「ポテトチップス」カテゴリーアーカイブ

ポテリッチ オニオンコンソメ味

【ポテリッチ オニオンコンソメ味】SJL3 2020.7 Y レア度:★★☆☆☆
2007PotarichOnionConsomme1 2007PotarichOnionConsomme2
ローストオニオンを使用し、旨味と甘み、コクある味わいに。濃厚で後引く美味しさは厚切りポテトチップスにぴったりです。 

ポテリッチの新包装形態の新銘柄。今度はオニオンコンソメです。
たまねぎの風味が良く出ていますね。コンソメとも相まって非常に美味しかったです。

すみだ北斎美術館監修ポテトチップス うすしお味/コンソメパンチ

【すみだ北斎美術館監修ポテトチップス うすしお味】  SIN3 2020.7 NU レア度:★★★☆☆
【すみだ北斎美術館監修ポテトチップス コンソメパンチ】SJE3 2020.7 NU レア度:★★★☆☆
2007UsushioSumidaB1  2007UsushioSumidaA1 2007ConsommeSumidaA 2007ConsommeSumidaB
なにやら面白いものが出てきました。

葛飾北斎の生誕260周年を記念して、東京都墨田区の「すみだ北斎美術館」とのコラボ作品4銘柄が発売です。
味としては、「うすしお」と「コンソメパンチ」ということでオーソドックスです。

北斎を代表する絵画、「あー見たことある」的なものですが、
うすしおの一つの作品では、桶を作る職人がポテチを食べているパロディも含まれています。
h2007UsushioSumidaA2
コンビニ限定の商品です。1か店で4種類置いてあるところはなくて、数軒回って揃えてみました。

激辛好きのための激旨辛味

【激辛好きのための激旨辛味】SKO4 2020.7 NU レア度:★★☆☆☆
2006GekikarazukiGekiumakara1 2006GekikarazukiGekiumakara2
旨味×辛味が織りなす激旨辛の世界への招待状です。
そのままでもおいしく召し上がっていただける、旨味溢れる牛だし風味のポテトチップス。
付属の激辛パウダーを振りかけることで味わいが一変します。
赤唐辛子・青唐辛子・ハバネロパウダーがブレンドされた禁断のパウダーはその名の通りまさに激辛。
ポテトチップスと激辛パウダーが混ざり合ったら最後、辛さと旨さの無限ループがみなさまを”激旨辛”の世界へ誘います。

ローソン「○○好きのための」シリーズの新銘柄。今度は「激辛好きのための」と来ましたか。

パッケージ表面、左下のところに「激辛パウダー」という銀の袋が強力な接着剤で貼ってあります。
(上の写真はそれを外した後です)
何もつけずに食べても、「牛だし風味」ということで美味しいらしいです。1,2枚食べたらそんな感じでした。
h2006GekikarazukiGekiumakara1

さて、そのあと。銀の袋の激辛パウダーを投入し、こぼれないようにシャカシャカ混ぜてから食べてみました。
確かに激辛でヒーとなる感じです。赤・青唐辛子にハバネロですからね。
もはや牛だしの味は分からない。舌がビリビリでした。

わさび漬味

【わさび漬味】SIF3 2020.7 Y レア度:★★☆☆☆
2006Wasabiduke1 2006Wasabiduke2
静岡のわさび漬 
わさびの茎を酒粕に漬けた有名な「わさび漬」。
わさび漬は、江戸時代に駿河国(現・静岡県)の商人によって考案され、全国に広まったと言われております。

ラブジャパン「静岡の味」です。関東・山梨限定。

2019年度のラブジャパン「静岡の味」で採用された「わさび漬味」が今年も登場。
わさび漬のツーンとした辛さはあるんですが、あの酒粕感を出すのはかなり難しいですかね。

2019年度ラブジャパン「静岡の味」
190912Wasabiduke1

7種のだし味

【7種のだし味】SKJ3 2020.7 NU レア度:★★☆☆☆
2006_7dashi1 2006_7dashi2
組み合わせにこだわった7つの素材が醸し出す、奥深いだしの旨味が味わえます。

レインボーカラーで「7」とデカデカと書かれた「7種のだし味」。
セブンイレブン限定みたいです。

7種類のだしとは? かつおぶし、しいたけ、こんぶ、かき、ほたて、あさり、えび のようです。

実食。うーん、やっぱりだしの旨味にはハズレはないですねえ。7種類をひとつひとつ味わえたかといえば、そんなに舌は肥えてはいませんが、素直に美味しかった!

 

あーそういえば、なんか少し既視感があるなあ、と思ったら、少し前にこのコンセプト出てました。ドン・キホーテ限定の「レインボーポテチ」。この時はギザギザタイプのチップスでした。今回の通常タイプのチップスでもどちらもイケる。
↓ 2018/2「レインボーポテチ なないろ出汁味」
180214Rainbow7dashi1 h180214Rainbow7dashi1

ほしいも味

【ほしいも味】SIE3 2020.6 NU レア度:★★☆☆☆
2006Hoshiimo1 2006Hoshiimo2
茨城の大スター!ほしいもの味わい! 
茨城県産さつまいも100%使用。ほしいものほっこり甘い味わいを再現。

ラブジャパン「茨城の味」です。関東・山梨限定。

昨年に引き続き、茨城は「ほしいもの味」で来ました。
おさつスナックのような甘さと塩のしょっぱさがなかなか良いです。

 

横浜家系ラーメン味

【横浜家系ラーメン味】SHV3 2020.6 Y レア度:★★☆☆☆
2006YokohamaRamen1 2006YokohamaRamen2
ガツンと濃厚、横浜家系ラーメン
とんこつと鶏ガラをベースにしたこく深いスープに、醤油ダレを加えた濃厚な味わいを再現!

ラブジャパン「神奈川の味」です。関東・山梨限定。

■2020年度のラブジャパンについて
2017年度から始まった「ラブジャパン」プロジェクト(ポテトチップスで
47都道府県の味を再現するもの)
ですが、今年は4回目となりました。

今年は、各都道府県で過去3年間に発売した味のうち、好評だった味を発売するそうですが、
今回は、ポテトチップスに限らず、他のブランドにも展開したことが特筆すべき点です。
「他のブランド」というのは、具体的には
「ポテトチップス、ポテトチップスクリスプ、堅あげポテト、じゃがりこ、Jagabee、サッポロポテト、かっぱえびせん」の

7ブランドのいずれかです。

今年度の47商品について、この7ブランドの内訳を調べてみました。
そうは言っても、やっぱりポテチが半分くらい、次いで、堅あげポテトが多いですね。
・ポテトチップス・・・24

・ポテチクリスプ・・・   2 (青森・愛媛)
・堅あげポテト・・・・  7 (山形・栃木・千葉・愛知・京都・島根・佐賀)
・じゃがりこ・・・・・   2 (北海道・福岡)
・Jagabee ・・・・・・   2 (富山・香川)
・サッポロポテト・・・  5 (岩手・山梨・和歌山・兵庫・高知)
・かっぱえびせん・・・  5 (東京・新潟・三重・広島・大分)

当サイトでは、今まで通り、「ポテトチップス」と「堅あげポテト」のみを採り上げます。
すべて地域限定なので入手できたものだけ載せていきます。

激辛インドカレー味

【 激辛インドカレー味】SJR3 2020.6 NU レア度:★★★☆☆
2006GekikaraIndiaCurry1 2006GekikaraIndiaCurry2
あなたはこの辛さに耐えられますか?
本当に辛い!

ドンキ限定の模様。
パッケージ写真で見られるとおり、厚切りギザギザカットのチップスを使用しています。

いや~確かに辛いわ、これ! 舌がビリビリきますね。
でも、辛いだけというのでは無くて、いろいろな香辛料の風味の中にカレー(本場のインドカレー)的な
テイストは感じられます。
原材料のところを見ると、チキンエキスパウダーがありますから、チキンカレーなんですかね。

今まで食べたカルビーポテチでは最も舌が痛かったです。

夏ポテト 安曇野わさび醤油味

【夏ポテト 安曇野わさび醤油味】SGS3 2020.6 NU レア度:★★★☆☆
2006NatsupotatoWasabishoyu1 2006NatsupotatoWasabishoyu2

長野県安曇野産わさびを使用し、ピリッとしたわさびの刺激と醤油の風味が夏にぴったりのおいしさです。

毎年の夏ポテトは、「塩味系」(青)と「梅系」(赤)の青・赤コンビで出ることが多いですが、
時々、「わさび系」(緑)も加えて、青・赤・緑のトリオで出る年もあります。

今年は、青・赤・緑の3つで出てきました。
いや~しかし今回、この緑がなかなか店頭で見つからなくて。
いろいろな店を見ましたが、どこも青・赤の2つしか並べてなくて、あれ、おかしいなあ~と思ってたら
ドンキで見つかりました。というわけで、ちょいレア度高めにしてあります。

わさびのツンとした香りに醤油味がマッチして良いです。

過去の夏ポテ、わさび系、並べてみます。
一番左は2010年。この年は「青」に代わって「緑」と「赤」の2つで出ました。これが「緑」の始まりです。
次は2011年。この年に初めて「青・赤・緑」の3種となりました。
あとは順に、2015、16、18、19年です。
s100531NatsupotatoWasabishio s110530NatsupotatoWasabi  s150604NatsupotatoAzuminowasabi 160616Natsupotato-Azuminowasabi1 180605Natsupotato-AzunimoWasabi1190605Natsupotato-AzuminoWasabi1

わさび×味噌あじ

【わさび×味噌あじ】SIZ3 2020.6 G レア度:★★★★☆
2006WasabiMiso1 2006WasabiMiso2

「わさび」と「味噌」の目新しい組み合わせのポテトチップス。
わさびの刺激と味噌のコクがやみつきになるおいしさです。

けっこうなレアものをゲットしました。
パッケージ左上にも出ていますが、マックスバリュー限定。
で、推測ですが、マックスバリュの中でも、たぶんマックスバリュー「東海」限定では無いかと。
以前にもマックスバリューは「東海限定」を何度か出していることや、今回の製造所記号「G」は
岐阜県各務ヶ原工場であること、そして、パッケージ表面に載ってる「味噌」がどう見ても赤味噌です。

変わった組み合わせだなあと思って食してみました。
わさびのツンとした香りとピリ辛感は感じますね。味噌についてはどうだろう、
コクみたいなものは感じますね、赤だしの。
当初の想定よりはまずまずの味でした。

くせになるポテトチップス しあわせバターレモン風味

【くせになるポテトチップス しあわせバターレモン風味】EPM2 2020.6 Y レア度:★★★☆☆
2006ShiawaseButterLemon1   2006ShiawaseButterLemon2

「バター」「はちみつ」「パセリ」「マスカルポーネチーズ」の4つの素材に
「レモン」をプラスしました。

既に人気の定番になっている「しあわせバター」。
それにレモンを追加したというもの。
そして、チップスは堅あげポテト系のカリカリバージョン。

確かに「しあわせバター」のような、ほんのり甘くバターのコクが出ています。
そこにふわりとレモンが入ってほんの少し酸っぱさも。まあまあ合ってました。
45g の小さいバージョンでした。ファミマ限定。

謎解きクイズ 導きのブラックペッパー味

謎解きクイズ 導きのブラックペッパー味】SJD3 2020.6 NU レア度:★★☆☆☆
2006NazotokiBlackPepper1 2006NazotokiBlackPepper2

あんまり詳しくないんですが、「リアル謎解きゲーム」というのがあるそうで、
その制作・運営チーム「よだかのレコード」とのコラボとのこと。

表裏にその謎解きが書いてあります。解いていませんが、かなり難易度が高いもの
のようです。

味としてはオーソドックスなブラックペッパーの味です。

ソルテッドエッグフレーバー

【ソルテッドエッグフレーバー】SJN3 2020.5 NU レア度:★★☆☆☆
2005SaltedEggFlavor1 2005SaltedEggFlavor2

塩漬け卵の味わい!?騙されたと思って食べてごらん。
ほら、一度食べたらきっとやみつき~!

塩漬け卵? そんな料理があるんですね。
調べてみると、中国とか台湾の家庭料理みたいです。
で、「アジア圏を中心に人気のあるフレーバー」らしく、この味のポテチが
東南アジアとかで売ってるみたいです。それを日本に初投入と。

確かに塩味は強めですね。なんとなくコクを感じるのが卵かな。
まずまずでした。
ファミマ限定。

のり好きのための薫るのり塩味

【のり好きのための薫るのり塩味】SIU4 2020.5 NU レア度:★★☆☆☆
2005NorizukiKaoruNori1 2005NorizukiKaoruNori2
香りを堪能してほしいのり塩味 
のり好きにはたまらない口にした瞬間にふわっと香り立つ焼きのり。
キレのある塩味でさらに美味しさを引き立たせました。
目を閉じて香りをお楽しみいただきたい一品です。

ローソン限定の「○○好きのための」シリーズ。
今度は「のり好き」で来ました。19年にも出てるんですが、今回はさらに濃厚
だったような気がしました。
わたしはのり塩は大好きなので、香りも楽しみながら頂きました。非常に美味しかったです。

前回の「のり好きのための」。2019/4
190413NorizukiNokoNorishio1

粗挽きマスタード&チョリソー風味

【粗挽きマスタード&チョリソー風味】EOU2 2020.2 Y レア度:★★☆☆
2002ArabikiMustardChorizo1 2002ArabikiMustardChorizo2
チョリソー風味とマスタードの程良い辛味が、クセになるおいしさ。

2019年に出てきてた新キャラ「クセニ・ナール」の新銘柄。
店頭で見かけたので買ってみました。日付を見ると、2月くらいに発売されてたんですかね。
ファミマ限定の模様で、デザインも2パターンあったみたいです。

19年に出てきた「クセニ・ナール氏」の銘柄。アンチョビガーリック。
190110AnchoviGarlic1 190815AtsugiriAnchovyGarlic1


h2002ArabikiMustardChorizo1

「クセニ・ナール」氏については、裏面に書いてあります。
名門ナール家5人兄妹の三男。父はエラク・ナール氏。
この時点で既にベタベタなダジャレになってるわけですが(笑、

今回については、
「スペイン中を探し回って、遂に
超理想のチョリソーに出会ったそうです。
そして、店主に思わず、
マスター、ドーしてこんなに美味しいのですか」と叫んだと。

しっかしすごいなこのダジャレ(笑。

そういうわけで、マスタード&チョリソー風味です。
当然だけど、こういうのも企画会議に真面目に通すんだよなあと、
ふと考えていたら、妙に笑えてきました。