「ポテトチップス」カテゴリーアーカイブ

のり好きのための濃厚のり塩味

【のり好きのための濃厚のり塩味】RYR4 2019.4.13 NU レア度:★★☆☆☆
190413NorizukiNokoNorishio1 190413NorizukiNokoNorishio2

のり好きのあなたのために のりの風味、香りを塩でより引き立てました。
塩がアクセントになり、焼きのりの香ばしさが口の中で香り立つ、のり好きの納得の1品。

またまた出てきました。「〇〇好きのための濃厚〇〇味」シリーズ。
通常の「のりしお」とは違いますね。焼き海苔の香ばしい風味が前面に
出ています。濃いです。
ローソン限定。

私の知る限り、これは今回で3回目です。
左から、2016年8月、17年8月、今回のもの
160823nokonorisiho1 170821NokoNorishio1 190413NorizukiNokoNorishio1

令和最初のポテトチップス

【令和最初のポテトチップス】RZN3 2019.4.19 NU レア度:★★☆☆☆
190419ReiwaPotatochips1 190419ReiwaPotatochips2

いよいよ改元ということで出てきた新銘柄。
味としては普通の「うすしお」です。パッケージにデカデカと
「発売日 令和元年5月1日」とありますが、それにちなんで価格も 151円 です。
ちょっと大きめの88 g 。

国を挙げての行事ですから、幅広く販売かなとカルビー公式HPに掲載されてても
おかしくなさそうですが、非掲載でローソン限定の模様。

パッケージ裏面には、うすしおの歴代のパッケージが掲載されてます。
わたしが子供の頃は今のアルミぽいのじゃなくて、ビニールで、真ん中あたりが
透明で中身が見えたバージョンだったと記憶しています。
h190419ReiwaPotatochips1

塩辛じゃがバター味

【塩辛じゃがバター味】RWE3 2019.2.25 C レア度:★★☆☆☆
190225ShiokaraJagabutter1 190225ShiokaraJagabutter2
北海道定番の組み合わせ
塩辛×じゃがバター 塩辛の独特の風味にバターのコクが加わったクセになる味わい

ラブジャパン「北海道の味」です。北海道限定。

じゃがバターの上に塩辛を載せて食べるのが北海道定番らしいですね。
以前、2016年に以下の「濃い味 塩辛じゃがバター味」が出たときに知りました。
じゃがバターをベースに少し魚介ぽい香りがするのが塩辛ですね。
s160202Koiaji-ShiokaraJagabutter

 

これをもちまして、2018年ラブジャパン(47都道府県の味)は終了です。
第1弾(2018年10月)~第3弾(2019年2月)に分けて出てきた49銘柄、一気に並べてみます。
あー今回も色々食べました! しっかしよ~やるなぁ(笑
181025RamenSalad1 190110YamawasabiShoyu1 190225ShiokaraJagabutter1 190108KaiyakiMiso1 181018Iburigakko1 190227Hittsumijiru1 190111ImoniCurreyUdon1 190225ToyomaAburafudon1 181029Koduyu1 181026Imofry1 190116YakiManju1 190225HoshiImo1 190226Yakitori1 181024Tenpura1 190116KatuuraTantanmen1 190225YokohamaTonkotsushoyuRamen1 190118KofuTorimotsuni1 190226Nozawanaduke1 190110Tarekatsu1 190108ToyamaBlackRamen1 190226HantonRice1 181025YamaUni1 190114Sakuraebi1 181025TsukemoSteak21 181025TaiwanRamen21 190225AosaMisoshiru1 190225OumigyuSteak1 181026Shibaduke21 190111BeniShogaten1 190110AburiKakinohasushi1 181029WakayamaRamen21 190222KakogawaKatsumeshi1 190111GyukotsuRamen1 190222Akaten1 181025Ebimeshi21 190110UniHoren1 181024ChickenGobou21 181031ShippokuUdon1 190223TokushimaRamen1 190109Jakoten1 190301MirayBiscuit1 181026Mizutaki1 190108ShoyuKabosu1 181024SaseboLemonSteak1 190222Minchiten1 181029KumamotoRamen1 190220Hyuganatsu1 190108KatsuoMiso1 190109Tacorice1

 

ちなみに、2017年ラブジャパンの一覧が見たい方はこちら

ひっつみ汁味

【ひっつみ汁味】RVV3 2019.2.27 NU レア度:★★☆☆☆
190227Hittsumijiru1 190227Hittsumijiru2

ふるさとの味、おあげんせ 
鶏やごぼうなどの根菜のうまみたっぷりのだしに、小麦粉をこねて伸ばして煮込む
ひっつみ汁の味わいを再現したポテトチップス。

ラブジャパン「岩手の味」です。東北・信越限定。

開封すると、醤油ベースのだしの香り。
食べてみると、鶏のうまみ、そしてゴボウテイストが良く出ていました。
いや、ホント、ごぼうの風味の出し方は毎回秀逸ですね。
なんとなく懐かしい味がして美味しかったです。

ひっつみ汁味は以前に出たことがありました。
2014年3月の「東北紀行」というシリーズ(5銘柄同時発売)の中のひとつ。
近畿・中部限定発売でした。
s140305HittsumiJiru

ちなみに2017年の「岩手の味」は「盛岡じゃじゃ麺味」でした。
170908Iwate-MoriokaJajamen1

とよま油麩丼味

【とよま油麩丼味】RVU3 2019.2.25 NU レア度:★★☆☆☆
190225ToyomaAburafudon1 190225ToyomaAburafudon2

カツ丼のカツの代わりに油麩を使った登米のご当地グルメ! 
だし汁を吸った油麩とネギに、絶妙にからむ半熟の卵の味わい。登米産のおいしい
ごはんにもぴったりのご当地の味を、ポテトチップスでお楽しみください。

ラブジャパン「宮城の味」です。東北・信越限定。

カツの代わりに油麩とはずいぶんヘルシー。
やや甘めですが、かつおだしの風味がしっかり出ていて美味しかったです。

ちなみに2017年の「宮城の味」は「仙台牛の炙り焼き味」でした。
170909Miyagi-SendaigyuAburiyaki1

サワークリーム仕立て

【サワークリーム仕立て】RYS3 2019.3.28 M レア度:★★★☆☆
190328SourCream1 190328SourCream2

おいしさのポイント!
・オニオンの甘みと旨み
・サワークリーム仕立ての爽やかな酸味
・ザクザクの厚切り食感

100均のダイソーに買い物に行ったら、こんなの見つけました。
カルビー公式HPでも、ネット上でもあまり情報が見つかりませんが、
パッケージ的にもまあ間違いなくダイソー限定でしょう。
h190328SourCream1
商品コード的にも「RYS」とかなり若いので最近出たモノと想定されます。
珍しく製造所が「M」。これは広島工場西棟。うーんなぜだろう。
わたしの地域(関東)では通常はこんなの(=広島工場のもの)は見ません。

ふと思いつきましたが、ダイソー(大創産業)は広島の会社だったよなあと。
で、カルビーも広島が創業の地。おまけに4/30で創立70周年。
そのコラボ?というのは想像しすぎか。まあいいや。

味としてはオーソドックスな厚切りサワクリ。
でも普通のサワクリよりもサワクリ感控えめで、その分オニオンの甘みが
より主張されていてわたしは好きです。

厚切りカット トリプルチーズ味

【厚切りカット トリプルチーズ味】RXV3 2019.1.24 Y レア度:★★★☆☆
190124TripleCheese1 190124TripleCheese2

3種類のチーズ
チェダーチーズ、カマンベールチーズ、エメンタールチーズを使用し、チーズの美味しさを
ふんだんに味わう厚切りカットのポテトチップスです。

かなり久しぶりにドンキホーテに買い物に行ったらこんなの見つけました。
ネットで調べて見ますと、ドンキ限定なんですかね。詳細不明。

その名の通り、「ザ・チーズ」という味付けです。
ギザギザのチップスを使用しています。

焼きとうもろこし味

【焼きとうもろこし味】RYF3 2019.4.17 NU レア度:★★☆☆☆
190417YakiTomorokoshi1 190417YakiTomorokoshi2

「じゃがバター味」と並んで出てきた、朝ドラ「なつぞら」とのコラボ銘柄。
「なつぞら」の舞台が北海道・十勝ということから、十勝産じゃがいもを使ったポテチ。
地元の士幌高校ともコラボしているもののようです。

焼きもろこし味のポテチです。

じゃがバター味

【じゃがバター味】RYG3 2019.4.12 NU レア度:★★☆☆☆
190412JagaButter1 190412JagaButter2

NHK朝の連続テレビ小説(いわゆる朝ドラ)、今やってる「なつぞら」は第100作だそうですが、
その舞台となっているのが北海道・十勝ということで、十勝産じゃがいもを使用したポテチが
2つ出ました。
パッケージの下半分に「なつぞら」のデザインです。

オーソドックスに、じゃがバター味で美味しかったです。

極濃 ミートソース味

【極濃 ミートソース味】RWH3 2019.4.9 NU レア度:★★☆☆☆
190409GokunoMeatSauce1 190409GokunoMeatSauce2
肉のうまみたっぷり!
チーズのコクがおいしさ引き立てるミートソース味 
後引くガッツリ濃厚なおいしさはまさに濃さの極み!?

極濃の新銘柄は、ミートソースで来ました。これは初めて。
カルビー公式HPによると、「たっぷりかかっていたら嬉しいソースやたれの味」をテーマに
検討されたモノとのこと。

確かに濃いですね。ミートとチーズ、で、トマトですかね、
しっかりパスタのミートソースしてました。

野沢菜漬け味

【野沢菜漬け味】RVX3 2019.2.26 Y レア度:★★☆☆☆
190226Nozawanaduke1 190226Nozawanaduke2

信州のふるさとの味!
ごはんのおともにも、お茶うけにも楽しまれ、親しまれている野沢菜漬け。
野沢菜漬けの酸味と旨みを、ポテトチップスでお楽しみください。

ラブジャパン「長野の味」です。中部限定。

野沢菜漬け、来ましたか。わたしコレすごく好きなんです。
いっつもポリポリ食べてるんですが、それがポテチに。

開封しますと、酸味っていうのかな、酸っぱい匂いが。
食べてみると、塩味に酸っぱさが混じったような感じですね。
うーん、ちょっと野沢菜までは感じにくい。時々、「あー言われてみれば」的な。
まあでもそれなりに美味しかったです。

ちなみに2017年の「長野の味」は「キムタクごはん味」でした。
180215KimutakuGohan1

贅沢ショコラ 塩バニラ味

【贅沢ショコラ  塩バニラ味】RXS3 2019.2.20 C レア度:★★★★☆
190220ZeitakuChocolaShioVanilla1 190220ZeitakuChocolaShioVanilla2
ガーナ産カカオ豆の本格的なチョコレートに香り高く、ミルキーなバニラの風味を合わせました。
甘じょっぱい贅沢な美味しさをお楽しみ下さい。

贅沢ショコラの新味、こんなの出てました。
カルビー公式HPには見当たりません。西友限定のようです。

バニラ風味がちゃんと出てました。
塩とのコラボですから甘塩っぱい感じです。

むかし贅沢ショコラの派生形として「贅沢バニラ」というのが出たことが
ありました。
2012年4月
s120410ZeitakuVanilla

あおさの味噌汁味

【あおさの味噌汁味】RVM3 2019.2.25 G レア度:★★☆☆☆
190225AosaMisoshiru1 190225AosaMisoshiru2
三重のあおさは生産量日本一!
青さ海苔(ヒトエグサ)は穏やかな内湾性の海を好むので、三重県のリアス海岸は
絶好な生育環境なのです。

ラブジャパン「三重の味」です。中部限定。

「あおさ」ってことなので、あーのりしおみたいな感じかなと一瞬思いましたが、
よく見ると、「味噌汁味」なのかと。パッケージの写真では赤味噌ですね。

食べてみますと、確かにあおさの香りはふわっと。味噌は言うほど感じなかったかなあ。
でも美味しかったです。

ちなみに2017年の「三重の味」は「伊賀の國 忍者流 干し肉と梅味」でした。
171111HoshinikuUme1

シーチキンマヨ味

【シーチキンマヨ味】RWS3 2019.3.27 NU レア度:★★☆☆☆
190327SeachickenMayo1 190327SeachickenMayo2

シーチキンにマヨネーズを加えてまろやかに仕上げた旨みとコクのある味わいのポテトチップスです。

シーチキンの「はごろもフーズ」とのコラボ。
これも前に出たことありました。
開封するなり、マヨネーズで和えたシーチキンの匂いが上ってきます。
味もやはり再現されていると思います。

前に出たバージョン(2013年6月)
s130618SeaChickenMayo

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油味

【桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油味】RWR3 2019.3.27 NU レア度:★★☆☆☆
190327MomoyaRayu1 190327MomoyaRayu2
「キムチの素」に代表されるように、辛いモノ創りにはこだわりの有る桃屋が、2009年に発売し、
食感と旨さを楽しむ”食べるラー油”として親しまれています。
機械に任せず、毎回人の手で丁寧にあげたフライドガーリックとフライドオニオンをたっぷり使用しています。
餃子、ラーメンなどの香味漬けは勿論の事、冷奴・和え物・うどん・サラダなど、シンプルな料理にも、
またそのままごはんにのせても、美味しい辛さと旨さを楽しむことができます。

久しぶりですね。「桃屋」とのコラボ。むかしもコレ出たことあります。
チップスはオレンジ色ぽいのですが、それほど辛くはありません。
ガーリック風味が強いですね。
個人的には、ラー油感がもっとあると良かったかなあ。

むかし出たものを並べてみます。
左)2012年8月  右)2013年7月

s120820Rayu
s130702Rayu