「地域限定」タグアーカイブ

鯛だし味

【鯛だし味】SDC3 2019.12 M レア度:★★★★★
1912Taidashi1 1912Taidashi2
鯛の豊かな風味と昆布出汁の旨味がきいた味付け

これはマニア垂涎の激レア銘柄と言っても良いでしょう。文句なしのレア度5です。
愛媛県を中心に四国4県、広島・山口に展開するスーパーフジの限定銘柄らしく、
他地域からの入手はまず困難であるからです。

開封すると、ふわっと鯛だしの香りが立ちこめてきます。
少し前に、堅あげポテトで鯛だしが出ていましたが、これは通常タイプのチップスを使用しています。
鯛めしも現地でいただきましたが、それと同様、非常に美味しかったです。

ちなみに、愛媛のご当地グルメである「鯛めし味」のポテチが出たことがあります。
(2017/2、「愛媛の味」として)

170207Taimeshi1

合格する梅 梅キムチ味

【合格する梅 梅キムチ味】SCB3 2019.12 K レア度:★★★★★
1912Gokakusurubai-Umekimuchi1 1912Gokakusurubai-Umekimuchi2
太宰府市産梅のサッパリとした酸味とピリッとしたキムチの辛さでやる気梅増!
勉強の休憩中にぴったりな受験生応援ポテトチップスです。

期限切れの近いマイルが溜まっていたので、ぷらっと旅行に行ってきまして、
現地で入手してきました。

もうこの時期恒例となりました「合格する梅」です。中国・四国・九州限定のものです。
太宰府市の梅を使用した受験生応援ポテトチップスで、福岡農業高とカルビーとのコラボ商品。
2013年以来、今回で既に第7弾。「合格する”うめ”」ではなくて、「合格する”ばい”」と読ませています。
さすが福岡ですね。

毎年そのフレーバーのキャッチフレーズで駄洒落になっていますが、今年は、
「キムチの辛さでやる気梅増」とあります。”ばいぞう”と読ませています(笑。

梅とキムチのコラボはわたしの知る限り初めてな気がしますが、率直に言って
あんまり合わない気がしました。お互いの主張がぶつかり合ってて・・。
ガーリックもかなり強い。

 

過去の「合格する梅」を並べてみます。ただし、2013と2016は入手できなかったのでニュース等の画像です。すみません。
2013/12「梅レモン味」、14/12「梅明太マヨ味」、15/12「うめぇ~ぷる味」、16/12「梅×肉みそ味」、17/12「さくら香るうめ味」、18/12「梅あんこ味」
1212Gokakusurubai-Umelemon1 s141225Gokakusurubai  151228Gokakusurubai-UmeMaple1  1512Gokakusurubai s171207Gokakusurubai1 181227Gokakusurubai-UmeAnko1

平和堂名物 肉コロッケ味

【平和堂名物 肉コロッケ味】SER3 2019.11 b レア度:★★★★★
1911NikuKorokke1 1911NikuKorokke2
じゃがいもとたまねぎの甘みに肉のうまみがおいしさの決め手 平和堂名物「肉コロッケ」の味をイメージしたポテトチップスです。

かなりのレアものを入手しました。
滋賀県を基盤に、近畿地方を中心に展開する「平和堂」限定のもので、もちろん
カルビー公式HPにも掲載はありません。

平和堂で扱っている惣菜「肉コロッケ」をポテチ化したものです。
非常に肉々しい感じで美味しかったです。

実は、平和堂の「肉コロッケ味」は前にも出たことがあります。
以下は大阪赴任時代に購入したモノですが、当時は厚切りギザギザチップスではなく、
ノーマル型のチップス使用だったと思います。(
2015年7月)
s150722NikuKorokke

さんぴん茶味

【さんぴん茶味】SBA3 2019.11 K レア度:★★☆☆☆
1911Sanpincha1 1911Sanpincha2
さんぴん茶飲みに、めんそーれー!
沖縄伝統のお茶といえば、さんぴん茶。スッキリとした香りと味わいが特徴です。

ラブジャパン「沖縄の味」です。九州沖縄限定。

前に沖縄に行ったときに一回だけ、この「さんぴん茶」って飲んだんですが、
サッパリしてて美味しかった記憶があります。
十分再現されているかどうかは自信がありませんが、なんとなくお茶っぽい
雰囲気はあります。全体としてサッパリ。

ちなみに2017年、18年の「沖縄の味」は以下でした。
180209Nakamijiru1 190109Tacorice1

ベイクドオニオン味

【ベイクドオニオン味】SDR2 2019.11 G レア度:★★★★☆
1911BakedOnion1 1911BakedOnion2
じゃがいもの美味しさ引き立つ、ほんのり甘くて香ばしいベイクドオニオン味。

こんなの見つけました。
厚切りギザギザタイプで、たまねぎの甘く香ばしい風味です。
北海道・川西の新じゃが使用というのがポイントです。

はっきり分かりませんが、スギ薬局限定?かもしれません。

鶏飯味

【鶏飯味】SAZ3 2019.11 K レア度:★★☆☆☆
1911Keihan1 1911Keihan2
鶏飯食べに、奄美にいもりんしょれ! 
鶏飯(けいはん)は、薩摩藩の役人をもてなすために生まれたとされる、奄美の郷土料理。
お茶漬けの要領で、鶏ガラでとったスープをかけていただきます。

ラブジャパン「鹿児島の味」です。九州沖縄限定。

鶏飯って「とりめし」じゃなくて、「けいはん」と呼ぶようですね。
Wikipedia で調べてみると、以下のようなことが書いてあります。
「鹿児島県奄美で作られる郷土料理で、
”とりめし”が丼物や炊き込みご飯の形式に近いのに対し、
”けいはん”は、だし茶漬けに近い食べ物である」

お茶漬けっぽい感じみたいですね。
このポテチも、鶏の旨味がすごく出ていて美味しかったです。

ちゃんぽん味

【ちゃんぽん味】SAY3 2019.11 K レア度:★★☆☆☆
1911Chanpon1 1911Chanpon2
ちゃんぽんば食べに、長崎にこんね! 
明治時代に長崎の中華料理店で誕生した「ちゃんぽん」。
いまでは長崎を代表する麺料理となり、多くの飲食店で食べることができます。

ラブジャパン「長崎の味」です。九州沖縄限定。

うん、たしかに魚介の旨味や風味で、ちゃんぽんな感じはしますね。

ちなみに、2017、2018年の「長崎の味」は以下でした。
170908Agodashi1 181024SaseboLemonSteak1

ゆずポン酢味

【ゆずポン酢味】SBU3 2019.11 M レア度:★★☆☆☆
1911YuzuPonzu1 1911YuzuPonzu2
ゆずポン酢味、まっことうまいき!
高知県産ゆず使用!高知の食卓の定番「ゆずポン酢」の爽やかな香りと酸味を再現した、飽きのこない味わいです。

ラブジャパン「高知の味」です。中国四国限定。

これ美味しかったです。
前に九州限定で出てた「塩とかぼす」を思い出しました。
柑橘系のスッキリ感と酸味、非常に良かったです。
s151030ShiotoKabosu
← 2015/10
「九州の味」として出たもの
確か九州限定だったと記憶しています。

 

 

ちなみに、2017、2018年の「高知の味」は以下でした。
180209Imokenpi1 190301MirayBiscuit1

神出雲唐辛子マヨ味

【神出雲唐辛子マヨ味】SBS3 2019.11 M レア度:★★☆☆☆
1911KamiizumoTogarashimayo1 1911KamiizumoTogarashimayo2
島根県産神出雲唐辛子使用! 

神出雲唐辛子のピリッとした辛さにマヨネーズのコクが加わったあと引く美味しさをお楽しみください。

ラブジャパン「島根の味」です。中国四国限定。

ピリ辛唐辛子に、マヨネーズを足したパターン。
少しだけまろやかさが加わりますが、ピリ辛感はしっかり残ってます。

ちなみに、2017、2018年の「島根の味」は以下でした。
180209IzumoZenzai1 190222Akaten1

お好み焼き味

【お好み焼き味】SBT3 2019.11 M レア度:★★☆☆☆
1911Okonomiyaki1 1911Okonomiyaki2
お好み焼き味、ぶちうまい!
広島県のご当地グルメの代表格「お好み焼き」の味を再現。
香ばしいソースの風味とキャベツの甘味がクセになる味わいです。

ラブジャパン「広島の味」です。中国四国限定。

うん、オーソドックスにお好み焼きのソースの味です。
お好み焼きは今までも数多く出てきていますが、ポテチとの相性は良く、外しませんね。

ちなみに、2017、2018年の「広島の味」は以下でした。
17年には「広島の味」として、2銘柄出ています。

171104ShirunashiTantanmen1 180208KakiButteryaki1 190110UniHoren1

ぶどう山椒味

【ぶどう山椒味】SAU3 2019.11 b レア度:★★☆☆☆
1911BudoSansho1 1911BudoSansho2
和歌山のぶどう山椒
ぶどう山椒の栽培は約170年前に自生していたものを植えたのが始まりとされ、
江戸時代から薬用として栽培されてきました。
香辛料としてはもちろんのこと、山椒佃煮や山椒味噌、ちりめん山椒などの加工品も人気です。

ラブジャパン「和歌山の味」です。近畿限定。

これ美味しかったです。
見たときは、一瞬、「え?ぶどう?」と思いましたが、よく見ると「山椒」。
ピリ辛感と山椒の良い香りがすごく好きです。

ちなみに、2017、2018年の「和歌山の味」は以下でした。
180208HachimitsuNankobai1 181029WakayamaRamen21

牛串かつ味

【牛串かつ味】SAV3 2019.11 b レア度:★★☆☆☆
1911Gyukushikatsu1 1911Gyukushikatsu2
牛串かつは2度漬け禁止やで!
大阪で串かつは大抵、共用のソース容器にたっぷり浸して食べんねん。
多くのお店は2度漬け禁止。
もっとつけたい時は付け合わせのキャベツをうまくつこてや。

ラブジャパン「大阪の味」です。近畿限定。

ギザギザチップスを使っています。
ソースの味でそれっぽい雰囲気は出ています。

ちなみに、2017、2018年の「大阪の味」は以下でした。
170909Osaka-Takoyaki1 190111BeniShogaten1

伊勢えび味

【伊勢えび味】SAC3 2019.11 G レア度:★★☆☆☆
1911Iseebi1 1911Iseebi2
三重は伊勢えびの漁獲量日本一! 
古くから伊勢志摩地方の名産品としてしられ、海の幸の王様として君臨してきた伊勢えび。
濃厚な味と香りをお楽しみください。

ラブジャパン「三重の味」です。中部限定。

海老の香ばしい風味が感じられます。

ちなみに、2017、2018年の「三重の味」は以下でした。
171111HoshinikuUme1 190225AosaMisoshiru1

炙りへしこ風味

【炙りへしこ風味】SAA3 2019.11 G レア度:★★☆☆☆
1911AburiHesiko1 1911AburiHesiko2
若狭地方で愛される「へしこ」
へしこは青魚に塩を振って塩漬けにし、さらにぬか漬けにした料理です。
独特な味と香りがくせになります。

ラブジャパン「福井の味」です。中部限定。

確かにこれは独特の香りがしますね。好みが思いっきり分かれそう。
へしこは、酒の肴としてはなかなかいい感じだと思うのですが、ポテチには
ちょっと厳しいかなあ。

ちなみに、2017、2018年の「福井の味」は以下でした。
180209Mizuyokan1 181025YamaUni1

みそかつ味

【みそかつ味】SAB3 2019.11 G レア度:★★☆☆☆
1911Misokatsu1 1911Misokatsu2
愛知県民にとってみそかつとは? 
味噌煮込みうどん、みそおでん・・・みそ味が大好きな愛知県。
とんかつにソースをかけて食べていると奇異な目で見られる事も・・・
揚げたてのとんかつに甘い味噌だれをかけた「みそかつ」はまさに愛知県民のソウルフード。

ラブジャパン「愛知の味」です。中部限定。

ギザギザチップスを使用しています。
濃い赤みその味付けとなっています。

ちなみに、2017、2018年の「愛知の味」は以下でした。
170911AIchi-Tebasaki1 181025TaiwanRamen21