「地域限定」タグアーカイブ

ひっつみ汁味

【ひっつみ汁味】RVV3 2019.2.27 NU レア度:★★☆☆☆
190227Hittsumijiru1 190227Hittsumijiru2

ふるさとの味、おあげんせ 
鶏やごぼうなどの根菜のうまみたっぷりのだしに、小麦粉をこねて伸ばして煮込む
ひっつみ汁の味わいを再現したポテトチップス。

ラブジャパン「岩手の味」です。東北・信越限定。

開封すると、醤油ベースのだしの香り。
食べてみると、鶏のうまみ、そしてゴボウテイストが良く出ていました。
いや、ホント、ごぼうの風味の出し方は毎回秀逸ですね。
なんとなく懐かしい味がして美味しかったです。

ひっつみ汁味は以前に出たことがありました。
2014年3月の「東北紀行」というシリーズ(5銘柄同時発売)の中のひとつ。
近畿・中部限定発売でした。
s140305HittsumiJiru

ちなみに2017年の「岩手の味」は「盛岡じゃじゃ麺味」でした。
170908Iwate-MoriokaJajamen1

とよま油麩丼味

【とよま油麩丼味】RVU3 2019.2.25 NU レア度:★★☆☆☆
190225ToyomaAburafudon1 190225ToyomaAburafudon2

カツ丼のカツの代わりに油麩を使った登米のご当地グルメ! 
だし汁を吸った油麩とネギに、絶妙にからむ半熟の卵の味わい。登米産のおいしい
ごはんにもぴったりのご当地の味を、ポテトチップスでお楽しみください。

ラブジャパン「宮城の味」です。東北・信越限定。

カツの代わりに油麩とはずいぶんヘルシー。
やや甘めですが、かつおだしの風味がしっかり出ていて美味しかったです。

ちなみに2017年の「宮城の味」は「仙台牛の炙り焼き味」でした。
170909Miyagi-SendaigyuAburiyaki1

野沢菜漬け味

【野沢菜漬け味】RVX3 2019.2.26 Y レア度:★★☆☆☆
190226Nozawanaduke1 190226Nozawanaduke2

信州のふるさとの味!
ごはんのおともにも、お茶うけにも楽しまれ、親しまれている野沢菜漬け。
野沢菜漬けの酸味と旨みを、ポテトチップスでお楽しみください。

ラブジャパン「長野の味」です。中部限定。

野沢菜漬け、来ましたか。わたしコレすごく好きなんです。
いっつもポリポリ食べてるんですが、それがポテチに。

開封しますと、酸味っていうのかな、酸っぱい匂いが。
食べてみると、塩味に酸っぱさが混じったような感じですね。
うーん、ちょっと野沢菜までは感じにくい。時々、「あー言われてみれば」的な。
まあでもそれなりに美味しかったです。

ちなみに2017年の「長野の味」は「キムタクごはん味」でした。
180215KimutakuGohan1

あおさの味噌汁味

【あおさの味噌汁味】RVM3 2019.2.25 G レア度:★★☆☆☆
190225AosaMisoshiru1 190225AosaMisoshiru2
三重のあおさは生産量日本一!
青さ海苔(ヒトエグサ)は穏やかな内湾性の海を好むので、三重県のリアス海岸は
絶好な生育環境なのです。

ラブジャパン「三重の味」です。中部限定。

「あおさ」ってことなので、あーのりしおみたいな感じかなと一瞬思いましたが、
よく見ると、「味噌汁味」なのかと。パッケージの写真では赤味噌ですね。

食べてみますと、確かにあおさの香りはふわっと。味噌は言うほど感じなかったかなあ。
でも美味しかったです。

ちなみに2017年の「三重の味」は「伊賀の國 忍者流 干し肉と梅味」でした。
171111HoshinikuUme1

ハントンライス味

【ハントンライス味】RVL3 2019.2.26 G レア度:★★☆☆☆
190226HantonRice1 190226HantonRice2

ハントンライスとは、
ケチャップライスの上に薄焼き卵と魚のフライを乗せ、ケチャップとタルタルソースをかけた金沢発祥の洋食です。
和のイメージが強い石川県ですが、実は洋食も美味しいのです。

ラブジャパン「石川の味」です。中部限定。

こんなグルメもあるんだなあ。説明だけ読むと、オムライスがベースにあって、
そこに魚フライとタルタルソースの合体のような印象を受けますね。

食べてみると、確かに、ケチャップ+タルタル の味。
魚フライまではちょっと読み取れなかったけど、この二つの組み合わせ、まあまあマッチしていました。

ちなみに2017年の「石川の味」は「金沢おでんカニ面味」でした。
171109Kanimen1

近江牛ステーキ味

【近江牛ステーキ味】RVF3 2019.2.22 b レア度:★★☆☆☆
190225OumigyuSteak1 190225OumigyuSteak2

「近江牛」を原料に使用!
近江牛の美味しさを活かした、ジューシーなステーキの味わいを再現しました。
ぜいたくな美味しさのポテトチップスをお楽しみください。

ラブジャパン「滋賀の味」です。近畿限定。

近江牛かどうかは分かりませんが、ステーキぽい風味はしっかり出ています。
パッケージのデザインはよく見ると、牛肉のサシの様子が描かれていますが、
その中に琵琶湖の形もたくさん散りばめられています。地味に芸が細かい(笑

以前にも近畿限定で出たことあります「近江牛ステーキ味」。
↓2015年3月 ぽてとりっぷ滋賀の味
s150306Potatrip-Oumigyu

 

ちなみに2017年の「滋賀の味」は「鮒ずし味」でした。
171108Funazushi1

加古川かつめし味

【加古川かつめし味】RTD3 2019.2.22 b レア度:★★☆☆☆
190222KakogawaKatsumeshi1 190222KakogawaKatsumeshi2

「お箸で気軽に食べることができる洋食」がコンセプト
兵庫県加古川市の名物かつめしは、約70年前に誕生したご当地グルメ!
市内100店舗以上で食べることができ、家庭や学校給食でも提供され、スーパーでは専用のたれが
販売されるほど市民に浸透しています。

ラブジャパン「兵庫の味」です。近畿限定。

これも初めて聞いたんですが、けっこう歴史のあるご当地グルメなんですね。
オリジナル食べてみたいですね。
ポテチとしては、デミグラスソース風味、そこにビーフの旨みが相まって、
なかなかイケてました。

ちなみに2017年の「兵庫の味」は「ぼっかけ味」でした。
171108Bokkake1

赤てん味

【赤てん味】RWF3 2019.2.22 M レア度:★★☆☆☆
190222Akaten1 190222Akaten2

浜田市で生まれた島根のソウルフード
魚のすり身に唐辛子を練りこみパン粉をまぶして揚げた、島根県浜田市発祥の「赤てん」の
味わいをポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「島根の味」です。中国・四国限定。

「赤てん」ってむかし、「ケンミンショー」で採り上げられてたの見た気がします。
実物は食べたことがありませんが、カマボコのような練り物のジャンルだったかと。

このポテチは開封してみると、まず魚介のにおいが来ました。
食べてみると、結構、唐辛子のピリ辛感が強くていいですね。
お酒のつまみにいいかもしれない。

ちなみに2017年の「島根の味」は「出雲ぜんざい味」でした。
180209IzumoZenzai1

徳島ラーメン味

【徳島ラーメン味】RWD3 2019.2.23 M レア度:★★☆☆☆
190223TokushimaRamen1 190223TokushimaRamen2

徳島ラーメン味、うまいんじょ!
濃厚な豚骨醤油のスープと甘辛く煮た豚バラ肉の味わいが楽しめる徳島のソウルフードを
ポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「徳島の味」です。中国・四国限定。

徳島ラーメンっていうのは食べたことはありませんが、豚骨しょうゆラーメンの風味は
出ていましたね。

ちなみに2017年の「徳島の味」は「フィッシュカツ味」でした。
171104FishKatsu1

 

 

ミレービスケット味

【ミレービスケット味】RWG3 2019.3.1 M レア度:★★☆☆☆
190301MirayBiscuit1 190301MirayBiscuit2

ミレービスケット、まっことうまいき! 
昭和30年ごろから高知で愛されているミレービスケット。
揚げたビスケットの香ばしく甘じょっぱい味わいをポテトチップスで再現しました。

ラブジャパン「高知の味」です。中国四国限定。

おいおい、ポテチなのにビスケットの味って(笑!
いやーしっかし、なんか懐かしい感じだなあ、このビスケット。
「高知の味なのか」と思って、ミレービスケットを調べてみますと、Wikipediaにありました。
なんと! 「東海地方と高知県で製造・販売されている菓子の名称」であると。

どおりで! わたしは名古屋人なので、どことなく懐かしさを感じたわけです。
昔こんなんあったよなあという感じ。名古屋では「ミレーフライ」と呼ばれてた。

食べてみますと、確かにこのビスケットの味がポテチになってる。もう何のことやら(笑。

ちなみに2017年の「高知の味」は「芋けんぴ味」でした。
180209Imokenpi1

日向夏味

【日向夏味】RUW3 2019.2.20 K レア度:★★☆☆☆
190220Hyuganatsu1 190220Hyuganatsu2
日向夏、てっげうめぇ! 
宮崎県産日向夏を使い、さわやかな酸味とすっきりとした甘さを再現したポテトチップスです。

ラブジャパン「宮崎の味」です。九州沖縄限定。

またすごいの出してきたなあ(笑。
大丈夫かい、と思って食べてみましたが、「あれ!?」意外とイケるじゃん、と。
サッパリした味で、酸味もそれほど強くなく、ほんのちょっとの甘さ、そして、
超ほんのりと苦味(たぶん日向夏の皮か?)が感じられました。

ちなみに2017年の「宮崎の味」は「チキン南蛮味」でした。
170907ChickenNamban1

ミンチ天味

【ミンチ天味】RUX3 2019.2.22 K レア度:★★☆☆☆
190222Minchiten1 190222Minchiten2
ミンチ天、がばいうまか! 
香ばしい香り、魚肉の旨みに、唐辛子のアクセント。
佐賀県民の定番の味が、ポテトチップスで登場!

ラブジャパン「佐賀の味」です。九州沖縄限定。

こんなご当地グルメがあるんですねえ。初めて聞きました。
「ミンチ天」を調べてみると、「魚肉のすり身に玉ねぎを加え、パン粉をまぶして揚げたもの。
唐辛子のピリッとした味わいも効いておかずや酒のさかな、おやつとして人気がある」
とのことです。

実食。なるほど、七味のピリ辛感と玉ねぎの甘みなんですかね。
確かに酒の肴としても行けそうな味。現物を食べてみたいですね。

ちなみに2017年の「佐賀の味」は「佐賀のり」味でした。
170908SagaNori1

ホタテバター味

【ホタテバター味】RWQ3 2019.1.17 C レア度:★★★★★
190117HotateButter1 190117HotateButter2
カルビーとAIR-G’がコラボ!!「IMAREAL」リスナーと一緒につくりました!

かなりのレアものを入手しました。
これはいったい何だ?? 「ラジオから生まれたポテトチップス」とは??

AIR-G’ というのは、FM北海道のことみたいですね。
そのFM局でやっている番組「IMAREAL」内のあるコーナーで、「冬に北海道民が食べたい味」
をテーマにアイデアを募集し、候補の厳選、100回以上の試作を重ね、最終的に番組リスナーとの
試食会の末に商品化されたもの とのことです。
しかし、カルビーもいろんなところとコラボしますねえ。

いざ実食。うーん、確かにバターの香りとホタテの旨味がマッチしています。
バターがほどよく良い味を出しています。
北海道限定。

甘辛チキン南蛮カツ風味

【甘辛チキン南蛮カツ風味】RXD5 2019.2.1 Y レア度:★★★★☆
190202AmakaraChickenNanbankatsu1 190202AmakaraChickenNanbankatsu2
コープデリで人気の、「甘辛チキン南蛮カツ」の味をポテトチップスで再現!
酸味が効いた甘辛いたれにチキンの旨味がマッチした厚切りカットのポテトチップスです。

コープデリというのは、1都7県(東京・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・長野・新潟)で
展開している生協みたいです。
このポテチ、そこの限定なんでしょうかね。よくわかりませんが、パッケージ左上には、
「生協限定」とあります。

厚切りギザギザチップスを使用した、120gの大容量です。
大きいので分けて食べました。
コープデリで扱ってる「甘辛チキン南蛮カツ」を再現したらしいですが、現物を食べてないので
再現度は分かりません。
チキンの旨味は感じられます。「南蛮」なので少し甘辛な感じでした。

ほしいも味

【ほしいも味】RVW3 2019.2.25 NU レア度:★★☆☆☆
190225HoshiImo1 190225HoshiImo2
茨城の大スター!ほしいもの味わい★
素朴なおいしさで芋づる式に手が伸びる。どんどん食べてほしいもん!

ラブジャパン「茨城の味」です。関東・山梨限定。

これ面白いですね。
ポテトチップスなのに、さつまいもの味がする(笑。
おさつスナックを食べているのか?ポテチを食べているのか?
なかなか美味しかった。

ちなみに2017年の「茨城の味」は「スタミナラーメン味」でした。
171107SutaminaRamen1