「ポテトチップス」カテゴリーアーカイブ

濃厚ビーフシチュー味

【濃厚ビーフシチュー味】SML3 2020.10 NU レア度:★★★☆☆
2010NokoBeefStew1  2010NokoBeefStew2
厚切りカットの食べ応えとじっくり煮込んだコク深いビーフシチューの味わいが楽しめる、肌寒い季節にぴったりな味わい

マツキヨ限定。
ビーフシチューは過去にも何度か出ていますが、外さないですね。
今回もトマト風味もしっかり感じられるビーフシチュー感がよく出ています。
厚切りギザギザタイプのチップスで食べ応えもありです。

過去のビーフシチュー銘柄
①恋するおじゃがビーフシチュー味(2013.11関西限定)②ポテリッチ大人のビーフシチュー味(2015.10)③ビーフシチュー味(2018.10ライフ限定)
s131111KoisuruOjagaBeefStew s151030Potarich-OtonaBeefStew 181019BeefStew1

ごぼうびチーズ味

【ごぼうびチーズ味】SIR3 2020.10 NU レア度:★★★☆☆
2010GohoubiCheese1  2010GohoubiCheese2
5つの素材でごほうび気分
「カマンベールチーズ」「モッツァレラチーズ」「チェダーチーズ」「クリームチーズ」「エメンタールチーズ」の5種のチーズを使用し、ふんわり甘く濃厚なおいしさ♪に仕上げました。

カルビー公式HPの新商品のコーナーでは見なかったのですが、スーパーでこんなの見つけました。

調べてみると、2019/8にも出ていたようですね。消費者の声を集めて開発につなげたというもののようです。

説明文にある通り、5種類のチーズを使っています。
開封と同時に思いっきりチーズ臭が上ってきます。
わたしはあまりチーズが強すぎるのは苦手ですが、これはチーズ好きにはたまらないのではないでしょうか。

くせになるポテトチップス のりしおバター味

【くせになるポテトチップス のりしおバター味】EQA2 2020.10 Y レア度:★★☆☆☆
2010NorishioButter1 2010NorishioButter2
香ばしい焼きのりの風味とバターのコクが、くせになる味わいー♪

酒のおつまみコーナーみたいなところで、ぶら下がって売ってるタイプのもの。
45gの小サイズです。

堅あげタイプのチップスを使用しており、そこにのり塩とばたーをで味つけしています。
のり塩風味もバッチリですが、そこにバターのコクというかほんのりとした甘みもプラス。
なかなか良かったです。ファミマ限定。

マヨネーズ好きのためのコク深マヨネーズ味

【マヨネーズ好きのためのコク深マヨネーズ味】SKP4 2020.10 NU レア度:★★☆☆☆
2010MayozukiMayonnaise11  2010MayozukiMayonnaise1
マヨネーズ好きの皆様にお届けする、渾身の一品。旨味、コク、酸味・・・マヨネーズの味の魅力をあらゆる角度から追求し、こだわりぬいたポテトチップスです。
日頃の悩みも、ストレスも、罪悪感も、すべて一旦脇に置いて。奥深い濃厚な美味しさを思う存分お楽しみください。

”○○好きのための” というシリーズ、ローソン限定でもうかなり定着してきました。

今回は「マヨ好き」のためのです。
○○好きのための、は、わたしが知る限り、2016年8月から出ていますが、「マヨネーズ好きの」は
今回初めてです。

食べてみますと、もろに「マヨネーズ」ですね。(当たり前ですが)
思ったよりはしつこくくどくなくてまあまあ良かったです。

ザ・ポテト 花藻塩味

【ザ・ポテト 花藻塩味】SJX3 2010.10 NU レア度:★★☆☆☆
2010ThePotatoHanamoshio1    2010ThePotatoHanamoshio2

生産者のこだわり感じるザ・ポテト。ちょっぴり厚めのスライス。
うまみを閉じ込めた花藻塩味。

若干厚めカットとパキパキした食感がおいしい「ザ・ポテト」の新銘柄。

花藻塩(はなもしお)って何だろと思って調べてみると、カルビー公式HPにありました。

花藻塩とは、瀬戸内海の海水と国産の海藻を使用して作られた塩です。海藻の旨味が凝縮された優しい味わいの塩がじゃがいものおいしさを引き立てます。

とのこと。サッパリしたシンプルな塩味とパッキパキの食感が楽しめます。すごく美味しかった。

3つの白い誘惑~バター×チーズ×マヨ味

【3つの白い誘惑~バター×チーズ×マヨ味】SLP3 2020.10 NU レア度:★★☆☆☆
2010Butter-Cheese-Mayonnaise1 2010Butter-Cheese-Mayonnaise2
バターとマヨネーズのコクにチーズの旨みが織りなすこってり濃厚な味わい・・・ゴクリ・・
君はこの3つの白い誘惑に勝てるか

「ラスボス級 ジャンクすぎるポテトチップス」とあります。
「3つの白い誘惑」という面白いネーミングです。
開封すると、まずは強めのチーズ臭がのぼってきます。
食べてみると、マヨネーズも少し感じますね。
バターなのかコクもあります。
時々オニオンの旨みなんかも感じられますが、いろいろ盛りだくさん。全般にはしつこめ。

情熱を込めた厚切り明太チーズ味

【情熱を込めた厚切り明太チーズ味】SLL3 2020.10 Y レア度:★★★☆☆
2010MentaiCheese1 2010MentaiCheese2
明太子とチーズのマリアージュ

(たぶん)ウエルシア限定。

どの辺が「情熱」なのかは分かりませんが(笑)、
明太子はけっこう風味が良く出ていていいです。そして
チーズがまろやかさを添えており、全般的にはまろやかな明太という感じで良かったです。

復活のコーンポタージュ味

【復活のコーンポタージュ味】SLM3 2020.9 Y レア度:★★★☆☆
2009FukkatsuCornpotage1 2009FukkatsuCornpotage2
“あの手”を使ったドンキさんによりコーンポタージュ味が復活!!

約1年前に、ドンキホーテから出た「念願のコーンポタージュ味」の再発売です。
「念願の」をバッテンで消して「復活の」としてあります笑。

1年前のものが、なぜ「念願の」なのかについては、こちらです。
↓ 2019/9「念願のコンポタ味」
1911NenganCornpotage1

ギザギザチップスにしっかりコンポタしていて美味しいです。
ドンキ限定。

クランチポテト サワークリームオニオン味

【クランチポテト サワークリームオニオン味】EPK3 2020.9   NU レア度:★☆☆☆☆
2009CrunchPotatoSourcreamOnion1  2009CrunchPotatoSourcreamOnion2
サワークリームのさわやかな酸味とコクにオニオンの甘み。
隠し味にガーリックをプラスした、濃厚なおいしさです。

ソルト味と並んで、新発売から1年でリニューアルとなりました。
堅あげポテトよりも堅い食感で噛みごたえのあるチップス。
サワクリをベースにオニオンの甘みも感じられます。

2019年9月 新発売の時のもの
190919CruchPotatoSourcreamOnion1

クランチポテト ソルト味

【クランチポテト ソルト味】EPJ3 2020.9 EPJ3 NU レア度:★☆☆☆☆
2009CrunchPotatoSalt1  2009CrunchPotatoSalt2
ザクザクカットのじゃがいもを低温でじっくりフライ。
ハードな食感と、食感に合わせた濃厚な味わいが楽しめます。
シンプルなしお味に、うまみをきかせた濃厚なおいしさです。

カルビーポテチの中で最も堅い(最堅:さいかた)と謳っているクランチポテトが
リニューアルとなりました。
最初に出たのは2019年9月なので、デビューから1年というところです。

堅あげポテトよりも堅い、バリバリとした食感で食べ応えがあります。
カロリーは他のポテチよりも軽めです。

最初に出た2019年9月のもの。
190919CrunchPotatoSalt1

厚切りザクッとポテト お好み焼き味

【厚切りザクッとポテト お好み焼き味】2020.7 NU レア度:★★★☆☆
2007AtsugiriZakuttoOkonomiyaki1  2007AtsugiriZakuttoOkonomiyaki2

ローソンの「ザクッとポテト」シリーズです。
日頃は採り上げていませんが、期間限定で珍しいのが出てたので買ってみました。
h2007AtsugiriZakuttoOkonomiyaki2

ギザギザタイプのチップスを使用。
開封すると、お好み焼きソースのにおいが上ってきまして、食欲をそそられます。
味としてもお好み焼きしてました。美味しいです。

やっぱり「お好み焼き」は過去にも数々出てきていますからポテチとの相性は良いですね。

ビネガー

【ビネガー】SIT2 2020.8 NU レア度:★★★
2008Vinegar1   2008Vinegar2

8/24に全国で発売、とのことで、いろんなスーパーに買い物に行く都度見てましたが、なかなか見つからず。
取り扱ってる店少ないですねえ。ようやく見つけたのでレア度チョイ高にしときます。

タイトル通り、「ビネガー」つまり「酢」ですね。すっぱいポテチです。
すっぱいポテチは今までいろいろ紆余曲折ありましたね。
それゆえに、これが出てきたの見て思わず面白くなりました(笑。

今回の「ビネガー」は、辛い系ポテチ「カラビー」の姉妹ブランドとの位置づけ。
「カラビー」では、架空のカルビー社員である「辛沢シゲキ」が開発者のキャラとして使われています。
「辛さは刺激」というシャレになっており、初めて発売されたのは、あの「半沢直樹(第1シリーズ)」が放送され、
「倍返し」が流行語となった2013年の翌年、2014年でした。
半沢直樹と辛沢シゲキ。なんか似てるなぁと思ったものです(笑。実際ふたりとも金沢出身。
180326KarabeeAtsuguriHotChilli1 1404KarabeeMeishi

実際、このブームに乗って以下のような商品も出たことありますしね(笑。 (いずれも2014年1月)
s140116HihaBaigaeshi 140117SuhaBaigaeshi1

で、上記の右写真にも見られますが、酸っぱい系ポテチとしては、当時「す~ハー」というのもありましたし、カラビーの姉妹系として当時「サワービー」というのも出ていたのです(以下写真、2015年5月)。
わたしが知る限り、この単発で終わって定着はしなかったように記憶しています。
s150512Sourbee h150512Sourbee
そして、そのキャラとして、「酢好美味(すずき・みみ)」というのが居ましたが・・・。
(すずきさんどこ行っちゃったんだろう?)

今回の「ビネガー」では、辛沢の同僚として「酸芋愛(すいも・あい)」という女性社員が。名刺は特になし。
今回の「ビネガー」は、酸味系ポテチとして、「カラビー」と並び立つブランドとなりうるでしょうか。

のり塩コンソメWパンチ

【のり塩コンソメWパンチ】SLC4 2020.8 Y レア度:★★☆☆☆
2008NorishioConsommeDoublePunch1 2008NorishioConsommeDoublePunch2
のり塩とコンソメ、WとWのまさかのコラボレーション!
焼きのりとあおさの風味にお肉や野菜のうまみ!パンチの効いたやみつき感が楽しめる!

今度は「のり塩Wパンチ」と「コンソメWパンチ」とのコラボ。
2019/12に「のり塩パンチ」の強化版「のり塩Wパンチ」が出ました。
さらに、このところ、秘伝スパイス強化の「禁断のコンソメパンチ」が出たり、
焼きのり・唐辛子を強化した「禁断ののり塩パンチ」もついこのまえ出てましたからね。その延長線かな。

どんなものかと食べてみました。う~ん、残念ながら、個人的にはナシです。
味的にはコンソメがかなり強くて、のり塩を食っちゃってると思います。
そりゃそうだよなぁ、海苔がそれ単体でコンソメを凌駕する、いや比肩するほど味の強い食材でも無いわけで、
香りも無理に感じようとすれば、あ~海苔かなーと感じるくらいでコンソメには負けます。
別に食べればそれぞれはかなり美味しいのですが、今回のコレについては、チト無理があったのでは無いかと個人的には思います。
94gの大容量、セブンアンドアイ限定。

関連銘柄。
左から、①のり塩Wパンチ(2019/12)②禁断コンソメ(復活版)(2020/3)③禁断のり塩パンチ(2020/8)
1912NorishioDoublePunch1 2003KindanConsommePunch1  2008KindanNorishioPunch1

 

ガリチーズ&チキン味

【ガリチーズ&チキン味】SLE3 2020.8 NU レア度:★★☆☆☆
2008GalicCheese1 2008GalicCheese2
「シュクメルリ」の味わいをヒントにガーリックの風味とチーズのコクにチキンの旨みをプラス!
まさにガーリックチーズを進化させた味わい!

「進化系」というデカイ文字が目を引きます。そして猿人から現代人への進化を示す例の絵。
思わず、よしもと新喜劇の森田まりこを思い出した、というのはどうでもいいとして(笑。

「ガリチーズ」とありますが、これはガーリックチーズのこと。
説明文をよく読むと、今度はいきなり「シュクメルリの味わいをヒントに」とあります。

あれ?このシュクメルリって、少し前に牛丼の松屋でやってた、どっかの国の料理じゃなかったっけなと。
調べてみると、やっぱりそうでした。中央アジアのジョージア料理「シュクメルリ」でした。
当時SNSでもかなり話題になったようですね。
「鶏もも肉を使った”にんにく” と ”とろけるチーズ” のクリームシチュー鍋」です。

確かにコンセプト通り、ガーリックの効いたチキン味、そしてチーズのまろやかさが重なっています。
ファミマ限定。

デリッシュタイム わさびクリーム味

【デリッシュタイム わさびクリーム味】SJB3 2020.8 NU レア度:★★☆☆☆
2008DelishTimeWasabiCream1  2008DelishTimeWasabiCream2
わさびのツンとした辛味を立たせ、チーズ、味噌、クリームを隠し味として複雑でコクのある味わいが楽しめる、刺激的なポテトチップスです。

スパイシーチリと並んで出てきた新銘柄「DELISH TIME」です。
この「デリッシュタイム」のコンセプトは、カルビー公式HPによれば、
スパイスを中心に相性のよい調味料を合わせ隠し味を加える、まるで料理のような発想で贅沢に、味付けにこだわり抜いた、ポテトチップス
とのことです。

わさびを中心に、隠し味がチーズ・味噌・クリームと。
いや隠し味というほどではなくて、クリームもチーズもけっこう前に出ていましたので、
ツーンとした辛さの中にもマイルドさは感じられ、けっこうマッチしていました。