鶏めし味

【鶏めし味】RLP3 2017.11.3 K レア度:★★☆☆☆
171103Torimeshi1 171103Torimeshi2

しんけんうめえけん、食べちょくれ!
おおいたの郷土料理「鶏めし」をイメージした、ごぼうと鶏肉の
味わいが楽しめるポテトチップスです。

ラブジャパン「大分の味」です。九州・沖縄限定です。

大分県は鶏肉の年間消費量1位だそうですね。中津の唐揚げや大分のとり天とか。
そしてこの鶏めしというのも郷土グルメだそうです。

若干甘みのあるダシの風味から始まりました。鶏の旨みがしっかり出ていますが、
それにふんわりと出てくるゴボウの風味が絶妙にマッチしていました。これ良かったです。

パッケージには、さりげなく温泉マークと「シンフロ」の文字が散りばめられています(笑。

おでん辛子味噌味

【おでん辛子味噌味】RLL3 2017.11.6 M レア度:★★☆☆☆
171106OdenKarashiMiso1 171106OdenKarashiMiso2
美味しいけん、いっぺん食べとおみ!
おでんを美味しくする愛媛の伝統調味料、“みがらし”の味を再現したポテトチップスです。

ラブジャパン「愛媛の味」です。中国・四国限定です。

「みがらし」というのは愛媛でも宇和島など南予地方のもののようですね。
九州・南予地方で使われる甘口味噌・麦味噌・和辛子に、酒、酢、砂糖を混ぜて作るとのこと。
そういうわけで、少し甘辛い感じですね。

今回のチップスを食べた時にも、確かに甘辛い感じを受けたので、素人考えでは、愛媛だけに、
柑橘系のものを混ぜたものかと思いました(笑。
原材料名を見てもそんなものはありませんが。

フィッシュカツ味

【フィッシュカツ味】RLN3 2017.11.4 M レア度:★★☆☆☆
171104FishKatsu1 171104FishKatsu2

フィッシュカツ味、美味いんじょ!魚のすり身にカレーとスパイスを効かせ、
衣をつけて揚げた、徳島のソウルフードをポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「徳島の味」です。中国・四国限定です。

これまた面白いご当地グルメがあるんですねえ。
フィッシュカツというので、フィレオフィッシュに入っているアレかと
想像しましたが、違うみたいですね。徳島のフィッシュカツはWikipediaにも
採りあげられていて驚き。カレー風味のモノだそうですね。

このポテチでは、確かに最初カレー粉の味が来ました。でも食べ進めていくと、
少しずつ魚フライの風味がしてきました。オリジナルを食べてみたいですね。

砂丘をイメージした珈琲味

【砂丘をイメージした珈琲味】RLO3 2017.11.4 M レア度:★★☆☆☆
171104Coffee1 171104Coffee2
意外にうまいで~、食べてみんさいな~
鳥取砂丘の砂をイメージしてコーヒー味の粒をふりかけました。

ラブジャパン「鳥取の味」です。中国・四国限定です。

鳥取と言えば「二十世紀梨味」でも出るんかなあと思ってましたが、
なんと「コーヒー」味と。驚きです(笑。
鳥取とコーヒーが全く結びつきませんでしたが、パッケージ裏面の説明によると
「コーヒー消費量が多く、2016年に世界コーヒーサミットが開催された」とのこと。

さて実食。
確かにコーヒーも使用されているようですが、黒蜜のテイストが強く感じられました。
甘かったですが、意外に嫌な感じはしませんでした。

汁なし担担麺味

【汁なし担担麺味】RLM3 2017.11.4 M レア度:★★☆☆☆
171104ShirunashiTantanmen1 171104ShirunashiTantanmen2

混ぜんでええけぇ、食べてみんさい!
広島の新ご当地グルメ「汁なし担担麺」がポテトチップスに!
肉みその旨みと、山椒の痺れる辛さをぜひ、お試しください!

ラブジャパン「広島の味」です。中国・四国限定です。

広島名物なんですねえ。つい先日のTV番組「ケンミンショー」でも
広島県民熱愛グルメとして採りあげられていて、へぇと思いました。
オリジナルは食べたことがありませんが、ピリ辛ですごく美味しそうだったので
次に広島に行くことがあれば食べようと思います(なかなか行かないなあ(汗)。

このポテチに関しても、山椒のピリリとした辛さがしっかり効いています。
肉みそから出ていると思われる旨みも感じられ、良かったです。

ぼっかけ味

【ぼっかけ味】RNK3 2017.11.8 b レア度:★★☆☆☆
171108Bokkake1 171108Bokkake2

神戸長田のソウルフード「ぼっかけ」の味わいを再現したポテトチップス。
牛スジとこんにゃくを甘辛く煮込んだあの味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「兵庫の味」です。近畿限定です。

しかし、各県にいろんな知らない料理があるんだなあと感じさせられます。
この「ぼっかけ」というのは神戸・長田のB級グルメ的なものだそうです。

食べてみると、うん、確かに甘さから入ってきましたが、牛すじの風味なのか
嫌な甘さではなく美味しい。すき焼き的な感じですかね。甘辛さが良かった。

鮒ずし味

【鮒ずし味】RLX3 2017.11.8 b レア度:★★☆☆☆
171108Funazushi1 171108Funazushi2

滋賀言うたら鮒ずし!いっぺん食べてみてや~!
酸味の効いた、味わい深い「鮒ずし味」です。
鮒ずし好きにもちょっと苦手派にもはじめての方にも食べていただきたい
おいしさに仕上げました!

ラブジャパン「滋賀の味」です。近畿限定です。

今回のラブジャパン企画において、栃木の「しもつかれ味」と並んで衝撃作と言われている
この「鮒ずし味」。なぜかといえば、その独特な発酵臭により、滋賀県民の間でも
好き嫌いが分かれる味であるからだと。

さて。おそるおそる開封。
うっ、強烈な酸味の香りが。酢の匂いですかね。発酵臭みたいなものはそれほど
感じませんでしたが、でもやっぱり独特なものを感じました。
食べてみると。うーん、やっぱり強烈な酸味ですねぇ。とにかく酸っぱい。
それと後から出てくる独特な風味ですね。
鮒ずしの製法からすると、お酒のアテとしてつまむのであれば良いかもしれない。

金沢おでんカニ面味

【金沢おでんカニ面味】RMB3 2017.11.9 G レア度:★★☆☆☆
171109Kanimen1 171109Kanimen2
金沢おでんの冬の風物詩でもある「カニ面」。
カニの殻に内子と外子を詰めたあの味わいを再現しました。

ラブジャパン「石川の味」です。中部(静岡含む)限定です。

金沢おでんというのがあるんですね。
そのおでん種として有名なのが、この「カニ面」というものとのこと。
香箱(こうばこ)ガ二の殻に、カニから取り出した身や内子、ミソなどを詰めて蒸し、
おでん出汁で煮たものだそうです。もうこれだけで間違いなく美味しそうですね。

オリジナルのカニ面は食べたことないですが、このポテチ、かなり美味しかったです。
出汁とカニの風味ですかね。良かった。

 

伊賀の國忍者流干し肉と梅味

【伊賀の國忍者流干し肉と梅味】RLY3 2017.11.11 G レア度:★★☆☆☆
171111HoshinikuUme1 171111HoshinikuUme2
伊賀流忍者の気分になって召し上がれ!かつての伊賀流忍者の携帯食を現代風に
アレンジしました。干し肉と梅干しの味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「三重の味」です。中部(静岡含む)限定です。

三重の味というなら、伊勢海老か松阪牛でも出てくるかと思いきや、まさかの忍者(笑。
確かに伊賀は忍者の里ですからね。

開封してみると、梅の風味ですね。チップス自体も少し赤みがかっています。
食べてみると、梅風味の中に、ビーフジャーキー的な(笑)感じ。これが干し肉ですかね。
その二つはマッチはしており、バランスは取れている組み合わせだと思います。

 

ピリ辛鶏ちゃん味噌味

【ピリ辛鶏ちゃん味噌味】RMD3 2017.11.9 G レア度:★★☆☆☆
171109PirikaraKeichanmiso1 171109PirikaraKeichanmiso2

清流の国ぎふが誇る郷土料理「鶏ちゃん」。
鶏肉を味噌だれに漬け込み、キャベツと炒めたあの味わいを再現しました。

ラブジャパン「岐阜の味」です。中部(静岡含む)限定です。

「鶏ちゃん(けいちゃん)」というのは初めて聞きました。調べてみると、
Wikipediaにも項目が出てました。
もともとジンギスカン料理が起源のようです。それは羊を使いますが、この鶏ちゃん
というのは鶏肉を使用するものです。

ピリ辛で少し甘さもある味噌の味がしました。なかなか良いです。

 

ちくわパン味

【ちくわパン味】RMC3 2017.11.6 C レア度:★★☆☆☆
171106Chikuwapan1 171106Chikuwapan2
なまら旨いっしょ!北海道発「ちくわパン」の味わいをポテトチップスで
再現しました。焼きたてパンの香りにちくわとツナマヨの風味引き立つおいしさです。

ラブジャパン「北海道の味」です。北海道限定。

ちくわパン?? なんだそれ? というのが第一印象です。
調べてみると、札幌のパンメーカーが作ったのが発祥のようです。
ちくわの穴に、ツナマヨサラダを詰めてそれをパンに巻いたものとのこと。

確かに今回のポテチでもツナマヨ感の中に少しちくわを感じました。
オリジナルのパンは食べたことがありませんが再現度は高そうですね。

 

さんが焼き味

【さんが焼き味】RMU3 2017.11.7 NU レア度:★★☆☆☆
171107Sangayaki1 171107Sangayaki2

さんが焼きとは?
魚を味噌といっしょに細かくたたき、成型して焼いた郷土料理です。
味噌と魚の香ばしさと、しその風味の絶妙バランスをお楽しみください。

ラブジャパン「千葉の味」です。東北・関東・甲信越限定。

さて。
さんが焼きというのは初めて聞くので調べてみました。
農水省のHPによると、「なめろうを焼いたもの」みたいです。

房総の海で取れるアジ、イワシ、サンマなどの青魚を味噌と一緒にたたいたものが
「なめろう」。漁師が取れたての魚を船の上で作った漁師料理とのことです。
ただ、生魚は日持ちがしないのでそれを焼いたのがさんが焼きとのことです。

今回のポテチは、味噌と、少し魚介っぽい風味かな、という感じでした。
しそはほぼ感じられなかったので、もう少し前に出したら良かったのではないかと。