「ポテトチップス」カテゴリーアーカイブ

魅惑のチーズ味

【魅惑のチーズ味】SED3 2019.10 Y レア度:★★★☆☆
1910MiwakuCheese1 1910MiwakuCheese2
「チェダーチーズ」「ゴーダチーズ」「ブルーチーズ」「エメンタルチーズ」の4種のチーズと
はちみつを使用した味わい深いおいしさ。
食べたらくせになる「魅惑のチーズ味」をどうぞお楽しみください。

忘れた頃にやってくるマツキヨ限定。
ギザギザタイプのチップスを使用して、濃いめのチーズに、蜂蜜でほんのり甘さを
添えています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※少し前から、パッケージ右上の表示が「製造年月日」「賞味期限」の二段表記から、「賞味期限」の一段だけとなりました。
かつ、賞味期限が4ヶ月から6ヶ月に変更になり、さらに日付まで書かれていましたが、それが月単位となりました。

それらを踏まえ、当サイトの冒頭行の表記について、「パッケージに表示されている賞味期限から6ヶ月前の表記」(=製造年月日)とします。あとあと振り返った時に発売時期を正しく知りたいためです。

例) 今回のパッケージには「2020.4」とありますので、以下のように「2019.10」と掲載しています。
【魅惑のチーズ味】SED3 2019.10 Y レア度:★★★☆☆

 

ザ・ポテト じゃがいもがおいしい食塩不使用

【ザ・ポテト じゃがいもがおいしい食塩不使用】SDD3 2019.11 NU レア度:★★★☆☆
191112ThePotatoShokuenFushiyo1 191112ThePotatoShokuenFushiyo2
じゃがいも感じる。#イモーショナル

すこし前に出ていた「ザ・ポテト」。
店頭にシレッとそれの白いバージョンが置かれていました。
「あれ?白いやつなんか出てたっけ?」と思い、調べてみると、セブンイレブン限定のようです。

食塩不使用を謳っており、パッケージにある通り、「素材の味しか、しない」です。
ザ・ポテト独特の、やや厚切りスライスで、じゃがいもの味だけを楽しむという意味で
面白かったです。
でもやっぱりポテチには塩は不可欠だなあと感じさせられもしました(笑。

 

2019/10に出た「ザ・ポテト」は以下。
1910_ThePotatoOhotsukSalt1 1910_ThePotatoSpiceSalt1

ゆずポン酢味

【ゆずポン酢味】SBU3 2019.11 M レア度:★★☆☆☆
1911YuzuPonzu1 1911YuzuPonzu2
ゆずポン酢味、まっことうまいき!
高知県産ゆず使用!高知の食卓の定番「ゆずポン酢」の爽やかな香りと酸味を再現した、飽きのこない味わいです。

ラブジャパン「高知の味」です。中国四国限定。

これ美味しかったです。
前に九州限定で出てた「塩とかぼす」を思い出しました。
柑橘系のスッキリ感と酸味、非常に良かったです。
s151030ShiotoKabosu
← 2015/10
「九州の味」として出たもの
確か九州限定だったと記憶しています。

 

 

ちなみに、2017、2018年の「高知の味」は以下でした。
180209Imokenpi1 190301MirayBiscuit1

神出雲唐辛子マヨ味

【神出雲唐辛子マヨ味】SBS3 2019.11 M レア度:★★☆☆☆
1911KamiizumoTogarashimayo1 1911KamiizumoTogarashimayo2
島根県産神出雲唐辛子使用! 

神出雲唐辛子のピリッとした辛さにマヨネーズのコクが加わったあと引く美味しさをお楽しみください。

ラブジャパン「島根の味」です。中国四国限定。

ピリ辛唐辛子に、マヨネーズを足したパターン。
少しだけまろやかさが加わりますが、ピリ辛感はしっかり残ってます。

ちなみに、2017、2018年の「島根の味」は以下でした。
180209IzumoZenzai1 190222Akaten1

お好み焼き味

【お好み焼き味】SBT3 2019.11 M レア度:★★☆☆☆
1911Okonomiyaki1 1911Okonomiyaki2
お好み焼き味、ぶちうまい!
広島県のご当地グルメの代表格「お好み焼き」の味を再現。
香ばしいソースの風味とキャベツの甘味がクセになる味わいです。

ラブジャパン「広島の味」です。中国四国限定。

うん、オーソドックスにお好み焼きのソースの味です。
お好み焼きは今までも数多く出てきていますが、ポテチとの相性は良く、外しませんね。

ちなみに、2017、2018年の「広島の味」は以下でした。
17年には「広島の味」として、2銘柄出ています。

171104ShirunashiTantanmen1 180208KakiButteryaki1 190110UniHoren1

贅沢ショコラ 抹茶仕立て

【贅沢ショコラ 抹茶仕立て】SDO3 2019.11 C レア度:★★★★☆
1911ZeitakuchocolaMaccha 1911ZeitakuchocolaMaccha2
コクのあるチョコレートに宇治抹茶を使用したパウダーで味つけ。
ほろ苦さと甘さのバランスが絶妙な、贅沢な味わいをお楽しみください。

今年の贅沢ショコラは先日出ましたが、こんなの見つけました。
あー前にも贅沢ショコラの抹茶って出てたよな~と思いましたが、なんか今回少し違うなと。

開封してみると、ふわっと抹茶の香りが。チップスをよく見てみると、
緑の抹茶の粉がかかっている感じ。全般的に緑っぽいです。

過去バージョンと見比べてみて、「あ!そうか」と気づきました。
過去バージョンは、掛かっているチョコレートが抹茶チョコ(緑)だったのに対して、
今回のはチップスに抹茶の粉を掛けて、その上から黒いチョコレート、という違いでした。
だから今回は抹茶感は以前のものより感じられ、良いと思います。
イオン限定の模様。

 過去バージョンを並べてみます。  左)2016/1 右)17/1
160111ZeitakuMaccha1 170124ZeitakuMaccha1

冬ポテト 粉雪チーズ味

【冬ポテト 粉雪チーズ味】SBR3 2019.11 Y レア度:★★☆☆☆
1911Fuyupotato-KonayukiCheese1 1911Fuyupotato-KonayukiCheese2
カマンベール・ゴーダ・チェダーの3種類のチーズを、粉雪のようにまぶしたコクのある濃厚な味わいです。

粉雪ソルトと並んで出てきた新レーベル「冬ポテト」です。
今までにないカットは斬新でした。
チーズはオーソドックスな味です。

冬ポテト 粉雪ソルト味

【冬ポテト 粉雪ソルト味】SBQ3 2019.11 Y レア度:★★☆☆☆
1911Fuyupotato-KonayukiSalt1 1911Fuyupotato-KonayukiSalt2
粉雪のようなサラサラとした塩で味つけ。
じゃがいものおいしさと食感を活かす素朴でシンプルな味わいです。

毎年、季節ごとに出てきているシリーズの新レーベルのようです。
夏は「夏ポテト」、秋は「アラポテト」、春は「春ぽてと」というのがありましたが、
冬はありませんでした。そこにこの「冬ポテト」というのが発売です。

非常に粗いカットのギザギザで、カルビー公式HPによれば、
“季節厚切り商品”として「ア・ラ・ポテト(秋)」・「夏ポテト」・「春ぽてと」など、国産のじゃがいもを厚切りカットし、
季節に合わせて色々な食感と味わいを楽しんでいただけるポテトチップスを発売しています。
そしてこの度、“冬”ならではのポテトチップスを発売したいとの想いで開発に着手しました。
“冬”においしいじゃがいもは?そのじゃがいもに合う食感は?と試行錯誤を重ね、カルビー初のカット「モーグルカット」に行き着きました。
モーグルとはコブのこと。「大きな凹凸のコブ」がポイントのこのカットで「サクサクとした食感とほろほろとした口どけ」が
実現できました。事前調査でも「軽くて雪のよう」と好評だった新しい口どけの『冬ポテト』をぜひお楽しみください。
とあります。

今までになかったカットで、サッパリとした塩のみの味付けは美味しかったです。

ぶどう山椒味

【ぶどう山椒味】SAU3 2019.11 b レア度:★★☆☆☆
1911BudoSansho1 1911BudoSansho2
和歌山のぶどう山椒
ぶどう山椒の栽培は約170年前に自生していたものを植えたのが始まりとされ、
江戸時代から薬用として栽培されてきました。
香辛料としてはもちろんのこと、山椒佃煮や山椒味噌、ちりめん山椒などの加工品も人気です。

ラブジャパン「和歌山の味」です。近畿限定。

これ美味しかったです。
見たときは、一瞬、「え?ぶどう?」と思いましたが、よく見ると「山椒」。
ピリ辛感と山椒の良い香りがすごく好きです。

ちなみに、2017、2018年の「和歌山の味」は以下でした。
180208HachimitsuNankobai1 181029WakayamaRamen21

牛串かつ味

【牛串かつ味】SAV3 2019.11 b レア度:★★☆☆☆
1911Gyukushikatsu1 1911Gyukushikatsu2
牛串かつは2度漬け禁止やで!
大阪で串かつは大抵、共用のソース容器にたっぷり浸して食べんねん。
多くのお店は2度漬け禁止。
もっとつけたい時は付け合わせのキャベツをうまくつこてや。

ラブジャパン「大阪の味」です。近畿限定。

ギザギザチップスを使っています。
ソースの味でそれっぽい雰囲気は出ています。

ちなみに、2017、2018年の「大阪の味」は以下でした。
170909Osaka-Takoyaki1 190111BeniShogaten1

伊勢えび味

【伊勢えび味】SAC3 2019.11 G レア度:★★☆☆☆
1911Iseebi1 1911Iseebi2
三重は伊勢えびの漁獲量日本一! 
古くから伊勢志摩地方の名産品としてしられ、海の幸の王様として君臨してきた伊勢えび。
濃厚な味と香りをお楽しみください。

ラブジャパン「三重の味」です。中部限定。

海老の香ばしい風味が感じられます。

ちなみに、2017、2018年の「三重の味」は以下でした。
171111HoshinikuUme1 190225AosaMisoshiru1

炙りへしこ風味

【炙りへしこ風味】SAA3 2019.11 G レア度:★★☆☆☆
1911AburiHesiko1 1911AburiHesiko2
若狭地方で愛される「へしこ」
へしこは青魚に塩を振って塩漬けにし、さらにぬか漬けにした料理です。
独特な味と香りがくせになります。

ラブジャパン「福井の味」です。中部限定。

確かにこれは独特の香りがしますね。好みが思いっきり分かれそう。
へしこは、酒の肴としてはなかなかいい感じだと思うのですが、ポテチには
ちょっと厳しいかなあ。

ちなみに、2017、2018年の「福井の味」は以下でした。
180209Mizuyokan1 181025YamaUni1

みそかつ味

【みそかつ味】SAB3 2019.11 G レア度:★★☆☆☆
1911Misokatsu1 1911Misokatsu2
愛知県民にとってみそかつとは? 
味噌煮込みうどん、みそおでん・・・みそ味が大好きな愛知県。
とんかつにソースをかけて食べていると奇異な目で見られる事も・・・
揚げたてのとんかつに甘い味噌だれをかけた「みそかつ」はまさに愛知県民のソウルフード。

ラブジャパン「愛知の味」です。中部限定。

ギザギザチップスを使用しています。
濃い赤みその味付けとなっています。

ちなみに、2017、2018年の「愛知の味」は以下でした。
170911AIchi-Tebasaki1 181025TaiwanRamen21

あんバター味

【あんバター味】SAD3  2019.11 NU レア度:★★☆☆☆
1911AnButter1 1911AnButter2
盛岡の人気のコッペパン「福田パン」 
福田パンの”あん・バター入りサンド”の味を再現したポテトチップスです。
あんことバターのふんわりとした甘い香りと、パンの風味が香ります。

ラブジャパン「岩手の味」です。東北信越限定。

甘じょっぱい系のポテチですね。
まあそれほど変な感じではありません。

ちなみに、2017、18年の「岩手の味」は以下でした。
170908Iwate-MoriokaJajamen1 190227Hittsumijiru1

ペッパー&ハニーチーズ味

【ペッパー&ハニーチーズ味】SDJ3 2019.11 NU レア度:★★★☆☆
1911Pepper-Honeycheese1 1911Pepper-Honeycheese2
おつまみの定番チーズにペッパーとハニーの味わいを加えた新しいおいしさ。
3種の素材の刺激と甘さとコクが絶妙のバランスで楽しめます。

ギザギザタイプ。
チーズ感の中に少し甘みが。これが蜂蜜か。
そしてピリ辛も少し。これが胡椒。

カルビー公式HPには情報はありません。
イオン限定?かと思われます。