「ラブジャパン」カテゴリーアーカイブ

シューマイ味

【シューマイ味】RMK3 2017.11.7 Y レア度:★★☆☆☆
171107Shumai1 171107Shumai2
神奈川県のグルメ、「シューマイ」の味わいを、からし醤油をアクセントに再現しました。

ラブジャパン「神奈川の味」です。東北・関東・甲信越限定。

やっぱり横浜といえば、崎陽軒ですね。
でも崎陽軒は「シウマイ」と表記しますけども。

わたしが知る限り「シューマイ味」はカルビーポテチでは初めてかと思います。
過去に出ててもおかしくなさそうなところですが。
食べてみますと、からしの味がしましたが、でも後からちゃんとシューマイ風味が
きました。
パッケージデザインは横浜開港時の文明開化時の浮世絵があしらわれています。

もんじゃ焼き味

【もんじゃ焼き味】RMQ3 2017.11.6 Y レア度:★★☆☆☆
171108Monjayaki1 171108Monjayaki2
東京近郊で古くから親しまれてきた「もんじゃ焼き」。
だしのうまみと香ばしい味わいがポテトチップスによく合います。

ラブジャパン「東京の味」です。東北・関東・甲信越限定。

もんじゃ焼き、まあそんなにしょっちゅうわたしは食べるものではない
ですけど、再現度は高かったと思います。
食べてたら、なぜか「キャベツ太郎」を思い出しました(笑。

もんじゃ焼きは過去に何度か出たことがあります。
左から、2008/6、2012/7、2015/7。
s080613MonjaYaki s120702Monjayaki 150702TokyoShitamachiMonja1

すき焼き味

【すき焼き味】RMW3 2017.11.6 NU レア度:★★☆☆☆
171108Sukiyaki1 171108Sukiyaki2
11月29日は「ぐんま・すき焼きの日」!
群馬県が誇るおもてなし料理、「すき焼き」をポテトチップスでお楽しみください。

ラブジャパン「群馬の味」です。東北・関東・甲信越限定。

すき焼きって群馬名物だったっけと思いましたが、県がすき焼きプロジェクトとして
推しているそうです。
なぜかというと、上州和牛、こんにゃく、下仁田ネギ、しいたけ、春菊など
すき焼きに必要な具材をすべて県産で揃えられる、という「すき焼き自給率100%」
だから、と県HPにありました。

もっと甘いのを想定していましたがそれほどでもなく、すき焼きっぽい風味は出ていました。
ネギもそれなりに効いていますね。

やきとん味

【やきとん味】RMV3 2017.11.6 Y レア度:★★☆☆☆
171106Yakiton1 171106Yakiton2
塩焼きにした豚カシラ肉に、甘辛い味噌だれをつけていただく、東松山周辺で
愛されているご当地グルメです。現地では「やきとり」とも呼ばれています。

ラブジャパン「埼玉の味」です。東北・関東・甲信越限定。

「やきとり」じゃなくて、「やきとん」。
「豚のカシラ」を使うからなんでしょうね。
さて、「カシラ」ってそういえばどこの部位だっけと思って調べますと、
「こめかみ」だそうです。初めて知った(汗。

このポテチは説明通り、ピリ辛味噌と言う感じでなかなかいい感じでした。

スタミナラーメン味

【スタミナラーメン味】RMS3 2017.11.7 NU レア度:★★☆☆☆
171107SutaminaRamen1 171107SutaminaRamen2
キャベツやかぼちゃ、レバーが入った餡かけが特徴の水戸のソウルフード
「スタミナラーメン」の味わいを再現しました。
やみつきになる甘くて辛い味わいをお楽しみください。

ラブジャパン「茨城の味」です。東北・関東・甲信越限定。

「スタミナラーメン」というのは初めて聞いたので調べてみると、
ひたちなか市のご当地ラーメンとのこと。
餡かけをラーメンの上に掛けているようです。

確かにちょっとピリ辛、甘辛と言う感じ。
オリジナルのラーメンが分からないから再現度は分かりませんが。
パッケージのデザインは真ん中に土俵があって周囲に力士となってますね。

しもつかれ味

【しもつかれ味】RMR3 2017.11.6 Y レア度:★★☆☆☆
171107Shimotsukare1 171107Shimotsukare2

ラブジャパン(47都道府県の味)企画、第2弾が発売となりました。

ラブジャパン「栃木の味」です。東北・関東・甲信越限定。

この「しもつかれ味」は、ネットでも「ヤバすぎる味」とか、「カルビーは本当に
発売するのか」とか、いろいろ盛り上がっているようで、「衝撃の問題作!?」のようですね(汗。

そもそも、「しもつかれ」って何だ?? カルビーHPで調べてみると・・
h171107Shimotsukare1
しもつかれは栃木県で昔から愛される料理。

2月上旬の節分のあとの最初の午(うま)の日に、
家中の無病息災を祈って食べるという風習があり、
7軒のしもつかれを食べると風邪をひかない、といわれています。

材料は、塩鮭の頭、大豆、「鬼おろし」という専用のおろし器で荒く
すりおろしただいこんとにんじん、酒粕などを煮込んで作ります。


かなり好みが分かれるらしい・・。いざ実食。おそるおそる食べてみました・・。
うーん、なんだろう、何の味と表現すればよいのか。
確かに酒粕の独特の風味がきました。あとは海老塩的なものを感じたが、いや、でもなんか違う。
結局、結論が出ないままに食べ終わりました(苦笑。

佐賀のり味

【佐賀のり味】RLQ3 2017.9.8 K レア度:★★☆☆☆
170908SagaNori1 170908SagaNori2
佐賀のり、がばいうまか!
佐賀のりの美味しさをストレートに味わえる、ありそうで
無かったポテトチップスです。

ラブジャパン「佐賀の味」です。九州・沖縄限定。

有明海は世界でも有数の干満の差があるそうで、それが海苔に旨みを与えるのだと。
「のりしお」的なものかと思って食してみましたが、いや違いますね。
海苔そのものに、少しごま油的なテイストですかね。
確かに、「佐賀のりの美味しさをストレートに」です。美味しかったです。

とりあえず、この「佐賀のり」までで、ラブジャパン第一弾の17銘柄はおしまいです。
上の銘柄名「佐賀のり味」の上に、「ポテトチップス、ラブジャパン」とカテゴリ名が載っていますが、
「ラブジャパン」のほうを押すと、すべてが見られます。
第二弾は11月に、19銘柄が発売とのことです。

 

チキン南蛮味

【チキン南蛮味】RJW3 2017.9.7 K レア度:★★☆☆☆
170907ChickenNamban1 170907ChickenNamban2
チキン南蛮味、てっげうめぇよ!
宮崎県発祥とされる「チキン南蛮」のタルタルソースの酸味と、
後引くチキンの旨みをお楽しみください。

ラブジャパン「宮崎の味」です。九州・沖縄限定。

今回のラブジャパン(47都道府県ポテチ)企画、第一弾としては17銘柄の発売です。
この発売時(9月中旬)に、大阪にあるカルビープラス大阪エキスポシティ店で、一般来場者
向けに、17品の試食と、「いちばん好きな味」投票を行ったそうですが、
その投票で堂々第一位になったのが、この「宮崎の味 チキン南蛮」だったと。
確かに、チキンとタルタルの酸味の組み合わせはバッチリですね。美味しかったです。

チキン南蛮はポテチとの相性が良いのでしょう。過去にも何度か出てます。
左と中:2013/11、右:2015/10。左と右は九州限定だったかと。真ん中はファミマ限定でした。
s131102ChickenNamban s131104ChickenNanban 151028ChickenNamban1

あごだし味

【あごだし味】RJX3 2017.9.8 K レア度:★★☆☆☆
170908Agodashi1 170908Agodashi2
あごだし味、食べてみんね!
長崎県産のあごを使用した、あごだしの香ばしい香りと、
風味豊かな味わいが楽しめるポテトチップスです。

ラブジャパン「長崎の味」です。九州・沖縄限定。

パッケージにもデザインされていますが、「あご」とはトビウオのことで
あごだしは、トビウオから取った出汁のこと。
この独特な香ばしい香りと出汁の旨みは最高ですね。非常に美味しくいただきました。

 

過去にも「あごだし」は出たことがあります。
たぶん九州限定だったと思うのですが、出張の時などに買ってきたものです。
左:2013/11 右:2015/10

s131105Agodashi s151030Agodashi

 

津山ホルモンうどん味

【津山ホルモンうどん味】RJV3 2017.9.9 M レア度:★★☆☆☆
170909TsuyamaHorumonUdon1 170909TsuyamaHorumonUdon2

岡山のご当地グルメ、いっぺん食べてみんちゃい!
味噌しょうゆ風味のにんにくタレの効いた、ご当地グルメ「津山ホルモンうどん」
の味わいが楽しめます。

ラブジャパン「岡山の味」です。中国・四国限定。

岡山の味としては、15年に出た「かばくろのぶたかば味」と、どちらかなあと思ってましたが、
やはりホルモンうどんが来ましたね。

B級グルメの祭典、B-1グランプリの2011年に、津山ホルモンうどんは銀賞(第2位)を獲得しています。
しょうゆ風味でありながら味噌の感じもある。オリジナルを食べたことがないので再現度合いは分かり
ませんが、こういう感じのタレなんだなあと思わせる感じ。

津山ホルモンうどんは、2013年、14年に中国地方限定で出たことがあります。
左:13年11月、右:14年6月

s131109HorumonUdon 140618TsuyamaHorumonUdon1

骨付鳥味

【骨付鳥味】RJU3 2017.9.9 M レア度:★★☆☆☆
170909Kagawa-Honetsukidori1 170909Kagawa-Honetsukidori2
骨付鳥、うまげななぁ!
鶏の骨付きもも肉を焼きあげた、香川県丸亀市のB級グルメ「骨付鳥」
の味わいが楽しめます。

ラブジャパン「香川の味」です。中国・四国限定。

丸亀市の商工会議所青年部や販売店舗などで構成される「丸亀とっとの会」監修
とのこと。地元グルメの骨付鳥のアピールなどをやっているんですね。
「とっと」は地元の言葉で鳥を意味する幼児語のことだそうです。

しょうゆ、こしょう、鶏の味わいです。少しニンニクも効いているか。
スパイシーな感じは伝わってきてなかなかおいしかったです。

 

「骨付鳥味」は過去にも出ています。いずれも中四国限定だったかと。
これ以外にもギザギザタイプの骨付鳥味が出たことがあるようですが
あいにく入手できず。
左:2014年11月 右:2015年10月
s141111Honetsukidori s151028Honetsukidori

 

山賊焼味

【山賊焼味】RJL3 2017.9.8 M レア度:★★☆☆☆
170908Sanzokuyaki1 170908Sanzokuyaki2

地元の味、うまいっちゃ!
若鶏に甘辛いタレをつけ、こんがりと炭火で焼いた「いろり山賊」
の山賊焼味です。

ラブジャパン「山口の味」です。中国・四国限定。

岩国市の山の中にあるお食事処「いろり山賊」の人気メニュー「山賊焼」の味です。
この「いろり山賊」は前にTVでやっているのを見ましたが、地元で大人気のお店だそうで、
山の中に、囲炉裏のある古民家みたいなコンセプトみたいです。
そこの名物料理「山賊焼」というのは、骨付き若鶏を串に刺し、炭火でニンニクの効いたタレ
とともにじっくりと炙り焼きする料理」(カルビーHP)です。

今回のポテチにも、甘辛、スパイシーでジューシーなチキンが良く表現されていました。

 

s140618Sanzokuyaki
「山賊焼味」は過去にも出たことがあります。
左は、14年6月のものです。
「山口グルメ旅」というテーマのもので、たしか
中四国のスーパー等といろり山賊の店舗のみでの限定
販売だったかと思います。

たこ焼き味

【たこ焼き味】RJR3 2017.9.9 b レア度:★★☆☆☆
170909Osaka-Takoyaki1 170909Osaka-Takoyaki2
濃厚なソースとタコの旨みでクセになるおいしさ!

ラブジャパン「大阪の味」です。近畿限定。

最初に口にしますと、ソースの味がして、過去に何度も出たことのある
「お好み焼き味」との違いが分かりませんが、「あ!タコだ」という風味が
後からやってきました。うん、確かに、たこ焼き味だ。

「たこ焼き味」はカルビーのポテチでは初めてですが、カルビーの近畿支店に
おけるアンケートの第一位に選ばれて決まったそうです。
パッケージデザインもいかにも大阪っぽくて面白いです。

「たこ」自体は、「たこだし仕立て」という銘柄で採りあげられたことがあります。
(2015年3月)
s150305Takodashi

ちりめん山椒味

【ちりめん山椒味】RJZ3 2017.9.11 b レア度:★★☆☆☆
170911Chirimensansho1 170911Chirimensansho2

ちりめんの旨みと、山椒のピリッとした刺激

ラブジャパン「京都の味」です。近畿限定。

『お茶に合うポテトチップス』を作ろう!をテーマに、京都府と辻利兵衛本店
とのコラボで作られた銘柄とのことです。
パッケージ表面にも「お茶のとなりに、古都薫るポテトチップス」と書いてあります。
山椒のピリッと感がちりめんと相まってとてもおいしかったです。

ちりめん山椒は、以前、「パリッと巡る東海道五十三次」(5銘柄)で
採りあげられたことがあります(2013年6月)。
この時も「京の味」だったと思います。

s130610ChirimenSansho

白えび味

【白えび味】RKA3 2017.9.11 G レア度:★★☆☆☆
170911Toyama-Shiroebi1 170911Toyama-Shiroebi2
富山湾の宝石「白えび」が、サクッと香ばしく、風味豊かなポテトチップスになりました。

ラブジャパン「富山の味」です。中部地方限定。

開封すると、香ばしい海老の風味が立ち上ってきます。
食べてみると、サッパリとした塩と、白えびの旨みなんでしょうか、良くマッチしてます。
大変おいしくいただきました。

パッケージデザインは、「富山もよう」を採用とのこと。
「富山もよう」というのは、地元紙である北日本新聞の創刊130周年を記念して、
デザイナーとコラボして地元富山の自然・食・文化をデザインしていくというプロジェクトとのこと。
今回のデザインは、白いひも状のものが見えますが、これは白えびです。