タグ別アーカイブ: コンビニ限定

パクチー味

【パクチー味】RIP3 2017.3.13 NU レア度:★★☆☆☆
170313Pakuchi1 170313Pakuchi2

パクチーの香り広がるポテトチップスです。
塩味でパクチーを引き立たせたパクチー好きにはたまらない逸品です。

嗚呼、ついに来てしまったか・・Orz
いつか来るいつか来る、と思ってたパクチー味。ついに登場。
パクチーのあの独特の香りがわたしは苦手なのです・・。

しかしながら。
このサイトの運営者としては、当然試しておかねばなりませんので(良く分からない使命感)、
おそるおそる手に取ってみました。いざ開封。

あれ? 思ったより、あの独特の香りがしてこない。
口にしてみると、レモンと塩の味がメインで、さっぱりとした味わいになっている。
っていうか、これ普通に美味しいじゃん。
なんだろう、パクチーも、言われてみればこんな感じかという風味くらいかなと。
最初に恐れていたのが不思議なくらいこれは美味しかった。
もう一回買おうかな(笑。

もっと強烈なパクチー臭を期待されたであろうパクチストには物足りなく感じられた
かもしれません。この意外感は意図したものなのだろうか気になります。

ふんわり香るゆずと塩味

【ふんわり香るゆずと塩味】RHX3 2017.3.3 NU レア度:★★☆☆☆
170303Yuzutoshio1 170303Yuzutoshio2

ふんわりとゆずの香りが広がる塩味。石垣の塩味を昆布だしでまろやかに仕上げました。
シンプルなのにクセになる、味わい深いおいしさのポテトチップスです。

確かに、ゆずの香りはそれほど強くない、「ふんわりと」。
基本的には、昆布だしを効かせてある「うすしお」というイメージです。
非常にさっぱりしていて食べやすい。美味しかったです。

「ゆず」+「しお」の組み合わせで過去銘柄を見てみました。
左:ゆず塩(2010年1月)・・当時販売されていたシリーズ「パリパリバリエーション」のひとつでした。
右:うすしお味ゆず仕立て(2012年5月)・・石垣の塩に黄ゆずと青ゆずをブレンドしたもの
s100105Yuzushio s120530UsushioYuzu

極濃ラー油味

【極濃ラー油味】RIK3 2017.3.3 NU レア度:★★☆☆☆
170303GokunoRayu1 170303GokunoRayu2

じんわりとした辛さと香ばしいガーリックの旨みがクセになる濃厚な味わい。

極濃シリーズで、再び「ラー油」が出てきました。
というのは、極濃シリーズが前のデザインの時(サークルKサンクス限定の時)にも
ラー油味が出ていたからです。(下の写真。2016/5)

開封してみると、いかにも、な感じの、濃いオレンジ色のチップスが。
ガーリックもそこそこ主張していて、ラー油感は出ています。
ただ、気のせいか、前回の時よりも辛さは控えめな気がしました。
個人的にはもっと辛かったら、さらに美味しかった気がしますね。

160527Gokuno-Rayu1

← 2016/5
「極濃」がまだ
サークルKサンクス限定だった時代の
「ラー油味」

 

ポテリッチ しおとごま油味

【ポテリッチ   しおとごま油味】RIO3 2017.2.24 Y レア度:★★☆☆☆
170224PotarichShiotoGomaabura1 170224PotarichShiotoGomaabura2

「かどやの純正ごま油」で味付けしたポテトチップス。
香ばしいごま油の風味と、程よい塩味が、後引くおいしさです。

カルビーHPによると、「ポテリッチ初の食品メーカーとのコラボ商品」とのこと。
意外でしたが、言われてみれば確かにそうかもしれない。

下に載せてますが、「かどやの純正ごま油」とのコラボポテチは今まで結構出てます。
通常チップスだけでなく、堅あげポテトまで出てますからね。で、今回はポテリッチ。
となると、次は「ピザポテ」とのコラボか!? なわけない(笑。

毎度ながら「かどやの純正ごま油」とのコラボポテチは本当に美味しいですね。
これ大好きです。レギュラー化してほしいくらい。
今回のこれも、ポテリッチのザクザク感とも良くマッチしていると思います。


過去の「かどや純正ごま油」とのコラボ銘柄たち。
上段左から ①2008年2月 ②09年2月 ③10年6月 ④11年6月

s080216ShiotoGomaabura s090220ShiotoGomaabura s100615ShioGomaabura s110620ShioGomaabura
下段左から ⑤12年2月 ⑥12年2月 ⑦12年5月 ⑧15年5月
s120214KimuchiGomaAbura s120220ShioGomaAbura s120503ShioGomaabura s150502KataageShiotoGomaabura

コンソメスパイスパンチ

【コンソメスパイスパンチ】RHZ3 2017.2.16 NU レア度:★★☆☆☆
170216ConsommeSpicePunch1 170216ConsommeSpicePunch2

「ポテトチップスコンソメパンチ」に、スパイスをきかせ、刺激的な味わいに
仕上げました。パンチのきいた「ポテトチップスコンソメSパンチ」をお楽しみください。

「Sパンチ」と書いて、「スパイスパンチ」と。前から出ている、
「Wパンチ」と揃えた感じみたいで、カルビーHP上では「謎解きゲーム W vs S」なんてのを
展開しているみたいです。

レギュラー銘柄である「コンソメパンチ」に、胡椒・山椒などの香辛料を
効かせてあるとのこと。
確かに、濃い目のコンソメに加えて、ピリリ、とした感じが合わさっています。

そういえばずいぶん前に、「コンソメWパンチ」に唐辛子を加えた
「コンソメWパンチRED」なんてのが出たことがありました。
あの時ほどの辛さは感じなかった気がします、今回。
s120111ConsommeDoubleRED

← 2012年1月
コンソメWパンチRED

堅あげポテト匠味 塩と揚げにんにく味

【堅あげポテト匠味 塩と揚げにんにく味】EIM4 2017.2.23 Y レア度:★★☆☆☆
170223KataageShiotoNinniku1 170223KataageShiotoNinniku2

香ばしく揚げたにんにくの味わいが楽しめる堅あげポテトです。
香ばしいにんにくの香りと旨みをシンプルな塩味がひきたてます。

2016年1月にローソン限定で出ていましたが、それが今回は「コンビニ限定」ということで
出てきました。

にんにくのにおいは結構強めですが、香ばしい感じもあり、食欲をそそります。
タイトル通り、塩のみの味付けで余計なものは感じられないので、サッパリしていて
なかなか良いです。

 

↓2016/1のローソン限定(左)と今回のもの(右)と並べてみました。
「匠味」のデザイン変更くらいで、他は特に変更なしです。
160127KataageShiotoNinniku1 170223KataageShiotoNinniku1

ポテリッチ アンチョビガーリック味

【ポテリッチ アンチョビガーリック味】RIA3 2017.2.3 Y レア度:★★☆☆☆
170203PotarichAnchoviGarlic1 170203PotarichAnchoviGarlic2

独特な風味のアンチョビとガーリックが絶妙にマッチ!
メリハリのきいたアンチョビの塩気と旨味に、香ばしく濃厚なガーリックの味わいが
合わさり、やみつきになるおいしさです。

開封すると、ガーリックの香りと、アンチョビと思われますが若干魚介系の感じです。
口にしてみると、あの独特なアンチョビ風味が出てきます。
やはり、この系統はビールのお供にもってこいです。

アンチョビがカルビーポテチのフレーバーとして使われ始めたのは最近かと思って
いましたが、調べてみると、「アンチョビ&ガーリック」(下の写真左)というのが、
2006年11月に出ていました(パリパリバリエーションのひとつ)。
右の写真は記憶に新しいところで、「濃い味」シリーズの「アンチョビガーリック」です(2016年3月)。
s061111anchobigarlic s160324Koiaji-anchobigarlic

ポテリッチ 明太バター味

【ポテリッチ 明太バター味】RHQ3 2017.1.9 Y レア度:★★☆☆☆
170109Potarich-MentaiButter1 170109Potarich-MentaiButter2

コク深いバターの風味に、明太子の旨味と辛味が絶妙にマッチした味わいの
ポテトチップスです。辛味をピリッと効かせ、後引くおいしさに仕上げました。

開封すると、バターの香りが立ち込めてきます。
食べていくと、コクのあるバターを感じます。後から、明太子によると思われる
ピリ辛が時々来る、と言う感じでした。
正直、もう少し明太子の味が出てると思ったのですが、明太子感と辛さが
もっとあっても良かったかな、と個人的には思います。

極濃海老だし味

【極濃海老だし味】 RHL3 2017.1.9 NU レア度:★★☆☆☆
170109Gokuno-Ebidashi1 170109Gokuno-Ebidashi2

濃厚な海老だしの旨みとまろやかなコクが後引くおいしさ。
風味豊かな味わいが楽しめます。

極濃シリーズ、今度はエビで来ました。
と言っても、昨年に、「極濃海老しお味」(下写真)が出ているので、
それとは違うのかなと。

食べてみると、やはり、海老“だし”ということで、海鮮(えび)風味に加えて、
だしの旨みみたいなものを感じます。
また、ガーリックも結構効いていますね。
というわけで、結構重たいほうですが、そこそこイケます。
かなり濃いです(当たり前ですが)。

↓いまのデザインになる前の極濃。
2016/5 極濃海老しお味
160525Gokuno-Ebishio1

アボカドマヨ味

【アボカドマヨ味】 RGO3 2016.12.21 NU レア度:★★☆☆☆
161221avocadomayo1 161221avocadomayo2

クリーミーでコクのある、アボカド&マヨネーズ味のポテトチップスです。
アボカドとマヨネーズを丹念に混ぜ合わせたディップソースを、パリッと
したポテトチップスにつけて食べる美味しさをイメージして作りました。

マヨネーズ感が前面に出ています。
しかし、どことなくまろやかな感じがするのは、アボカドの効果なんでしょうね。
アボカド自体の味を出すのは難しいんだと思いますが。
というか、「アボカドってどんな味」と聞かれても説明が難しいですよね(笑。
クリーミーな感じで、けっこう食べやすくて良かったです。

過去にもアボカドマヨって出てなかったっけと思って調べてみたらありました。
2006年7月 です↓
懐かしいですねえ、当時、シリーズとなっていた、Chips Selectionのひとつです。

s060727abokadomayo

極濃ガーリックバター味

【極濃ガーリックバター味】 RGZ3 2016.12.14 NU レア度:★★☆☆☆
161214gokunogarlicbutter1 161214gokunogarlicbutter2

香ばしいガーリックとまろやかなバターがビーフの旨みを引き立てる、濃厚な味わい。
コク深くやみつきになるおいしさです。

極濃も早くも6銘柄目となりました。
今回の銘柄はタイトルからしてかなりヘビー級な予感・・。
傍らにビールを準備して実食開始。

開封してみますと、予想通り、ではありますが、強烈なガーリック臭が。
口にしてみると、ガーリックはもちろんのこと、バターがしっかり絡んできます。
ビーフ系の風味も相まって、確かに「極濃」です。
子供のおやつではなく、ビールのアテとして使えます。

ポテリッチ 濃厚チーズフォンデュ味

【ポテリッチ 濃厚チーズフォンデュ味】RHA4 2016.12.1 NU レア度:★★☆☆☆
161201potarichnokocheesefondue1 161201potarichnokocheesefondue2

3種のチーズ(ゴーダチーズ、カマンベールチーズ、エメンタルチーズ)に、白ワインを
加えてじっくり煮込んだ味わいを再現しました。濃厚なチーズのコクと芳醇な香りが口の中に広がります。

年末恒例のポテリッチPARTY SIZEが今年も登場。
この3年(2013-15)、えび系の銘柄が続いていましたが、今年はチーズフォンデュです。

確かに、チーズが濃厚ですねえ。3種類のチーズを使用しているそうですが、チーズ好きにはたまらない
のでしょう。ほどほどの塩気も感じられます。
容量以上にガッツリ感を感じます。

 

ポテリッチの年末PARTYSIZE銘柄、過去分を振り返ってみました。
左から順に、2012年~2015年、一番右は今回のもの。
s121211PotarichChirstmasShio s131212PotarichEbishio 141205PotarichZeitakuEbishio1 s151204PotarichZeitakuEbiGratin 161201potarichnokocheesefondue1

しあわせコーン味

【しあわせコーン味】 RHC4 2016.11.30 NU レア度:★★☆☆☆
161130shiawasecorn1 161130shiawasecorn2

「コーン」「はちみつ」「パセリ」「マスカルポーネチーズ」の4つの素材をベースに、
コーンの甘みを引き立てた味わいのポテトチップスです。
風味豊かでクセになるおいしさに仕上げています。

年末恒例で「しあわせバター」が出てきますが、毎年、その相方としてもう一銘柄
出てきます。今年は初めてですが「しあわせコーン」なる商品が出てきました。

思いっきり、コーンの味なので、タイトルに偽りなしではありますが、さらにハチミツと
いうことで相当甘めのテイストです。
あまり甘い銘柄はわたしは得意ではないのですが、女性や子供にはウケそうです。

 

年末恒例の「しあわせバター」PARTY SIZEとペアで出てくる相方銘柄、過去分を見てみました。
この相方銘柄は、毎年銘柄名は統一されているわけではありません。
最初の頃は、「しあわせ=(4)あわせ」と「ハッピー=(8)ッピー」というペアで、それぞれが
4種類の素材と、8種類の素材というテーマでしたが、このところは、「しあわせ」に一本化
されつつあります。左から、2011年、2012年、2015年。
s111205happysalt s121129ShiawaseCheese 151127ShiawaseChicken1

しあわせ濃厚バター

【しあわせ濃厚バター】 RHB4 2016.12.8 Y レア度:★★☆☆☆
161208shiawasenokobutter1 161208shiawasenokobutter2

「バター」「はちみつ」「パセリ」「マスカルポーネチーズ」の4つの味わいが楽しめる
「しあわせバター」の濃厚版。バターの風味をアップして、更にコク深く濃厚な
味わいに仕上げました。

年末恒例の「しあわせ」シリーズ、今年も出てきました。
2015年末から「濃厚」となりました。
バターの風味に、はちみつの甘さが前面に出ています。

 

年末恒例の「しあわせバター」パーティサイズ銘柄の推移を見てみました。
左から、2010年末、2011年、2012年、2015年、今回のもの。
2010年のものは「パリパリバリエーション」銘柄でした。
2011と2012はほぼ同一に見えますが、銘柄名、しあわせ「バター」の部分のフォントがわずかに異なります。

101209shiawasebutter1 s111205shiawasebutter s121121ShiawaseButter s151128ShiawaseNokoButter 161208shiawasenokobutter1

極濃たまごマヨ味

【極濃たまごマヨ味】 RGN3 2016.11.19 NU レア度:★★☆☆☆
161119gokunotamagomayo1 161119gokunotamagomayo2
たまごにマヨネーズをたっぷりかけた、こってり濃厚な味わいをイメージしました。
アクセントに黒こしょうを効かせたクセになるおいしさです。

「極濃」の新銘柄が出てきました。
「極濃」は、2015年秋ごろから、サークルKサンクス限定で出ていた(以下写真の上段4銘柄)わけですが、
16年秋からはデザインを一新して、コンビニ限定として出てきています(以下写真の下段)。
15年から通じて今回の「たまごマヨ」というのは初めてのテイストです。

いざ実食。

やはり、かなりマヨネーズが前面に出ていますねえ。マヨネーズ味という感じです。
ですが、ところどころ若干の甘みを感じるのは、たまごの効果でマイルドなタッチに
なっているのかもしれませんね。マヨネーズ好きにはたまらないでしょう。
ブラックペッパーはそれほど強く効いてはいませんが、確かにこってりしていますね。

 

<過去の極濃銘柄>
上段は2015/6~16/5。サークルKサンクス限定銘柄でした。
下段は2016/10~。期間限定ですがコンビニ限定となっています。
s151119Gokuno-Torishio s151123Gokuno-Cheese 160525Gokuno-Ebishio1 160527Gokuno-Rayu1
161005gokuno-torishio1 160926gokuno-cheese1 s161119gokunotamagomayo