辛いピザポテト

【辛いピザポテト】 QNQ3 2014.6.4 b レア度:★★☆☆☆

140604KaraiPizzapotato1     140604KaraiPizzapotato2
ピザポテトから、今だけの辛いピザポテトが登場!ガッツリ濃厚かつスパイシー。インパクトある辛さにピザポテトならではのとろ~りチーズが絶妙にマッチ!

「うま辛セレクト」の一つとして出ました。
左上に、「ポテトチップス七味唐辛子味」にも載っていた、辛さのインジケーターがあります。
6段階のうちの5となっています。実際、かなり辛い味がします。

 

 

 

 

堅あげポテト 梅にんにく味

【堅あげポテト 梅にんにく味】 EEU4 2014.6.7 Y レア度:★★★☆☆

140607KataageUmeNinniku1     140607KataageUmeNinniku2

爽やかな梅の程よい酸味に、にんにくの旨みをきかせた「堅あげポテト」です。“すっぱ旨いおいしさ”をお楽しみください。

2013年の夏に、「堅あげポテト20周年記念」として出た梅にんにくが今年も登場です。
カルビーHP非掲載です。ファミマ限定のようです。(ファミマHPによる)
s130720KataageUmeNinniku

こちらが20周年記念バージョンですが、それと比べると、パッケージ真ん中の「堅あげポテト」の部分の色と、背景の色、それぞれ赤と金色が反転しています。
また、中央上部の「Calbee」の字も白から赤に変更となりました。
今年のバージョンは、昨年版で「20th」とあった部分に、「期間限定」と記されています。

その他の堅あげポテトはこちらに展示しています。

夏ポテト 紀州の南高梅

【夏ポテト 紀州の南高梅】 QOG3 2014.5.28 G レア度:★★☆☆☆

140528NatsupotatoUme1     140528NatsupotatoUme2

桜前線と同じように、九州から北上するじゃがいも前線。夏ポテトは初夏に九州から収穫が始まる夏の新じゃがをいち早くお届けするポテトチップスです。夏にとれた新じゃがだけでつくるから、ビタミンCが豊富に含まれています。
夏ポテトならではの食感 みずみずしい夏の新じゃがを、おいしく食べていただきたいから、さっくり厚切りにこだわりました。
梅味のポテトチップスといえば夏ポテト 1993年からずっと梅味にこだわってきた夏ポテト。今年は梅酢パウダーを加え、夏にぴったりの梅味に仕上げました。

今年も夏ポテトの季節となりました。昨年同様、塩と梅の2つの味です。
昨年のデザインと似ていますが、左上、右上の花火のデザイン、風鈴の下の文言、右下の花火などが異なっています。

s130605NatsupotatoNankobai

 

2013年版の夏ポテト 紀州の南高梅

過去の夏ポテトはこちらに展示しています。

夏ポテト 対馬の浜御塩味

【夏ポテト 対馬の浜御塩味】 QOH3 2014.5.28 G レア度:★★☆☆☆

140528NatsupotatoHamamishio    140528NatsupotatoHamamishio2
桜前線と同じように、九州から北上するじゃがいも前線。夏ポテトは初夏に九州から収穫が始まる夏の新じゃがをいち早くお届けするポテトチップスです。夏にとれた新じゃがだけでつくるから、ビタミンCが豊富に含まれています。
夏ポテトならではの食感   みずみずしい夏の新じゃがを、おいしく食べていただきたいから、さっくり厚切りにこだわりました。
夏にぴったりのキリッとした塩味   対馬の豊かな自然に育まれた浜御塩に、隠し味でレモンパウダーを加えました。

今年も夏ポテトの季節がやってきました。例年通り、塩と梅の2種類発売です。
今年は、真ん中の「夏」の書体も昨年のものと同じままで、デザインも一見昨年と同じようですが、
今年のものは、全体の背景に縦ストライプが入り、左上・右上の花火のデザインも少し変わっています。
また、昨年版は、下半分に朝顔のデザインがありましたが、今年はここも花火のデザインになっています。
「夏」の右側の風鈴にぶら下がる紙の文言も「期間限定 夏の新じゃが」と変わりました。

s130605NatsupotatoHamamishio2013年版の夏ポテト浜御塩

それ以前の夏ポテトもこちらに展示しています。

ポテリッチ ガーリックバーベキュー味

【ポテリッチ ガーリックバーベキュー味】 QOZ3 2014.5.22 b レア度:★★☆☆☆

140522PotarichGarlicBBQ1       140522PotarichGarlicBBQ2

ガーリックの香ばしい風味が食欲をそそる、バーベキューの味わい。ジューシーな肉の旨みと野菜の旨みが絡み合い、くせになるおいしさのポテトチップスです。

ポテリッチの商品コンセプトが「コクのある濃厚な味付けにこだわり、~」となっていますが、まさにその通りの銘柄です。
開封すると同時に強烈なにんにくのにおいが立ち込めます。甘みも結構感じられます。

 

 

ハワイアンオニオンソルト

【ハワイアンオニオンソルト】 QOT3 2014.5.14 b レア度:★★☆☆☆

140514HawaiianOnionSalt1     140514HawaiianOnionSalt2

 

ハワイのマウイ島で栽培された玉ねぎ“マウイオニオン”を使って仕上げたポテトチップスです。マウイオニオンの深い甘みとさっぱりとした塩の味わいをお楽しみください。

”マウイオニオン”なるものは食したことがありませんが、かなり甘い感じが強く出ています。
カルビーHPによると、「生で食べることができるほどの甘みが特徴」で、「現地では高級食材として扱われ」ているそうです。普通の玉ねぎの2~2.5倍の価格とのことです。
今までは安定確保が困難だったようですが、今回、ハワイの農家ヤマモト氏の協力により、商品化となったそうです。

堅あげポテト わさび味

【堅あげポテト わさび味】 EEJ3 2014.5.13 G レア度:★★☆☆☆

140513KataageWasabi1     140513KataageWasabi2

 

つ~んと広がる爽やかなわさびの香りと辛さ。あとからほんのり感じる旨みが噛むほどうまい堅あげポテト

「うま辛セレクト」の一つとして出ました。
しかし、「七味唐辛子味」にあった辛さのインジケーターはありません。

「前に出たものの再登場かな」と思いましたが、「堅あげポテト」の当博物館コレクションの中では「わさび味」は、意外にも初めてでした。
(似たデザインで「ゆずこしょう味」や、匠味で「わさび海苔」はありましたが)

説明文通り、ツンとくるわさびの感じが良く、あっさりとしていますがいい味です。

濃く味(こくみ) ホタテ醤油バター味

【濃く味 ホタテ醤油バター味】 QOD3 2014.5.2 b レア度:★★☆☆☆

140502KokumiHotateShoyu1    140502KokumiHotateShoyu2

ホタテを醤油とバターで香ばしく焼き上げた味わいを再現した、風味豊かで旨みが濃縮した味わいをお楽しみください。

新シリーズで登場です。
新シリーズ「濃く味(こくみ)」については、以下の説明があります。
「『濃く味』は、濃厚&コクのある味わいで、後引くおいしさのポテトチップスシリーズです。」

3月の「炙りチャーシュー」を最後に出てきていない「濃い逸品」シリーズの後継シリーズでしょうか。
というのは、ポテト坊やの左側にある、「濃」というマルとその右の説明文のスタイルが、濃い逸品シリーズと
同一になっているからです。

ホタテ、バターという、ポテチには鉄板の組合せで濃厚な味です。

盛岡じゃじゃ麺味

【盛岡じゃじゃ麺味】 QAM3 2014.4.8 NU レア度:★★★☆☆

140408MoriokaJajamen1      140408MoriokaJajamen2

岩手県盛岡市で、わんこそば、冷麺と並んで盛岡三大麺と称されるじゃじゃ麺の味をポテトチップスで再現しました。

「おいしさぶらり旅」のシリーズとして出ました。

盛岡じゃじゃ麺味は、2012年にも、「がんばろう東北」として出ています(No.0637:QAM2)。
↓ No.0637
s120305MoriokaJajamen

上部に各県の祭りをデザインする「がんばろう東北」のスタイルを踏襲し、「さんさ踊り」が描かれています。
一見同じに見えますが、No.0637からの変更点としては、
・中央上部の「ポテトチップス」のフォントと色
・左上のマーク(おいしさぶらり旅)
・じゃじゃ麺の写真右側のデザイン
・じゃじゃ麺の写真下側に説明文が追加
(※写真は味をイメージしたものです。※本品は「じゃじゃ麺」の味わいを再現しています。)

などが挙げられます。

黒みつきなこ味

【黒みつきなこ味】 QOF3 2014.3.20 G レア度:★★★★★+

140320KuromitsuKinako1     140320KuromitsuKinako2

大学生の「甘いポテトチップスが食べたい!」という声から生まれた一品です。思わず手をのばしたくなる、優しい“和の甘み”をお試しあれ。

かなりのレアものを入手しました。

なんと、大学生協とカルビーのコラボ、という銘柄です。
パッケージ表面、中央上部「ポテトチップス」の上に、「UNIV COOP × Calbee」 との記載があります。

パッケージ裏面には、「東海地区大学生協オリジナル!」と書かれ、「私たち大学生が考えました!」とあります。
そういうわけで、東海地区の大学生協のみでの販売、という銘柄です。
製造所は「G」(岐阜県各務原工場)となっています。
かなり残量も少ないようでしたが、完売直前でなんとか入手できました。

というわけで、レア度は、もちろん5なのですが、大学生協のみという珍しさも加味し、「+」を追加してみました。

2013年の「東海道五十三次」シリーズの中のひとつ、「和みの黒蜜味」(No.0784) と似た感じでしたが、これについては、きなこのファクターが入っています。

母ゆずり こいくちしょうゆ味

【母ゆずり こいくちしょうゆ味】 QOY3 2014.4.29   K   レア度:★★★★★

140429HahaYuzuri1     140429HahaYuzuri2

南国鹿児島では、特有の気候風土のもとで、独特の食文化が発達しました。その食文化を代表するものに、全国でも珍しい「コクのある、とびきり甘口の醤油文化」があげられます。今から約一〇〇年前に、初代当主横山栄蔵が漁師をしていた経験をもとに「子供でもおいしく魚の煮付けや煮物が食べられるように。」 そんな思いから、今のカネヨのお醤油の原形が出来、鹿児島に根ざして今日に至ります。鹿児島でも長く親しまれている甘みとコクのある深い味わいをポテトチップスでお楽しみください。

鹿児島・宮崎に展開するスーパー「タイヨー」限定という、かなりのレアものです。
カルビーHPへの掲載もなく、当然レア度は5です!

「鹿児島の味」と書かれていますが、実際、地元鹿児島のかねよ醤油「母ゆずり」とのコラボレーションになっており、ローカル色満載の銘柄です。
鹿児島の方にはなじみの深い味なのでしょうか。
もちろん製造所は「K」(鹿児島工場)です。

 

のりしょうゆ味

【のりしょうゆ味】 QOE3 2014.5.1 K レア度:★★★☆☆

140501NoriShoyu1     140501NoriShoyu2

くまモンのふるさと、熊本県は日本有数の「のり」の産地です。その熊本県有明産のりを甘口しょうゆ仕立てにしました。のりとしょうゆの深い味わいをお楽しみください。

大人気のくまモンが、カルビーポテチにも登場です!
九州地区限定で発売されました。パッケージ表面の左上にも「九州の味」とのマークがあります。
説明文にもある通り、熊本県有明海ののりをテーマとして、くまモンとコラボしています。
製造所も「K」(鹿児島工場)となっており、ローカル色満載です。

七味唐辛子味

【七味唐辛子味】 QNO3 2014.5.1 b レア度:★★☆☆☆

140501ShichimiTogarashi1     140501ShichimiTogarashi2

七味唐辛子にほんのり和風だしのうまみを加え、飽きのこないおいしさに仕上げました。

うま辛セレクトの一つとして発売されました。
前に出ている、ヒーハーバッチリチリ味、ヒーハーわさびマヨも、このうま辛セレクトとなっています。

パッケージ表面の左上と、裏面の左上には、辛さのインジケーター?でしょうか、唐辛子のマークで示されており、この商品は唐辛子6本中2本の表示となっています。

 

グランカルビー

【グランカルビー】 K レア度:★★★★☆

上段:左から順に、しお味、濃厚バター味、チーズ味、
下段:左から順に、トマト味、焦がしミルク味、いちご味

s140414GrandCalbeeShio1     s140408GrandCalbeeButter      s140409GrandCalbeeCheese

s140408GrandCalbeeTomato     s140409GrandCalbeeMilk       s140407GrandCalbeeIchigo

素材のこだわりは土づくりから。おいしさの決め手となるじゃがいもは、契約農家さんの愛情をふんだんに受けて育った大地の恵み。本物の味にこだわった安心・安全なじゃがいもだからこそ、グランカルビーの素材の美味しさがうまれました。素材本来の味、驚きの厚さ、そして華やかなカラービジュアル。その感動を五感で感じる、大人のポテトクリスプです。

いよいよ満を持して、当博物館にもグランカルビーを所蔵いたしました!

14.4.1に大阪の阪急百貨店うめだ本店に開店した「グランカルビー」
日本全国ここでしか買えない高級ポテチです。カルビーHPによれば、
「ここでしか購入できないカルビー史上“最厚”(一般的なポテトチップスの約3倍の厚さ)となる新感覚のポテトクリスプを販売」とされています。

すごい人気となっていて行列は必至。
百貨店の開店は10時ですが、その時間に行っても、「既に本日分の行列は終了いたしました」と言われました。
リベンジで臨んだ日には、わたしは6:45AMに阪急うめだ前に行きましたが既に30番目!でした。
早い人は6時とか5時台から並ぶ人もいるとか。
10時開店ですが、前の29人の方が買うのを待つわけですから実際に入手できたのは10:40でした(疲)。
4時間待ちのポテチっていったい・・・(笑)

ここに展示したものはそれぞれ15gのものです。これが4袋入ったものが一箱となっています。
6種類の味ですが、3つのジャンルに分けられています。
plain ・・・しお味、濃厚バター味
meal ・・・トマト味、チーズ味
dessert ・・・焦がしミルク味、いちご味

実際に食した感想としては、やはり強烈に分厚いので、しお味についてはじゃがりこを食べているような錯覚に陥りました(笑)。
15g入りの小袋には、2枚~4枚程度しか入っていませんが、食べ応えはあります。
「dessert」の2種類については、大丈夫か!?と思いましたが、これがなかなかイケます。

大阪に行かれた際に、「ついでに寄ってみようか」という方は、早起きの上、気合を入れてお臨みください(笑)

俺のポテト 俺のコンソメ味

【俺のポテト 俺のコンソメ味】 QOC3 2014.3.17 NU レア度:★★★★☆

140317OrenoConsomme1     140317OrenoConsomme2

チキンベースのコンソメスープに焼きのりを加えた、俺のこだわり和風コンソメ味

「俺の塩味」とともに、「俺のポテト」として2銘柄出ました。関東の一部スーパー限定での販売で、HP非掲載でもあり、レア度高めです。

2銘柄共通のコンセプトとして、 「いつもの味にこだわり素材をちょい足し。駆け出し料理人が提案する、俺流ポテト。」 と裏面に書かれています。
この「俺のコンソメ味」では、”ちょい足し”する素材は「焼きのり」です。
パッケージにも、コンソメスープとその右に焼きのりがあります。意外な組み合わせなのが「俺流」ということかと思います。

 

カルビーポテトチップスのパッケージを展示しています。

↓