カテゴリー別アーカイブ: 堅あげポテト

堅あげポテト 関東だししょうゆ

【堅あげポテト 関東だししょうゆ】 EFK3 2015.6.10 Y レア度:★☆☆☆☆
150610Kataage-Kantodashi1   150610Kataage-Kantodashi2
鰹だしとこいくち醤油の関東風だししょうゆの味わいが「堅あげポテト」の魅力を引き立てます。

3月リリース予定だったものが一度販売延期となり、ここへ来て満を持しての登場です!
関東、中部(静岡・山梨)での地域限定です。

h150610KataageKantodashi

期待以上の内容でした!
こいくち醤油というので、かなり濃い味、辛い味を想像しましたが、
そんなことはありません。
そして、鰹だしの風味が非常によく出ていておいしいです。

堅あげポテト こだわりの塩うめ味

【堅あげポテト こだわりの塩うめ味】 EGB4 2015.6.5 Y レア度:★★★☆☆
150605Kataage-KodawariShioUme1   150605Kataage-KodawariShioUme2
完熟梅の芳醇な風味と爽やかな酸味に、塩味をしっかりと効かせました。
うまみのある五島灘の塩を使用した、こだわりのおいしさです。

おそらく先行発売ものかと思いますが、入手しました。
いままで「梅系」の銘柄は通常のチップスや堅あげでも多く出ていましたが、
この銘柄は、それらにあったほんのりとした甘さはありません。
タイトル通り、まさに「塩うめ」と言う感じで、思わず口をすぼめてしまうような
「梅干し」というタッチが良く出ています。
非常にシンプルですがなかなか良いです。

 

堅あげポテト 和牛の炙り焼き味

【堅あげポテト 和牛の炙り焼き味】 EGG4 2015.6.1 Y レア度:★★★☆☆
150601Kataage-WagyuAburiyaki1   150601Kataage-WagyuAburiyaki2
炙った和牛の濃厚な旨みとにんにくしょうゆの風味をイメージした、奥深いおいしさが
口の中に広がります。贅沢な大人の味わいをお楽しみください。

セブンイレブン限定で発売された銘柄です。
「和牛の炙り焼き」と書いてある横に、サブタイトル的に、
「仙台牛の旨み広がる」とあります。
使用しているビーフパウダーが「仙台牛100%」とのことです。

にんにくしょうゆや、ビーフの感じは受けますが、かなり濃い目の
味付けとなっています。また結構甘さも感じました。
全般的に「甘辛い」印象です。

 

堅あげポテト 匠味 焙煎七味にんにく味

【堅あげポテト 匠味 焙煎七味にんにく味】 EFX4 2015.5.19 Y レア度:★★☆☆☆
150519KataageBaisenshichimi1    150519KataageBaisenshichimi2

焙煎した赤唐辛子ベースの香り豊かな七味に、香ばしいにんにくの風味としょうゆのコクが
口の中に奥深く広がる堅あげポテトです。

七味 + にんにく、というかなりパンチのある組み合わせです。
「焙煎」という、ちょっと何か違いを感じさせるネーミングからして期待感が高まります(笑。

確かに、しっかりとしたニンニクの感じ。七味と相まって、じわじわくる感じの辛さですね。
説明を見ると、赤唐辛子を煎(い)ってあるとのことですが、全体の香ばしい香りもこれが
理由なのでしょうかね。
まさに「匠味」という感じでしょうか、これかなり好きです。

 

 

堅あげポテト しおとごま油風味

【堅あげポテト しおとごま油風味】 EFU3 2015.5.2 Y レア度:★★☆☆☆
150502KataageShiotoGomaabura1   150502KataageShiotoGomaabura2
「かどやの純正ごま油」で味付けした堅あげポテトです。ほどよくきいたしお味と、
香ばしいごま油の風味をお楽しみいただけます。

h150502KataageShiotoGomaabura2
かどや製油とのコラボ、堅あげポテトでも出てきました!
過去に通常のポテトチップスにおいて、かどやとのコラボで、「しおとごま油風味」というのは
何度か出ていました(下に展示したものです)が、堅あげでは初めてです。
カルビーHPによると、堅あげポテトが他社メーカーとコラボすることも初めてとのことです。

ごま油の味が効いてて美味しいです!

以下に過去の「かどや」とのコラボ銘柄を並べてみました。
上段左から 08.2、09.2、10.6
下段左から 11.6、11.6、12.5
s080216ShiotoGomaabura  s090220ShiotoGomaabura   s100615ShioGomaabura
s110620ShioGomaabura    s110624ShioGomaabura    s120503ShioGomaabura

堅あげポテト 山わさび海苔味

【堅あげポテト匠味 山わさび海苔味】EFT4 2015.4.21 Y レア度:★★☆☆☆
150421KataageYamawasabi1    150421KataageYamawasabi2
ツーンと刺激的で本格的な辛さの山わさびと、磯の風味豊かな焼き海苔が合わさった、
旨みある深い味わいの堅あげポテトです。

堅あげ匠味の新味です。今度は「山わさび」 と 「海苔」 で来ました。
焼き海苔の香りも出ていて、ピリッとした辛さがあり、結構好きなタイプです。

あれ? これってなんか前にもなかったっけ?ということで、過去銘柄を見てみたら
以下のものがありました。「わさび」と「海苔」です。

左: 2012.10 の EDG4
右: 2013.11 の EED4
s121005KataageWasabiNori   s131122KataageWasabiNori

関西だししょうゆ

【関西だししょうゆ】      QFB3 2015.3.27 b レア度:★☆☆☆☆
【堅あげポテト 関西だししょうゆ】EDQ3 2015.4.1 b  レア度:★☆☆☆☆
150327KansaiDashi1     150401KataageKansaiDashi1
(左) 関西風のだしがきいた、上品な味わい。ふんわり豊かなかつおの風味とまろやかな昆布のうまみが味わい深いおいしさです。
(右) 関西風のだしがきいた、上品な香りと味わいが「堅あげポテト」の魅力を引き立てます。

新商品ではありませんが、採りあげてみました。
大阪では、レア度1 だったので、いつでも手に入ったわけですが、そうなると意外と買わない(笑。
で、最後に買って持ってきました。

久しぶりに食べてみましたが、しっかりかつおのダシが感じられてやはり美味しいです。
これからはなかなか買えないなあと思いつつ満喫しました。

 

「甲子園カレー味」のページでも少し触れましたが、生まれて初めて住んだ大阪に、なんだかミョーに水が合ってしまい、
大阪単身赴任ライフをエンジョイしておりました。まだまだいろいろと経験したかったのですが、残念ながら、この春の
異動で単身解除・本宅帰還(Orz)となってしまったので、その最後の記念品としての「関西だししょうゆ」2銘柄です。
また向こうへの出張があるときには、新大阪駅で551と合わせて買ってこようと思います(笑。
ホントに良い街でした。大阪のみなさま、大変お世話になり、どうもありがとうございましたm(_ _)m

堅あげポテト にんにくしょうゆ味

【堅あげポテト にんにくしょうゆ味】 EFM4 2015.3.25 b レア度:★★☆☆☆
150325KataageNinnikuShoyu1    150325KataageNinnikuShoyu2

にんにくとしょうゆの味と香りが絶妙のバランス。噛むほどに「じわじわっ」と味わい深いおいしさです。

定期的に出てくる、堅あげのにんにくしょうゆ味です。
今年も出てきました。基本的には、味はいつも通りですが、今年のパッケージは背景にゴールドの
感じが入っています。

過去の堅あげポテトのにんにくしょうゆは以下です。
左から、2008年8月(EBC3)、2009年11月(EBP3)、2012年4月(ECH3)、
2013年5月(EDT3)、2014年4月(EEL4)
s080805KataageNinnikuShoyu s091119KataageNinnikushoyu s120427KataageNinnikushoyu s130514KataageNinnikuShoyu s140404KataageNinnikuShoyu

堅ぃビー ホットチリ味

【堅ぃビー ホットチリ味】 EFR3 2015.3.21 b レア度:★☆☆☆☆
150321KataibeeHotChilli1     150321KataibeeHotChilli2
2014年に、中国・四国・九州限定で発売された、「堅いカラビー 釜あげホットチリ味」
が、全国版として、「堅ぃビー ホットチリ味」となって、出てきました。
(なぜか 「ぃ」 です)

s140625KataiKarabee
左が、その「堅いカラビー」です。(2014年6月、EET3)

基本的なデザインは、今回も踏襲されています。

前回同様、商品コードは、「E」で始まる、「堅あげポテト」のラインです。
チリ味の中に、ガーリックも結構効いています。

堅あげポテト匠味 鶏焦がしねぎ味

【堅あげポテト匠味 鶏焦がしねぎ味】 EFS4 2015.3.8 b レア度:★★☆☆☆
150308Kataage_Torikogashinegi1    150308Kataage_Torikogashinegi2
焦がしたねぎの香ばしさと鶏肉の風味が口いっぱいに広がる、食欲をそそるふかい味わいの堅あげポテトです。

匠味の新銘柄です。
鶏との組み合わせはいろいろ出てきましたが、「焦がしねぎ」とは、またなかなかそそられる味です。
鶏はいつも通り、よく味が出ていますが、ねぎはもっと強くてもよかったかなと個人的には思いました。
裏面の原材料名を見ると、味付けには、しょうゆも塩も使われているようで、結構濃い目の味です。


チキン南蛮味

【こだわりの釜あげポテトチップス チキン南蛮味】 EFD3  2015.1.21  M  レア度: ★★★★★
150121ChickenNamban1    150121ChickenNamban2

「チキン南蛮」は、からりと揚げたチキンを甘酢に漬け、タルタルソースをかける、宮崎県発祥の料理です。
チキンの旨みを引き立てる、甘酢とタルタルソースの味わいと、釜あげポテトチップスならではのカリカリッと
した食感がマッチしたおいしさをお楽しみください。

これは、先に採りあげた「塩とかぼす味」を捜索中に偶然発見した銘柄です。
ネットでも情報が全くないので良くわかりませんが、「九州の味」となっていますので、
九州限定でしょうか。製造所は「M」(広島工場西棟)ですが。

「釜あげ」となっていますが、堅あげポテトのチキン南蛮味と言ってもよいと思います。
商品コードも、「E」から始まる堅あげポテトと同じになっています。
確かに、「堅あげポテト チキン南蛮味」は無かったなあと思いました。
少し甘い感じとタルタルソースの味、しっかりマッチして美味しかったです。

「チキン南蛮」は2013年秋に2銘柄立て続けに出たことがあります。
s131104ChickenNanban   s131102ChickenNamban
左は、全国のファミマ限定で出た「チキン南蛮味」(2013.11、QMI3)
右は、「九州お国自慢祭り」の1銘柄として、九州限定で出た「チキン南蛮味」(2013.11、QKJ3)
いずれも、堅あげや、厚切り、ギザギザなどではなく、通常のチップスでした。

堅あげポテト 焦がししょうゆ味

【堅あげポテト 焦がししょうゆ味】 EFG4 2015.2.14 b レア度:★★☆☆☆
150214KataageKogashishoyu1    150214KataageKogashishoyu2

じゅじゅっと焼けた香ばしいしょうゆの味わいが「堅あげポテト」の魅力を引き立てます。

堅あげポテトのしょうゆと言えば、九州しょうゆ、関西だししょうゆ、北海道バターしょうゆ
等の地方限定は出ていますが、それ以外では意外となかったかもしれません。

ネーミングの通り、焦がした醤油の香ばしい香りが出ていてなかなか良いと思います。

堅あげポテト匠味 柚子ぽんず味

【堅あげポテト匠味 柚子ぽんず味】 EFN4 2015.1.22 b レア度:★★☆☆☆
150122KataageYuzuPonzu     150122KataageYuzuPonzu2

柚子の爽やかな香りと、だしがきいたまろやかなぽんずの味わいが、堅あげポテトのおいしさをさらに引き立てます。

堅あげ匠味の新銘柄が出ました。

「匠味」は、2013年3月に第一号銘柄が出ましたが、その第一号は、「塩ぽんず味」(EDP4)でした。
s130313KataageShioPonzuそれの説明文には、
ゆずのさわやかな香りと酸味、かつおとこんぶのだしの旨みが広がる「塩ぽんず」の味わいが、堅あげポテトで楽しめます。
とありましたので、基本コンセプトは共通と思われますが、今回のほうが「柚子」のタッチが強いのでしょうか。
いかんせん2年前のものなので、あいにく舌が覚えておりません(笑。
今回の柚子は、「高知県馬路村産のゆず皮」となっています。

説明文の通り、柚子、ぽん酢の香りがし、さっぱりした感じで食べやすかったなと思いました。

堅あげポテト 梅味

【堅あげポテト 梅味】 EEF3 2015.1.7 b レア度:★★☆☆☆
150107KataageUme1    150107KataageUme2

梅の香りとほどよい酸味に、風味豊かなかつお節の旨みが後引くおいしさ!
和歌山県産梅100%(梅肉パウダー)を使用した”カリッとすっぱい!”堅あげポテトです。

ちょうど昨年(2014年)の今ごろに出ていた、堅あげポテト梅味 が今年も出てきました。
基本的には、「和歌山県の梅と、かつお節を使っている」点で、昨年を踏襲しています。

s140107kataageume1

← 2014年の堅あげポテト梅味です。(2014年1月、EEF3)

昨年版では左肩が白く三角になっており、「期間限定」とありましたが今年はありません。
また、「梅味」のフォントが変わっていたり、デザインも一部変更されています。

上下の帯部分に、堅いあげポテトの場合は、通常印刷されている
「TRADITIONAL POTATO CHIPS」の印字が今回はなくなっています。

堅あげポテト 匠味 燻製ほたて味

【堅あげポテト 匠味 燻製ほたて味】 EEN4 2014.11.21 b レア度:★★☆☆☆

141129KataageKunseiHotate1     141129KataageKunseiHotate2
じっくり燻したほたてをイメージし、凝縮したうまみと芳醇な香りが楽しめます。噛むほどにクセになる堅あげポテトです。

14年3月に、サークルKサンクスで先行発売されていましたが、それが全国販売となって出てきました。
パッケージのデザインや、説明文、内容量などもすべて同じのようです。

ほたての香りと味がとても良くおいしいです。まさに噛むほどにその味が出て来る感じです。
堅あげの「匠味」シリーズは、個人的にはなかなかクオリティが高いと思いますが、その中でもわたくし的にはかなり高評価です。